LIFULLライフルCMで走る女優(女性)とBGM曲の歌手を調査!

  • この記事を書いた人:さくら

2017年9月17日にYouTubeで先行公開された、不動産関連事業サービスを提供している「株式会社LIFULL」の新TVCMは、もうご覧になりましたか?

ドラまる
2017年4月1日に、「株式会社ネクスト」から「株式会社LIFULL」に社名を変更した「LIFULL」の新TVCMだよね!
ラマちゃん
タイトルは「人生」篇よ~。

2017年9月18日(月)からテレビで放送開始(関東・中京・関西・福岡)されているわ!

こちらの記事では、LIFULL(ライフル)の2017年秋TVCM「人生」篇に出演している女性とCMソング、について調査してご紹介いたします!

スポンサーリンク

LIFULL(ライフル)CM詳細

LIFULL(ライフル)CMの15秒はこちらをどうぞ。

30秒フルバージョンはこちらです。

夜明け前のまだ薄暗い空の下、高台に向かって坂道をストイックに走る女性。

自分自身を前向きに押し出すように必死に走っています。

女性「はぁ…はぁ…」と走る息遣いが聞こえます。

Music「♪人生楽ありゃ苦もあるさ♪」

女性「はぁ…はぁ…」と走る息遣いだけが響き渡ります。

Music「♪涙の後には虹も出る♪」

高台のカーブを登り切り、ちょうど朝日が昇り始めた頃、街が見渡せる場所に着いて立ち止まりフードを脱ぐ女性。

その景色を見て疲れが吹き飛び、気持ちが前向きにクリアになって、晴れやかな表情になり笑顔がこぼれます。

Music「♪歩いてゆくんだしっかりと♪」

目の前に広がっている朝日が赤く照らす街と、それを見ている女性を、後ろから映すシーンが映し出されます。。

新しい1日がはじまりを告げ、朝の爽やかな風が女性の髪をやさしく揺らしています。

画面・女性ナレーション「あらゆるFILEを、FULLに。」

画面には「HOME’S」の文字が表示されます。

画面「インテリア」「FLOWER」「介護」「LIFULL」と文字表示がパタパタと切り替わります。

女性ナレーション「LIFULLグループ」

LIFULLは、「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに、不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」をはじめ、「暮らしを安心と喜びで満たす」住生活情報・サービスを提供しています。

「頑張る人たちをLIFULLが後押しする」というメッセージを伝えるCM構成となっています。

ラストシーンで女性が見せるすがすがしい表情にご注目ください。

LIFULLのサービス紹介動画(フルバージョン)はこちらをどうぞ。

このCMに出演している女性は、いったい誰なのでしょうか!?

スポンサーリンク

LIFULL(ライフル)CMでストイックに走る女性は誰?

このCMでストイックに走る女性は、水原希子(みずはら きこ)さんです。

性別問わず幅広い年齢層に人気があり、フレッシュ感が魅力の水原希子さんを新CMに起用しています。

水原希子さんは、ASIA CROSS(エイジアクロス)に所属しています。

水原希子(みずはら きこ)さんのプロフィール

本名:Kiko Audrie Daniel(オードリー・希子・ダニエル)
生年月日:1990年10月15日
出身地:アメリカ合衆国テキサス州ダラス(兵庫県育ち)
血液型:A型
身長:168 cm
サイズ:B75 – W60 – H83 cm、Shoes 23.5 cm
趣味:ショッピング、映画音楽鑑賞
特技:食べること 
芸能活動:2003年~

所属事務所プロフィールより)

水原希子さんは、国内外のファッションモデルや女優として活躍されています。

父親は米国人で、11歳の時に両親が離婚し、韓国人の母親に引き取られています。

2010年公開の映画『ノルウェイの森』の主人公の恋人・小林緑役で女優デビューしています。

2017年公開の『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』では天海あかり役を演じています。

スポンサーリンク

水原希子さんの公式SNSはある?

水原希子さんの公式SNSを調査したところ、ブログとTwitter、Instagramがありましたのでご紹介いたします。

式ブログ:水原希子 OFFICIAL BLOG Powered by Amebaはこちら。

2009年12月に登録しているTwitterには、かわいらしいうさぎちゃん姿の動画がアップされています。

Instagramには、東京ガールズコレクションに出演後のお写真がアップされていました。

LIFULL(ライフル)2017年秋CMでBGMに使われている曲は?

このCMソングを歌っているのは、銀杏BOYZのボーカル峯田和伸(みねた かずのぶ)さんで、楽曲名は『ああ人生に涙あり』です。

『ああ人生に涙あり』は、みなさんご存知の時代劇ドラマ『水戸黄門』の主題歌ですね!

このお馴染みの曲が、峯田和伸さんの独特の歌唱力で歌われています。

CM楽曲には、前向きな人生を表現している歌詞と耳に残るメロディが印象的なこの曲が使用されています。

峯田和伸さんの所属事務所は、個人事務所ということ以外は公表されていないようです。

峯田和伸(みねた かずのぶ)さんのプロフィール

別名:ミネタカズノブ
生年月日:1977年12月10日
出身地:山形県東村山郡山辺町
血液型:A型
学歴:東京情報大学経営情報学部卒業
ジャンル:青春パンク
職業:シンガーソングライター
担当楽器:ボーカル、ギター、シンセサイザー
活動期間:1996年~

公式サイトプロフィールより)

銀杏BOYZ(ぎんなんボーイズ)のプロフィール

メンバー:峯田和伸(ボーカル、ギター)

旧メンバー:チン中村(ギター)、安孫子真哉(ベース)、村井守(ドラムス)

サポートメンバー:(※2015以降はサポートメンバーを迎えてライブを行っている)
 藤原寛(ベース)、後藤大樹(ドラム)、菊地椋介(ギター)、山本幹宗(ギター)、岡山健二(ドラム)、加藤綾太(ギター)

Wikipediaより)

峯田和伸さんは、シンガーソングライターとしての音楽活動の他、俳優としても活躍されています。

1999年に青春パンクバンド「GOING STEADY」のボーカル・ギター担当のミネタカズノブとしてCDデビューしましたが、人気絶頂の中2003年にバンドは解散しています。

解散した年から、「銀杏BOYZ」としてソロ活動を続けておりましたが、元「GOING STEADY」の安孫子真哉さんと村井守さん、新ギタリストのチン中村さんをメンバーに迎えてバンド体制になり、2003年5月から本格的に活動を開始、峯田さんはボーカルとギターを担当していました。

2003年10月13日には初の武道館で公演をしています。

2013年には、9年ぶりとなるアルバムを2枚同時リリース後、安孫子真哉さん・チン中村さん・村井守さんが脱退しており、以降は実質上ソロ活動をしています。

「銀杏BOYZ」のバンド活動の傍ら、映画や舞台に出演するなど幅広く活躍されています。

2017年4月からは、NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」に小祝宗男役として出演されています。

峯田和伸さん・銀杏BOYZの公式SNSを調査したところ、公式サイト、公式ブログ、Twitter、Instagramがありましたのでご紹介いたします。

公式サイト:銀杏BOYZ オフィシャルサイトはこちら。

公式ブログ:峯田和伸の★がぶがぶDIEアリー – ライブドアブログはこちら。

2013年9月に登録している銀杏BOYZスタッフのTwitterには、このCMについての告知がツイートされていました。

Instagramには、銀杏BOYZ武道館公演1ヶ月を切ったという告知のお写真がアップされていました。

いよいよ銀杏BOYZ武道館公演まで1ヶ月を切りました。こちらではスタッフが大わらわで動いています。 今なんとなくわかっていることは、きっとライブがひとたび始まってしまったら終わるまであっという間なんだろうなということです。 ライブの日を迎えるまでのこんな日々がずっと続けばいいのにな。「もうすぐ武道館、もうすぐ武道館」ってときめく気分が永遠に続けばいいのにな。本番なんてやってこなきゃいいのに。 とかなんとか言って別にそこまでこじらせてるわけじゃありません。サッとやってサッと帰る感じだとおもいます。 こちらでは蝉の声がきこえなくなりました。川の流れる音が聞こえます。神田川という川です。ちょっと昔、歌にもなってるんですよ。 #toomuchtoolittletoolate

峯田和伸 mineta kazznovさん(@mine_minet)がシェアした投稿 –

まとめ

不動産関連事業サービスを提供している、株式会社LIFULL(ライフル)の2017年秋TVCM「人生」篇、についてご紹介いたしました。

ドラまる
このCMに出演している女優さんは

水原希子(みずはら きこ)さん

CMソングを歌っているのは峯田和伸(みねた かずのぶ)さん

CM楽曲名は『ああ人生に涙あり』

なんだね!

ラマちゃん
人生のスタートを精いっぱい進もうとしているのがよく表現された良いCMね。

水原希子さんの今後のさらなる活躍に目が離せないわね!

スポンサーリンク

8 件のコメント

  • 峯田さんの声、ゲロが出そうで耐えられない。
    何とかして~・・・

    こういう歌手を一般CMに採用するディレクターの感性が理解不能です。
    あ~やかましい。キモイ

  • 峯田和伸さんて歌手だったのですか…
    あまりにも酷い歌唱力のなさ、何より声が酷い。よくCMに使いましたね。NHKドラマに出たからかしら。

  • コメントお待ちしています!

    CAPTCHA