オーマイボス!恋は別冊で|4話ネタバレと感想。潤之介と奈未がキス!

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
『オーマイボス!恋は別冊で』4話が2021年2月2日㈫に放送されたね!
ラマちゃん
徐々に成長してきてる奈未。

でもまだ壁はあり。。

こちらの記事では、ドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』4話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』4話のあらすじタバレと感想

ついに「MIYAVI」創刊号が発売され、上京してからの出来事を感慨深く振り返る奈未(上白石萌音)。

改めて「MIYAVI」のページを開いた奈未は、その中の洗練されたモデルたちと比べ、ファッション業界の最先端で働いているのに最先端とは程遠い自分を痛感する。

オシャレに目覚める奈未だが、そのセンスのなさに麗子(菜々緒)からは呆れられてしまう。

その様子を見かねた同僚たちは、ブランドのレセプションパーティーに奈未を同行させてあげることに。

しかし、そのパーティーで奈未はまた潤之介(玉森裕太)と会ってしまい複雑な気持ちに…。

そんな中、麗子は昔の上司であり、次号の「MIYAVI」で特集ページを担当する、ファッション業界のトップでクリエイティブ・ディレクターのウエクサジンコ(高岡早紀)と再会する。

後日、ジンコのスタッフミーティングの場へ顔を出した奈未は、その和気あいあいとした雰囲気に感動。

さらにジンコからの誘いで、ジンコの企画を手伝うことに。

すると、ジンコからなぜか副社長・宇賀神(ユースケ・サンタマリア)との会食のセッティングを頼まれ…。

スポンサーリンク

ドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』4話のネットの反応や評価は?

ドラまる
4話で早くもキス!

ラマちゃん
確かに「恋つづ」と同じ展開の速さね!

ドラまる
ここからの展開も第注目ね!

スポンサーリンク

ドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』5話のあらすじは?

2021年2月9日㈫放送のドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』5話のあらすじをご紹介します。

雨の中、待ち合わせ場所でうずくまっていた潤之介 (玉森裕太) に思わずキスをした奈未 (上白石萌音) は、ずぶ濡れの潤之介を自分のアパートへ連れて帰ることに。しかし、潤之介が思いを寄せている幼馴染みの存在が気になってしまい…。

 一方、編集部では音羽堂出版の社内報に載せる「MIYAVI」の紹介記事作成をどのスタッフに担当させるか、半田 (なだぎ武) が頭を悩ませていた。麗子 (菜々緒) は遥 (久保田紗友) に任せようとするが、優秀すぎるが故に方々から振られたアシスタント業務で手一杯。その話を聞いていた奈未は、麗子からの評価が高い遥のようになれば、麗子に潤之介との関係を認めてもらえるのではと思い、社内報作りに立候補する。

 さらに、奈未は遥に代わり、中沢 (間宮祥太朗) が担当する対談企画で使う、ヴァイオリニスト・蓮見理緒 (倉科カナ) のドレスを届けることに。社内報も、対談の段取りもこなして、麗子からの評価を上げようと奔走するのだが…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』4話のあらすじネタバレと5話のあらすじをご紹介しました。

まさかのキスシーンでした。
展開が早い気もしますが「恋つづ」でも4話でキスシーンがありましたね。

4話でのキスシーンは鉄板になっていくのでしょうか?笑

ドラまる
キス!からの幼馴染登場。。
ラマちゃん
またもや複雑な恋愛模様。

先が気になるわ!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA