おんな城主直虎傑山(けつざん)役の俳優は誰?市原隼人プロフィール

  • こあら
  • この記事を書いた人:こあら

お2017年NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で傑山(けつざん)役を演じる俳優は市原隼人さんです。

傑山は、小牧・長久手の戦いで、井伊直政に従軍し活躍しました。

市原 隼人のこれまでのお仕事について紹介するとともに、ドラマでの傑山の見どころについてもお伝えします。

スポンサーリンク

市原隼人 プロフィール

市原隼人さんは1987年生まれ、神奈川県出身。
スターダストプロモーションに所属している俳優です。

小学5年生のときにスカウトされ、スターダストプロモーションに所属することになったそうです。

スカウトされて芸能界デビューはよく聞く話ですが、小学5年生でスカウトってすごいですよね。きっと、小さい時から人とは違う何かがあったんでしょうね。

その後CMデビューを果たし、俳優の道を歩き出します。当時14歳の若さで2001年、映画『リリイ・シュシュのすべて』で主演を果たします。

2004年は市原隼人さんが俳優として飛躍しはじめる年になります。

それまでもドラマで注目されていましたが、ついに2004年『WATER BOYS2』で連続ドラマの初主演を果たします。

また同じ年、『偶然にも最悪な少年』にも主演すると、今度は日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

市原隼人さんがブレイクしたのは2008年連続ドラマ『ROOKIES』。

準主役である不良生徒役の安仁屋を演じます。このドラマは高視聴率を獲得し、スペシャルドラマ化や映画化もされる市原隼人さんの代表作になりました。

今回の『おんな城主 直虎』で大河ドラマ初出演となる市原隼人さん。

これまでも役のためロン毛にしたり、髪の毛に銀色のスプレーをかけたりと、役作りにはストイックな一面を出しています。

どのように傑山を演じるのでしょうか。楽しみです。

スポンサーリンク

『おんな城主 直虎』傑山(けつざん)の見どころと結末は?

傑山は龍潭寺(りょうたんじ)の僧侶で、主人公・井伊直虎(柴咲コウさん)の曾祖父・井伊直平(前田吟さん)の三男である南渓和尚(小林薫さん)の直弟子です。つまり主人公・井伊直虎の大叔父のお弟子さんです。

井伊直虎は龍潭寺で出家したため、傑山は兄弟子になります。

そのこともあり、井伊直虎や井伊直政(菅田将暉さん)に仕えるようになります。

豊臣秀吉と徳川家康が戦った小牧・長久手の戦いでは、井伊直政に従軍し活躍したと記録に残っています。

スポンサーリンク

まとめ

傑山は井伊家に縁が深く、井伊直虎や井伊直政をそば近くで支えます。

主人公・井伊直虎が出家し城主となり、その養子である井伊直政が彦根藩30万石の基礎を築くまでを支える傑山を、市原隼人さんがどう演じていくか、とても楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA