アライブがん専門医のカルテ|7話ネタバレと感想。須藤の謝罪は本心?

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2020年冬ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』7話が2020年2月20日(木)に放送されたね!
ラマちゃん
匠の死はやはり須藤が原因だったことが明らかになったわけだけど…

須藤は進退は?

こちらの記事では、ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』7話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』7話のあらすじネタバレと感想

恩田心(松下奈緒)は匠(中村俊介)の死が、梶山薫(木村佳乃)ではなく須藤進(田辺誠一)による医療過誤であったことを関河隆一(三浦翔平)に証拠とともに知らされました。

心は薫に酷いことを言ってしまったと謝罪し、須藤を関東医大附属中央病院の調査委員会に申し立てると話します。

薫の心中は複雑です。

心は新たに武井正弘(平田満)という患者を担当。

武井は3年前に膀胱がんの治療を受け、経過は良好でしたが、今回の検査で肺への転移が発見されました。

がん性腹膜炎の疑いもあるため、入院しての抗がん剤治療を勧める心。

ですが、武井は仕事もあるからと通院治療を望みます。

心は説明には武井の家族の出席も求めましたが、話は本人にしか出来ませんでした。

同席していた結城涼(清原翔)は武井が頑なに入院を拒否することに疑問を持ちます。

数日後、心は治療に来た武井に、やはり家族にも病状について話したいと話すも、再び言い淀む武井。

治療を終えた数時間後、病院の廊下の椅子で眠る武井を見かけた結城が声をかけると、武井は自ら調べた余命が真実なのか結城に詰め寄り……。

その後、武井が予約していた時間に病院に来なかったため、心は結城とともに武井の自宅へ行きます。

すると武井の息子はどうやら職を探している状況で引きこもりの様子。

息子を心配し息子の職を探そうとしている武井でしたが、息子は武井を拒絶しており。。

そんな中、心は調査委員会から中間報告を受けます。

ところがこのレベルの出来事は珍しいことではないため、須藤にこれ以上の追及は難しいと言われてしまいます。

最初の聞き取りでは、須藤が下大静脈の狭窄を知っていながら自分にそれを伝えなかったことを言えなかった薫でしたが、薫は事実をすべて報告することを決意。

それを須藤にも伝えていました。

その後、心は須藤から連絡を受けます。

須藤は心の自宅で手術時に何があったのか話すと言います。

その言葉通り、須藤は手術時のことをすべて正直に打ち明けました。

その上で謝罪をする須藤。

さらに、関東医大も辞職したと言います。

すると京太郎は、「医者は続けろ」と言い。。

一方、武井を拒否していた息子も武井と向き合うことを決意。

武井は地r等を本格的に始めました。

以上が「アライブ」7話のネタバレ。

須藤、あっさり認めましたね。

意外でしたが、これが本心かは微妙なところです。

心から「調査委員会に報告する」という意思を伝えられる前から関東医大を辞職していた上に、関河にも匠の件以外の医療過誤も打ち明けていた須藤。

ですが、如何せん須藤は教授選を控えていただけに裏があるのではないかと疑ってしまいますね。

スポンサーリンク

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』7話のネットの反応や評価は?

ドラまる
須藤はほんとに根っからの悪人ではなかったのかな?
ラマちゃん
実はすでに教授が決まってるとか。。

ドラまる
薫先生の「さよなら」の意味は?
ラマちゃん
須藤なのか退職届なのか、それとも心先生なのか。。

退職届であると信じたいわね。

スポンサーリンク

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』第7話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』第7話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』8話のあらすじは?

2020年2月27日(木)放送のドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』8話のあらすじをご紹介します。

恩田心(松下奈緒)は、抗がん剤治療を受けないと言う高坂民代(高畑淳子)に理由を尋ねる。動けるうちにやりたいことをやっておきたいと答える民代は、心と梶山薫(木村佳乃)の関係を心配していた。薫に会った心は、本当に横浜みなと総合病院を辞めるつもりかと聞く。

 そんな時、高校生の井上和樹(萩原利久)が入院してくる。和樹は幼い頃からがんで入退院を繰り返し、今回も大学入学を目前に控えての再発だった。心と一緒に和樹と会った夏樹奈海(岡崎紗絵)は医局で光野守男(藤井隆)が、かつて入院していた時の様子を聞く。光野は子供の頃の和樹は優しくて頑張っていたと教えるのだが…。和樹もその家族たちも病気に疲弊していた。自分の弟もかつて入退院を繰り返していた経験がある奈海は和樹に寄り添おうとするが…。

 一方、心は奈海や結城涼(清原翔)に、若い患者たちの気持ちを知ってもらおうと患者との交流会を開くことにした。そこで、奈海と結城は患者や家族の本音を聞くことになり…。
交流会の後、心は薫たちを自宅に誘う。恩田家に着くと、結城と奈海は京太郎(北大路欣也)と漣(桑名愛斗)が待つ室内に入るのだが、薫は躊躇してしまう。そんな薫に心は…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』7話のあらすじネタバレと感想と8話のあらすじをご紹介しました。

匠の死の原因が自分にあると素直に心に謝罪した須藤。

須藤は根っからの悪人ではなかったのでしょうか?

それともやはり裏があるとか…?

ドラまる
教授も諦めたってのがちょっと引っかかるけど…
ラマちゃん
薫先生の「さよなら」の意味も気になるし、まだまだ問題はあるわね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA