行列の女神~らーめん才遊記~|5話ネタバレと感想。老舗店の後継者探し!

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2020年春ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』5話が2020年5月18日(月)に放送されたね!
ラマちゃん
5話は、老舗ラーメン店の後継者探し!

どんな展開となるのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』5話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』5話のあらすじネタバレと感想

「清流企画」に、板橋区の中華食堂『おおひら食堂』店主・大平茂幸(螢雪次朗)・芳江(茅島成美)夫妻から依頼が舞い込んでいました。

事の発端は数日前。

ラーメン評論家の有栖涼(石塚英彦)が、20年間、月イチで通う『おおひら食堂』でタンメンを堪能していると、夫妻からまもなく店を畳むことを告げられます。

繁盛はしているが後継者がおらず、年齢を考えて引退したいと言うのです。

お気に入りの店を失いたくない有栖は、夫妻に後継者探しを「清流企画」に依頼するよう説得したのでした。

芹沢達美(鈴木京香)が考えたのは社員全員によるコンペの実施。

夏川彩(高橋メアリージュン)、白坂隼人(小関裕太)、須田正史(前野朋哉)、そして新人の汐見ゆとり(黒島結菜)が、己の人脈で後継者にふさわしい人を探し出し、能力を見て1人を選ぶというもの。

とはいえさすがにゆとりには不利ということで、芹沢は人材探しも兼ねて、『らあめん清流房』のアルバイト面接を任せることに。

意気揚々と面接に臨むゆとりでしたが、面接の時間にやって来たのは覇気のない若者ばかり。

遅刻しておきながら逆ギレする青年、派手なデコネイル女子、面接中も電話を止めない男子、母親同伴のニート…“有望”からはかけ離れた希望者しか現れず、絶望感にさいなまれる。そんなゆとりに、芹沢は人材探しの難しさを説くのでした。

結局ゆとりだけ候補者を見つけられないままコンペ初日を迎えます。

後継者選びの方法は『おおひら食堂』の看板メニュー・タンメン等のレシピを1日で習得し、各人3日間ずつ店で店主として働くという模擬営業。

大がかりな内容だが、理想の候補者を見つけた夏川、白坂、須田は自信に満ち溢れています。

「この店は私たち夫婦の生きた証。出来るだけ今まで通りの味を残していきたい」――そんな茂幸の熱き言葉と共に、運命のコンペが始まりました。

不戦敗にはさせまいと、ゆとりはやむを得ず橋爪ようこ(高畑淳子)のクッキングスクール近くでスカウトを試みますが、ようこの部下に捕まってしまいます。

ところがコンペもまもなく終わろうとしていたある日、『おおひら食堂』で鷹野研次郎(音尾琢真)と名乗る酔っ払い客に突然「候補になってやる」と話しかけられます。

ゆとりは無視しようとするが、鷹野が勝手に話を進めてしまい、結局鷹野は候補者として参加することに。

ゆとりが不信感を抱く中、コンペは進み…。

そして、ついに大平夫妻が後継者を決める時が来ました。

大平夫妻が後継者として指名したのは、なんと鷹野。

ゆとりは驚きを隠せません。

しかし、鷹野はほかの候補者に欠けているものも持っていました。

ほかの候補者は、衛生面や客の誘導に対する配慮が欠けていた一方、鷹野は料理だけでなく周りもみていたのです。

それにしても、突然候補者になると言い出しコンペを勝ち抜いた彼は何者なのでしょうか?

実は、鷹野は外食業界のカリスマでした。

しかも、ようこ(高畑淳子)の紹介だったのです!

娘の力になるとは、どういう風の吹き回しなのか。。

ようこのたくらみに気づいた芹沢は不機嫌に。

これは、ほかの候補者はそれぞれ問題があった故に指導に当たれてコンサルを続けられたのに対し、鷹野はそれができない。

つまり、ようこの嫌がらせだったというわけです。

以上が「行列の女神~らーめん才遊記~」5話のネタバレ。

今回は、4話までの流れとは少し違いましたね。

ですが、やはりコンサルとしての掟が描かれてました。

老舗の後継者探し、これも料理の腕だけではないというコンサルの奥深さがあり興味深かったです。

スポンサーリンク

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』5話のネットの反応や評価は?

ドラまる
冒頭の面接に来た面々は悲惨だったね。
ラマちゃん
コミカルに描かれてたけど、決して非現実的な話ではないわね。

ドラまる
今回もようこさんと芹沢社長はバチバチ!
ラマちゃん
ようこさんも相当キレる人物よね~

スポンサーリンク

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』第5話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』第5話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』6話のあらすじは?

2020年5月25日(月)放送のドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』6話のあらすじをご紹介します。

汐見ゆとり(黒島結菜)は初めて『らあめん清流房』の手伝いに入れることになり、かなり浮かれている。一方、白坂隼人(小関裕太)は、担当する店の新メニュー開発でトラブルが発生。流行に乗ろうとする白坂の提案にクライアントが納得いっておらず、対応に追われていた。

そんな中、ラーメン業界最大手のチェーン店を経営する「楽麺フーズ」社長の蒲生博昭(マギー)が来店する。実はまもなくオープンする新店舗で、看板にする店舗限定メニューの開発を芹沢達美(鈴木京香)に依頼するため、『らあめん清流房』にやって来たのだ。ただし2社で争うコンペ形式。しかも相手は、以前期せずして戦うことになった、あの「味惑コーポレーション」の難波倫子(松井玲奈)だという。そこで芹沢はゆとりを担当に、白坂をサポートにつけ、蒲生の依頼を受けることに。

だが「無難な味で見た目がインスタ映えするぐらいがちょうどいい」という白坂に対し、ゆとりは「メニュー開発を依頼された意味がない」と反論。ふたりの意見は真っ向から食い違ってしまう。そこで白坂は開発の参考にするべく、初めて担当した『油そば専門店・まきはら』へゆとりを連れて行こうとするが、久々に訪れた店は『油そば専門店・きよた』に…。なんと数年前に店を「味惑コーポレーション」が買い取ったという。

報告を受けた芹沢は「問題ない」、河上堅吾(杉本哲太)も「終わった案件だ」と一蹴するが、何の連絡もなく売り払われてしまったことに、白坂はショックを隠しきれない。するとなぜかゆとりは「牧原は殺されている」と思い込み、「このまま放置はできない」と憤激。「味惑コーポレーション」に乗り込んで倫子に話をつけようとするが――。
一体白坂と牧原の間に何があったのか?ふたりは倫子に勝てる新メニューを完成させることができるのか?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』5話のあらすじネタバレと感想と6話のあらすじをご紹介しました。

今回は、老舗店の後継者探しでした。

店長としてのスキルだけでなく、店主としての器があるかどうか。

この言葉には、はっとさせられました。

ドラまる
6話は、白坂回!
ラマちゃん
白坂がどんなコンサルをするのか…

楽しみだわ!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA