オーマイボス!恋は別冊で|6話ネタバレと感想。中沢の告白にキュン!

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
『オーマイボス!恋は別冊で』6話が2021年2月16日㈫に放送されたね!
ラマちゃん
潤之介の幼馴染登場!

2人の恋にどう影響するのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』6話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』6話のあらすじタバレと感想

奈未 (上白石萌音) は麗子 (菜々緒) に付き添い、とあるパーティに出席していた。

するとそこには、潤之介 (玉森裕太) の幼馴染・理緒 (倉科カナ) の姿が。

しかし、潤之介がかつて想いを寄せていた相手だと知ってしまった奈未は、理緒と顔を合わせることができずに人影に隠れてしまう。

理緒に気づかれぬよう麗子とパーティ会場を後にしようとする奈未だったが、偶然麗子の父・宝来勝之介 (宇梶剛士) と遭遇し挨拶をかわす。

さらに勝之介は麗子に新谷 (細田善彦) という若手実業家の男を紹介するのだった。

すると後日、麗子の元に新谷から、ある相談が持ちかけられ……。

そんな中、パーティから帰宅した奈未のアパートの前には潤之介が待っていた。

電話もメールも返事がなく、避けられていると感じた潤之介は、「理由を教えてくれるまで帰らない」とその場に座り込んでしまい……。

スポンサーリンク

ドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』6話のネットの反応や評価は?

ドラまる
潤之介が「俺の彼女なんです」発言!
ラマちゃん
かっこいい!と思ったらその後で大波乱に!

ドラまる
中沢さんのストレートな告白が!!

スポンサーリンク

ドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』7話のあらすじは?

2021年2月9日㈫放送のドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』7話のあらすじをご紹介します。

MIYAVI廃刊の危機を迎え、麗子 (菜々緒) は奈未 (上白石萌音) と共にスポンサー探しに奔走するが難航していた。

 そんな中、奈未の家族が上京し、アパートにやってくるが、そこに潤之介 (玉森裕太) もやってきて鉢合わせに。理緒 (倉科カナ) と抱き合っているのを見てしまった奈未は潤之介と話すことを拒否し、母の真未 (宮崎美子) も娘をたぶらかそうとしている悪い男と勘違いし、追い返してしまう。

 一方、中沢 (間宮祥太朗) や遥 (久保田紗友) ら編集部メンバーは長野のコテージへ取材に行くことに。偶然、奈未と麗子もある化粧品会社の磯辺社長 (近藤芳正) を訪ねるため、同じ場所に行くことになり……。

再び潤之介は誤解を解こうと奈未のアパートを訪れると、困っている奈未の父・義郎 (橋爪淳) と遭遇し……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』6話のあらすじネタバレと7話のあらすじをご紹介しました。

「俺の彼女だから」宣言をした潤之介。

ですが、潤之介と理緒がいるところを見てしまった奈未はショックを受け、、

そこで中沢が潤之介に宣戦布告!

からの中沢さんの告白かっこよかったですね!

ドラまる
中沢さんも相当イケメン!
ラマちゃん
フラれる予感もするけど…結末は?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA