エール|第15週・74話ネタバレと感想。出征する藤堂先生と見送る福島三羽ガラス…【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説『エール』74話が2020年9月24日(木)に放送されましたね。

ドラまる
鉄男の作詞にラストチャンスが!

裕一は、どうするの?

ラマちゃん
サブタイトルは「せんせいの歌」だし…ここはやっぱり福島が鍵になるんじゃないかしら!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」74話のネタバレあらすじと感想は?

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」74話のネタバレあらすじ

陸軍の思惑と、鉄男(中村蒼)の戦争への思いが交わることはなく、すでに6回の書き直しをしていました。

軍としては、鉄男に降りてもらおうとしますが、それなら自分も降りると裕一(窪田正孝)は言いました。

裕一を推薦した吟(松井玲奈)の夫である智彦(奥野瑛太)は、焦っていました。

このままでは、自分の立場がないと。

もう一度、チャンスをもぎ取った智彦は、裕一に何とか書いてほしいとお願いします。

裕一は、鉄男に、もう一度書いてほしいとお願いをしますが、すっかり自信を無くし、心を閉ざしていました。

悩んでしまった鉄男を奮起すべく悶々と考えていた裕一はひらめきました。

鉄男と一緒に福島へ里帰りすることにしたのです。

原点に立ち返れば、何かきっかけがつかめるかもしれないそう考えたのです。

久しぶりの帰郷、実家に入っていくと、居間から何やら聞き覚えのある、呼んだ覚えのない声が…。

「久志!?」

そこには、ブロマイドとサインをして、ご近所さんをメロメロにする久志(山崎育三郎)の姿がありました。

「な…何で?」

「僕も福島三羽ガラスの一員だからね、仲間外れにしようたって、そうはさせないよ!」

そこへ浩二(佐久本宝)も帰ってきました。

弟を2人に紹介し、ひとしきり話した後、3人は裕一の部屋へと向かいました。

ご近所さんの反応を見て、すっかり福島の星となった裕一や久志を見て、また鉄男は少しブルーになってしまったようでした。

そこへ、まさが下から呼びかけました。

「裕一!いらしたわよ!」

「さ!2人とも下に戻るよ!お客さん、お客さん!」

裕一は、ある人を呼んでいました。

その人は…、もう皆さんお分かりですね。

この3人が、福島で会うならこの人しかいません。

そこには、藤堂(森山直太朗)がいました。

もちろん、妻の昌子(堀内敬子)も一緒です。

「3人とも、元気か?」

「どうしても、藤堂先生に会いたくってね。遊びに来てくださいって誘ったんだ!」

「今日は宴会ね!」

まさの一言で、宴会の準備が始まりました。

割烹着を着た久志が、まさの手伝いをしていました。

まさは、裕一にもこんなにいいお友達がいたのかと、嬉しそうに話します。

久志は、裕一といるとホッとすることや、仲間内での癒し担当であることを話すのでした。

裕一は、昌子と息子の憲太と遊びながら話をしていました。

前回あったときは、まだ昌子のお腹の中にいた憲太が5歳。

子どもの成長の早さを、しみじみと感じていました。

そして、『露営の歌』で大ヒットした裕一を見て、裕一のそばには昔から音楽があったのだということを感じた昌子。

裕一は、藤堂がハーモニカを勧めてくれなかったら、今の自分はなかったといいます。

「私も…音楽を教えてるあの人が一番好きなんだけどね…。」

そういった、昌子の顔は今にも泣きそうで、裕一は驚くのでした。

その頃、雨の中を、藤堂と鉄男は散歩していました。

鉄男は、藤堂が紹介してくれた新聞社を相談もせず辞めてしまったことを、ずっと謝りたいと思っていました。

「気にするな。お前は、好きなことをすればいいんだ。」

「俺が、何とか道を踏み外さずに生きてこられたのは、先生のおかげです。」

「…で、何かあったのか?」

「え?」

「いや、話を聞いてやってほしいって…古山が。」

鉄男は、ここで初めて、裕一の真意を理解しました。

「いや、別に話さなくてもいいんだ。こうして会えただけで嬉しいよ。」

鉄男は思い切って、話し始めました。

「陸軍からの仕事で…6回不採用。挙句の果てに、クビになりました。」

「そりゃ…しんどいな。」

「裕一は、諦めずにもう一度やろうって言ってくれてますけど。愛馬精神とか戦意高揚とか言われても、どうしても気持ちが乗せらんなくて…。」

「先生が出征?どうして?」

「実は…あの人、予備役将校なのよ。」

昌子は、裕一に、もうすぐ藤堂が戦地に赴かなくてはいけないことを伝えました。

「だから、あの人…今日をすごく楽しみにしてたの。ありがとね。裕一くん。」

思いがけない展開に、裕一は何も言えなくなってしまいました。

そんなこととは露知らず、人生相談真っただ中の鉄男に、藤堂は言いました。

「俺さ…『福島行進曲』好きなんだよ。」

「ありがとうございます。」

「あれって、たった一人の人への気持ちを綴った歌だろ?」

「はい。そうです。」

「誰か一人に向けて書かれた曲って、不思議と多くの人の心に刺さるもんだよな。…今度は、俺のことを思って、書いてみてくれないか?実は…、出征することになった。」

「え?」

「うちの父は軍人でね。若いときには、反発していたが。自分も親になってみて、親父の気持ちが分かるようになった。お国のために、立派に役目を果たしてくるよ。」

鉄男もまた、あまりのことに言葉が出なくなってしまいました。

「歌ってさ、心の支えになるだろ?誰にでも、自分にとって、大切な曲があるもんだ。もし、村野と古山が作った曲と共に行けるなら…こんなに心強いことはない。」

藤堂はそういって、笑うのでした。

その夜、すっかりいい気分の古山家の宴会。

「お母さんの煮物、絶品でした。おだしの風味が一流料亭にも負けず品があって!」

「そうかしら?適当なんだけど♪」

久志のよいしょに気をよくするマサを見て、昌子は藤堂に尋ねます。

「久志くんって、昔らこんなだったの?」

「あ~…。こんなだった(笑)」

「こんなってなんですかぁ!」

「あ~…独自の世界を持ってたってことだ。」

そして、裕一や鉄男についても話します。

「古山は、気弱なとこもあるけど…根っこは頑固で、思い込んだら一直線!」

「さすが、先生!よく見てらっしゃるわ!」

「村野は、学校一のガキ大将だった。」

「わかる!ケンカ強そう!」

「でも、本当は、すごく繊細だな。みんなとは、楽しい思い出ばっかりだ。本当に幸せな教師生活だったよ。」

急にしんみりとした空気に、まだ何も聞かされていなかった久志は和ませようと会えて明るく振る舞います。

「そんな、先生辞めるみたいな…って…え?」

しかし、鉄男と裕一の態度から、藤堂が教師を辞めることを悟りました。

宴会も終え、裕一・久志・鉄男は川の字で布団にいました。

「先生程、先生に向いている人はいないのにね…。」

「先生には…いろんなこと教えてもらった。」

「僕は、歌う楽しさを教わった。」

「俺は、詩、諦めんなって、背中を押してもらった。」

「僕は、得意なもん見つけてもらった。」

三者三様に、藤堂への感謝を胸に巡らす、福島三羽ガラスなのでした。

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」74話の感想は?

黒猫葵
急遽福島へと向かった裕一と鉄男。

なぜか久志もいるのが面白かったですね~(笑)

お父さんの具合が悪いとかで、最近福島にちょいちょい顔を出しているという久志、2人が帰ってくると、どこかで聞きつけたのかもしれませんね(笑)

今日も見どころ一杯でした。

すっかりデレて、ややブラコンぽくなった浩二。

マサのお手伝いで、割烹着久志。

福島三羽ガラスの川の字布団…。

そんな楽しい雰囲気の中、戦争の足音が確実に裕一たちに近づいてきました。

藤堂先生が教師を辞めて出征する…。

1話の鉄男のお墓参りを思えば、その時が近づいてきているのかもしれないと…。

再開前の見どころ特番では、「藤堂先生がビルマに?」という、裕一のセリフありました。

第二次世界大戦で、ビルマといえば…たくさんの悲劇の中でも、常軌を逸するほどの凄惨な戦いがあったところです。

あの「史上最悪の作戦」と言われた『インパール作戦』もビルマでの出来事です。

出征するということは、遠くない回にあの裕一のセリフを聞くことになります。

色々覚悟しなくてはいけないかもしれません。

でも、藤堂先生「村野と古山が作って、佐藤が歌った歌を」くらい言ってあげてください(汗)

久志を仲間外れにしやらんでくださいまし…と、妙なところが気になってしまいました(笑)

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」74話のネット上の反応や評価は?

◇スターコミカル枠

ドラまる
久志の面白枠はぶれないね(笑)

割烹着、すごく似合ってるね!

ラマちゃん
うんうん!

このコミカルさ…大事ね!

◇藤堂の出征にしんみり

ドラまる
昌子さんも5歳の息子を背負って、見送らなくちゃいけないから辛いよね…。
ラマちゃん
藤堂先生…いや、まだ帰ってくる可能性だってある…。

ちゃんと3人の曲、持っていってほしいわ…。

◇福島三羽ガラスの川の字

ドラまる
この川の字、ちょっときになるよね(笑)
ラマちゃん
しんみりシーンでもあるんだけど、単純に3人が仲良しすぎて、ちょっと覗きに行きたいくらいよね(汗)

◇すっかり仲良くなった兄弟

ドラまる
すっかりデレたね(笑)
ラマちゃん
三郎さんも一安心ね♪

◇本日の歌広場淳さん

ドラまる
スターの割烹着はいい感じだったよ。

間違いない(笑)

ラマちゃん
あの川の字をそっと、ふすまの影からみたいと私も思いました(笑)

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
高瀬アナの志村けんという字幕に喜んでるのが、いいね!

僕も、昨日わひゃ~!ってなったもん!

ラマちゃん
明日見るのが怖いというあさイチ勢。

出征シーンがまだ流れてないから…確かに不安だし、しんみりしちゃいそう…

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「エール」はNHKプラスで視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHKプラスはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~15:00

※本作より、土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

また週末には、こんな放送も!

  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「エール」75話の予告あらすじ

古山家をたずねてきた藤堂先生(森山直太朗)から、出征することになった自分の事を思って歌詞を書いてくれないかとお願いされた鉄男(中村蒼)は、気持ちを込めて歌詞を書く。

数日後、完成した歌詞を携えて裕一(窪田正孝)と鉄男は陸軍の智彦(奥野瑛太)の元を訪れる。

戦いに行く人の心に近づきたいと祈りながら書いた「暁に祈る」は、やがて世に出て大ヒット。

ついに福島三羽ガラスが世に出る!

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」74話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
あぁ…藤堂先生の出征シーンは涙なしには見られないよ…。
ラマちゃん
明日は、ハンカチかティッシュを手元に忘れずに!
黒猫葵
明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA