ミス・シャーロック|5話の動画無料配信情報!あらすじネタバレと感想も

  • この記事を書いた人:黒猫葵

Huluオリジナルドラマ『ミス・シャーロック』第5話が配信されましたね。

ドラまる
ミス・シャーロックも、もう第5話か~。

シャーロックと和都の名コンビぶりも板についてきたよね!

ラマちゃん
そうね!

今話は、和都と守屋の恋にも進展がありそうな予感よ!

一緒に、物語を追っていきましょう!

こちらの記事では、Huluオリジナルドラマ『ミス・シャーロック』第5話のネタバレ有りの感想と第6話のあらすじもご紹介いたします。

スポンサーリンク

Huluオリジナルドラマ『ミス・シャーロック』第5話のネタバレ有りの感想は?

第5話:消えた新婦

橘和都(貫地谷しほり)は、突然PTSDを発症してしまいました。

入川真理子(斉藤由貴)のクリニックでカウンセリングを受けた和都は、これからもフラッシュバックが起きるのかと不安に思います。

入川は、和都の気持ちに寄り添い、

「つらい記憶を完全に消し去ることはできないかもしれないけど。でもね。いつか必ず時間が解決してくれるから。」

と、優しく話すのでした。

和都は、入川クリニックでPTDSと言われたことを、波多野君枝(伊藤蘭)やシャーロック(竹内結子)に悟られぬよう、笑顔を作り部屋に入っていきます。

シニア婚活に勤しんでいる君枝ですが、連れ合いと死別して悲しんでいるとは、限らないと、新しい恋には熱心ですが、過去に対してはドライな反応を示します。

和都は、そんな君枝に、自身の結婚への憧れを語りますが、シャーロックに鼻で笑われてしまいます。

熱心に机に向かってきゅうりをすりおろすシャーロックに和都は、何を作っているのかを尋ねると「化粧水」だといいます。

シャーロックの作る化粧水は、非常にいい出来だと君枝のお墨付きです。

そんなきゅうりをすりおろす音の最中、自身の携帯電話が鳴っていることに遅ればせながら気が付きました。

電話の相手は礼紋元太郎(滝藤賢一)です。

「披露宴の直前に、結婚式場の控え室から突如として花嫁が失踪した」という連絡を受け、捜査に行くことになりました。

花嫁はモデルの真島理紗(泉里香)で、新郎は、注目の有名ジュエリーデザイナーの冴木数馬(淵上泰史)。

一見、順風満帆のはずの2人の間に何が起きたのか、シャーロックと和都が捜査をはじめるのでした。

捜査開始

事件のあらましを柴田達也(中村倫也)から説明されている中、捜査1課である礼紋と柴田が、この事件に関わっていることにシャーロックは、疑問を感じます。

礼紋にとって、この花嫁が消えた式場は、自身が愛妻と永遠の愛を誓った式場だからだといいます。

どこまで本気かはわかりませんが、柴田曰く、場合によっては捜査1課に引き継がれる可能性がある事件だからだといいます。

礼紋の様子にシャーロックは呆れつつも、式場内で撮影された写真を一枚残らず集めるよう指示をします。

既にやっているという柴田を、嫌味を言うように褒めるシャーロック。

そんな嫌味に火花を散らす柴田。

2人は相変わらず犬猿の仲のようです。

礼紋と柴田が現場を後にすると、和都は飾られているドレスを見つめ、自分もいつか着てみたいとうっとりしています。

そんな和都に、

「何でそんなに憧れるの?人前で結婚式なんかしても、あとで離婚しずらくなるだけ。」

と、冷ややかに言い放ちます。

そこへ、式場スタッフがやってきました。

早速、花嫁の控室を案内してもらうシャーロックと和都。

理沙が消えるまでの出来事は、以下の通りです。

  • 理沙はフラワーシャワーの最中に貧血を起こし、控室に一度戻った
  • その際に、オレンジジュースが飲みたいと依頼
  • しかし、手を滑らせてグラスを割ってしまう
  • 掃除をすると、ドレスの裾にジュースのシミに気が付く
  • 染み抜きを取りに行っているわずかな時間に新婦は姿を消した

支配人は、外に控えていたが新婦が外に出た形跡はないといいます。

そして、窓についても内側から鍵がかかっており、そこから出た形跡もないといいます。

シャーロックは、新郎新婦について、何か気づいたことは無いかと問います。

すると、結婚式の2日前の打ち合わせ時に、新郎のフィアンセを名乗る女が乗り込んできたといいます。

その女性と冴木の関係を尋ねますが、式場スタッフ達にわかるはずもありません。

すぐに、冴木の会社を訪れた和都とシャーロックです。

そのフィアンセを名乗る女性は、冴木の行きつけの店の女で、ストーカーだと冴木は言います。

しかし、その店はすでにないといいます。

自身の左手の薬指にはめられた結婚指輪を見つめ、冴木はこの指輪は理沙のためにデザインしたことを語り、早く理沙を見つけてほしいと深くお願いするのでした。

予定があるからとシャーロックと別れた和都は、守屋透(大谷亮平)と待ち合わせをしていました。

そして、自身のPTSDについて話した和都に、守屋は自分の写真を見たせいではないかと心配します。

思いがけず守屋を責めるような格好になってしまった和都は、慌てて話を変えるため、今まで一番印象に残っているのはどこかを尋ねました。

守屋は、タイの「ロイクラトン祭り」だと言いました。

「ロイクラトン祭り」とは、タイのチェンマイで、熱気球の原理で願いを込めてランタンを飛ばすお祭りです。

和都は、自分も行ったことがあると興奮した面持ちで、守屋の意見に賛同します。

そして、偶然にもこの1年に1度のお祭りに、共に参加している年があることに縁を感じるのでした。

こうして、盛り上がった和都は、ついつい飲み過ぎてしまいます。

介抱の為、自宅に和都を連れ帰った守屋です。

ふらつきながらも何とか帰れそうな状態まで回復した和都が、守屋の自宅を後にしようと立ち上がると、守屋は名残惜しそうに引き留めます。

しかし、和都は1歩前に進むことができず、慌てて帰宅するのでした。

その頃、「221B」では、自身の見合い写真が気に食わないと君枝が、シャーロックに同意を求めていました。

興味なさげに返事をするシャーロックに、ぷんすかしている君枝です。

そこへ、帰宅した和都にも写真を見せますが、和都も心ここにあらずといった様子で、部屋に戻ってしまいます。

そんな和都を、君枝は心配するのでした。

第2の事件

理沙が姿を消してから数日が経ち、とある橋の欄干に理沙の来ていたウエディングドレスが括りつけられているのが発見されました。

ドレスには遺留品が1点。

レシートの裏に書かれた、「真実を知っている。連絡してこい。」と携帯電話の番号が書かれていました。

その番号は、冴木がストーカーだと言っていた神埼奈々美の番号でした。

早速、神埼奈々美の元を訪れた礼紋と柴田ですが、神崎は結婚式場を訪れたことは認めますが、その他は、何も知らないと言います。

そして、結婚式当日は、急性胃腸炎で緊急入院しており、何もできなかったことがわかりました。

シャーロックと和都は、レシートの店に向かい、防犯カメラの映像を見せてもらいます。

そして、レシートの時間ごろに訪れた男が、結婚式場にもいたことを突き止めます。

とはいえ、何の手掛かりもない男を、どう探したものかと思案していると、偶然にもその男が店にやってきました。

思わず「あっ!」と声をあげた和都に驚いた、その男は店から逃げ出します。

すんでのところで、その男を取り逃がしてしまうのでした。

すぐにシャーロックは、レシートの持ち主である男を発見したこと、自分たちの顔を見て逃げ出したことを、礼紋と柴田に報告しました。

すると、礼紋と柴田は、その男が2年前の殺人事件の被疑者で、山に逃亡後遭難し、死亡したと思われている男であると言います。

その男は、山岳カメラマンの幸田という男で、事件は、交際相手だったにしの未来という女性が、背中を刃物で刺されたことにより亡くなったというものです。

当初、未来の荷物が全て持ち去られていた事から、強盗による犯行も疑われたが、未来の血液のついたナイフが発見されたことから、幸田に疑いが向けられました。

しかし、山に逃亡したと思われる幸田は、遺体こそ見つかっていないものの雪崩に巻き込まれて死亡したというところで未解決のまま捜査は終わっていると言います。

シャーロックは、幸田は生きていると断言します。

その頃、和都は入川クリニックにカウンセリングを受けに来ていました。

電車の音に、急激に胸が苦しくなったと言います。

入川は、話すという事は体の中にあるものを吐き出す作業だと言います。

して、それは、気持ちを楽にしてくれる効果があると言います。

和都は、周囲の人に話すことで、同情されることが嫌で、本当の自分を知られることが怖いと言います。

心理学用語で、仮面の事を「ペルソナ」といい、人はみんなその「ペルソナ」を何枚もつけて生活している、本当の自分を知られたくないのは、和都だけではないと優しく語ります。

すると、和都は洋服をはだけさせ、背中にある大きな傷を入川に見せました。

それは、シリアにいた際に、爆撃で負った傷でした。

しかし、入川は、その傷を見たところで、和都への印象は、何も変わらないと励ますのでした。

和都が「221B」に戻ると、シャーロックは、なぜ殺人事件の被疑者である幸田が、わざわざ人目に付く結婚式場という場に現れたのかを気にしていました。

シャーロックと和都は、再び式場を訪れ、失踪した際に側にいたウエディングプランナーに改めて話を聞きに来ました。

それは、オレンジジュースをこぼしたというプランナーの言葉を信じるならば、欄干につるされたドレスには、そのシミが無くてはおかしいはずなのに、発見されたドレスにそんなシミは無かったからです。

シャーロックは、理沙の失踪に、このウエディングプランナーが関与していることを指摘します。

シャーロックに追い詰められたウエディングプランナーは、自身の知っていることを全て話しました。

式場に、理沙の昔の恋人を名乗る男が現れたこと、そして、その恋人は山で亡くなったと思われていたが、実は生きていて理沙は、その男と結婚したいから逃がしてくれと頼まれたと言います。

最初は、そんなお願いを聞けるわけがないと思いましたが、理沙を不憫に思い協力したことを話してくれました。

しかし、式場を出た後のことは、何もわからないと言います。

幸田は未来と交際をしていたはずなのに、理沙とも交際をしていた?と、和都は不思議がります。

シャーロックは、幸田が昔の恋人だというのは、あくまで理沙がウエディングプランナーに協力してもらうためについた嘘であることは見抜いていました。

そして、幸田と理沙には別の目的があるのではと推測すると、幸田の事を調べるため、未来の実家を訪れることにするのでした。

繋がった二つの事件

未来の実家を訪れたシャーロックと和都。

未来の母親は、警察が、「幸田が犯人だ」というのが、どうしても信じられないと言います。

事件の数日前に結婚の挨拶に来た幸田の姿から、どうしても未来にひどいことをしたとは思えないと信じていたからでした。

シャーロックは、そんな人情話には興味がないという態度で、理沙の写真を見せました。

そして、未来の母親はこう言いました。

「未来の昔からのお友達です。」と。

そして、未来はジュエリーデザイナーであることを母親から聞きだし、冴木と理沙、そして幸田をつなぐ鍵が未来であったことが判明しました。

そして、未来が描いたデザインのスケッチブックが見当たらなくなっていることもわかりました。

シャーロックは、事件の鍵は、このデザインのスケッチブックにあると確信しました。

未だに、真相がつかみきれない和都に、シャーロックは、事件の真相を見抜いた際に言うキメ台詞を言います。

「ある問題から、全てのありえない事柄を排除すれば、おのずと真相は見えてくる。それがどんなに突飛な結論でも。」

事件の真相

礼紋と柴田は、とある場所を張っていました。

味気ないコンビニおにぎりをかじる柴田とは対照的に、愛妻弁当に頬を緩ませる礼紋です。

2人は、シャーロックからの依頼で、冴木を監視しているのです。

すると慌てた様子で冴木が出てきました。

そして、冴木が会社に向かうと、冴木は植木鉢の下から、あるものを取り出します。

スケッチブックです。

その姿を見つけた理沙が電気をつけました。

冴木は、理沙から届いた「未来のスケッチブックは私が持っている」というものでした。

理沙の背後から幸田も現れます。

理沙は、未来が殺された事件のあと、たまたま遭難してしまった幸田に罪を擦り付けたと思い、未来のスケッチブックを探していたのでした。

そこへ、シャーロックと和都、礼紋と柴田も現れ、冴木が取り出したスケッチブックの袋を押収しました。

シャーロックは、事件の顛末を話し始めます。

  • 冴木は美大の後輩だった未来の才能に気が付き近づいた
  • デザインは美玖、プロデュースは冴木と言葉巧みに利用していた
  • そんな冴木の企みに反発した未来を冴木は殺した
  • 冴木はたまたま遭難事故に合っていた未来の恋人幸田に罪を着せた
  • 理沙は、親友の未来が婚約者の幸田に殺されたという事を信じられなかった
  • いつも見せてもらっていた未来のスケッチブックが行方不明になっていたことも不審に思っていた
  • 冴木が発表したあるデザインが、以前未来に見せてもらったデザインであることに気が付き冴木を疑い始めた
  • その調査をするために、冴木との偽装結婚を思いつき近づいた
  • 冴木の自宅でスケッチブックを探したが見つけられなかった理沙
  • オフィスを疑うが、人がいなくなるという事がほとんどないオフィスであったため、結婚式当日なら空になると見込んで決行した

シャーロックは、スケッチブックを見つけられずに焦った理沙が、冴木に接触を試みるという事を踏んで、礼紋と柴田に冴木の監視を依頼したのです。

これが、花嫁失踪事件の真実であり、西野未来殺害の真実でした。

理沙は、冴木から贈られた結婚指輪さえも、冴木自身がデザインしたものではなく未来がデザインしたものであることを指摘し、

「どんな気持ちで、この指輪を、私に渡したの?」

と問い、平手打ちをかまします。

冴木は、いけしゃあしゃあと礼紋に、

「刑事さん、これ問題でしょ?」

と、促します。

しかし、礼紋は「何かありましたか?」と、ニヒルに返すのでした。

後日談

和都は、今回の事件で、結婚に対して恐怖を抱くようになりました。

そこへ、君枝が飛び込んできて、いいカメラマンは見つかったかと問います。

シャーロック的には、そんなこと依頼された覚えはないのですが、和都と最近いい感じの男が、カメラマンだったことを思い出します。

守屋を拒んで以来、連絡を取っていなかった和都でしたが、君枝からのお願いに、渋々連絡を取ります。

守屋も快く君枝の写真撮影に出向いてくれて、あの日以来の再会を果たしていました。

守屋は、自身の軽率な行動で、もう和都に会えないと思っていたといいます。

和都は、写真を撮ってほしいとお願いし、

「キレイに撮ってくださいね。」

と、ほほ笑みます。

君枝は、和都が元気のない理由が守屋であったことに、とうに気が付いていました。

そして、そんな和都をシャーロックが心配していることも。

相変わらず、素っ気なく友達じゃないというシャーロックを、君枝は「素直じゃない。」と笑いました。

和都は、守屋に撮ってもらった写真を携帯に保存し、嬉しそうに見つめていると、君枝がシャーロックから預かったきゅうりの化粧水を渡しました。

その化粧水は、肌にいいだけではなく、傷にも聞くという豆知識つきでした。

一方、双葉健人(小澤征悦)は、慌てた様子で、椎名由麻(木南晴夏)が拘留されている部屋に入りました。

椎名由麻は、タオルを窓にくくり、首をつって自殺しているのでした。

Huluオリジナルドラマ『ミス・シャーロック』第5話の感想は?

まず、第一に言わせてください。

礼紋さん、愛妻家過ぎか!

事件を調べている時も、式場が奥さんと愛を誓い合った式場だからなんていったり、張り込み中に愛妻弁当開いてニヤニヤしたり。

見てるこっちがニヤニヤしてしまいました。

そして、柴田とのコンビも、ますますいい感じです(笑)

事件そのものは、比較的シンプルなものであり、若干の物足りなさを感じたところでもあるのですが、このあと起こるであろうヘビーな事件の前哨戦と思えば、少し箸休めと思えばいいのかなと割り切ることにしました。

後は、個人的に貧血の演技をする泉里香さんの白目っぷりに、思わず拍手を送ってしまいました。(笑)

今話のラスト、何か鍵を握っていそうだった椎名由麻の死で終わってしまいました。

この死をきっかけにまた事件が動き始めるのでしょうか。

Huluオリジナルドラマ『ミス・シャーロック』第5話のネット上の反応や評価は?

やはり、礼紋と柴田のやり取りににやついた仲間を発見し、喜ぶ私です。

そして、物語の始まりに感じた既視感の正体まで、解明されたのですっきりです(笑)

スポンサーリンク

『ミス・シャーロック』をHuluで安全に無料視聴する方法

『ミス・シャーロック』はHuluオリジナル作品なので、正式に配信されている動画配信サービスはHuluのみとなります。

Hulu2週間トライアルはこちら

Huluは月額933円(税抜)の有料動画配信サービスですが、現在2週間の無料トライアルキャンペーンを実施中です。

たった2ステップで、5分もあればHuluを見始めることができるので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

ドラまる
もちろん、2週間以内に解約すれば料金は一切かからないよ!

STEP1/2:Huluにアクセス

以下のリンクからHulu無料トライアル受け付け特設ページにアクセス

STEP2/2:登録情報の入力

お名前・性別・生年月日など最低限の個人情報を入力すれば登録完了!

たった、これだけでHuluを見始めることが出来ちゃいます!

しかもHuluは追加料金が必要な作品は無いので、無料トライアル期間中もHulu内にある作品は全作品見放題です!

↓『ミス・シャーロック』を今すぐHuluで無料視聴↓

スポンサーリンク

Huluオリジナルドラマ『ミス・シャーロック』第6話のあらすじは?

Episode6「マリス・ステラ」

ある日、元警察庁長官で国会議員の鷹山幸一(小木茂光)の息子、優一(山田裕貴)宛に小包が届く。

そこには、冷凍保存された人間の右耳が入っていた。

事件の捜査を依頼されたシャーロックは、切り取られた右耳にサイズの合わない補聴器が埋め込まれていることに気づき、片耳を失った人を探すことに。

だが、辿り着いた男は既に死んでいて、その人物は柴田巡査部長(中村倫也)の元上司で恩師である捜査一課の刑事・川崎雄三であった…。

公式サイトより引用

おお!

柴田回ですか!と楽しみになってしまいました。

また、山田裕貴さんのバカ息子感あふれる演技が楽しみすぎます(笑)

サブタイトルは、ついにやってきた「マリス・ステラ」、物語の最終章が開幕といったところでしょうか!

来週も待ち遠しいです!

まとめ

こちらの記事では、Huluオリジナルドラマ『ミス・シャーロック』第5話のネタバレ有りの感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。

ドラまる
来週は、「マリス・ステラ」について、話が進む予感だね。

耳が送られてくるってことだけど、来週は少し猟奇的な雰囲気になるのかな。

ドキドキするけど、頑張ってみるよ!

ラマちゃん
椎名由麻の自殺についても、触れられていくわよね。

謎が少しでも紐解かれていくといいのだけれど…

来週も楽しみにしましょうね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA