同期のサクラ|7話ネタバレと感想。じいちゃんの名言に号泣

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2019年秋ドラマ『同期のサクラ』7話が2019年11月20日(水)に放送されたね!
ラマちゃん
ついに故郷に橋が架かるというサクラの夢が現実に!

…と思いきや、またもや試練が!?

こちらの記事では、ドラマ『同期のサクラ』7話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『同期のサクラ』7話のあらすじネタバレと感想

2019年11月―。

サクラ(高畑充希)の病室に訪れた黒川(椎名桔平)は、眠り続けるサクラに、「こんなことになったのは俺のせいかもな」と語りかけていました。

 2015年11月。

サクラは花村建設の子会社に飛ばされたまま、社会人7年目を迎えていました。

故郷の島に架かる橋が着工し、直接工事には関われないものの祖父の柊作(津嘉山正種)と共に橋を渡るのを楽しみにするサクラ。

しかしなぜか最近「橋は架からない」という不吉な夢ばかり見ることに不安を感じていました。

その日、モデルハウスで新築の家の販売会をしていたサクラは、かつての上司・黒川から「島に架かる橋に問題が起きた」と突然呼び出されます。

急いで本社に駆けつけ、待っていた葵(新田真剣佑)に案内されて土木部へ行くと、そこには人事部長から常務に出世した黒川と、かつてサクラと衝突した土木部の担当役員・桑原(丸山智己)の姿が。

黒川は、橋の着工後に想定より地盤が弱いことがわかり、もし完璧を期すのであれば基礎を予定より深く打ち込まなくてはいけないと話します。

今の深さでも安全基準はクリアしているため問題はないのですが、噂が広がり島民の間に不安が広がっているため、島の出身者として現地の説明会で島民を説得してほしいと頼まれるサクラ。

調査会社の資料を見て今のままでも安全基準に問題がないことに納得したサクラは、島の説明会に行くことを決め……。

その夜、サクラは百合(橋本愛)、葵、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)と共にいつもの喫茶店へ。

美咲島に行く話で盛り上がる中、蓮太郎は一級建築士の試験に受かったことを報告。

さらに付き合っている人がいる、と意外な相手を発表!

その相手とは、すみれ(相武紗季)でした。

楽しい時を過ごすサクラだが、不吉な夢のことは頭から離れず……。

そして島での住民説明会前日。サクラの故郷を見ようと同行した同期たちと共に、島の建設予定地に立ったサクラは感慨深く満面の笑みをこぼします。

ですが、実は柊作がずっと体調不良をサクラに隠していたことを島民に聞いたサクラ。

実家の祖父の元へ向かいました。

病院に行くことを勧めるサクラですが、柊作は都合の悪いことは聞こえないふりをするばかり。

その夜、サクラの実家を訪れた同期たちは柊作自慢のコロッケが並ぶ食卓を囲み、楽しい夜を過ごします。

入社してからの思い出話に花を咲かせるサクラと同期の姿をホッとしたように見つめていた柊作でしたが、サクラが席を外した隙に「話がある」と同期たちに怖い顔で迫り……。

自分の余命が幾ばくも無いことを告白し、「サクラをよろしくお願いします」と頭を下げたのでした。

柊作から切なくもショッキングな頼み事を託された同期たちは言葉を失い。。

翌朝、住民説明会に向かおうと実家を出たサクラの前に葵が現れます。

葵は、橋の工事について問題があることを打ち明けます。

コンクリートの量が違い強度が弱くなっていたのです。

予算を抑えて利益を上げようとする桑原の懇談。

サクラはこれを説明会で正直に言うべきか否かの判断を迫られ。。

結局、正直に打ち明けました。

事実を知ってしまった以上仕方ないとはいえ、自ら夢を打ち砕いてしまったサクラ。

そんなサクラにさらに追い打ちをかけるように、柊作が亡くなり。

以上が「同期のサクラ」7話のネタバレ。

回が進むにつれ、サクラを取り巻く環境が厳しくなっていますね。

切ないです。

目標としていた故郷に橋が架かるという夢がこわされ、じいちゃんも亡くなってしまったサクラ。

サクラが喪失感を味わうのも無理ありません。

今後サクラはどう立ち直っていくのかが見どころとなりそうですね。

スポンサーリンク

ドラマ『同期のサクラ』7話のネットの反応や評価は?

ドラまる
じいちゃんの名言がもう聞けないのは寂しいね。
ラマちゃん
じいちゃんの名言があったからこそ試練も乗り越えられただけに、今後がつらい展開となりそうだわ。

ドラまる
じいちゃんが同期のみんなに頭を下げたシーンが泣けたね!
ラマちゃん
じいちゃんの最後の願い。。

号泣だったわ。

スポンサーリンク

ドラマ『同期のサクラ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『同期のサクラ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『同期のサクラ』(第7話)の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『同期のサクラ』8話のあらすじは?

2019年11月27日(水)放送のドラマ『同期のサクラ』8話のあらすじをご紹介します。

2019年12月―。サクラ(高畑充希)の病室には百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)の姿があった。意識の回復も見込めず身寄りもないことから、病院からサクラの転院を決断してほしいと頼まれる同期の4人。そこに、サクラのアパートの隣人・草真(草川拓弥)と小梅(大野いと)が訪れ、こんなことになったのは自分たちのせいだ、と頭を下げる……。
 2016年11月。自らの決断で夢だった故郷の橋の建設を諦めたサクラは、祖父・柊作(津嘉山正種)を亡くしたショックも重なり、重度の喪失感に襲われたまま社会人8年目を迎えていた。もう一つの夢である“同期の仲間と沢山の人を幸せにする建物を作ること”を心の支えになんとか仕事を続けるサクラだったが、その日、重い体を引きずって家を出たサクラの足は、会社にたどり着く前に自宅に戻ってしまう……。
 そして2018年1月。百合たちは「体調がすぐれない」という理由で1年以上も会社を休職し、誰にも会わずに部屋に引きこもるサクラを心配していた。これ以上休職期間が伸びると会社にもいられなくなるため、なんとかサクラを元気付けようと知恵を絞る4人。葵はこちらから悩み相談を持ちかければ、サクラの性格上出てきてくれるのではないかと考える。
 翌日。百合は悩みを聞いてほしいとサクラの部屋を訪ねる。髪が伸び変わり果てた姿でドアを開けたサクラは、荒れ果てた部屋に百合を上げる。「外に出る気になれない」と話すサクラに、百合は菊夫がどうしても連れて行きたい場所があるのだと話す。
 菊夫がサクラを連れてきたのは二人の思い出の場所。そこへ行けばきっとサクラの元気が出ると思う菊夫だったが、壊れてしまったサクラの心を前にすると、なす術もなく……。蓮太郎はサクラの好きだった実家のラーメンで元気づけようとするも失敗。さらに自分の設計図について意見を求めると、サクラは突然「何も浮かばない」と堰を切ったように泣き出してしまう。駆けつけたすみれ(相武紗季)がサクラを抱きしめるも、その涙は止むことがなく……。誰もサクラを救い出せない中、葵はサクラを街に連れ出し、元気づけようとするも、あえなく撃沈。さらに百合は、サクラのあまりに自暴自棄な態度から口論になってしまい……。
 心を病んだサクラを助けることができず、途方にくれる同期たち。サクラは、そんな4人の気持ちに感謝しながらも「頑張れと励まされるのが辛い」と話し、自分のことを見捨ててほしいと頼む。今まで自分たちを救ってくれたサクラの豹変ぶりを前に、4人はそれぞれ強い喪失感に襲われて……。
 数日後。サクラの元に書留が届く。それは会社から、このままでは解雇になる、という通知。そして黒川(椎名桔平)からのメモが入っていた……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『同期のサクラ』7話のあらすじネタバレと感想と8話のあらすじをご紹介しました。

さすが遊川脚本、どんどん切ない展開となってきていますね。

じいちゃんと夢の2つを一気に失ってしまったサクラ。

これからどう乗り切るのでしょうか

ドラまる
8話は隣人カップルも話に絡んでくる?
ラマちゃん
キーマンのようだし…気になるわね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA