エール|第13週・61話ネタバレと感想。学生時代から一転…デビューできぬ久志の苦悩【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説『エール』61話が2020年6月22日(月)に放送されましたね。

ドラまる
今週は…何と、早く遭遇してほしいと望む声が多かった、ミュージックティと久志が相まみえちゃうよ!
ラマちゃん
うんうん!

それも、1つの椅子をめぐって、ライバル関係になっちゃうみたい!

2人が一緒に歌う姿を拝めたりするのかしらん!

さ~今週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」61話のネタバレあらすじと感想は?

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」61話のネタバレあらすじ

昭和11年。

コロンブスレコードと契約して、早5年が経過し、裕一(窪田正孝)はご当地ソングや球団歌を数多く手がけ、安定した作曲家生活を送っていました。

娘の華(田中乃愛)も4つになり、やんちゃ盛りです。

バンブーでおやつを食べる華は、勝手に「お代わり!」と注文。

「もう終わりです!」

叱る音(二階堂ふみ)なんてどこ吹く風です。

「はい!これサービス!」

どうやら、バンブーのマスター保(野間口徹)も、華にメロメロの模様。

「すみません。ほら、華!ありがとうは?」

「ありがとう!保!」

「保さんでしょ!」

「いいのいいの。」

「華ちゃん、しっかりしてきたね~!」

赤ちゃんの時から、華を見ている恵(仲里依紗)もニコニコ顔です。

「まだまだ、おねしょもするもんね(笑)」

「保~!コーヒー淹れるとこ見せて~!」

「保さんでしょ!!」

そして、もちろんこの人も、華にメロメロのメロメロです。

そんな裕一を見て、音はこの感じが、ずっと続くといいなぁと思っていました。

さて、そんな裕一に、廿日市(古田新太)が、新しい仕事を持ってきました。

裕一の同期・木枯(野田洋次郎)が、テイコクレコードに移籍してから、ヒット曲をバンバン出しており、コロンブスレコードとしても、新たな歌手の卵を探そうというのです。

そのオーディションに合格した人の新曲を作ってほしいという依頼でした。

確かに安定した裕一ではありますが、廿日市に言わせれば、低め安定…『船頭可愛いや』を超えるヒット曲はありませんでした。

そろそろ、それに続く第2弾がほしいというのでした。

裕一は、鉄男(中村蒼)の屋台で飲んだくれてます。

「どうせね、僕は低め安定ですよ~!」

「全くだな。なら、自分で書けってんだ!」

「あ~気分悪い!」

そこへ、珍しく不機嫌な久志(山崎育三郎)がやってきました。

どうやら、後輩に帝国劇場での主演の先を越されたというのです。

そう…卒業から4年、久志には、全く声がかからず、いまだ夢のオペラ歌手デビューを果たせていませんでした。

音楽学校時代に『プリンス』と呼ばれ、ちやほやされていた久志にとって、今の状況はとても考えられないものでした。

「僕を見つけられないんて…世の中、間違ってる!」

「待ってたって、何もかわんないぞ~!」

そんな鉄男は、作詞よりも先におでんづくりが、すっかりうまくなり、路面店を出さないかと声をかけてもらうようになっていました。

「え~!作詞は!?」

裕一の叫びに、最近書いた詩を裕一に渡します。

「ん?」

どうやら…ちょっとばかり朝にはそぐわない走り書きが…

「え?成人小説?」

「ちょ…ちょっとした小遣い稼ぎだよ!」

「才能の無駄遣い…いや、才能なかったりしてな!」

「何だと~!お前こそ、口ばっかりで、全然世に出ねぇくせに!!!」

人間、上手くいかない時は、言葉に棘が刺さりがち…危うく一触即発な雰囲気を、ぶち壊すように裕一は、あのチラシを久志に渡しました。

それは、廿日市が企画した新人歌手発掘のオーディションのチラシです。

しかし、久志は『福島行進曲』の時に、自分を使ってもらえなかったからと、コロンブスレコードは嫌だといいます。

しかも、流行歌ではなくオペラ歌手としてデビューしたい久志にとって、これは妥協のように感じていました。

「裕一だって、西洋音楽志望だったろ?未練ないのか?」

「ない!…といったら、嘘になるけど、流行歌がどれだけ大衆の気持ちを掴むのかが…よ~くわかったから。」

「頼もしいなぁ。」

「久志にも味わってほしいなぁ…。」

そこで思いついた三バカ…では、ありません…三羽烏は、突然、近くの居酒屋に突撃し、流しをしてみることに!

何とか、お客を見つけた裕一と鉄男の願いも虚しく、オペラにこだわる久志は、居酒屋の真ん中で、朗々とヴェルディの『女心』を披露…。

観客の反応は…………。

もちろん、ヤジだらけ。

酔っ払いに、そんな曲は通用しません。

這う這うの体で、居酒屋を後にする三バカ…三羽烏。

「誰が、オペラ歌えっつった??」

「わかる人には、わかるんだ!」

「金もらってんだぞ!」

久志…ひとまず、オペラは置いておきましょうか…。

そうして、仕切り直した3人は、鉄男のギターに合わせ、『船頭可愛や』を披露。

今度は、お店中のお客さんが、拍手をくれ、チップも弾みました。

そして、中にいた男の子を連れた親子は、特にしみじみと久志の歌を褒め、明日も頑張れると帰っていきました。

「お兄ちゃん!すごくかっこよかった!ありがとう!」

その少年からチップを受け取った久志の心は、ほんの少し変わったようです。

裕一の家に戻って、流しでオペラを歌った久志の話に、大笑いする音。

しかし、その後の『船頭可愛や』で、ずいぶんチップを儲けたようです。

「よかっただろ?拍手喝采浴びてさ!」

「まぁ…悪くはなかった。」

「嬉しそうにしてたくせに。」

「笑止千万!プロとして、お金をもらった以上、それなりの仕事をしただけさ。」

「強がってんな~。あの親子からもらった1銭玉、大事そうにしまってたくせによ。」

「たかが1銭…されど1銭さ…。」

そして、決めたのです。

「わかった。オーディション、受けてあげるよ!コロンブスに僕の力を貸そう!」

まだ、どこか強がったセリフではありましたが、こうして、久志はオーディションを受けることにしました。

久志が、コロンブスレコード所属となれば、福島三羽烏で曲を売り出す夢に、また1歩近づきます。

3人は盃を交わし、決意を新たにするのでした。

えぇ…まだ受かってはいませんが…採らぬ狸の何とやらにならなければ…いいのですが…。

というわけで、裕一は作曲作業を始めます。

裕一は、もうすっかり久志が受かる気分で、久志のための曲のつもりで作曲をしています。

そこへ、お茶を持ってきた音が尋ねました。

「久志さんって、昔から歌が好きだったの?」

「え?」

「え~知らないの?」

「男同士なんて、そんなもんだって!」

そんな音との会話で…今まで、そんなこと考えたこともなかった裕一は呟きました。

「確かに…謎だな…。」

そう、久志が歌を好きになった理由…。

それは…

「その謎は、明日のお楽しみ♡」

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」61話の感想は?

黒猫葵
あれ?

千遥??

今日の最初の感想です(笑)

華ちゃんが4歳になった子役ちゃんは、「なつぞら」で、ヒロインの妹・千遥の幼少期を演じた田中乃愛ちゃんでしたね!

あの頃より、もう少しお姉ちゃんになってて、ちょっと嬉しかったり♪

そして、裕一だけじゃなくて、保さんもメロメロなのが、ちょっとツボでした。

「保~!」って呼ばれて、鼻の下が伸び伸びになってましたね!

今から魔性の女ですな~華(笑)

さて、今日のメインは、音楽学校でプリンスとして名を馳せていた久志が、すっかりやさぐれているお話でした。

多分、声がかからぬわけがないと、本気でスカウトが来るのを、ただ待っただけの5年間だったんでしょうね…(涙)

ちょうど先週、呼ばれてもいない『蝶々夫人』のオーディションに押し掛けた環さんを見ていたので、実力があっても、売り込まなきゃ売れないんだよ…っていうのをね…

というか…裕一がダメになる言うて、応援歌を作らせた冷静な久志にあるまじき姿でしたね…(汗)

オペラに固執しまくりでしたから…。

でも、これで、素晴らしい歌声を世に轟かせてくれるんでしょうか…とはいえ、そんなに簡単には…きっと行かないんでしょうね…。

しかし…今週末にオーディションの結果が分かったとして…そこで、放送が一時中断になってしまうわけで…。

気になる終わり方をされたら、ちょっと辛いなぁとも思いつつです…

どこまでが放送されるのか…気になります。

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」61話のネット上の反応や評価は?

◇がんばれ、久志!

ドラまる
困ったね…三羽烏の良心、冷静担当かと思ってたんだけど(笑)
ラマちゃん
でも、このくらいに才能あふれるバカじゃないと…この先、売れないのかもしれないわね(汗)

◇千遥!!

ドラまる
なつぞらから、すこし成長した田中乃愛ちゃんを見られたことが、普通に嬉しかったりして♪
ラマちゃん
子どもの成長は…早いわね~…

でも、ちょっとだけ期待しちゃうわよね、次の次の朝ドラでヒロインの子ども時代(笑)

◇華にメロメロの大人たち…

ドラまる
すごい愛に囲まれて育ってるね~華ちゃん(笑)
ラマちゃん
保さんまで、メロメロなところが…魔性よね(笑)

華ちゃん…恐ろしい子♪

◇何気に大物

ドラまる
さらっと見ちゃったから、一瞬きづかなかったよ(汗)
ラマちゃん
本当ね!

こうして、さりげなく大物忍ばせとくのが、NHKさんの悪いところよね(笑)

◇何気にいい味を出すワンコ

ドラまる
うんうん!

すごくいい味を出すワンコだったよ!

ラマちゃん
これからも、鉄男のおでん屋台を…三羽烏を見守ってくれるのかしらね…。

◇三羽烏というか…若干三バカ風味

ドラまる
ディスってるわけじゃないよ(笑)

でも、この3人のテンションについてくの、結構大変だよね(笑)

ラマちゃん
そうね…

ついてけないって思うと、しれっと席を立つ音までがセットで笑っちゃうわ!

◇本日の津田健次郎ナレ!

ドラまる
取られた。って思ったよね(笑)
ラマちゃん
確かに、古畑任三郎っぽい(笑)

◇本日の歌広場淳さん

ドラまる
歌広場さんにまで、古畑任三郎言われてる(笑)

でも、確かにずっと大衆性と音楽性で悩んでるね…

あの時代は、そこが悩みだったのかなぁ…やっぱり。

ラマちゃん
華は、小悪魔は間違いない!

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
3人がそろうと、笑うって言うのは、定石になった気がするよね(笑)

だから、あ、ここは笑えるって思うかも!

ラマちゃん
私は、おでんにねぎは…ちょっと強いなぁ…。

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「エール」はNHKプラスで視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHKプラスはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~15:00

※本作より、土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

また週末には、こんな放送も!

  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「エール」62話の予告あらすじ

久志(山崎育三郎)がなぜ音楽の道に進むことになったのか、そのきっかけについての物語。

学校ではクールにふるまっている10歳の久志(山口太幹)だったが、家では父の再婚で新しくやってきた母・玲子(黒川芽以)になじむことができず、葛藤をかかえていた。

担任の藤堂先生(森山直太朗)は、ある日クラスの皆で歌っている時に久志の歌の才能に気づいて、学芸会でその歌声を披露することをすすめる。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」61話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さ~古畑任三郎が…始まらないよ!

明日は、久志が歌を志すまでの話。

ラマちゃん
でも、この先、モデルになった方々の活躍を知っている視聴者からしたら…

それを全部見出すのであろう…藤堂先生がやべぇみたいな話になってくるわよね(笑)

黒猫葵
いったい、どんなきっかけがあったのでしょうか。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA