おんな城主直虎の松下常慶(まつしたじょうけい)役のイケメン俳優は誰?

  • こあら
  • この記事を書いた人:こあら

平成29年度NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で松下常慶(まつしたじょうけい)役を演じるのは、和田正人さん。

松下常慶は徳川家康に仕え、諜報活動をしていたともいわれる謎の山伏です。

和田正人さんのこれまでのお仕事について紹介するとともに、『おんな城主 直虎』での松下常慶の見どころについてもお伝えします。

スポンサーリンク

『おんな城主 直虎』松下常慶(まつしたじょうけい)役 和田正人プロフィール

和田正人さんは1979年生まれ、高知県出身。

所属事務所ワタナベエンターテインメントの若手男性俳優集団D-BOYSのメンバーです。

学生時代は陸上競技を行っており、その成績が良かったので高校、日本大学に推薦で入学。

日本大学時代は陸上競技部に所属し、関東インカレなどで活躍されていました。

2002年には、なんとあの箱根駅伝にも出場。復路9区を区間記録第5位で走り抜けたそうです。

大学卒業後は日本電気(NEC)に就職し、陸上部に入ります。

ここまで聞くと、どうして芸能界に入ったのか?と思ってしまいますよね。

実は2003年当時の不景気により、日本電気(NEC)の陸上部は廃部となってしまいます。それがきっかけで芸能界入りを目指すことになったのです。

2004年の「第1回D-BOYSオーディション」で特別賞を受賞、見事芸能界入りを果たします。

D-BOYSの舞台やバラエティやドラマなどテレビでも大活躍。陸上部の経験を生かして、TBS系『オールスター感謝祭』の赤坂5丁目ミニマラソンに出場している姿をご存知の方も多いのではないでしょうか。

NHKでは過去に「連続テレビ小説 ごちそうさん」(2013年)などに出演していますが、大河ドラマは今回の『おんな城主 直虎』が初出演です。

そんな和田正人さんがどんな松下常慶を演じるのか期待しましょう!

スポンサーリンク

『おんな城主 直虎』松下常慶の見どころと結末は?

松下常慶は実在の人物ですが、その素性は詳しくはわかっていません。

一説には徳川家康に仕え、諜報活動をしていたともいわれています。

徳川家康から740石を与えられたり、井伊家の記録に登場したりしています。

松下常慶の兄は虎松(井伊直政)を養子にしたともいわれており、井伊家とも関係があったことがうかがえます。

ドラマでは謎の山伏として描かれており、どのような役割を持つのかは実際の放送を見ないと全く分かりません。

2017年大河ドラマ『おんな城主 直虎』は資料では明確な人物像が見えない登場人物が多数出演します。

前評判は辛口な意見の多い作品となっていますが、人物を自由に描けるというメリットは大きいので、放送を重ねる毎に作品のファンが増えていくことを期待したいところです。

スポンサーリンク

まとめ

松下常慶は井伊家と関わりが深い人物であったことには間違いありません。

今は謎の山伏となっていますが、徳川家康との関わりもあったため、ドラマが進むにつれて重要な役割を果たしていくことは間違いないでしょう。

そんな松下常慶をスポーツマンでガッツのあるイケメン・和田正人さんがどう演じるのか、またドラマでの本当の役割は何なのか? 楽しみは尽きませんね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA