おんな城主直虎結末ネタバレ!井伊直虎(柴咲コウ)はどうなる?

  • こあら
  • この記事を書いた人:こあら

2017年NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で主人公・井伊直虎役を演じるのは、柴咲コウさん。

戦国時代、井伊直虎は女性でありながら遠江の井伊谷(いいのや)地域を治めました。

柴咲コウさんのこれまでのお仕事について紹介するとともに、『おんな城主 直虎』での井伊直虎の見どころについてもお伝えします。

スポンサーリンク

柴咲コウ プロフィール

柴咲コウさんは1981年生まれ、東京都出身。高校時代に芸能活動を始めます。

木村拓哉さん主演の『GOOD LUCK!!』(2003年)でヒロインを演じ、一気に人気女優に。柴咲さんが演じたヒロインは航空整備士の仕事についていましたが、このドラマの影響で航空整備士を志願する女性が急増したそうです。

また、福山雅治さん主演の『ガリレオ』(2007年)では相棒の刑事役に。こちらも大ヒット作になり、映画化も。柴咲さんを主演にしたスピンオフ作品もつくられ、話題になりました。

最近では、小栗旬さん主演の『信長協奏曲』(2016年)で信長の正室・帰蝶(濃姫)役を演じています。

映画では『GO!』(2001年)での演技が高く評価され、その年の映画賞を総ナメ。その後『県庁の星』(2006年)『容疑者Xの献身』(2008年)などコンスタントに映画にも出演しています。

柴咲さんのもう一つの顔と言えばミュージシャン。

映画やドラマの主題歌というかたちで出した「月のしずく」「かたちあるもの」「KISSして」は大ヒットを記録しています。

しかも、彼女が歌う歌はほとんどが自分で作詞を担当していて、才能の豊かさを感じますね。

芯の強い女性を演じることが多く、クールビューティーなイメージのある柴咲さん。戦国時代、生涯独身を通し、井伊谷を守った女傑・井伊直虎にぴったりだと思います。

数多くのドラマに出ている柴咲さんですが、大河ドラマはもちろん、NHKのドラマそのものが初出演だとか。

これまで20代~40代の視聴者が彼女のファン層だったと思いますが、NHKの大河ドラマに出ると、認知される層が一気に広がります。「国民的女優」へのステップになりそうですね。

スポンサーリンク

『おんな城主 直虎』結末ネタバレ!井伊直虎のラストはどうなる?

「主人公の井伊直虎ってどんな人?」と思う人が多いのではないでしょうか?

徳川四天王として名高い井伊直政の養母であり、女性でありながら井伊家と領地の井伊谷を守った領主です。

代々、遠江の井伊谷(現在の静岡県浜松市北区引佐町)を治めてきた井伊家22代目当主・井伊直盛(杉本哲太さん、以下カッコ内は演じる俳優さんです)の娘として生まれます。直虎が生まれたころ、井伊家は戦国大名・今川義元の家臣となっていました。

直盛には跡継ぎの男子がいなかったため、いとこの直親(三浦春馬さん)を娘と結婚させ、あとを継がせようとします。

しかし、今川家への謀反の罪を着せられ、直親の父は自害させられ、自身にも身の危険が迫ったために井伊谷を脱出します。

直虎は出家し、次郎法師と名乗ることになります。

井伊家の領地は今川家の支配下にあり、北は甲斐の武田家、東には相模の北条家と強力な戦国大名に囲まれていました。井伊家の男子は謀略や戦いの中で次々と命を落としていくなか、直虎は領主となって家と領地を守っていったのです。

また、いいなづけだった直親は逃亡中に結婚し、子ができますが、その子こそ、のちの井伊直政(菅田将暉さん)です。

元いいなづけの子を養子にして育てるという、領主としての立場と女性としての複雑な気持ちを柴咲さんがいかに表現するか、注目です。

直虎については歴史資料がほとんどなく、本名もわかっていません。

ドラマでは「おとわ」という名でよばれます。

柴咲コウさんは役作りに苦労すると思いますが実像が分からない分、個性を生かした直虎になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA