エール|第11週・54話ネタバレと感想。三郎の裕一にする大事な話とは…【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説『エール』54話が2020年6月11日(木)に放送されましたね。

ドラまる
三郎の余命が…(涙)
ラマちゃん
正直、いつまでも裕一の応援をしていてほしいのに…。

それだけじゃなく、浩二の事も心配だし、藤堂家も何かのフラグなのかしら…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」54話のネタバレあらすじと感想は?

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」54話のネタバレあらすじ

裕一(窪田正孝)は、浩二(佐久本宝)から、三郎(唐沢寿明)が胃がんであり、余命いくばくもないことを聞かされました。

三郎は、診察を受けていました。

「酒は厳禁!安静にしてねぇとダメだ!」

やっぱり、お医者さんに怒られてしまいました。

ひと眠りするという三郎を部屋に残し、医者からの話をまさ(菊池桃子)音(二階堂ふみ)と裕一の3人で聞きました。

体力を温存させ、食事にも気を遣ってほしいといわれました。

三郎の状況は、すでに手術も難しい状態でした。

むしろ、立って話して、元気そうにしているのが不思議なほどだとまで言います。

「覚悟はしておいてください。」

裕一は、医者が帰った後、三郎の部屋へと向かいました。

「どうした?しけた面して(笑)」

「元々こういう顔だよ。」

そんなやり取りをしつつ、裕一は三郎に尋ねました。

「何か食べてぇもんとかないの?」

「ハーモニカ!」

「ん?」

「久々に聞きてぇな。おめぇが、商業学校時代に作った曲、中々良かった!」

残念ながら、裕一はハーモニカを東京に置いてきてしまっていました。

「持ってくればよかったね…。」

「大作曲家は、ハーモニカかなんか無くても作曲できるからな!」

「そんなんじゃねぇって(笑)」

三郎に付き添っていた裕一がうたた寝をしていると、すっかりお昼の時間になってしまいました。

まさと音が2人分のうどんを持って部屋にやってきます。

今日のうどんの出汁は、音が作ったようです。

「どう?美味しい?」

「いまいちだなぁ。」

「え?」

「う…うまいよ!?美味しいってば。」

裕一は、音の機嫌を懸命にとるのでした。

さて、その頃、仕事中の浩二は、とある桑畑の主人に会いに行っていました。

とある事業の一環で、桑畑を果樹園にしないかと持ち掛けていたのです。

畠山(マキタスポーツ)という、桑畑の主人は、そんな浩二を突っぱねます。

養蚕業だけでは、福島の財政がもたない…実際に同業者が何件も廃業に追い込まれていました。

そんな農家を救うべく、行政として動いていたのです。

しかし、商売を替えろと言われることは、実際にそれを行う農家からしてみれば…ただの賭けでしかありません。

「失敗した時に、責任とれんのか?」

「それは…。」

「そだな覚悟のねぇ奴に、先祖代々の土地を使うわけにいかねぇ!さっさとけぇれ。」

これ以上の話は、かえって頑なにしてしまう。

そう思った浩二は、調べた調査書を畠山に託し、今日のところは帰ることに決めました。

その背中に畠山は、浩二が、今聞きたくない言葉を投げかけました。

「そういや、お前んとこの兄貴、『船頭可愛いや』の作曲家なんだって?今度来るときは、そのレコードでも持って来!」

「…また来ます。」

浩二は、余計なことは言わず、畠山の家を後にしました。

一方、古山家の居間には、昨日、歴史的和解を果たした嫁の音と姑のまさがお茶を飲んでいました。

まさは音に心を許し、三郎が死ぬかもしれない恐怖を話しました。

川俣の兄のことも負担をかけたのでは、なんでもっと早く気づけなかったのか…そんなことが頭をぐるぐるぐるぐる駆け巡っていました。

三郎や息子たちの前では、我慢していた涙が、ボロボロとこぼれてきました。

もちろん、三郎のことを考えているのは、まさだけではありません。

裕一は、三郎に何かできることはないかと考えていました。

東京に連れていき、もっと腕のいい医者に診てもらえば、手術だってできるかもしれない。

音は、汽車に乗せることが、体に障ることを指摘します。

「お義母さん、泣いとったの。お父さんの前では、一生懸命振る舞っとるけど、ずっと辛かったんだと思う。」

裕一は、母の涙を聞いて、言葉を失いました。

改めて、裕一は、お金をまさに渡しました。

滞在費も兼ねているからという貰ってもらうための理由もつけて。

本当は、医者代など色々苦しかったのかもしれません。

まさは、そのお金を受け取ることに決めました。

ところが…運悪く、そこに浩二が帰ってきてしまいました。

また、封筒を突き返す浩二。

「兄さんの手助けはいらねぇ!」

「こ…こう…浩二、僕に頼りたくないのはわかるんだけどさ。父さん、このままほっといたら、もっと大変なことになっから!」

「兄さんは、何もわかってねぇ。俺だって、やれっことは、全部やってきた。金、工面して、福島で一番いい先生に診てもらって、それでも駄目だったんだ。いっつも自分の感情だけで動きやがって…。兄さんはな…もうとっくに家族じゃねぇんだよ!」

その騒ぎを聞いて、三郎が起きてきてしまいました。

「なんだ騒がしいなぁ。」

「何でもねぇから!休んでて。」

「横になってろよ。」

「目が覚めちまったよ!ほれ、裕一のみに行くぞ!」

「え?」

「医者から、止められてんだろ!」

「大事な話があんだよ!」

そういって、みんなを振り切ると、裕一を外に連れ出しました。

飲みに行くぞ!といって、連れてきてたのは、近くの神社でした。

お参りを済ませると、三郎は裕一に言いました。

「裕一。俺は、もう駄目だ。みんな必死にごまかしってっけど、そんくれぇわかる。」

「な…何の話?」

「その顔…おめぇ、ちっとも変ってねぇな。」

裕一は、元来嘘がつけません。

三郎は、裕一に向き直って、言いました。

「裕一。おめぇに承諾してほしいことがある。」

三郎の話とは…一体、何なんのでしょうか…。

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」54話の感想は?

黒猫葵
浩二のささくれ立ち過ぎた心を宥めるには…もう三郎の何らかの話しかないですよね…。

気持ちはわかるので、浩二に対して苛立つみたいな気持ちはあまりわかないのですが…。

この拗らせ方は…中々だなぁとは思います。

自分がこんな人生なのは、裕一のせい、全部裕一が悪いみたいな感じになってますけども…。

裕一が、茂兵衛の養子になるならないだって、そもそも三郎が迂闊に連帯保証人にならなければよかった話なわけで…。

色々大変だったことは理解しますが、ちょっと考え方を変えると…父さんの尻拭いは長男のお前がしろ、家は俺が継ぐ、俺のために犠牲になれと主張しているように見えてしまうわけですよ…。

それを承諾しておいて、飛び出した裕一に責任がないわけではありませんが…。

ただ、川俣銀行も喜多一も裕一が音楽を諦めたところで、遅かれ早かれ…こうなる未来しか見えなかった…(汗)

喜多一を立て直すことだって、三郎を説き伏せる方法を、直でぶつかる以外の事をなんも考えなかったとすれば…浩二も商売人としては…ねぇ(汗)

外堀を埋めるとか、そういう工夫も必要だったのかなぁってね(汗)

まぁ、そんなこんなが、三郎が余命幾ばくもないこの状況下において、何か進展がありそうではあります。

明日は、もう金曜日…

来週の半ばくらいまでは、福島にいる感じですかね?

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」54話のネット上の反応や評価は?

◇さすがはお父ちゃん

ドラまる
裕一に話があるのも間違いないんだろうけど、自分の病状を確信するためには、ベストな人選だったね(汗)
ラマちゃん
確かに…三郎にばらしたくなかったら、誰よりも言っちゃダメな人よね(笑)

◇浩二への思い

ドラまる
これも、自分がどっちの立場に近いかで共感する方がどっちになるか変わるよね!
ラマちゃん
だから、浩二への意見を見てると、賛否両論というか、相反する意見を見られるわね!

◇華ちゃん可愛い

ドラまる
この寝顔は、今日の癒しだね。
ラマちゃん
間違いないわね!

◇本日の歌広場淳さん

ドラまる
食べたいもの聞かれてからの、ハーモニカは確かに『え?』ってなったよね(汗)
ラマちゃん
あれは…かたいわよ…って違うわね(笑)

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
それで言ったら…小山田耕三の方に触れなくちゃ~!!

というか、弟設定ってことかな?裕一、浩二、耕三ってことだよね(笑)

ラマちゃん
三郎なら、りんごって言い出しかねないのが怖いわね(笑)

でも、きっと、華丸さんの言う通り、浩二の事を考えてのお願いだと思うんだけど…気になるわね…。

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「エール」はNHKプラスで視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHKプラスはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~15:00

※本作より、土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

また週末には、こんな放送も!

  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「エール」55話の予告あらすじ

浩二(佐久本宝)は、養蚕農家の畠山(マキタスポーツ)を再び訪ねる。

畠山は浩二の資料がよく調べられていたと話し、素直な返事をしてくれる。

一方、三郎(唐沢寿明)は、浩二(佐久本宝)に大事な話があると、二人で話をする。

そして、裕一(窪田正孝)は、三郎のためにハーモニカを聞かせようとするのだが…。

その後、裕一と音(二階堂ふみ)は、久しぶりに権藤茂兵衛(風間杜夫)を訪ねるのだった。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」54話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
明日は、茂兵衛さんのとこにいくの??
ラマちゃん
それに、このリンゴの事が何かのフラグになってるのかしら…。

気になるわね…。

黒猫葵
今週は、どこに落とし込むんでしょうか…気になります。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA