破獄キャストとあらすじ!ビートたけし主演ドラマ感想と視聴率も

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

ビートたけしさんが3年ぶりに主演を務めることで早くも話題となっている「テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画『破獄』」(テレビ東京:2017年4月12日夜21時から放送)

読売文学賞を受賞した吉村昭さんの同名小説を原作としており、32年ぶりの映像化という事でも注目が集まっています!

こちらの記事ではドラマ『破獄』のキャストやあらすじと合わせて、ドラマの感想や視聴率についてもまとめていきます!

スポンサーリンク

テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画『破獄』キャスト一覧

浦田 進 / ビートたけし

テレビドラマで3年ぶりに主演を務めることになるビートたけしさん。その3年前のドラマテレビ朝日の『松本清張 黒い福音〜国際線スチュワーデス殺人事件〜』(2014)という作品。

今回もテレビ東京開局記念と冠したドラマですが、この時もテレビ朝日開局55周年記念(松本清張二夜連続ドラマスペシャルの第二夜)ということで、こういった節目を飾るにふさわしいからこそ、ビートたけしさんが主演として起用される訳ですよね。

そんなビートたけしさんが『破獄』で演じているのは、刑務所看守の浦田進。関東大震災の折に看守としての職務に忙殺されるあまり、家族を亡くしてしまったことを悔やみつづけている役どころなのだとか。

そして、何度も脱獄を繰り返す無期懲役囚の佐久間と対峙し、同時に理解者にもなっていくことになる訳ですが、そんな浦田という役どころについて…

いつものように監督に言われた通り、精一杯演じるつもりでいますが、「破獄」という物語は、「生きる」という深いテーマ性がある作品なので、うまく演じきれるか少し緊張しています。 (公式サイトより抜粋)

…とのコメントを残しているビートたけしさん。その深いテーマ性を一体どのように表現しているかが注目ですね!

佐久間 清太郎 / 山田孝之

山田孝之さんが俳優としてデビューを果たしたのは、1999年の日本テレビドラマ『サイコメトラーEIJI2』。

その後、NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』シリーズで人気を博し、2003年のフジテレビドラマ『WATER BOYS』でドラマ初主演を果たし、一躍脚光を浴びることに。

2005年には『電車男』で映画初主演。2007年以降はこれまでの爽やかなイメージを一新し、無精ひげを生やした野性的な雰囲気を醸し出していた山田孝之さん。

闇金ウシジマくん』シリーズや『勇者ヨシヒコ』シリーズでもその個性を存分に発揮し、唯一無二の俳優としてその地位を確立していますね!

本作『破獄』で山田さんが演じているのは、無期懲役囚の佐久間清太郎。人間離れした腕力で幾度となく脱獄を繰り返し、過去に優しく接してくれた看守の浦田を慕っているという佐久間を山田さんなら難なく演じてくれるでしょう!

浦田 美代子 / 吉田羊

元々は舞台女優として活動していた吉田羊さんが、映像の世界に飛び込んできたのは2007年以降なのだとか。

その年、『愛の迷宮』という昼ドラに出演したことをきっかけに少しずつその名が知られるようになっていきます。

2008年にはNHK連続テレビ小説『瞳』に出演し、この時の素晴らしい演技にによって一気に注目を集めることに。

2011年からはNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』や『平清盛』に2年連続で出演。2012年にはNHK連続テレビ小説『純と愛』にレギュラー出演します。

その後もフジテレビドラマ『HERO』の第2シリーズなど、様々な話題作に途切れることなく出演し続け、今やその顔を見ない日はないといったところでしょう!

そんな吉田羊さんは、本作で浦田の娘である浦田美代子を演じています(同時にナレーションも担当)。

関東大震災で母と兄妹を亡くしたことで、家庭よりも仕事を優先している父のことを今でも思う所があるという美代子の複雑な心境を一体どう表現しているのか…非常に興味深いですね!

佐久間 光 / 満島ひかり

1997年、7人組ユニット「Folder(後にFolder5へ改組)」としてデビューを果たした満島ひかりさん。

グループの活動休止後は女優として、『ウルトラマンマックス』(2005~06)などに出演するなど女優の道へと進むことに。

彼女を女優として一躍有名にしたのは園子温監督の映画『愛のむきだし』でしょう。

この時はほぼ無名だったにも関わらず、第83回キネマ旬報ベスト・テンにおいて助演女優賞を受賞するなど最高の評価を受け、女優・満島ひかりの名を世に轟かせることになります。

その後も金子修介監督の映画『プライド』、『カケラ』や『悪人』など話題の作品に出演し続け、2017年もTBSドラマ『カルテット』で注目を集めましたね。

本作『破獄』では、佐久間の妻である光(みつ)を演じています。家が貧しく17歳で遊郭に売られてしまったという光は、19歳の時に出会って結婚した佐久間を待ち続けているという一途で健気な一面がある女性のよう。

満島さんの圧倒的な演技力で一体どう表現しているのか…注目ですね!

貫井 千吉 / 橋爪功

1961年に文学座附属演劇研究所の1期生に応募し合格して以来、俳優として素晴らしい功績を残し続けている橋爪功さん。

元々は脇役などを多くこなすイメージでしたが、テレビ朝日の『京都迷宮案内』シリーズ(1999年からスタート)など、50代以降は主役を務めるようにもなり、どんなジャンルの作品にも欠かせない名バイプレイヤーとしてその名を馳せています。

そんな橋爪さんが本作『破獄』で演じているのは、網走刑務所所長・貫井千吉。そもそも原作者の吉村昭先生のファンとのことで…

私、吉村昭さんの大ファンでありまして、以前といってもかなり昔ですが、32年前に放送したドラマ「破獄」を観て圧倒されたことを何故か昨日のことのように覚えています。

その後、やはり吉村さん原作の「海も暮れきる」というドラマに尾崎放哉役で出演し、その作品もやはり強烈な思い出として私の中に残っています。とても稀有なことです。 何度かお酒のお供をし、たくさんのお話しを伺い、ご自宅にも押しかけた私に、今回「破獄」出演のオファーがありました。断るわけがありません。完成した作品はまだ観ていませんが、撮影中私の耳には吉村さんの物静かな声がずっと聞こえていました。もう1度お酒を飲みながらこの作品を一緒に観られたらどんなにいいかと些か感傷にふけってしまいました。(公式サイトより抜粋)

…とのコメントを寄せられています!以前にもNHKドラマ『海も暮れきる』(1986)で吉村作品に出演している橋爪さんに注目ですね!

泉 吾郎 / 勝村政信

1987年に鴻上尚史さん演出の舞台『朝日のような夕日をつれて’87』で俳優デビューを飾った勝村政信さん。

その後『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』を機に注目を集めるようになり、北野武監督作『ソナチネ』(1993)にも出演を果たします。

『サラリーマン金太郎』シリーズや『HERO』シリーズ、最近ではテレビ朝日ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』シリーズといった大人気の作品には欠かせない存在で、脇役として常に存在感を発揮しています。

そんな勝村さんが今回演じるのは、網走刑務所・看守部長の泉吾郎。軍人に近いキャラクター設定という、勝村さんご本人にとっては苦手な役だったということですが、一体どう演じているのか…注目して見ていきましょう!

藤原 吉太 / 池内博之

当初モデルとして活動した後、1997年の日本テレビドラマ『告白』で俳優デビューを果たした池内博之さん。

翌年には『GTO』(1998)の生徒役で人気を博し、TBSドラマ『ビューティフルライフ』や『First Love』など次々に話題作に出演することに。

最近でもNHK連続テレビ小説『まれ』(2015)や君塚良一監督の映画『グッドモーニングショー』(2016)などに出演し、第一線で活躍し続けています。

本作『破獄』で池内さんが演じているのは、網走刑務所・専任看守の藤原吉太。看守役というのは初めて演じたという池内さんに要注目ですね!

野本 金之助 / 中村蒼

2005年、第18回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストにおおいてグランプリを受賞して芸能界入りを果たした中村蒼さん。

俳優としては2006年に舞台『田園に死す』でデビューを果たし、以降映画『恋空』(2007)や初主演映画『ひゃくはち』(2008)などで活躍。

2017年には田中麗奈さん主演のフジテレビドラマ『真昼の悪魔』で好演を見せ、若手実力派俳優として人気を博していますね。

本作『破獄』で中村さんが演じているのは、網走刑務所・看守の野本金之助。大ベテランたちがひしめく中での演技だけに、中村さんがどう立ち回るのか…注目です! 

大田坂 洋 / 松重豊

2012年に『孤独のグルメ』で連続テレビドラマ初主演を果たすまでは、脇役(もしくは悪役)のイメージが強かった松重豊さん。

コミカルな役からシリアスな役、もしくは非常に凶暴な男までどんな役でも演じ分けられてしまう名バイプレーヤーとして名を馳せていますね。

2017年にはフジテレビ“月9”ドラマ『貴族探偵』やテレビ東京ドラマ『孤独のグルメ season6』の放送開始を控えており、どんな作品も欠かせない存在となっています。

そんな松重さんが演じているのは、小菅刑務所所長の大田坂洋。どんな役だろうと安心して見ていられる松重さんですから、非常に期待が持てますね!

仁科 久 / 寺島進

北野武作品ではおなじみの寺島進さんですが、今回共演は久々なのだそう。

どちらかというとヤクザ役といった悪役のイメージが強い寺島さんですが、最近ではコミカルな役を演じることも多く、演技の幅の広さを感じさせてくれる俳優さんですね。

最近では『アンフェア』シリーズやTBSドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』(2016)などでも活躍を見せてくれています。

そんな寺島さんが本作で演じているのは、札幌刑務所所長・仁科久。たけしさんとの共演シーンを見逃しなく!

田島 公平 / 渡辺いっけい

NHK連続テレビ小説『ひらり』(1992)に出演して以降、数々の連続ドラマで常連バイプレーヤーとして活躍し続けている渡辺いっけいさん。

フジテレビドラマ『救命病棟24時』の第2シリーズや『ガリレオ』シリーズでもおなじみで、老若男女問わず高い知名度を誇る俳優さんですね。

渡辺いっけいさん演じるGHQの通訳・田島公平について…

僕が演じる日系人通訳は非常にクレバーな性格という設定なんですが、たけしさん演じる主人公が米軍の将校にしっかりと自分の意見をぶつけ始めるので、かなり慌てる事になります。状況設定も含め、興味深い役どころでした。(公式サイトより抜粋)

 
…とのコメントを残しています。微妙な立場に立たされる田島というキャラクターを渡辺さんが一体どう演じているのかに注目ですね!

スポンサーリンク

テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画『破獄』のあらすじは?

『破獄』は吉村昭さんの同名小説を原作としており、監督を深川栄洋さん( 『白夜行』、『神様のカルテ』、『偽装の夫婦』)、脚本を池端俊策 さん(『夏目漱石の妻』、『足尾から来た女』、『イエスの方舟』)が担当しています。

ちなみに公式サイトで発表されているドラマ『破獄』の簡単なあらすじは以下の通りです。

震災で妻と子どもを失い、生きる張り合いを無くし、脱獄阻止だけに命を燃やす一人の看守・浦田進。そんな彼の前に現れる一人の無期懲役囚・佐久間清太郎の、無尽蔵の生命力と、「何があろうと生きてやる」という圧倒的なまでの意思は、時に看守を苛立たせ、やがて大きく突き動かしてゆく……。戦前から戦後の時代にかけて繰り広げられる、看守と脱獄犯の息詰まる闘いが始まる。

時は昭和17年。舞台は東京、小菅刑務所。

そこで看守部長を務めていた浦田進の下に、ある情報が入る所から物語はスタートします。

その情報とは、秋田刑務所から無期懲役囚が脱獄したというもの。

浦田はその男のことを良く知っていました。男の名は、佐久間清太郎。

かつて青森刑務所でも脱獄した経歴のある佐久間でしたが、小菅刑務所に収監されている間は、情に厚い浦田に心を許し、従順な態度を見せていた過去があったからです。

それから3ヶ月 ―

突然浦田の家を訪ねて来た佐久間。なぜ秋田刑務所を脱獄したのかを語り始めます。

どうやら囚人を人間扱いしないということで、看守を訴えて欲しいというのです。

それを聞いていた浦田でしたが、佐久間の隙をついて通報。捕らえられた佐久間は難攻不落の網走刑務所へと収監されてしまいます。

そしてそれと同時に、浦田も網走刑務所の看守長として転任することに。

こうして浦田と佐久間の壮絶な闘いが幕を開ける訳ですが、ただ単に脱獄をテーマにしたエンタメ作品という訳ではなく、浦田と佐久間の不思議な関係を通して「命とは?」「生きるとは?」もしくは「人の絆とは何か」といったことを描き出すというドラマになるのだそうです。

そんなドラマ『破獄』に挑む上で、プロデューサーの田淵俊彦さんは…

数多くの監督が映像化を熱望してきた吉村昭の不朽の名作「破獄」をドラマ化したいと思っていた。今これを、映画ではなくテレビでやることの意義は大きいと確信していた。なぜ今このドラマなのか。全てが不確かで曖昧な時代に「確固たる信念を持つことの大切さ」を伝えたかった。そして年間3万人近い自殺者がいるこの現代日本で「生き抜くことの大切さ」を訴えたかった。そしてその大きなチャレンジを適えるためには、全ての常識を取っ払ってしまうような絶大なパワーが必要だった。ビートたけしさんは言わずと知れた「既存のスケールを超えた」人物だ。この尋常ではない、あらゆるスケールを超えた作品の主役に相応しいと考えた。視聴者は、バラエティーや北野作品の映画とはひと味もふた味も違う「ビートたけし像」に驚くことだろう。

…とのコメントを残しています。「確固たる信念を持つことの大切さ」を伝えるためにビートたけしという規格外のパワーを有した人物を起用したのだということが良く伝わってきますね。

果たしてどんなドラマに仕上がっており、どんな「ビートたけし像」を示してくれるのか?要注目です!

スポンサーリンク

テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画『破獄』の感想と視聴率

ドラマ『破獄』放送終了後に更新します!

ドラマ『破獄』のネット上の期待度や反応は?

ドラマ放送後に感想やネタバレをご紹介していきますが、放送開始前なのでTwitterでの期待度や感想・反応をご紹介していきます!

まずは山田孝之さんさんファンからのツイート。気合の丸刈り姿を披露してくれます!

続いて、吉田羊さんファンの方から。かなり吉田さんファンの方の声が多かったのが印象的でした!

こんな展示があるんですね~。寺島さんや松重さんら渋い共演陣にも注目が集まっているようです!

そして、プロデューサーにまで注目している方も!みなさん非常に楽しみにしているようですね!

まとめ

テレビ東京開局を記念したドラマ特別企画である『破獄』は豪華キャストや最高のスタッフが集結し、いかに気合が入っているのかが良く表れています。

ビートたけしさんに山田孝之さんというだけでも十分豪華ですが、そこに吉田羊さんや満島ひかりさん、さらには名脇役たちがズラッと顔を揃えており、とてつもなく重厚で迫力満点のドラマになりそうな予感がプンプンします!

注目のドラマ『破獄』は、テレビ東京で2017年4月12日(水)夜9時から放送開始です!ぜひお見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA