エール|第11週・51話ネタバレと感想。芸達者な華ちゃんが可愛い!裕一の親バカ炸裂の巻【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説『エール』51話が2020年6月8日(月)に放送されましたね。

ドラまる
元気な女の子が産まれたね!
ラマちゃん
お名前は何になったのかしら…

さ~今週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」51話のネタバレあらすじと感想は?

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」51話のネタバレあらすじ

娘の華が産まれて、早4か月が経ちました。

裕一(窪田正孝)は、愛娘にすっかりデレデレの甘々になっていました。

音(二階堂ふみ)は、そんな裕一を呆れ顔で見つめるのでした。

『船頭可愛いや』の大ヒットで、裕一は悠々自適な生活が送れるようになっていました。

すっかり、華にメロメロの裕一は、仕事も手につかない状態でした。

仕事にならなすぎると、音は華を抱きかかえると、よそで仕事をしてこいと家を追い出しました。

しかし、追い出されたとて、裕一が行くところと言えば…、もちろん向かいの喫茶店のバンブーです。

もう、うんざりするほど娘自慢を聞かされてきた恵(仲里依紗)は、笑顔ながら裕一の娘自慢を上手に聞き流していました。

そこへ、保(野間口徹)が帰ってきました。

その後ろには、1人の男性が…。

バンブーの常連客だという男性は、裕一作曲した『船頭可愛いや』を毎日聞いているというファンでした。

そんなファンにまで、娘自慢を始める裕一。

しかし、この男性にも、最近孫が産まれ、それはそれは目に入れてもいたくないほどの可愛がりぶり。

「ご両親も、さぞ喜ばれたでしょう。」

それを聞いて、裕一は表情を曇らせました。

裕一は、福島を…家族を捨てて上京してきました。

その事を知らせたくても、そうできない状況でした。

「ゆ…裕一くん、忙しくてね、まだ一度も…。」

保も助け船を出しますが、現在爺バカ進行中の男性は、そんな裕一を叱責!

早く会わせてあげるよう進言するのでした。

そんなことがあると、すぐに顔に出るのが裕一です。

自宅に帰ると、音にはすぐわかりました。

裕一が暗い顔をしていることに。

裕一は、バンブーのお客さんに孫をすぐ両親に会わせてあげるよう言われたことを話します。

音も、その言葉に口を噤みます。

暗くなりそうな雰囲気を流すべく、音は裕一に手紙が届いていることを伝えました。

その手紙の送り主は…裕一の小学校の恩師・藤堂(森山直太朗)でした。

その用件とは…。

福島のある小学校が校歌を新しく作ることになり、その作曲をお願いしたいという者でした。

裕一は、その申し出そのものは嬉しいものの、福島を捨てた身という負い目から、この依頼を受けてもいいものかと、心が揺れていました。

そんな裕一のやりたいのに迷っている気持ちに、音はすぐに気が付きました。

「裕一さんにしか作れないものがあるんじゃない?それに、大恩人の藤堂先生のご依頼を断るなんて、罰が当たるわ!」

その言葉に、裕一は、この依頼を引き受けることにした裕一は、音と一緒に故郷の校歌を作曲しました。

その曲を届けると、またすぐに藤堂から手紙が届きました。

手紙には、いい曲を作曲してもらったことのお礼…そして、その校歌完成披露会を行うということが書かれていました。

しかも、その披露会に作曲者である裕一とその家族を招待する旨が書かれていたのです。

「これ…福島来いってことだよね…?」

「うん。」

さすがに福島に帰ることを躊躇っていた裕一でしたが、手紙はもう1通ありました。

その送り主は…母・まさ(菊池桃子)でした。

藤堂から、裕一が小学校の校歌を作曲したと聞いて、手紙をくれたのでした。

その中には、裕一の躊躇いを溶かす言葉が書かれていました。

“どうぞこの機会に、ぜひ福島に来てはいかがですか?みなさんに会えるのを心待ちにしています。”

それでも、裕一はまだ悩んでいました。

鉄男(中村蒼)の屋台で、うじうじしている横には…

「納得できな~い!」

藤丸(井上希美)が、叫んでいました。

『船頭可愛いや』は、元々藤丸名義で出した曲です。

それなのに、ヒットしたのは双浦環(柴咲コウ)のおかげ。

どうにもそれに納得がいっていないのでした。

「藤丸さんは、ヒットしてるからいい。俺なんて、ヒット曲無しだ!」

これに便乗して、『福島行進曲』が売れればよかったのですが、そううまくは回らなかったようです。

「鉄男さんが、ヒット曲無しなのは、詩がうまくないからでしょ!」

「何ぃ!」

「いい詩が書けたら、曲つけるよ!」

そんなひと悶着起きそうなところに声をかけたのは、木枯(野田洋次郎)でした。

裕一は、木枯に相談します。

実家に帰ることはあるかと。

木枯も実家を捨ててきた身でした。

それでも…

「でもさ…時々無性に母ちゃん思い出すんだよね…夜中になるとさ…母ちゃんが作った芋の煮っころがしが食べたくなったりして…。」

「私は、亡くなったおばあちゃんが作ってくれたお雑煮が食べたくなるなぁ…。」

「俺も、時々母親の夢見るよ。本当に優しくしてくれた。」

「そっか…そうだよね。」

「どうした?福島、帰んのか?」

鉄男の問いに、言葉を濁す裕一。

そんな裕一を見て、木枯は歌いだしました。

「帰りたいのに帰らない~♪男のやせ我慢~♪」

「う…うるさいよ~も~…。」

家に帰っても、裕一はまだ迷っていました。

裕一は思い出していました。

全てを振り切って、上京を決めた日、音を見送りに行っていた三郎(唐沢寿明)と駅で話したこと…

“おめぇが捨てたって、俺はおめぇを捨てねぇ。安心しろ。”

荷物をまとめている時に弟・浩二(佐久本宝)に言われたこと…

“兄さんが、この家出ていったら、どうなるかわかってんだろ?”

全力で行くことを止めたまさに言われたこと…

“あなたには無理!ここにいて!そばにいて!”

こうして、迷って、迷って、裕一は結論を出しました。

「福島のこと…やっぱり、このままってわけにはいかないと思う。」

「そうだね。」

「華が大きくなった時、お父さんの故郷は福島なんだぞ~って、胸張って言いたい。」

「うん。」

「音、どう思う?」

「私は…、早くにお父さんが亡くなってるでしょ?お父さんに恩返ししたかった。裕一さんが、お父さん・お母さんに親孝行できたらいいなぁって思ってるよ。」

「…帰ろうか。」

「うん!」

こうして、裕一は愛する音と華を連れて、福島へと向かいました。

まずは、校歌完成披露会の会場に向かいます。

会場に着くなり、記者のような人たちに囲まれ、凱旋を喜ばれる裕一。

思いがけない反応に、裕一はしどろもどろ。

「古山!」

そこへ、藤堂がやってきました。

裕一は、藤堂との再会を、とても喜ぶのでした。

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」51話の感想は?

黒猫葵
わかりやすく親バカになった裕一でしたね(笑)

みんなうんざりしてましたね~…

私は、毎日惚気も子ども自慢も聞ける方なのですが…というか、聞くのが好きな方なので…あんなに嫌な顔しなくてもとは思うのですが、まぁうんざりする人もいるんだよねって…思います。

逆に、聞くのが何の問題もなさ過ぎると、つい話す側に回った時に、うっかりやらかしちまいそうなので…気を付けようって思いました(笑)

やっぱり、鉄男と藤丸さんにフラグがたってるような気がしません??

この言いたいこと、何でもいいあえてる感じ…そのうち…「何か一緒にいると楽でな~。」とか言って、そんなことになりそうな気がしてなりません。

いや、しかし、降りてくると早いですね~…裕一(汗)

あっという間に福島に帰ってきましたよ…。

ということは、この1週間、福島では何やら波乱がありそうですね…

とりあえず、色んな方々の消息が気になります…

明日以降、楽しもうと思います。

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」51話のネット上の反応や評価は?

◇華ちゃん芸達者!

ドラまる
今日は、この華ちゃんの芸達者ぶりに目を持ってかれちゃったね~
ラマちゃん
そうね~華ちゃんに目を奪われてる間に、福島凱旋してたわね(笑)

◇鉄男と藤丸に恋フラグ?

ドラまる
本当、そう思うよね!

やっぱり、この感じはいずれそうなるのかなぁ(ニヤニヤ)

ラマちゃん
そうなったら、それはそれで楽しいかもしれないわね…

希穂子さんのことは…本当に終わったのかしらね…。

◇本日の歌広場淳さん

ドラまる
華ちゃんを愛でる窪田正孝を愛でる歌広場さんな構図だね(笑)
ラマちゃん
確かに、早く両親に孫をって言われたときの、窪田くんの雰囲気のガラリ感は…さすがと思ったわ♪

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
仕事が早いは、多分視聴者、みんな思ったよね(笑)
ラマちゃん
私は、全部ワンフレーズ口ずさめるくらいは覚えてるかな…いや、幼稚園は覚えてないか…。

やっぱり小学校が一番覚えてるなぁ。

歌う機会も年数も長いからね!

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「エール」はNHKプラスで視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHKプラスはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~15:00

※本作より、土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

また週末には、こんな放送も!

  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「エール」52話の予告あらすじ

藤堂先生(森山直太朗)から校歌完成披露会の誘いを受けて、裕一(窪田正孝)は音(二階堂ふみ)と華を連れて、久しぶりに福島に帰ってくる。

子どもたちが元気に校歌を歌う姿を見て、裕一は作曲のお願いを引き受けてよかったと喜び、藤堂先生に得意なものを教えてもらったからこそ今の自分があるとあらためて感謝する。

披露会の後、裕一は久しぶりに実家を訪れ、父三郎(唐沢寿明)や、母のまさ(菊池桃子)と再会を果たす。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」51話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さ~明日は、実家に帰るんだね~…
ラマちゃん
三郎は、普通に嬉しいだろうし、まさも手紙をくれて、孫にも会いたいんだろうから…

浩二は大丈夫かしら。

黒猫葵
そして、他の皆さんも気になります。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA