【極主夫道】7話ネタバレと感想。龍と酒井の聖地巡礼が可愛すぎる!

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年11月22日(日)にドラマ『極主夫道』第7話が放送されました。

ドラまる
龍のような夫がいる思うと嬉しいと思うけれど、今日は美久の大切にしていたフィギュアを壊してしまうんだ。
ラマちゃん
何とか元に戻そうとする龍だけど、想像以上に価値のあるフィギュアで困ってしまうの。

無事になかったことにできるかしら。

こちらの記事では、ドラマ『極主夫道』第7話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『極主夫道』第7話あらすじネタバレと感想

今日の龍(玉木宏)が手をかけるのは掃除。

換気扇は丁寧に油汚れを取り、部屋の隅々まできれいにしていきます。

そんな中、美久(川口春奈)の大切にしていたネオポリスガールのフィギュアをうっかり壊してしまいました。

龍「おい!しっかりせぃ!」

フィギュアにかける言葉じゃないですね(笑)

美久にバレないように庭に埋めてしまいますが、どう取り戻すのでしょうか。

おもちゃ屋に向かった龍は同じフィギュアが定価20万円で売られているのを見て店員に文句を言いますが、そこにやってきた警官の酒井タツキ(古川雄大)もそのフィギュアを欲しがっていました。

同じフィギュアをめぐり龍と酒井の争いが勃発します。

喫茶店では雅(志尊淳)が店員・大前ゆかり(玉城ティナ)にインタビューをしていますが、そこに割って入ったのはバイトを始めた龍でした。

ラテアートまで習得している龍は、江口雲雀(稲森いずみ)が務めるスーパーにまで働きに出ていました。

一方、副業のできない酒井は節約の日々を送っています。

空腹で意識がもうろうとする中、ネオポリスガールの幻覚まで見てしまいました。

龍は次はママさんバレーの練習試合の助っ人です。

謝礼を受け取るときの様子を不審に思った婦人会会長・田中和子(MEGUMI)も再び参戦してきそうです。

そうしてたまった20万円を手に龍はおもちゃ屋に向かいます。

その後やってきた田中たちが美久にカンパして集めたお金を渡しに来ますが、龍がお金を必要としていることを知らない美久は困ってしまいます。

龍と酒井どちらが先にフィギュアを手に入れるのでしょうか。

しかし、フィギュアは売れてしまった後でした。

そして酒井に龍はフィギュアを壊して埋めてしまったことを話します。

酒井から警官になるきっかけとなったネオポリスガールの魅力を語られますが、顔色の悪い酒井を気遣ってスムージーをくれる龍。

お互いに情報を手に入れるために共同戦線を結びます。

美久にまで隠し事をしていたことを知った雅や菊次郎(竹中直人)たちは、龍が病気を抱えているのではと勘違いしていました。

こちらも、まずいことになりそうですねえ。

一方、酒井は例のおもちゃ屋で情報を集め、ネポガの聖地にあるという「幻のおもちゃ屋」の存在を聞かされます。

取引をするにはネポガの決めポーズを二人でそろって披露しないといけません。

二人が相談をしているところを見かけた警官・佐渡島幸平(安井順平)は、酒井が龍を通じて薬物に手を出したのではないかと上司にまで相談してしまいこちらもまた誤解が生じてしまいました。

ネポガの聖地をめぐる龍と酒井を尾行する佐渡島たち。

怪しげな倉庫にやってきた二人は幻のおもちゃ屋がいると思い、中で取引をしている男たちに向かいネポガのポーズを繰り出しますが、こちらは本当に薬物の取引をしているところでした。

いつもは腰抜けの酒井はネポガの力を借りて、男たちを逮捕することに成功しました。

フィギュアを手に入れることができなかった龍は帰宅すると、美久から体の心配をされます。

雅に聞かされていたんですね。

そして、雲雀が手渡してきたなんにでも効く”奇跡の種”を庭に植えようとしていた雅は、龍が埋めたフィギュアを掘り返してしまいました。

結果として美久にフィギュアのことがばれてしまった龍でした。

スポンサーリンク

『極主夫道』第7話ネットの反応や感想

ラマちゃん
本当に価値のあるフィギュアだったのね。

ドラまる
龍の作るかわいいラテアート。

他のバージョンも見たい!

ラマちゃん
龍と酒井が盃を!?

まさかネオポリスガールが二人を結びつけるなんて。

ドラまる
佐渡島の勘違いが面白かった~。

錠剤だけ見たら薬物だよね。でもマルチビタミン(笑)

ラマちゃん
酒井と龍が仲良く聖地巡礼してるの楽しかった。

スポンサーリンク

ドラマ『極主夫道』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『極主夫道』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

極主夫道|7話見逃し動画無料視聴はこちら

『極主夫道』第8話あらすじ

2020年11月29(日) 22:30時から放送のドラマ『極主夫道』第8話のあらすじをご紹介します。

龍(玉木宏)は美久(川口春奈)から、スイーツカフェのチェーン店・ちぇりーぱふぇぱふぇが近所に新しくできると聞く。

美久の話によると、おいしいスイーツがあるらしく、行きたくなる龍。

ちぇりーぱふぇぱふぇが開店して以来、ゆかり(玉城ティナ)が勤める喫茶店や火竜町商店街の店には客が来なくなってしまった。

ちぇりーぱふぇぱふぇは、あちこちに出店して地元の店を潰してしまうため”スイーツギャング”と恐れられていた。

そのことを知った雅(志尊淳)は、ちぇりーぱふぇぱふぇと話を付けてくると意気込む。

雅は、ちぇりーぱふぇぱふぇのオーナー・リサに会いに行く。

しかし、リサに理路整然とまくしたてられ、雅は圧倒されるばかり。

龍は雅に、一緒にスイーツギャングと闘ってほしいと頼まれる。

そんな中、雲雀(稲森いずみ)が、大変なことが起こっていると龍と雅に伝える。

店員を引き連れたリサがスーパーで酒やつまみを大量に買い込みながら、ヤクザと組んで賄賂をばらまいて火竜町を乗っ取る企みを話していたというのだ。

龍は、火竜町を守るために一肌脱ぐと宣言する。

龍は、ちぇりーぱふぇぱふぇに対抗できるおいしいスイーツを作ろうと考える。

そんな龍に田中(MEGUMI)が「自分の店を持ってみない?」と持ち掛ける。

田中は、地域を取り仕切る影の顔役たちによる組織・八竜会を紹介すると言う。

八竜会は8つの町の婦人会会長で構成され、多くの主婦たちを動員できる力を持っていた。

八竜会に、にらまれれば存在自体を消されてしまうと、江口(竹中直人)も恐れるほどだった。

龍は、八竜会の定例会議に向かった。

八竜会の会長は、金竜町婦人会会長で”甘味王”とあだ名される福田。

龍は、福田をはじめとした八竜会の最強主婦たちと対面し、協力を申し入れるが…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『極主夫道』第7話のネタバレ感想と第8話のあらすじをご紹介いたしました。

やっぱり隠し事はばれてしまいました。

それでも酒井との絆は消えることはないでしょう。

といい感じでまとめたいところですが、ちゃんと謝らないといけませんね。

今日も勘違いのスパイラルが素晴らしかったです。

MVPは佐渡島でしょうか。

ドラまる
次週、最後のカチコミってあったけど最終回なの?
ラマちゃん
え?そうなの???

まだまだ見たりないわ~。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA