エール|第13週・65話ネタバレと感想。決戦は金曜日⁉廿日市がカッコイイ!!【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説『エール』65話が2020年6月26日(金)に放送されましたね。

ドラまる
さ~オーディションの結果が出るよ!
ラマちゃん
一体、どんな結果がでるのかしら…

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」65話のネタバレあらすじと感想は?

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」65話のネタバレあらすじ

コロンブスレコードの新人発掘オーディションの最終オーディションは、強者どもの美声を披露し、幕を閉じました。

結果は如何に!?

「いたた!痛い!痛い!」

バンブーには、久志(山崎育三郎)の声が響きます。

プリンスらしからぬ、鼻血を出して、ティッシュを詰めている顔に、裕一(窪田正孝)がおでこに濡らした手ぬぐいを当てています。

その後ろには、俯く御手洗(古川雄大)の姿が…。

音(二階堂ふみ)華(田中乃愛)藤丸(井上希美)鉄男(中村蒼)保(野間口徹)恵(仲里依紗)も勢ぞろいです。

「一体、何があったの?」

恵の問いに、時間を少し遡りました。

新聞が届くのを待っていた裕一と音は、新聞配達を待ち構え、受け取るとすぐに結果を開きました。

そこには…。

“東京出身の十八歳 虎田熊次郎”

そう書かれていました。

つまり、プリンス佐藤久志でもなく、スター御手洗清太郎でもなく…。

帝都ラジオ会長の息子がオーディションに合格したのでした。

それから少し時間が経ち、会社へ向かおうとしていた裕一は、久志の姿を探しますが、どこにも見当たりません。

御手洗も、外の空気を吸ってくると言って出掛けたといいます。

2人は、この結果に、相当なショックを受けていましたから、音も裕一も心配していました。

「まさか…変な気とか起こしてないよね…。」

「へ…変な気って…??」

「コロンブスレコードに乗り込むとか??」

「ははは…。まさかそんな!」

「まさかね!」

そんなわけないと笑ったものの…何だか不安になった裕一は、大慌てで出勤しました。

やっぱりいました。

そして、そこには、案の定、杉山(加弥乃)に詰め寄る久志と御手洗の姿が。

しかも、その横では、虎田熊次郎(坪根悠仁)におべんちゃらを使う廿日市(古田新太)の姿が…。

納得の説明をしろと詰め寄り、ついには社長を呼べとまで言いだした久志と御手洗に…まさかの声が。

「負け犬がキャンキャンキャンキャンうるさいんだよ。おっさんらが。」

好青年とは、程遠い熊田虎次郎でした。

「特にあんた…。」

そういって、御手洗を一瞥すると。

「本気で受かると思ってたのかよ?鏡で自分の姿見てみなよ(笑)」

「君さ、誰に向かって口きいてんの?」

「あんたこそ。僕が誰だかわかってんの?」

「言っておくが、彼の実力は、君の数百倍…いや、数千倍はある。」

「は?」

「人の痛みを理解できないやつに、歌を歌う資格があんのか?」

「もういいわ!」

「みんな自分の可能性かけて、必死に努力してきたんだよ!ちょっと顔がいいからって…。」

ゴツン!?

「お疲れっした~!」

何と、熊田虎次郎は、久志に頭突きをぶつけると、しれっと帰っていたのです。

「やり返してやればよかったのに!」

「そんな隙なかったよ…。さっさと逃げやがって。」

「でも、おめぇは逃げなかったんだな!」

「昔ならいの一番に逃げてたのにね。」

そんな裕一と鉄男の言葉に、少々居心地が悪そうな久志です。

でも、この話には続きがありまして…。

「で、その研究生の話、どうするの?」

そう、実は、この後、廿日市は久志を呼び止めたのです。

「おいそこ!」

「あ!すみません!すぐに帰らせますから!」

「君、ちょっと残って。研究生として契約してやっから。

「け…け…研究生?」

「デモの仮歌とったり、新人のカバン持ったり、上手くいきゃデビューできるよ?」

そう、廿日市に言われたのでした。

「どうするの?」

「断る!」

そんな条件を久志が飲むはずもありませんが…、それを止めたのは…もちろん御手洗でした。

「だめよ!断っちゃだめ!こんな機会めったにないわ。お金をいただきながら、歌の勉強ができるなんて。」

「確かに、悪い話じゃねぇ!」

「待ってくれ、あんな奴の荷物持ちなんて…。」

「あなたの歌なら、すぐに追い越せるわ!あなたは選ばれたの。選ばれた以上、輝かなくちゃ!」

「私も、この話受けてほしいです。」

「久志!」

久志は、意を決して立ち上がりました。

「あんたに勝ててよかったよ。正直…勝てないと思った。」

久志は、御手洗の実力を本当に認めていました。

「ありがとう。」

「必ずデビューするから。」

「約束よ。プリンス久志。」

固い握手を交わしたプリンス久志とスター御手洗。

このあと、久志は、一文無しの御手洗のために、夜の街へと一稼ぎに行きました。

プリンスとスターの『船頭可愛や』は、夜の街で大盛り上がり!

こうして、御手洗はミュージックティーチャーに戻るべく、豊橋へと帰っていきました。

さて、裕一はというと…、意にそぐわなくとも、熊田虎次郎のための曲を書かないといけませんでした。

「はかどってる?」

「うん。ここんとこ久志につきっきりだったからね~。」

「でも、裕一さん楽しそうだった♪」

「音だって!」

「うん…。やっぱり、私、歌が好き!華がもう少し大きくなったら、またレッスンを始めたいんだけど…どう思う?」

「うん?いいと思う!僕にできることがあったら、何でも言って!協力するから!」

音もまた、今回の1件で歌うことの楽しさを思い出したようでした。

さて、コロンブスレコードの研究生として契約をした久志。

熊次郎と共に、社員たちに紹介されました。

完全に久志を見下している熊次郎の事を、久志はもう微塵も気にしていませんでした。

「今、君のデビュー曲を古山君が書いてるから。」

「古山?誰それ?」

「『船頭可愛や』の古山裕一。」

「何でもいいですよ。有名な人の曲なら。」

そんな不遜な態度の熊次郎に、廿日市はイライラを隠しつつ言いました。

「うんうん。じゃあ、今度会う時までに、うちの作家の名前と曲名、全部言えるように勉強しといて。」

「え?そんな必要あります?それじゃあ(笑)」

廿日市は、聞く耳もたぬ熊次郎を笑顔で羽交い絞めにして言いました。

「お前さ…あんまり舐めてると痛い目みるぞ。言っとくが、俺は、お前をまだ1ミリも認めちゃいない。上が気に入ってるのは、お前の歌じゃなくて、お前の看板だから。努力しないで、売れなかったら、即契約解除な?覚えとけ。」

久志は、熊次郎が行くと、廿日市の前に立ちました。

そして、研究生の件を上に掛け合ってくれたことを、素直にお礼を言いました。

「あいつだけじゃもたねぇと判断しただけだ。一番歌のうまいやつは、テイコクに声をかけられて、辞退しやがるし。やってられっか!」

ふと、白いスーツという、目立つ格好をしている久志に、嫌味のように言いました。

「もうスター気取りか?」

「必ず、そうなりますから。」

「ふ…どいつもこいつも…。」

さて、裕一は、何とか熊田虎次郎のデビュー曲を書き上げました。

『輝く春』の楽譜を音に見せ、お墨付きをもらうと、一安心したようです。

そこへ…

「裕一いるか!?」

突然、久志がやってきました。

「どうしたの?」

「今日、初出勤だったんですよね?」

「ってか、結婚式?」

「新曲は?」

「結構いい曲かけたんだよね。」

「ダメだ!これじゃ、あいつが売れちまうじゃないか!これは、俺がもらう!」

「ダメだよ!!」

そんなわちゃわちゃと大騒ぎの最中、裕一の家に向かう、下駄の男が一人…。

「ごめんください!」

「はい?」

「こちら、古山先生のお宅でしょうか?」

「はい。どちらさまでしょうか?」

「僕を弟子にしてくれねぇでしょうか!おねがいします!」

突然やってきた弟子希望の男(岡部大)に、裕一は目を白黒させるのでした。

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」65話の感想は?

黒猫葵
廿日市…やるじゃん(笑)

本日の一言感想です。

熊田虎次郎に、びしっと言ったところが…よかったですね~。

というか…熊田虎次郎は、現世でなくてよかったですね~…

今だったら、あの素行の悪さで速攻文春砲ですよね(笑)

あの感じは、下半身もだらしなそうですから(笑)

私は、てっきり、熊田虎次郎に指示をして、それを久志がきっちりこなして見せるみたいな展開を期待していたわけなのですが…その辺は、本編が再開した頃に描かれるんでしょうかね。

そのあたりは、本編再開時に見守っていきたいと思います。

ところで、廿日市の口ぶりだと、一番歌がうまかった奴は、テイコクに持ってかれたって言ってましたけど、あれは駅員の彼ですかね?

何となく、昨日の廿日市の反応から考えると、そうかなと思ってます。

ということは、廿日市的には、久志は2位だったってことなんですね。

あんなにやり合ってても、認めるところは認めるんだから…中々いい人ですよね。

古田新太さんが出てくると、ハラハラしてたから、ギャップでそう思うのかもしれませんけどね(笑)

さて、流しのシーンは豪華でしたね~。

むやみやたらに豪華でしたね~(笑)

山崎育三郎と古川雄大のデュエットですよ!!

すんばらしい美声でしたね~♪

あれじゃ、チップも弾んじゃいますよね♪

これで、御手洗の出番は、基本的に終わりなんですかね…。

時々豊橋が出ては、登場してほしいものですが…。

ほら、里帰りもするでしょうから、そういう時にでもね(汗)

さて、来週から、本編は一時中断となるわけですが、今日のラストには、なんと裕一の弟子希望の男がやっってきました!

お笑いトリオ・ハナコの岡部さんでしたね(笑)

まさかの朝ドラデビューに本人が一番、驚いているような気もします(笑)

他局ですが、よくかりそめ天国で見てたので、出世に拍手を送りましたよ(笑)

弟子にしてもらえるのか…気になります。

本編…再開の日を、待ってますよ~!!!

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」65話のネット上の反応や評価は?

◇廿日市やるじゃん!

ドラまる
時々、腹立つけど、今日はいいやつだったね(笑)
ラマちゃん
うんうん!

ちゃんと表の顔と裏の顔を使い分けてるともいえるし…考えようによっては、憎めないキャラよね~…

◇豪華なプリンスとスターの共演!

ドラまる
本当、どこに行けば、こんな美麗な流しに会えるんだろう(笑)
ラマちゃん
本当、1曲じゃもったいないから、1話くらいまるっと歌ってくれてもよかったのに(笑)

◇弟子希望にハナコの岡部!?

ドラまる
後ろ姿を見た時に、ハナコの岡部さんか、RGさんとどっちかなって思ったんだよね(笑)
ラマちゃん
顔見えた瞬間に笑っちゃったわよ!

何となくまんまなキャラっぽくも感じるけど…

無事に弟子にしてもらえるのかしらね??

その結果もまちどおしくなっちゃった!

◇あ…?

ドラまる
古川雄大さん…クランクアップしちゃったのかぁ…さみしいなぁ。
ラマちゃん
熊次郎…売れなかったのね…(汗)

◇本日の津田健次郎ナレ!

ドラまる
時々入る、素みたいなナレがいいよね(笑)
ラマちゃん
このイケボは、本当朝から嬉しいわ~…♪

◇本日の歌広場淳さん

ドラまる
僕たちも再開待ってるよ!
ラマちゃん
続きが気になる!!!

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
決戦は金曜日!

高瀬アナ、うまい!

ラマちゃん
あさイチには、ミュージックティこと古川雄大さんが登場!

ミュージックティとキャラが違い過ぎて、ギャップがいいわね~!

あの発声練習のシーンがアドリブだった何て(笑)

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「エール」はNHKプラスで視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHKプラスはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~15:00

※本作より、土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

また週末には、こんな放送も!

  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」第14週のあらすじは?

2020年未定~8時〜放送のドラマ『エール』第14週のあらすじをご紹介します。

※新型コロナウイルス感染予防による撮影中断により、第14週から一時放送が休止となっています。
 放送再開決定次第、追記します。

公式サイトより引用

「エール」66話の予告あらすじ

ある日、古山家に田ノ上五郎(岡部大)という茨城なまりの青年が裕一(窪田正孝)を訪ねてやって来る。

水戸の奉公先で聞いた「船頭可愛いや」や「福島行進曲」など裕一がつくった曲に励まされた五郎は、裕一の弟子にしてもらいたいとお願いに来たのだ。

一度は音(二階堂ふみ)と話し合って断る裕一だったが、五郎はあきらめずに来る日も来る日も古山家を訪れる。

一方、音の妹、梅(森七菜)も突然上京してきて…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」65話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
ここで、本編は一旦中断!

来週からは、再放送が行われるんだ!

今からでも、追いつくことが可能だから、気になっちゃった人は、ぜひ見てみてほしいな!

ラマちゃん
それでも見逃しちゃったという人は、ここであらすじを追ってみてね!
黒猫葵
しばし、お休みとなりますが、本編再開時には、また一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA