エール|第13週・63話ネタバレと感想。プリンス久志とスター御手洗の美声に悪酔い【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説『エール』63話が2020年6月24日(水)に放送されましたね。

ドラまる
昨日は、久志が歌を志した時のお話だったね!
ラマちゃん
今日は、ついにあのミュージックティが…

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」63話のネタバレあらすじと感想は?

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」63話のネタバレあらすじ

久志(山崎育三郎)は、裕一(窪田正孝)に勧められ、コロンブスレコードの新人発掘オーディションを受けることにしました。

裕一は、自分の仕事そっちのけで、久志を応援しています。

そこで、廿日市(古田新太)に、合格者は何人なのか、どんな人物像を求めているのか…そんなことを聞きだそうとします。

すると、秘書の杉山(加弥乃)が事細かに教えてくれました。

  • 阪東妻三郎のような存在感のある顔立ち
  • 知性
  • 品性
  • たくましさ
  • 3オクターブを難なく出せる

そんな天才を求めているというのです。

今日も鉄男(中村蒼)のおでん屋で作戦会議です。

とはいえ、本人はそんな条件を聞いても、自信満々です。

そこへ、下駄屋の娘の藤丸(井上希美)がやってきました。

すっかり色っぽくなった藤丸を見て、久志も裕一も驚きます。

芸者のフリをしてレコードデビューした藤丸でしたが、『船頭可愛や』以降は、レコードを出してもらえず、フリではなく、本当に芸者として仕事をしていました。

そんな藤丸に、いつもの調子で甘いボイスで、藤丸に自分がデビューできたら、B面は藤丸とデュエットすると、捕らぬ狸の…な約束を交わすのでした。

さて、翌日、裕一は久志を連れて、履歴書を提出に行きました。

廿日市とは、どうも反りが合わない久志。

廿日市も、気取っている久志にはあまりいい印象は無いようです。

そんな一触即発な2人の間を取り持ち、売り込む裕一なのでした。

さて、その頃、バンブーでは、そんな裕一のことを呆れ半分で話す音(二階堂ふみ)の姿がありました。

保(野間口徹)恵(仲里依紗)も、新聞広告でそのオーディションの事を見たといいます。

コロンブスレコードの気合の入り方に感心しているところへ、1人のお客さんがやってきました。

「あの…こちらの住所をご存知かしら?」

音は、その声を聞いて、思わず振り返りました。

どこかで聞いたことのある声だったからです。

「御手洗せ…ミュージックティーチャー!?」

そう、その声の主は、音が豊橋で声楽を習っていた御手洗(古川雄大)だったのです!

「音さん!!」

「お久しぶりです!!」

「今、あなたのところへ行こうと思ってたのよ!あら…まぁ…なんて可愛いプリンセス♪」

御手洗は、目ざとく音の娘・華(田中乃愛)を見つけ、近寄ります。

華は、突然の高テンション・御手洗に少々引き気味です…。

「あ!娘の華です!こんにちは?」

「…こんにちは…。」

「東京へは…どうして?」

そんな娘の恐怖心を知られまいと、話を戻すと、御手洗は状況の理由を教えました。

そう…コロンブスレコードのオーディションを受けに来たのです。

「私、絶対合格するもの。もうティーチャーじゃないの。スター御手洗と呼んで頂戴♪」

「スター…御手洗…。」

「それでね!色々戦略を練るために、ご主人に会いに来たの!まだ、コロンブスにいるんでしょ?」

まさかの展開に、しどろもどろの音…何せ、そのオーディションは、裕一激推しの久志が出るわけですから…。

そこへ、タイミングがいいのか悪いのか裕一と久志が帰ってきました。

「え?御手洗先生…。ミュージックティーチャー!?」

「お久しぶり!」

「え?どうして。」

「コロンブスのオーディション受けられるんだって。」

「え!?今、僕の友人も応募してきたんですよ!!」

その言葉に、久志を見る御手洗。

これがライバル…と言わんばかりに、2人は自己紹介を始めます。

「どうも御手洗清太郎です。」

「どうも佐藤久志です。」

「どうも…スター御手洗です。」

「僕は…プリンス…プリンス佐藤久志です。」

そんな二人のやり取りを見て、華は思わず微笑んで言いました。

「スターとプリンスって変なの(笑)」

思わずその口を塞いだ音は…。

「素敵だね!」

お互いをライバルとしてロックオンした久志と御手洗。

何と、食卓さえ一緒に囲もうとはしません。

こうして、プリンス久志とスター御手洗の戦いが始まったのです!!

まぁ…まだ、2人とも書類審査すら通っていないわけですけどね…。

さて、翌朝、朝ごはんを食べている裕一と音は、久志と御手洗の事を話していました。

2人にしてみれば、どちらも恩人で、どちらにも受かってほしいと思っていました。

しかし、今回用意された椅子は1つだけ…。

「僕は…久志を応援してあげたいけどね…。」

「それを言うなら、私は、御手洗先生を応援してあげたい!」

「まぁ、とにかくあの2人が、悔いなく戦えるように、精いっぱい応援しよう。」

「そうだね!」

そして迎えた、書類審査結果発表当日です。

音と裕一は、その結果が載っている新聞を、家の前で今か今かと待っていました。

そして、届いた新聞を開くと…。

「あ!御手洗先生の名前あった!!」

「よかったね!!あ!久志の名前もあった!」

応募総数は、なんと800通!!

その書類審査に、久志と御手洗は合格したのです!

こうして、書類審査をパスした2人は、今度は歌唱オーディションに向けて練習を始めます。

2人とも、裕一の家に集まり、中庭で発声練習1つとっても、火花を散らしあいます。

他のライバルの存在も忘れ、2人だけの熱い戦いを繰り広げるのでした。

はい…。

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」63話の感想は?

黒猫葵
濃い!!

今日のひとこと感想は、こんな感じですね~

わかってはいましたが、久志と御手洗の共演は、やっぱり特濃カルピスって感じでした(笑)

そこに、濃いイケボの津田健次郎さんという取り合わせが、朝には少々胸やけを起こしそうなレベルでしたね(笑)

嫌いじゃありません♪

でも、少なくとも他の応募者と比べて経歴を見た時に、やっぱり突出もしてるんですよね~きっと。

なんだかんだ、廿日市を含む審査員の目に止まったわけですから。

さて、次に何の曲を歌うかっていうところで、悩んでましたけど…

廿日市も聞くなら、木枯の曲は辞めておいた方がいいんじゃ…と思ったのは、私だけでしょうか…。

オーディションのシーンは見せてくれるんですかねぇ…それぞれの歌声、ぜひ堪能したいので、何とかしてくれたら嬉しいのになぁと思ってます!

さて、そんな濃いバトルの最中気になったのは、華ちゃんです。

華ちゃん、音楽はいまいち何ですかね…

まぁ、年頃らしいはっきりした物言いは、昔の音そっくりともいえるのかもしれませんが…

発声練習をする御手洗の歌声を聞いて、「うるさい」って言ってましたからね…

何だか、ちょっと先々が心配です。

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」63話のネット上の反応や評価は?

◇プリンス久志とスター御手洗の濃い戦い

ドラまる
やっぱり、すごい濃いね(笑)

美声に悪酔いっていうのが、すっごい腑に落ちたよね(笑)

ラマちゃん
なんて豪華なのかしら…。

◇華ちゃん

ドラまる
たった一言なんだけど…ちょっと気になるよね。

多分、音と裕一は、我が家に生まれて音楽が嫌いなわけないくらいに思ってそうだけど…

華ちゃんが音楽好きだったら…さすがに「うるさいなぁ」ってならないような気がするんだよね。

ラマちゃん
歌って、ずっと練習してなくて、急に歌えるものかしらね…。

そのくらい、少なくとも5年は、本域で歌ってないってことでしょ?

ちょっとモヤモヤし始めちゃった…

◇本日の絶妙な津田健次郎ナレ!

ドラまる
津田さんのツッコミナレいいよね(笑)

今日みたいなコント仕立ての時は、すごくイケボなのに面白いが映えるよね♪

ラマちゃん
最後の「はい」は確かに笑ったわ♪

◇本日の歌広場淳さん

ドラまる
出会ったね!ミュージカル界のプリンス2人が(笑)
ラマちゃん
どんな乙女ゲーかしら(笑)

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
おやつにはんぺんは、結構気になったところではあるよね(笑)

それをきっちり代弁してくれる高瀬アナいいよ!

ラマちゃん
お三方からのフリに、見事応える森田アナがよかったわね(笑)

確かに、こんなミュージカル界のプリンスのコントとか、中々みられないかも(笑)

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「エール」はNHKプラスで視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHKプラスはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~15:00

※本作より、土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

また週末には、こんな放送も!

  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「エール」64話の予告あらすじ

「コロンブス専属新人歌手募集」のオーディションに向けて、プリンス久志(山崎育三郎)とスター御手洗(古川雄大)は他のライバルがいることも忘れて、ライバル心を燃やしていた。

合格できるのは一人だけ。

裕一(窪田正孝)は久志が、音(二階堂ふみ)は御手洗先生が受かることを願っていたが、最終的には二人が悔いのない戦いができるよう精一杯応援しようと考えていた。

そして、オーディション当日がやって来る。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」63話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さ~明日は、2次審査なのかな?
ラマちゃん
是非、歌唱シーンはきっちり映していただきたいは!
黒猫葵
特別に2人合格とかないのでしょうか…

そして、男版ザ・ピーナッツとして…って、そっちの方が、時代はもっと後ですね(汗)

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA