人間の証明(藤原竜也)ドラマネタバレ感想と視聴率!ストウハの意味は?

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

2004年のフジテレビ連続ドラマ『人間の証明』以来、約12年ぶりの映像化ということで早くも話題となっている「テレビ朝日 ドラマスペシャル『人間の証明』」(テレビ朝日:2017年4月2日夜9時から放送)

これまで様々な名優たちが演じて来た棟居弘一良役を藤原竜也さんが務めるという事でも注目が集まっています!

こちらの記事ではドラマ『人間の証明』のキャストやあらすじと合わせて、ドラマの感想や視聴率についてもまとめていきます!

スポンサーリンク

テレビ朝日 ドラマスペシャル『人間の証明』キャスト一覧

棟居 弘一良 / 藤原竜也

蜷川幸雄さん演出の舞台『身毒丸』の主役オーディションでグランプリを獲得し、1997年に鮮烈な俳優デビューを飾った藤原竜也さん。

その後も舞台へ出演する傍ら、映画界では深作欣二監督の『バトル・ロワイアル』(2000)の主演に抜擢され、一躍脚光を浴びました。

2001年には日本テレビドラマ『新・星の金貨』で連続ドラマで初主演を果たし、ますます注目を集めることに。

2004年にはNHK大河ドラマ『新選組!』で沖田総司役、2006年の映画『デスノート』では夜神月役を演じ、さらに人気を博します。

さらには映画『カイジ』シリーズや『藁の楯』(2013)、『僕だけがいない街』(2015)、TBSテレビの2017年春ドラマ『リバース』など、様々な話題作で個性的なキャラクターを演じ、常に強烈なインパクトを残し続けてきました。

そんな藤原竜也さんが本作『人間の証明』で演じているのは、警視庁麹町東署の刑事・棟居弘一良(むねすえ こういちろう)。

これまで、松田優作さんや渡辺謙さん、竹野内豊さんら名優たちがが演じて来た棟居刑事というキャラクターを、今回は藤原竜也さんが一体どう演じるのか注目が集まっていますね!

横渡 伸介 / 緒形直人

名優・緒形拳の息子ということで有名な緒形直人さんは、1987年に入所した青年座研究所を経て1989年に青年座へ入団。

その後、フジテレビドラマ『北の国から ’89帰郷』やTBSドラマ『予備校ブギ』(1990)に出演して人気を博します。

1992年のNHK大河ドラマ『信長 KING OF ZIPANGU』では織田信長役を演じた後、フジテレビ系ドラマ『100億の男』(1995)や映画『きけ、わだつみの声 Last Friends』(1995)などに出演し、さらにその名が知られようになりました。

最近でも、映画『サクラサク』(2014)、『王妃の館』(2015)、『64 -ロクヨン-』 (2016)など話題の作品に出演し続けていますね。

そんな緒形さんが本作で演じているのは、捜査一課・那須班のベテラン刑事である横渡伸介。

棟居刑事と共に捜査をすることになるのですが、強引な捜査手法を用いる棟居と対立することにもなるのか…その辺りに注目しましょう!

那須 英三 / 宅麻伸

TBSドラマ『新・七人の刑事』で俳優デビューを飾った宅麻伸さん。NHK大河ドラマには常連で『おんな太閤記』(1981)で石田三成役を演じて以降、『徳川家康』(1983)や『独眼竜正宗』(1987)などにも出演し、人気を博しました。

フジテレビドラマ版『課長島耕作』では主人公・島耕作を演じ、ハマり役として今でもこのイメージを持たれてる方はなり多いのではないでしょうか。

火曜サスペンス劇場などの2時間ドラマでも欠かせない存在で、常に第一線で活躍し続けていますね。

本作『人間の証明』で宅麻さんが演じているのは、査一課・那須班のキャップで捜査の指揮をとることになる那須英三。宅麻さんの渋くて安定感のある演技に注目して見ていきたいと思います!

郡 恭平 / 堀井新太

2010年、ワタナベエンターテインメント主催の「D☆DATE新メンバーオーディション」で総応募者約3万人の中からグランプリに選ばれ、即日D-BOYSおよびD☆DATEに加入し、芸能界デビューを果たした堀井新太さん。

俳優デビューは2011年のTBSドラマ『シマシマ』。同年のフジテレビドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』にも出演し、一躍人気者に。

2015年にはNHK連続テレビ小説『マッサン』、NHK大河ドラマ『花燃ゆ』に出演し、俳優として全国的な知名度を獲得しました。

その後もTBSドラマ『表参道高校合唱部!』(2015)や『下町ロケット』(2017)、フジテレビドラマ『嫌われる勇気』(2017)などの話題作に出演し続けています。

そんな堀井さんが演じるのは、著名な美容家である八杉恭子の息子で大学2年生の郡恭平。この事件の大きなカギを握っている人物になりそうですが、期待の若手俳優の堀井さんがどのような演技を見せてくれるのか、非常に楽しみです!

郡 陽平 / 中原丈雄

TBSドラマ『女 かけ込み寺』でテレビデビューを果たした中原丈雄さん。名前を聞いてもあまりピンとこない方が意外に多いかもしれませんが、顔を見ると「あっ?!」とすぐに分かるのではないでしょうか。

それほど数多くのテレビドラマや映画に様々な役で出演し続け、中原さんの姿を見ない日はないというくらい、その活躍ぶりは目覚ましいものがあると思います。

代表的な作品といえば、2003年版のフジテレビドラマ『白い巨塔』やNHK連続テレビ小説『花子とアン』(2014)、NHK大河ドラマ『真田丸』(2016)などが挙げられますね。

そんな中原さんが本作で演じているのは、八杉恭子の夫(恭平の父)であり民友党の大物議員である郡陽平。こういう役をやらせると右に出る者はいないと思うのですが、今回もそんな安定の演技に注目しましょう!

中山 種 / 草笛光子

1953年の映画『純潔革命』でスクリーンデビューを飾った草笛光子さん。市川崑監督の『金田一耕助』シリーズのイメージを強くお持ちの方は非常に多いと思われます。

他にも森繁久彌さん主演の『社長シリーズ』やTBSドラマ『渡る世間は鬼ばかり』などでも非常に有名です。

最近ではNHK連続テレビ小説『まれ』(2015)やNHK大河ドラマ『真田丸』にも出演し、1953年のデビュー以降常に第一線で活躍し続けている稀代の名女優が草笛光子さんであるといえますね。

そんな草笛さんは今回、霧積高原に住む老女・中山種を演じています。事件の根幹にあるのがこの地だけに、非常に重要なポイントになりそうですね。草笛さんの円熟の演技に注目しましょう!

八杉 恭子 / 鈴木京香

モデルとして活動を経て、1988年の『カネボウ 水着キャンペーンガール』に選出されたことをきっかけに本格的に芸能界デビューを果たした鈴木京香さん。

翌年の映画 『愛と平成の色男』(1989)で女優デビューを果たし、1991年にはNHK連続テレビ小説『君の名は』のヒロイン役に抜擢されて、一気に日本中にその名が知れ渡りました。

その後、フジテレビ系ドラマ『我慢できない!』(1995)や『王様のレストラン』(1996)、『きらきらひかる』(1998)などの話題作に次々と出演。

近年ではTBSドラマ『華麗なる一族』(2007)やNHKドラマ『セカンド・バージン』(2010)といったように大人の色香を感じさせる役柄を演じることが多くなってきましたね。

そんな鈴木京香さんが本作『人間の証明』で演じているのは、やり手の美容家である八杉恭子。

理想の妻もしくは母としても有名で理想の女性として世の女性からも高い支持を誇る恭子ですが、何やら過去に秘密があるようで…。鈴木京香さんがこの人物像を一体どのように演じているのか、注目が集まっています!

スポンサーリンク

テレビ朝日 ドラマスペシャル『人間の証明』のあらすじは?

『人間の証明』は森村誠一さんの同名小説を原作としており、監督を雨宮望さん(『私は貝になりたい』、『わるいやつら』、『ゴールドウーマン』)、脚本を浜田秀哉さん(『きな子〜見習い警察犬の物語〜』、『ナオミとカナコ』、『ラストホープ』)が担当しています。

あらすじはざっとこんな感じです。

昭和49年、東京。

都内の高級ホテルである殺人事件が起きたことで物語はスタートします。

最上階に向かうエレベーターの中で、一人のみすぼらしい恰好をした黒人青年が遺体となって発見されたのです。

その胸には深々とナイフが突き刺さっており、頬には一筋の涙が伝っていました。

通報を受けて現場に駆け付けた、麹町東署の刑事・棟居弘一良(藤原竜也さん)と警視庁捜査一課の横渡伸介(緒形直人さん)は、早速捜査を開始します。

2人の刑事は、エレベーターが最上階を目指していたことから、最初にその周辺で聞き込みを始めることに。

その日は、最上階で盛大なレセプションパーティーが催されており、その主催者は八杉恭子という一人の女性(鈴木京香さん)でした。

八杉恭子は、夫で民友党の大物議員である郡陽平(中原丈雄さん)と一人息子の郡恭平(堀井新太さん)を持つ著名な美容家で、理想の妻や母として日本中の憧れの的として注目を集めている存在。

そのため、会場は大勢の招待客やマスコミでひしめき合い、大賑わいといった様子でした。

被害者の黒人青年の所持品の中にパスポートがあったため、名前がジョニー・ヘイワードと判明し、パーティー客と照合するも該当者見つからず。

その後さらに捜査を進めていった棟居刑事は、ジョニーがニューヨークのスラム街出身であり、片言の日本語を話し、最後に乗ったタクシー内で「ストウハ」という謎の言葉を発しいていいたことを突き止めました。
 
しかし、それ以上の手掛かりが見つからず捜査は難航し…。果たして棟居刑事は事件を解決できるのか?!そして、謎の言葉「ストウハ」の意味とは一体?!

というように推移していくドラマ『人間の証明』ですが…ここから少しネタバレになるお話を少しだけ。(※予備知識なしでドラマを観たいという方はご注意下さい!

鍵となる「ストウハ」という言葉ですが…

この意味はズバリ「ストローハット(Straw Hat)」=「麦わら帽子」

あまり英語に慣れていないタクシー運転手がこの言葉を聞いて、「ストウハ」と聞こえてしまったということなんですね~。

ちなみに原作ではジョニーが殺されることになるホテルを見て、麦わら帽子のようだと感じたことでこの言葉を発した訳ですが、おそらく今回のドラマ版でも同じ設定だと推測されます。

劇中ではさらに、ジョニーがアメリカから日本へ発つときに残した「“キスミー”に行く」という言葉も重要な意味を持っていて、こちらに関してはぜひドラマの方でご確認ください!

スポンサーリンク

テレビ朝日 ドラマスペシャル『人間の証明』視聴率

8.4%(ビデオリサーチ調べ / 関東地区)

テレビ朝日 ドラマスペシャル『人間の証明』の期待度や感想は?

ドラマ放送開始後は各話の感想やネタバレをご紹介していきますが、放送開始前なのでTwitterでの期待度や感想・反応をご紹介していきます!

最初は藤原竜也さんファンの方からのツイート。硬派な刑事という役柄は意外に珍しい感じもしますので、どのような演技を見せてくれるのか楽しみですね!

続いて鈴木京香さんについてのツイート。原作ファンやかつての映画・ドラマファンが多い作品だけに、なかなか難しい点は多いと思いますが、鈴木京香さんの起用は原作ファンの方からも太鼓判といった感じのコメントが多いように感じますね!

最後に主題歌について。担当するEXILEのATSUSHIさんの美しい声に注目が集まっていますね!

まとめ

何度も映像化されている森村誠一さんの不朽の名作『人間の証明』が再びドラマで甦るのは、往年のファンだけでなく、この作品を知らない若い視聴者の方々の胸を打つのは間違いないでしょう。

作品だけでなく、ジョー山中さんの主題歌『人間の証明のテーマ』も現代風にアレンジされて復活するという点も非常に興味深い所です。

なんとEXILEのATSUSHIさんと、親交の深いCharさんによるコラボレーションが実現しているということで、こちらの方でも非常に注目度が高まっていますね!

注目のドラマ『人間の証明』は、テレビ朝日で2017年4月2日(日)夜9時から放送開始です!ぜひお見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA