BG~身辺警護人~(2020)|6話ネタバレと感想。謎の男・加藤の正体が判明!

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年7月23日(木)にドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』第6話が放送されました。

ドラまる
自らの過去の経験からボディガードに恨みを持ち続ける劉との対決は最終局面に?
ラマちゃん
もう最終回が近いなんてつらいけれど、今日はカレー屋の危機を救うわ。

こちらの記事では、ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』第6話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

『BG~身辺警護人~(2020)』第6話あらすじネタバレと感想

謎の男(中村織央)を追い払った島崎章(木村拓哉)は高梨雅也(斎藤工)に、一緒にいた笠松多佳子(市川実日子)との関係を勘繰られて照れてます。

最初からかわいいやり取りですね。

診察を行う笠松の方も、見覚えのある謎の男のことを考えていました。

そしてそれが亡くなった夫のお葬式で見た顔だったことに驚きです。

そんな中、商店街でカレー食堂を営む佐久間華絵(名取裕子)から依頼を受けることになりました。

立ち退きを迫られていたお店には退去命令の張り紙が張られ臨時休業に追い込まれていました。

佐久間「主人は殺されたわ。私も…。」

一か月前、大家の息子・玉井充(永沼伊久也)と話している最中に心筋梗塞を起こし亡くなっていました。

私たちのカレーを護ってほしい。

しかし断行日(強制的に取り壊しが行われる日)は明日でした。

一方、KICKSガードでは総裁特別補佐に就任した議員・桑田宗司(小木茂光)のボディガードを続けています。

小俣健三(勝村政信)の劉光明(仲村トオル)を見る厳しい目が気になりますね。

他議員のスキャンダルをリークしたという疑惑を払しょくするため自宅で記者を集めて行われる会見には、あの謎の男の姿もありました。

会がお開きになったその時、謎の男(加藤)が「本当のことを話してくださいよ。」と、桑田に堂々と近づいてきました。

今回は劉の指示で潜入していたのではない加藤の狙いがわからないのは怖いですね。

カレー店の断行日。

屈強な男が店の前に集まっていました。

佐久間とともに籠城することになってしまった島崎たち。

その様子がニュースになり劉がチェックをしていました。

籠城する佐久間が新しいラッキョウやカレーの準備をしていないことに違和感を覚えた島崎は、佐久間に他の狙いがあることに気が付きました。

佐久間「知ってほしかったの。」

それは、当たり前の日常を奪われたほかのお店の店主たちの思い。

しかし、玉井から立ち退き料を上乗せするために佐久間が弁護士に相談していたことを聞かされます。

それでもクライアントを守るため男たちと戦う島崎たちでしたが、佐久間は店を出ていくことを決めました。

本心では立ち退き料なんて求めていなかった佐久間の気持ちを察した島崎は、新しいお店を出すことを提案します。

佐久間「うちのカレーごちそうするわ。」

任務中は食事をとらないはずの二人ですが、高梨は頑なな島崎に「任務終了」を宣言しました。

今日の誤差なしの投げやり感(笑)

佐久間「ありがとう、ボディガードさん。私の日常を護ってくれて。」

そしてそのころ、桑田の自室へと招き入れられていた加藤によって桑田が襲われていました。

加藤「劉に桑田を消せと依頼されている。」

衝撃の言葉を残し逃げ出した加藤。

警察にその言葉を伝える菅沼まゆ(菜々緒)。

劉は警察に追われることになりました。

珍しくケガをしなかった島崎に呼び出された笠松は、加藤が3年前に不祥事で辞めた元警護課の警察官だったことを教えます。

そして、逃亡した劉から連絡を受けた島崎。

今回は襲撃の指示は出していないという劉から「日本を脱出するつもりだ。警護してほしい。」と依頼されます。

高梨「劉社長を護るなら自分はここを辞めます。」

せっかく二人でやっていけると思ったのに。

しかも劉との約束の場所へと到着した島崎の前には警察が待ち構えていました。

『BG~身辺警護人~(2020)』第6話ネットの反応や感想

ラマちゃん
謎の男・加藤が警察関係者だったことがわかったわ。

笠松先生、記憶力すごいわね。

ドラまる
笠松といるときのドキドキしている島崎がかわいいね。

ラマちゃん
息子の瞬(田中奏生)くんがお父さんのことを大好きでほほえましいわ。

ドラまる
頑固な島崎に高梨はピッタリなんだけどな。

劉社長の警護の件で亀裂が入りそうだね。

ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』第6話の動画を無料で見る方法はこちら

『BG~身辺警護人~(2020)』第7話あらすじ

2020年7月30日(木) 21:00時から放送のドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』第7話のあらすじをご紹介します。

島崎章(木村拓哉)を付け回していた謎の男の正体は元警護課の警察官・加藤一馬(中村織央)だった!

しかも、その加藤が総裁特別補佐・桑田宗司(小木茂光)を再び襲い、大手警備会社「KICKSガード」を擁する「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)の指示でやったと主張。

警察に追われ逃走した劉がなぜか、敵視していたはずの章に「護ってほしい」と依頼してきた。

かつて章に続く形で劉の経営方針に異を唱え、「KICKSガード」を辞めた高梨雅也(斎藤工)は警護に猛反対。

だが、章は依頼承諾の可能性を匂わせ、高梨と決裂…!

まもなく劉と落ち合って事の経緯を聞いた章は、今度こそ命の保証はないと予感しながらも、たった一人で彼を護る覚悟を決める――。

 一方、今も「KICKSガード」に所属する菅沼まゆ(菜々緒)や沢口正太郎(間宮祥太朗)は、血眼で劉を捜す警察に協力することに…。

そんな中、かねてより劉と裏でつながっていた桑田は「KICKSガード」の身辺警護課長・小俣健三(勝村政信)に対し、秘密裏に“おぞましい指示”を出す。

しかもその矢先、高梨が「KICKSガード」に現れて…!

 その頃、海外逃亡を図る劉から“ある約束”を取り付け、彼を信じると決めた章は、指定された空港まで送り届けるべく行動を開始する。

ところが、その行く手に高梨が出現!

章はあろうことか、立ちはだかる高梨を崖から突き落とし…!?

 やがて章自身にも“命の危機”が到来!

はたして、章は劉を護り抜くことができるのか!?

そして、破綻の兆しを見せる章と高梨の運命、かつて固い絆で結ばれたまゆや沢口との関係の行方とは一体…。

命を懸けた“最後の任務”が、ついに始まる――。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』第6話のネタバレ感想と第7話のあらすじをご紹介いたしました。

最終回はあの劉の警護が始まるんですね。

その件で、高梨との関係にヒビが入ってしまったのがなんとも皮肉です。

警護課の課長だった小俣の存在が不気味に効いています。

桑田の陣営に寝返ったということでしょうか。

沢口や菅沼もこの事件に巻き込まれ、元日ノ出警備保障の面々がどんな結末を迎えるのか気になります。

ドラまる
加藤の顔を覚えていた笠松先生にグッジョブだね。
ラマちゃん
島崎と笠松先生との関係もずっと見ていたいのに、もう最終回よ。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA