眩(くらら)北斎の娘キャストとあらすじ【宮崎あおい主演SPドラマ】

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

2017年9月放送予定のNHK特集ドラマでは、宮崎あおいさん主演による葛飾北斎の娘「お栄」にスポットを当てた『眩(くらら)~北斎の娘~』が放送されることが決定いたしました!

本ドラマは、『恋歌(れんか)』で直木賞を受賞した朝井まかてさんが2016年に発表した『眩(くらら)』に基づいたストーリーとなっていることも含め、非常に話題を集めていますね。

こちらの記事ではNHK特集ドラマ『眩(くらら)~北斎の娘~』のキャストやあらすじ、放送日程ついてお伝えいたします!

スポンサーリンク

NHK特集ドラマ『眩(くらら)~北斎の娘~』キャスト一覧

お栄(後の葛飾応為)/ 宮崎あおい

4歳の頃から子役として活動していた宮崎あおいさんは、大林宣彦監督の『あの、夏の日 / とんでろ、じいちゃん』(1999)で本格的に女優デビューを果たしました。

2001年の映画『EUREKA ユリイカ』では、ヒロイン役に抜擢され、第16回高崎映画祭 最優秀新人女優賞を受賞。

さらに、初主演を務めた『害虫』(2002)で、第23回ナント三大陸映画祭主演女優賞を受賞するなど、国内外で最高の評価を獲得することに。

一方のテレビドラマにおいては、BS-iの『ケータイ刑事 銭形愛』(2002~2003)で連続ドラマ初主演。

2005年には映画『NANA』で中島美嘉さんとダブル主演を務め、大ヒットを記録し、さらに注目を集めます。

以降、NHK連続テレビ小説『純情きらり』(2006)のヒロイン役、大河ドラマ『篤姫』では主人公・篤姫に抜擢されるなど、話題の作品に立て続けに出演することに。

どちらかというと主に映画で活躍されていた宮崎さんは、その後も『少年メリケンサック』(2009)、『ソラニン』(2010)、『舟を編む』(2013)、『怒り』(2016)などに出演し、存在感を発揮していますね。

今回は2度目の朝ドラ出演となった『あさが来た』以来のNHKドラマとなる訳ですが、実在した葛飾北斎の娘・お栄を演じるにあたって…

実在した人物をやらせて頂くと言う責任と、だからこその面白さを感じています。
お栄さんとして生きている時間は感情が素直に溢れる感覚があるので、その想いを大切に最後まで過ごしたいと思っています。
(公式サイトより引用)

…とのコメントを残されています。これまではあまりスポットをあてられることもなかったお栄という人物を一体どのように演じて見せてくれるのか…要注目ですね!

善次郎(後の渓斎英泉)/ 松田龍平

父であり名優の松田優作さんと母・松田美由紀さんの長男として生を受けた松田龍平さん。弟の松田翔太さんも現在大活躍されていますね。

俳優としては大島渚監督の『御法度』(1999)の加納惣三郎役でデビューを果たしました。

この作品では、日本アカデミー賞やキネマ旬報、毎日映画コンクールやブルーリボン賞をはじめ、その年度の新人賞を総嘗めにし、一気に注目を集めることに。

2002年には『青い春』、翌年には『ナイン・ソウルズ』(2003)など話題の映画に次々と出演。

その後も『探偵はBARにいる』シリーズや本作でも監督を務める石井裕也監督作の『舟を編む』(2013)など、映画を中心に活動されている松田龍平さん。

一方で最近では、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(2013)やTBSドラマ『カルテット』(2017)にも出演するなど、テレビドラマでの活躍も目立っていますね!

そんな松田龍平さんが今回演じることになるのは、北斎の弟子筋の絵師・善次郎(後の渓斎英泉)。

一度結婚し、出戻ってきたお栄から秘かな恋心を寄せられるのがこの善次郎で、この2人の関係をどう描いているのかが大きな見所になりそうです!

葛飾 北斎 / 長塚京三

パリのソルボンヌ大学在学中に、ジャン・ヤンヌ監督作品『パリの中国人』の主役オーディションに合格し、俳優デビューを果たした長塚京三さん。

同年にはTBSの『樹氷』でテレビドラマ初出演以降は、『金曜日の妻たちへ』(パート2及び3)や映画『ザ・中学教師』などに出演し、高い評価を得ることに。

その後も『ナースのお仕事』シリーズ、『理想の上司』(1997)、NHK大河ドラマ『篤姫』(2008)や『花燃ゆ』(2015)などといった話題作に出演。

2017年には大好評を博している『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』にも出演しており、ベテラン俳優としてその演技にはますます磨きがかかっているといった所でしょうか!

本作では葛飾北斎を演じることになる長塚京三さんが、一体どの様に天才絵師を表現してくれるのか…非常に楽しみですね!

三宅弘城

「大人計画」に所属し、「グループ魂」でもドラムを担当するなど、宮藤官九郎さんとは色々な面で切っても切り離せない存在となっている三宅弘城(みやけ ひろき)さん。

最近ではNHK連続テレビ小説『あさが来た』(2016)や日本テレビドラマ『世界一難しい恋』(2016)、テレビ朝日の『奪い愛、冬』(2017)などで独特の存在感を発揮していますね。

本作での役どころについては明らかにされておりませんが、きっと一癖も二癖もある役に違いありませんね!注目して見ていきたいと思います!

余貴美子

1976年に「オンシアター自由劇場」に入団して以降、主に舞台で活躍されていた余貴美子(よ きみこ)さんは、1985年頃から徐々にドラマや映画界にも進出し始めました。

1998年に出演した映画『学校III』や『あ、春』での演技は非常に高く評価され、第22回日本アカデミー賞優秀助演女優賞や第41回ブルーリボン賞助演女優賞を受賞。

その後も『ホテル・ハイビスカス』(2003)や『おくりびと』(2008)、『ディア・ドクター』(2009)などに出演し、それぞれで賞レースを席巻することに。

最近でも『あなたへ』(2012)で第36回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、『武士の献立』(2013)でも第37回日本アカデミー賞優秀助演女優賞に選出され、常に演技派女優のトップとしてひた走る存在だといえますね。

NHKドラマは2014年の『芙蓉の人〜富士山頂の妻』以来の出演になるようですが、余貴美子さんの迫真の演技に期待したいと思います!

野田秀樹

劇作家、演出家として名を馳せている野田秀樹さんは、自らが手掛ける舞台で俳優としても出演し、高い評価を得ています。

テレビドラマにおいては、NHK大河ドラマ『新選組!』(2004)の勝海舟役や、NHKスペシャルドラマ『蝶々さん』(2011)に出演して以来となるようですね。

どういった役回りを演じることになるのかは明らかにされておりませんので、果たして野田秀樹さんをキャスティングした意図は一体何なのか…要注目です!

スポンサーリンク

NHK特集ドラマ『眩(くらら)~北斎の娘~』のあらすじは?

ドラマ『眩(くらら)~北斎の娘~』は、朝井まかてさんの小説『眩(くらら)』を基にしたストーリーとなっており、脚本は大森美香さんが担当することが決定しています。

あらすじはざっとこんな感じです。

江戸の天才絵師と称される葛飾北斎(長塚京三)の三女として生まれたお栄(宮崎あおい)。

彼女は町絵師の吉之助と結婚したものの、どうにも今の生活に満足いきません。

お栄自身、橋を持つよりも絵筆を持つことが好きであったこともあり、父であり師でもあった北斎のもとへ出戻ることを決意。

こうして、高く高く聳えたつ超えられない壁である北斎の絵の手伝いが始まっていくことに。

北斎には絵師の善次郎(松田龍平)と言う弟子がおり、彼にだけはあまりにも高すぎる壁として存在する師・北斎についての悩みや苦しみを話すことが出来ました。

善次郎と接していく内に、やがてお栄は彼に対し淡い恋心を抱くようになっていきます。

そして、生まれてからずっと天才・北斎の背中を見つめていたお栄は、父の仕事を手伝う中で、「色」というのものに執着し始めていくことに。

その後、北斎の代表作ともいえる「富嶽三十六景」が完成した時も、傍らにはお栄の姿がありました。

当時、すでに高齢で思うように筆を動かせなくなっていた北斎でしたが、お栄が彼の「筆」となり、変わらず絵を描き続けていきます。

そこから数年の年月が流れ、心の拠り所だった善次郎や父・北斎は次々にこの世を去っていきました。

60歳を過ぎ、残されたお栄は一体どのようにして生きていくことになるのか…?!

というように物語が展開していくドラマ『眩(くらら)~北斎の娘~』。

重要な点は北斎と善次郎亡き後のお栄がどう歩みを進めていくのか?ということでしょう。

そして、この強き女性像を宮崎あおいさんがどのように表現してくれるのか…注目して見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

NHK特集ドラマ『眩(くらら)~北斎の娘~』の放送日は?

最後にNHK特集ドラマ『眩(くらら)~北斎の娘~』の放送日について見ていきましょう。

すでに公式サイトでは、放送日程が以下の通り発表されております。

NHK特集ドラマ『眩(くらら)~北斎の娘~』

放送日程:2017年9月18日(月)
放送時間:夜7時30分~8時43分(NHK総合)

万が一、放送日程に変更があった場合は随時更新してまいります。

まとめ

近年、アメリカの有名雑誌の中で「この千年でもっとも重要な功績を残した100人」に唯一選ばれた日本人・葛飾北斎。

世界的にも北斎の浮世絵技法が注目されている中、日本人である我々はもっともっと彼について知っておかなくてはならないはず。

そんな北斎にとっておそらく最も重要な人物だったであろう「お栄」という存在を、このドラマを通じてさらに深く知っていくことが出来れば、自ずと北斎自身に関しても深く知りえることが出来るのはないでしょうか!

そんな注目のドラマ『ドラマ『眩(くらら)~北斎の娘~』は2017年9月18日(月)放送予定です!ぜひお見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA