ドクターX ~外科医・大門未知子~】2話ネタバレと感想。5000億の価値のある命と彼氏の命。

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年10月24日(木)にドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第2話が放送されました。

ドラまる
今世紀最大のコストカッターは、未知子でも一筋縄ではいかないようだね。
ラマちゃん
ニコラスとはフィーリングが合うみたいだけど、医療に対する根本的な姿勢が違ったようよ。

こちらの記事では、ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第2話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第2話あらすじネタバレと感想

今日も美しい大門未知子(米倉涼子)先生。

小児外科へとやってきます。

不用意に歩いた大門はドミノを倒してしまい、子供たちからおばちゃん呼ばわりされ怒ります。

でも、ちゃんとその後一緒にドミノ直してくれましたね。

その頃、ニシキグループのCEO・二色寿郎(モロ師岡)が入院するためにやってきます。

蛭間重勝(西田敏行)の紹介で肝移植を受けることになっており、成功の暁には10億の融資を約束しています。

しかし、二色は今まで家族を大切にしてこなかったつけが回り、ドナーになってくれる親族は現れませんでした。

二色「この命には5000億の価値がある。」

会議に来ていなかった末の娘は家出中で行方がわからず、しばらく次世代がんゲノム・腫瘍内科部長・浜地真理(清水ミチコ)の方針で内科治療を行うことになります。

二色も院内の子供たちのドミノを倒していきますが、今日退院したばかりのドミノ師の古沢研二(清原翔)が手伝いに入ってくれます。

しかし古沢は再び腹痛を訴え運ばれていきました。

大門が連れ戻した古沢は肝がんでした。

こちらも肝移植のドナーを探していましたが、家族もお金もない古沢は一旦病院を追い出されそうになっていたのです。

無理に退院しようとする古沢を止めていたのは恋人の二色由理(上白石萌歌)でした。

他人同士の生体肝移植が認められていない日本では由理の肝臓は移植できません。

そして、古沢の幼馴染の多古幸平(戸塚純貴)の話から由理が二色の娘だということがニコラス丹下(市村正親)にも知られることになります。

次世代インテリジェンス手術担当外科部長・潮一摩(ユースケ・サンタマリア)や海老名敬(遠藤憲一)、様々な医師から父を助けるよう説得されますが、父のために手術はしたくないという由理の心は固いものでした。

ただひとり大門だけは古沢を助けるための助言をしにやってきました。

特別室では「二色が肝臓を買って来い」と暴れています。

そこへドナーとして由理を連れてきた大門。

お金はいらないという由理の言葉に涙ぐむ二色。

行われることになった肝移植手術には担当医として多数の医師が立候補します。

ニコラスが担当医に選んだのは加地秀樹(勝村政信)と潮でした。

担当から外れ、駄々っ子のように拗ねる大門可愛かったです。

由理に「私、失敗しないので」って言って安心させてたのに残念です。

二色の腹部を開き、AIの指示通りに手術を進めていく潮。

加地は由理の肝臓を取り出し、あとは二色のオペ室へと運ぶばかりになっています。

AI「血管を丁寧に剥離してください。」

しかし潮の手術技術はAIの求めるレベルまで達していませんでした。

多くの血管を傷つけてしまい手術続行は無理だと判断したAIの指示通り、オペを中断する決断をした潮ですが取り出した由理の肝臓はどうなってしまうのか?

そこへ入ってきたのは大門未知子。

コンセントを抜かれたAIのアイちゃん。

素早く止血を行った大門によって手術は続行されました。

あっという間に終了した肝移植。

大門は取り出した二色の肝臓を「もらっていくわ」と言ってもう一つの手術室に入っていきました。

由理がドナーになったのは、取り出した父の肝臓を古沢に移植するためでした。

この場合は家族以外の肝移植も行えるんですね。

この手術を機に結婚まで承諾させていた由理。やりましたね。

手術が成功し10億円の融資を受けることになった病院ですが、ニコラスはまだまださらなる分院の閉鎖を考えていました。

大門の手術の請求書を持ってきた晶(岸部一徳)さん。

AIナビゲーションによる日本初の生体ドミノ肝移植の手柄を潮に与えることと引き換えに、今回はきちんと報酬を得ることができました。

ニコラスから賛辞を受けた大門は「あんたは金持ちの患者を救えてよかったじゃん。」と去っていきました。

スポンサーリンク

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第2話ネットの反応や感想

ドラまる
今日は本当にずーっとドミノだったね。

ラマちゃん
肝移植の難しさを感じたわね。

肝臓を取り出してしまったのに閉じようとした潮に驚きよ。

ドラまる
ドミノ師って知らなかったな。

清原さんは、いろんな作品でお目にかかるね。

ラマちゃん
ニコラスとの対峙は二人ともバチバチだね。

ドラまる
今日も海老名先生がいいね。

ラマちゃん
ものすごくがっかりしてたわね。

それを見てた海老名先生の表情もセットで面白かった~。

スポンサーリンク

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第2話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第2話の動画を無料で見る方法はこちら

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第3話あらすじ

2019年10月31日(木) 21:00時から放送のドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第3話のあらすじをご紹介します。

失言を繰り返す現職の厚生労働大臣・梅沢三郎(角野卓造)が「東帝大学病院」に「マスコミが騒がしいので入院させてほしい」とやってくる。

 しかし病院長代理のニコラス丹下(市村正親)はそれを拒絶。

梅沢の秘書・竹田邦子(西原亜希)は、東京地検に逮捕され拘置所にいる蛭間重勝(西田敏行)のもとを訪れ、不起訴に持ち込む代わりに、梅沢を病院で匿えるよう取り計らってほしいと打診する。

 見事不起訴になり、「東帝大学病院」の病院長に復帰した蛭間は、さっそく梅沢を特患として入院させることに成功。

どこも悪くないはずの梅沢だったが、たまたま彼の口腔内を見た大門未知子(米倉涼子)は、舌縁部に腫瘍を発見する。

 舌がんステージⅡと診断された梅沢。

未知子は手術を含め、48時間での治療を提案する。

しかし、丹下は梅沢を少しでも長く入院させるため、次世代がんゲノム・腫瘍内科部長の浜地真理(清水ミチコ)が提案する化学療法を選択。

反抗した未知子は担当から外されてしまう!

 「一度手術を頼んだのに、悪かった」と、神原名医紹介所にお詫びにやってきた梅沢だったが、未知子はそのとき、梅沢のある奇妙な点に気づく。

ずっと疑念を抱き続けていた未知子は、ある出来事をきっかけに、その疑念を確信に変え…!?

 一方、梅沢の入院を長引かせようとするニコラス丹下には、ある思惑があった…!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第2話のネタバレ感想と第3話のあらすじをご紹介いたしました。

今日も大門先生ははっきりすっきり素晴らしい手術を披露されました。

インテリジェンス医師・潮は大門から多大な借りを作ってしまったような気がしますが、それをうまく利用したのは晶さんでしたね。

今回はきちんと報酬を受け取ることができて、久しぶりにスキップが見られました。

ドラまる
由理はちゃっかり結婚まで認めさせて、なかなかしたたかな娘だったね。
ラマちゃん
次週は「私、失言しないので」が炸裂するようね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA