おんな城主直虎(なおとら)第2回あらすじネタバレ!『崖っぷちの姫』

  • こあら
  • この記事を書いた人:こあら

スポンサーリンク

Aパート

亀之丞が井伊谷から逃げた次の日。井伊の館の庭先では、今川家からの使いの者によって子どもたちが集められ、亀之丞ではないかを確かめる「人改め」が行われていました。おとわの父、井伊直盛や母の千賀は、おとわが館にいないのを不安に思いながら、その様子を見守っています。

そんななかに連れてこられたのが、亀之丞の着物を着た子ども。直盛と千賀はその顔を見て、ギョッと驚きます。なんと、おとわだったのです。自分の娘だと叫ぶ直盛と千賀。「竜宮小僧を探しに行ってた」と必死に訴えるおとわの言い分が通り、おとわはなんとか両親のもとに戻ることができました。

おとわは龍潭寺の井戸端に亀之丞が落とした笛を届けるため、亀之丞を追ったのでした。

亀之丞のお供のとりなしにより、短い時間だけ会うことができた二人。着物を交換し、亀之丞はおとわの着物を着て逃げ、おとわは亀之丞の着物を着て時間稼ぎをすることにしたのです。

スポンサーリンク

Bパート

やがて今川家の使者は駿府へと去り、今川に誅殺された亀之丞の父・井伊直満の葬儀が執り行われました。

集まったのは直盛のほか、直盛の祖父で直満の父に当たる井伊直平、今川家からの目付役で千賀の兄である新野左馬助、井伊家の重臣である中野直由、奥山朝利などごく近い身内のみです。

そこに、小野政直が今川からの命令を伝えるためにやって来ます。そこで告げられたのは、直満の謀反を見抜けず、亀之丞を取り逃がしたことで目付の新野左馬助を叱咤し、役目を解任すること。新しい目付には小野政直を任じること。そして、政直の子を井伊の娘と婚姻させることでした。怒りのあまり、政直に切りかかろうとする直平。直盛たちは必死に直平を止めます。

鶴丸とおとわを結婚させるよう今川から命令が下ったことは、直盛と千賀からおとわに伝えられます。それが井伊を許す条件なのです。

スポンサーリンク

Cパート

おとわは龍潭寺で鶴丸に会うと、「父が亀の父上の謀反を今川に密告したのだ。その褒美に、自分とおとわ様の夫婦約束を言い渡したのだ」と言います。亀之丞との約束を破るわけにはいかない。どうすれば鶴丸と夫婦にならずにすむか、考えた挙句におとわが出した結論は家出することでした。

家を飛び出し、暗い夜道を歩いているうちに寒くなったおとわは小屋を見つけ、暖を取ろうと入ります。そこで出会ったのが、みすぼらしい男。持っていた櫛と引き換えにお粥を食べさせてもらい、小屋で眠りにつくおとわ。

しかし、小屋のあたりにはおとわを探す井伊家の者の声が聞こえます。男はおとわの持ち物が高価だったことから、眠っている子どもこそが井伊の姫だと悟り、褒美ほしさにおとわを袋に入れて井伊の館に向かい、おとわは連れ戻されてしまいます。

鶴丸と一緒になるしか、井伊を救う手だてはないと両親に懇願されますが、あくまで鶴丸と一緒にならずに井伊も救う方法を考えると譲らないおとわ。あまりの食い下がりように業を煮やした母によって、部屋に閉じ込められてしまいます。

おとわはふと、「いい方法」を思いつきます。

様子を見に来た侍女のたけが見たのは、剃刀で髪を切るおとわの姿。剃刀が上手く扱えず、頭から血を流しています。思わず絶叫するたけ。駆けつける父の直盛。おとわは父に声を弾ませて言います。「父上、いい方法を思いつきました!」

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA