おんな城主直虎の中野直之(なかのなおゆき)役の俳優は誰?

  • こあら
  • この記事を書いた人:こあら

平成29年度NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で中野直之(なかのなおゆき)役を演じるのは、俳優・矢本悠馬(やもとゆうま)さん。

中野直之は、井伊家の分家筋にあたる中野家の人間で井伊家を支えた人物です。

矢本悠馬さんのこれまでのお仕事について紹介するとともに、ドラマでの中野直之の見どころについてもお伝えします。

スポンサーリンク

『おんな城主 直虎』中野直之役 矢本悠馬プロフィール

矢本悠馬さんは1990年生まれ、京都府出身。

2003年の映画『ぼくんち』で子役としてデビューします。

子役としては珍しく演技はしたことがなく、劇団にも所属していませんでした。

その後、大人計画に所属し、数々の映画やテレビドラマに出演。現在はソニー・ミュージックアーティスツに所属しています。

2015年には『ブスと野獣』で連続ドラマ初主演を務めました。

NHKのドラマにもこれまで数多く出演しており、「連続テレビ小説 てるてる家族」(2003年)、「連続テレビ小説 花子とアン」(2014年)、大河ドラマも「真田丸」(2016年)の最終回に六郎役に出演したのに引き続き、本作で2回目です。

スポンサーリンク

中野直之の見どころと結末は?

中野直之は、井伊家の分家筋にあたる中野家に生まれます。

父・中野直由(筧利夫)は、桶狭間の戦いで戦死した井伊直盛(杉本哲太)の遺言で井伊直親(三浦春馬)の後見役、名代にまでなった人でした。

また中野家は、井伊家に謀反を起こす小野家と対抗していました。

その後、父の中野直由が戦死し、中野直之は中野家を継ぐことになります。中野直之も父の中野直由同様、井伊家を支えます。

井伊家からの信頼も厚く、井伊直政(菅田将暉)が徳川家康(阿部サダヲ)に謁見する際にも、井伊直盛の未亡人・祐椿尼(財前直見)の命で井伊直政とともに浜松城に入るほどでした。

直之の長男の中野三孝は、井伊家家老として千五百石を与えられるまでになります。

また次男の一定も、松下清景の養子となって名を松下一定と変えたのち、井伊家の家老として井伊家を支えました。

中野家は井伊家にとって、本当に大事な家臣だったことがうかがえますね。

スポンサーリンク

まとめ

中野直之は井伊家の分家筋にあたる中野家に生まれ、井伊家を支えます。

父の中野直由は井伊家の名代に、中野直之は井伊直政とともに徳川家康と謁見、子供の中野三孝、松下一定は2人とも井伊家の家老になります。

筋金入りの井伊派である中野直之は『おんな城主 直虎』でも出番は多く、大事な役割を果たすでしょう。

そんな中野直之を、NHKのドラマに多く出演し、演技力に定評のある矢本悠馬さんが、どのように演じていくか楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA