エール|物語を支えるイケボの語り担当は津田健次郎!【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵
ドラまる
2020年4月から、NHK連続テレビ小説枠では『エール』がスタートするね!
ラマちゃん
主演は窪田正孝さん。

マッサン以来の男性主演の朝ドラということで注目を集めているわ!

物語を支える・語りを担当するのは、津田健次郎さんよ!!

2020年4月からスタートするNHK系連続テレビ小説『エール』で、語り役を演じる津田健次郎さんについて調査していきます!

スポンサーリンク

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説『エール』語り役を演じる俳優・津田健次郎さん

2020年4月スタートの2020年度後期NHK系朝の連続テレビ小説『エール』で語り役を演じる津田健次郎さんです!

津田健次郎

津田健次郎プロフィール
  • 《生年月日》
  • 6月11日

  • 《出身地》
  • 大阪府

  • 《方言》
  • 大阪弁

  • 《趣味・特技》
  • カメラ バイク

幼少時代をジャカルタで過ごした経験をがあります。

明治大学文学部文学科演劇学卒業で、元々は映画監督を撮りたいと思っていた矢先に演じるほうにも興味を持ち、円・演劇研究所専攻科を受けて合格し、演劇活動に熱中しました。

養成所卒業後は舞台系の事務所に所属しています。

その際にオーディションの話があり、1995年のテレビアニメ『H2』の野田敦役で声優デビューしました。

以降は声優業を中心に、舞台やテレビドラマ、映画に出演、他にもテレビ番組やCMでのナレーションやラジオパーソナリティなど多方面で活動しています。

映画は撮ることも観ることも好んでいます。

中学時代から映画館に通い始め、高校までは古い洋画を、大学入学後はアート系映画を中心に観ていたが、基本的にはノンジャンルとのことです。

2017年より、病気療養中だった藤原啓治が演じていた幾つかの役(『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』・榎本勇役、『進撃の巨人』・ハンネス役)を代役として受け持ちました。

2019年2月2日公開の「ドキュメンターテイメント AD-LIVE」で映画監督デビューを果たしています。

津田健次郎さんの主な出演作はこちらです。

アニメ

  • 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ(2000年 – 2004年、海馬瀬人、クリティウス、神官セト、カイバーマン)
  • テニスの王子様(2001年 – 2012年、乾貞治)
  • 家庭教師ヒットマンREBORN!(2006年 – 2010年、大人ランボ、ロメオ、スパナ、ランポウ)
  • 薄桜鬼(2010年 – 2016年、風間千景)
  • Free!(2013年 – 2018年、御子柴清十郎)
  • 少年アシベ GO! GO! ゴマちゃん(アシベの父ちゃん、イエティ、越完治、お師匠様)
  • 3月のライオン(2017年 – 2018年、重田盛夫)
  • 炎炎ノ消防隊(ジョーカー)
  • アフリカのサラリーマン(トカゲ、TVキャスター、ナレーション)
  • 魔術士オーフェンはぐれ旅(ウオール・カーレン)

吹き替え

  • ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(コリン・ファレル/パーシバル・グレイブス)
  • 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(アラミス〈ルーク・エヴァンズ〉)
  • スター・ウォーズシリーズ(カイロ・レン〈アダム・ドライバー〉)
  • X-ミッション(ボーディ〈エドガー・ラミレス〉)
  • 運命の女(ポール・マーテル〈オリヴィエ・マルティネス〉)※テレビ朝日版
  • 幸せのレシピ(ニック・パーマー〈アーロン・エッカート〉)
  • ブラックパンサー(エリック・キルモンガー〈マイケル・B・ジョーダン〉
  • ブラック・ファイル 野心の代償(ベン・ケイヒル〈ジョシュ・デュアメル〉)
  • ウェイワード・パインズ 出口のない街(イーサン・バーク〈マット・ディロン〉)
  • リーサル・ウェポン(マーティン・リッグス〈クレイン・クロフォード〉)

実写作品

  • 君を忘れない(1995年)
  • 京極夏彦 「怪」「七人みさき」(2000年) – 萩之介 役
  • 押切 OSHIKIRI(2000年) – 男 役
  • クロエ(2001年)
  • スパイ・ゾルゲ(2003年)
  • ドラゴン・シティ(2004年)
  • いらっしゃいませ、患者さま。(2005年) – 救急隊員 役
  • ちいさな恋のものがたり(2008年)
  • ハゲタカ(2009年) – スタンリー・ブラザース法人担当者 坂本 役
  • ドキュメンターテイメント AD-LIVE(2019年)出演・脚本・監督

参考元:Wikipedia/津田健次郎

ドラまる
アニメでも、すごいイケボで、すぐわかるんだよね~♪

それにたくさんの吹き替えもしてるから、テレビで声が聞こえてくると、つい振り返っちゃうよ!

ラマちゃん
っていうか…本当かっこいいのよ~。

実写で、なんら問題がなさ過ぎて…鼻血が出そうだわ…。

スポンサーリンク

2020年度後期NHK連続テレビ小説『エール』語りはどんな役?

2020年NHK系秋の新ドラマ『エール』で津田健次郎さん演じる語り役についてご紹介します。

津田健次郎さんは、物語を彩り、支える語りで出演します!

ドラまる
なんというか…低音ですごく落ち着いた声なんだよね…。
ラマちゃん
でも、たまにお茶目な物言いもしたりして、ギャップがまたいいのよね。

スポンサーリンク

ドラマ『エール』に出演する津田健次郎さんの演技評価は?

ドラまる
とにかく、このイケボが聞けて、朝からありがとうございま~すな反応が多い印象かな?

そして、時々毒気のある感じが…癖になりそうだよね!

ラマちゃん
いっそどこかで出てほしい…って思う人もいたわね!

ナレーションという立場はっていう考え方もあるかもしれないけど…

でもね、おしんっていう前例もあるし…。

おしんのナレーションを担当していた奈良岡朋子さんは最終回に海辺で語らうおしんとこうたさんの横を犬を連れて散歩して…2人に声をかけるのよね…。

そんな出演のしかたありじゃない?

例えばだけど…初回にオリンピックの開会式の会場の扉を開けるところだったけど…

開会式が終わって、会場をあとにする裕一と音に声かけるお客さんでも警備員さんでもオリンピックの関係者でもいいから…「素晴らしい曲でしたね。」なんて…いいじゃな~い!

津田健次郎さんの公式SNSはあるの?

津田健次郎さんの公式SNSをみつけましたのでご紹介します!

津田健次郎さんの公式SNSはこちら!

この投稿をInstagramで見る

#ツダケンカメラ #津田健次郎

津田健次郎(@2_da_ken)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

#ツダケンカメラ #津田健次郎

津田健次郎(@2_da_ken)がシェアした投稿 –

まとめ

2020年4月スタートのNHK連続テレビ小説『エール』の語り役を演じる津田健次郎さんについてご紹介しました。

ドラまる
2020年NHK連続テレビ小説『エール』の語り役を演じるのは津田健次郎さんなんだね。
ラマちゃん
毎朝、このイケボが聞けるなんて…それだけでも半年楽しみすぎるわ!!

2020年度後期NHK連続テレビ小説『エール』は3月30日にスタートしました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA