エール|第15週・73話ネタバレと感想。突然の志村けんさん⁉結局味方なの敵なの? 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説『エール』73話が2020年9月23日(水)に放送されましたね。

ドラまる
少佐に『軟弱』と歌詞を酷評された鉄男!
ラマちゃん
お願いだから、少佐に殴り掛かったりしないでね!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」73話のネタバレあらすじと感想は?

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」73話のネタバレあらすじ

詩が『軟弱』と酷評された鉄男(中村蒼)は、5回目の書き直しをさせられていました。

書き直し過ぎて、小銭稼ぎの官能小説のような雰囲気を醸し出してしまい、すっかりわけがわからなくなっていました。

みんなは、そんな鉄男を励ますのでした。

一方、音楽教室で音痴と笑われてしまった弘哉(外川燎)は、裕一(窪田正孝)からもらったハーモニカで合唱に参加することで、自信を取り戻し、ハーモニカに熱中するようになりました。

そんな弘哉は、音楽教室の間、ずっとさみしそうにしている華(田中乃愛)の姿に気が付くのでした。

さて、その頃、国防婦人会では、吟(松井玲奈)が、応急処置の仕方を学んでいました。

国防婦人会の会長・佐々木克子(峰村リエ)は、熱心にお国の非常時における女性の使命を説きます。

その会の後、未だに参加しない妹について、嫌味を言われ…さらには、子どもがいないことで、いいように使われてしまっていました。

吟は、自分がお国のために尽力できていないことへの負い目などから、肩身の狭い思いをしていました、

落ち込んだ自分の気分を高揚すべく、久しぶりに化粧ポーチを開き、少しだけ唇に紅を乗せました。

しかし、そんな姿を智彦(奥野瑛太)に見られてしまいます。

「そんな顔で外に出るなよ?」

当時、軍人といえば、いい暮らしができていると思い込まれ、何かと妬まれやすいという側面もありました。

いるだけで華やかな吟。

「お前は、それでなくとも目立つんだから、地味にしてるくらいがちょうどいい。」

不機嫌そうに智彦は、お風呂に行ってしまいました。

ある日のこと、裕一は弘哉にハーモニカの本を渡します。

自分が子どもの頃に読んでいた本です。

喜ぶ弘哉の横で、華はおうちのお手伝いを一生懸命やっていました。

おやつはドーナツと聞き、大喜びで取りに行きました。

「華は?相変わらず?」

「うん…一緒に歌おうって言ってはみるんだけど…。」

「そんなに音楽教室嫌なのかなぁ。」

そんな二人の会話に、思いがけない一言を放ったのは、弘哉でした。

「そんなことないと思います!」

「え?」

「この間、華ちゃんと話してみたんです。」

さみし気にしていた華を気にかけて、一緒に合奏しようと声をかけた弘哉。

「やりたくないの?」

「やらないって言っちゃったから…。」

「何で…そんなこと言っちゃったのかな?」

弘哉の問いに、華は言いました。

「お母さんは…。華のお母さんなのに…。」

華の気持ちを聞かされて驚く古山夫妻。

「そんな風に思ってたんだ…。」

「本当はやりたいのに、意地張ってるんだと思います。」

「華と…一度話してみるよ。」

「そうだね。教えてくれてありがとう弘哉くん。」

そこへ、弘哉の母・トキコ(徳永えり)が、仕事が早く終わったからと弘哉を迎えに来ました。

音楽教室での弘哉の様子も気になっているようです。

トキコは、まず裕一がくれた本のお礼を言いました。

弘哉が、音楽の大好きなトキコのために、熱心にハーモニカを練習していることを聞くと、トキコは嬉しそうに笑いました。

「母一人、子一人。弘哉にさみしい思いをさせてきたと思うんですけど…。ハーモニカを習うようになって、あの子…よく笑うようになったんです。音楽の力ってすごいんですね。」

「少しでもお役に立てているなら、嬉しいです。」

その時、ふと思いつきました。

「よかったら、この後、お夕飯ご一緒しませんか?」

さすがに悪いと固辞するトキコでしたが、華を呼び寄せて囲い込み作戦です。

「華!弘哉くんと一緒にご飯食べたい?」

「うん!食べたい!」

華の鶴の一声で、今夜は賑やかな食卓になりそうです。

一方、鉄男はずっと詩で悩んでいました。

その横では、日本軍の連戦連勝の記事に気を良くした酔っ払いが、ケタケタと笑っています。

しかし、その横で呑んでいた一人の男が、そんな酔っ払いに絡みます。

「お前ら、戦場がどんなとこか知ってって言ってんのか?」

「は?何様だ?」

酔っ払いが、その男に掴みかかります。

鉄男が止めに入ると…その男の右腕がないことに気が付きました。

酔っ払いの連れの男も飲みすぎだと諫めると、お代を払って、無理やり連れて帰っていきました。

「すまん。」

「いや。」

鉄男は、何も気にしていない素振りで、客の帰ったテーブルを片付けます。

「負傷して除隊したんだ。」

「それは…ご苦労様です。」

「地獄だよ…。戦場は。心、殺さないとやってらんねぇ…」

鉄男は、自信の詩で勇んで戦場へ向かわせることに疑問を感じるようになっていました。

そして、また書き直した詩を持っていきます。

しかし、今回もけんもほろろ。

当然です、戦意高揚させたい軍とそれに疑問を感じている鉄男の心が交わるわけがないのです。

そして、ついに鉄男を降ろすとまで言いだしました。

裕一は止めに入りますが、鉄男自身もそれを受け入れ、部屋を後にしてしまいます。

「6回書き直して、あれでは、もうどうしようもない。古山さん、他に誰かいい作詞家をご紹介願えませんか?」

「すいません。彼が書かせてもらえないなら、僕もやめます。」

そういって、鉄男を追いかけて行ってしまった裕一。

そうなれば、面目が立たないのは、智彦です。

「古山さんに降りられては困る!」

そういって、吟を介して説得するよう命令しました。

吟はすぐに動きましたが…。

「裕一さんの仕事に私が口出しできんよ。それに…。」

『この仕事は、福島三羽ガラスでやらせてもらうことを条件に受けた仕事だから、大将がいないんじゃ意味がない。』

裕一の態度も頑なでした。

「お義兄さんと裕一さんが、直接話し合えばいいでしょ?」

「自分は関りたくないってこと?」

「そうは言ってないじゃん。」

取り付く島もない妹…、言いたいことだけ言って面倒ごとを押し付ける智彦…。

そんな間に挟まれた吟は、へとへとに疲れていました。

「みんな、自分のことばっかよね。あんたは婦人会にも行かんし。」

「それ、今、関係ないじゃん。」

「あんたも少しはお国のためになることしたらどう?こんなご時世に音楽教室なんて、何の役にも立たんでしょ?」

それを悪く言われては黙っていられません。

「そうでもないよ?うちの教室の子どもたち、仲良くなってってるし、すごくいい顔するようになった。こういう時代だからこそ音楽が必要なんだよ。」

疲れ切った吟は、それ以上の話を拒み帰っていきました。

その頃…小山田(志村けん)の耳に、馬政課と裕一の間で、少々揉め事が起こっていることが、届きました。

それを耳に入れた軍人と小山田は、固く握手を交わし、これからも愛国歌を作っていくことを約束しました。

小山田は、結局、裕一にとって、味方なのか敵なのか…。

そして、智彦も焦っていました。

裕一を推薦した自分の顔に泥を塗られる。

義妹の説得に失敗した妻の代わりに、上司を説得し、何とかもう一度、鉄男の詩を見てもらえる段取りを整えた智彦は、自ら裕一の元を訪れ、頭を下げつつも、頑なな言葉で…

「あなたに書いてもらわないと困るんです!」

そう言われた、裕一は、何も言えなくなってしまうのでした。

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」73話の感想は?

黒猫葵
突然の小山田先生登場に驚きましたね!

まだ撮影したシーンが残っていてくれてことが嬉しいですね!

でも、結局、裕一にとって敵なんですかね~?味方なんですかね~?

環との船頭可愛やの件から、どう思ってるのか…まだ出演シーンは残ってらっしゃるのか…。

気になります。

そして、弘哉くんいい仕事をしました。

華ちゃんの気持ちを聞き出してくれました!

というか…この件に関しては、古山夫妻がポンコツすぎる気もするのですが…。

「歌おう」「やだ」「歌おう」「やだ」の繰り返しで何の生産性もないやり取りをしてきたことが伺えます…。

「歌おう」「やだ」『何が「やだ」なんだろう?』とか考えて、聞き方を変えるとかしなきゃ、一歩だって前に進むわきゃないですよね(汗)

弘哉くんの方が、よっぽど大人です(笑)

まぁ、この後、華のお兄ちゃんかわりのように、仲良くしていってほしいものです♪

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」73話のネット上の反応や評価は?

◇志村けんさんの登場に歓喜!

ドラまる
いやはや…びっくりしたね…。

まだ、新録があったことに感謝だよ!

そして、しみじみと惜しい人を亡くしたなぁって…。

ラマちゃん
あとどのくらい残ってるかわからないけど、裕一にとって味方なのか敵なのか…

最終的にわかると嬉しいわね!

◇鉄男のメンタルが心配

ドラまる
鉄男に巡ってきた大チャンスなわけだし…

でも、軍に気に入られるような詩を、自分の心に反しては書けないよね…。

ラマちゃん
裕一は、与えられたラストチャンスをどう活かすのかしら…。

今のまま、書き直させても難しいことは、絶対にわかってるはずだし…。

◇吟さんのメンタルが心配

ドラまる
吟の立場…難しいよね…。

この肩身の狭さ…息苦しいだろうな…。

あの時、お父さんの幽霊を受け入れられてたらっていうのが、悔やまれるね…。

ラマちゃん
というか、あの時お父さんから、吟を気にかけてあげてってお願いされてたのに、音がそれを実践してた気配がないのが気になるわ。

お父さんの前では、いい顔して頷いてたのに…。

◇弘哉くんと華ちゃんのやり取りにほっこり

ドラまる
弘哉くんとの出会いが、華の笑顔を取り戻してくれたら、嬉しいね!
ラマちゃん
音は、もう少し、人の気持ちを理解しようとする姿勢があると、もっといいのだけど…。

嫌って言われて、きっと同じ誘いかたしかしてなかったんだろうな~って感じ…。

嫌って言われたら、ちゃんと手を変え品を変えしないと…同じ誘いかたしたって、そりゃ嫌って言うわよね(汗)

◇津田健次郎ナレ!

ドラまる
賛成!
ラマちゃん
賛成!

◇本日の歌広場淳さん

ドラまる
薬指は、塗るための指…覚えておきます!
ラマちゃん
私もスーツ鉄男よきって思いました(笑)

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
朝ドラ受けは、突如、登場した志村けんさんについて!

新録があったことに、びっくりしていた視聴者の気持ちを代弁してくれたね!

ラマちゃん
それに、結局黒幕・ラスボスなのか、嫉妬半分叱咤半分なのか…

まだ、裕一との絡みがあるといいなぁ…。

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「エール」はNHKプラスで視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHKプラスはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~15:00

※本作より、土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

また週末には、こんな放送も!

  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「エール」74話の予告あらすじ

鉄男(中村蒼)の歌詞にOKがでず、難航している「暁に祈る」の主題歌制作。

鉄男が降板するなら、自分も降りると言った裕一(窪田正孝)に、もう1回だけチャンスが与えられる。

歌詞を書くきっかけをつかもうと、裕一は鉄男を連れて福島に帰る。

久しぶりに顔を出した実家に、なぜか久志(山崎育三郎)も来ていた!

賑(にぎ)やかになった古山家に藤堂先生(森山直太朗)が、昌子(堀内敬子)と息子を連れてやってくる。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」73話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
うんうん。

ここは、ふるさとに帰ってみるのはいい手だね!

ラマちゃん
恩師の藤堂先生にも会えそうだし、これは起死回生の一手がありそう!
黒猫葵
明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA