直虎の井伊直満(いいなおみつ)役は宇梶剛士!見どころと結末!

  • こあら
  • この記事を書いた人:こあら

大河ドラマ『おんな城主 直虎』で井伊直虎(柴咲コウ)の大叔父にあたる井伊直満(いいなおみつ)を演じるのは、宇梶剛士さん

物語の序盤で今川義元から謀反の疑いをかけられ、殺害されてしまいます。

これこそ、直虎が「おんな城主」となるきっかけになった事件なのです。

宇梶さんのこれまでの経歴と、井伊直満についてお伝えします。

スポンサーリンク

宇梶剛士 元・暴走族総長から俳優へ!

宇梶剛士さんは1962年東京都出身。

10代の頃、暴走族の総長を務めるほどのヤンチャだったことは、ご本人もテレビなどで話されていることもあってよく知られています。

「コワモテだけどいい人」というイメージのある宇梶さんだけに、ギャップのある経歴ですね。

少年院に収容されているときに俳優を志し、その後、錦野旦さんや菅原文太さんの付き人を経て、美輪明宏さんに見いだされて舞台で俳優デビュー。

その後、下積み生活が続きますが、1980年代後半からトレンディドラマの脇役として数多く起用されるようになると、知名度が上がります。

2時間ドラマの刑事役にも数多く起用されていますね。

最近では『半沢直樹』(2013年)の東田社長役を好演。今までのイメージとは異なる悪い人っぷりが話題になりました。また、腹筋マシーン「ワンダーコア」のCMにも出て反響を呼んでいます。

NHKの大河ドラマには『軍師官兵衛』(2014年)の清水宗治役、『新撰組!』(2004年)の西郷隆盛役などで出演。今回の『おんな城主 直虎』が5度目の出演となります。

スポンサーリンク

井伊直満(いいなおみつ)は史実ではどんな人物?

井伊直満(いいなおみつ)は井伊直虎の大叔父、つまり井伊直平(前田吟)の子に当たります。

直満の息子が直親(三浦春馬)、直虎の許婚という関係です。

井伊家の当主は直平のあと、直満の兄である直宗、その子直盛(杉本哲太)と続きます。

しかし、直盛には女の子の直虎しか子がなかったため、直盛や直満は直親と直虎を結婚させ、直親に当主を継がせようとします。

しかし「直満は今川家に謀反を企てている」と、井伊家筆頭家老の小野正直(吹越満)が今川義元に伝えたため、直満は今川によって殺害されてしまいます。

ラマでもこの話が採用されると思われますが、史実はよくわかっていません。

小野正直が「直満が武田家と共謀して今川への謀反を働いた」ことを今川義元に告げたと後世の記録にありますが、このことに疑問を持つ研究者もいます。

直満は息子が当主となるのを機に、直盛の殺害を企てていたのではという説もあるぐらいです。

戦国時代は下克上の世、家臣が主君を裏切ったり、兄弟や親子で当主の座を争った例は枚挙にいとまがありません。

スポンサーリンク

まとめ

物語序盤で殺害されてしまう井伊直満(いいなおみつ)ですが、この事件が発端となって直虎は許婚と別れ離れになり、大きく運命が変わります。

身長190㎝近くある宇梶さんなら、甲冑姿も映えると思いますね。

1年にわたる放送の中、出番は限られますが記憶に残るような演技をしてくれるものと期待しています。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA