未満都市2017小原裕貴(キイチ役)演技感想!今後の俳優活動復帰は?

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

1997年秋、日本テレビの連続ドラマとして放送され、平均視聴率16.8%を記録するなど大ヒットした『ぼくらの勇気 未満都市(ミマンシティ)』がこの夏、スペシャルドラマとして帰ってくることが決定しています。

そして今回(6月26日付)、ヤマト(堂本光一)が幕原を訪れるきっかけとなった親友のキイチ役として、すでに芸能界を引退されていた小原裕貴さんが出演することが発表されました!

こちらの記事では、スペシャルドラマ『ぼくらの勇気 未満都市2017』で再びキイチ役を演じることになる小原裕貴さんにスポットを当てていきたいと思います!

関連記事:未満都市2017つまらなかった?感想と見逃し無料動画情報

スポンサーリンク

金曜ロードSHOW!ドラマ特別企画『ぼくらの勇気 未満都市2017』キイチ役は小原裕貴さん

まずは、小原裕貴さんのプロフィールについて簡単にご紹介していきたいと思います。

小原裕貴(こはら ゆうき)さんは、1980年5月21日生まれで現在37歳。

1991年(当時10歳)にジャニーズ事務所へと入所し、1994年にはNHKの『大江戸風雲伝』でドラマ初出演を果たしました。

1996年には、森田剛さん主演のテレビ朝日ドラマ『シャドウ商会変奇郎』に出演。

翌1997年1月クールでは、松岡昌宏さん主演の日本テレビドラマ『サイコメトラーEIJI』で葛西裕介役としてレギュラー出演。

そして、同年の10月クールに『ぼくらの勇気 未満都市』にキイチ役としてレギュラーキャストとして出演するに至ったのです。

この頃の小原さんは、アイドル誌『Myojo』の「恋人にしたいJr.」部門で2年連続(1996、1997年)1位に輝くなど、凄まじい人気ぶりを誇っていました。

その後も『サイコメトラーEIJI2』(1999)や『七人のサムライ J家の反乱』(1999)、初主演映画『ガラスの脳』(2000)などの話題作に出演。

しかし、そんな人気絶頂の最中、突然の芸能界引退を発表。

それは2000年9月3日(当時20歳)の頃で、学業に専念するためにジャニーズJr.を卒業を宣言したのです。

そして、大学卒業後に大手広告代理店「博報堂」に就職し、現在に至ります。

今回、久々のドラマ出演のオファーを受けた際、小原裕貴さんは…

プロデューサーさんから話を聞いた時は驚きましたが、KinKi Kidsさんの記念すべき20周年に少しでも貢献できればと、出演を決意しました。

演技は久しぶりでとても緊張していますが、みなさん温かい目で見守っていただければ幸いです。

公式サイトより引用)

…とのコメントを残されていました。

KinKi Kidsのデビュー20周年ということが大きかったようですね。

長い間芸能界自体を遠ざかっていた小原さんが、KinKi Kidsのお2人とのリアルな再会を果たした時の表情が非常に気になります!

今後の芸能活動については特に発表されておりませんが、ご本人のコメントにある通り、あくまでKinKi Kidsのデビュー20周年に貢献できれば、という気持ちからの出演だと思いますので、おそらくはこのスペシャルドラマ一回限りの出演になるでしょう。

また、現在も博報堂に勤務されているという点も加味すれば、今作をきっかけに復帰という流れは、現実的ではないように思います。

ただし、まだご本人の口から何も発表はされておりませんので、今後の動向を見守っていきたいと思います。

スポンサーリンク

金曜ロードSHOW!ドラマ特別企画『ぼくらの勇気 未満都市2017』キイチはどんな役?

こちらでは、スペシャルドラマ『ぼくらの勇気 未満都市2017(ミマンシティ)』で小原裕貴さんが演じることになるキイチの役柄について見ていきましょう。

まず、1997年に放送されていた連続ドラマ『ぼくらの勇気 未満都市』の簡単なあらすじとして公式サイトでは、以下のように紹介されています。

「ある街に大地震が起きたというニュースが流れる。友人を探しにきた高校生のヤマト(堂本光一)、同じく高校生のタケル(堂本剛)は、物々しい警備を潜り抜けフェンスで囲まれた街に潜入した。

そこに広がっていたのは大人が死に絶え子供たちだけになった無秩序な混乱だった……

ヤマトとタケルは様々な問題や事件を乗り越えながら、仲間とともに暴力に支配された子供だけの街に秩序を取り戻していく」

公式サイトより引用)

堂本光一さんが演じるヤマトが探していた友人というのが、小原裕貴さんが演じることになるキイチ(原 貴一)です。

この大地震というのは実は政府の隠蔽工作で、「T幕原型」という微生物に街全体が汚染されてしまい、壊滅状態となっていました。

「T幕原型」を運搬中に事故でこの地区に墜落してしまったことが原因で、そのこと隠すために政府が街を封鎖し、偽の情報を流していたのです。

大人だけが感染するという「T幕原型」の拡散によって、子供たちだけが生き残り、街(幕原市)を支配していくことに。

暴力が支配する街に身を置いていたキイチは、心が荒み、自身も暴力に身を任せるようになってしまっていました。

そこへやってきたヤマトやタケル(堂本剛)が、大人たちに立ち向かう姿を見ていく内に、キイチとも昔のような友情を取り戻していくようになったのです。

共に汚い大人たちと戦った末、やつらのような大人にならないよう20年後にまたこの場所で会うことを約束し、彼らは別れました。

今回のスペシャルドラマでは、ここから20年後の姿が描かれています。

一体どのような世界が広がっているのか、そして小原裕貴さん演じるキイチはどのような大人へと成長しているのか…要注目ですね!

スポンサーリンク

ドラマ『ぼくらの勇気 未満都市2017』に出演する小原裕貴さんへのネット上の反応は?

まずはこちらのツイートからご紹介致します。

やはりファンにとっても衝撃的な第一報だったようですね!

このような驚きのツイートが多数寄せられていました!

お次の方も同様ですね。

この方のように、小原裕貴さん在籍時のジャニーズJr.が黄金期だったと仰る方が非常に多く、今回の出演決定はもうたまらないといった所でしょうか!

最後にこちらをご紹介。

芸能界を引退している方が再び出演するということは、本当にスゴイことですよね。

KinKi Kidsのお2人の人望がいかに厚いものなのかが良く分かります。

一体どんな演技を披露してくれるのか…要注目ですね!

ドラマ『ぼくらの勇気 未満都市2017』小原裕貴さん(キイチ役)の演技評価や感想は?

ドラマ放送中にはTwitterのトレンドに「#未満都市」と並んで「#小原裕貴」がランクインするなど、非常に多くの方の注目を集めていました。

そして、ネット上での小原裕貴さんへの感想や評価は絶賛の嵐!

現在は大手広告代理店の博報堂で働かれているということで、芸能界に割と近いところにいたとはいえ、20年近く芸能界を離れていたとは思えない見た目と演技だったので当然ですよね。

とにかく、KinKi Kidsのアニバーサリーイヤーに花を沿えた小原裕貴さんに拍手です!

なお、ドラマの感想は以下の記事にまとめていますので、是非ご覧ください。

関連記事:未満都市2017つまらなかった?感想と見逃し無料動画情報

ドラマ『ぼくらの勇気 未満都市2017』見逃し動画を無料で見る方法は?

ドラマ『ぼくらの勇気 未満都市2017』の見逃し動画配信については2017年6月末段階ではまだ発表されていません。

ただ、日本テレビの他ドラマの傾向から考えると、Huluで見逃し動画配信される可能性が非常に高いです。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 奥様は、取り扱い注意
  • 先に生まれただけの僕
  • 今からあなたを脅迫します
  • 過保護のカホコ
  • 脳にスマホが埋められた!
  • ウチの夫は仕事ができない
  • 愛してたって、秘密はある。
  • わにとかげぎす

などが見放題となっています。

また、2017年7月21日(金)放送の『ぼくらの勇気 未満都市2017』に先駆けて、1997年に放送された『ぼくらの勇気 未満都市』全10話もHuluにて配信されることが決定しました。

【『ぼくらの勇気 未満都市』Hulu配信スケジュール】
7月01日(土) 配信開始:1~3話
7月08日(土) 配信開始:4~6話
7月15日(土) 配信開始:7~10話

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に改めて伝説のドラマ『ぼくらの勇気 未満都市』を1話から見直してみてはいかがでしょうか?(無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりません)

Huluで今すぐ視聴

※紹介している情報は2017年6月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

今回のスペシャルドラマは、小原裕貴さんのドラマ出演というサプライズだけでなく、連ドラ版に出演していた矢田亜希子さんの出演も決定しているということもあり、大きな注目を集めています。

さらに、相葉雅紀さん(アキラ)と松本潤さん(モリ)の出演もすでに発表されていますので、ファンにとってはたまらない展開となっていますね!

そんな注目の金曜ロードSHOW!ドラマ特別企画『ぼくらの勇気 未満都市2017』は、2017年7月21日(金)夜9時より放送されます。ぜひお見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA