エール|第7週・35話ネタバレと感想。信頼度の高いプリンス・久志の『任せて!』【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説『エール』35話が2020年5月15日(金)に放送されましたね。

ドラまる
ついに、裕一が小山田先生と初対面したわけだけど…。
ラマちゃん
どんな言葉を交わすのかしら…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」35話のネタバレあらすじと感想は?

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」35話のネタバレあらすじ

「その行動力、自分のためにも使ってみたら?」

久志(山崎育三郎)からの助言に、音(二階堂ふみ)は、『椿姫』の選考会に挑戦してみることにしました。

一方で、裕一(窪田正孝)は、自分をコロンブスレコードに推薦してくれたという大御所作曲家の小山田耕三(志村けん)と初めての対面を果たしました。

緊張しながらも、何とか挨拶をする裕一。

いつか、小山田と同じ青レーベルで作曲がしたい。

そんな気持ちを伝えた裕一に、小山田は言いました。

「古山くん。赤レーベルでは、どんな曲を書いたのかな?君は、赤レーベル専属の作曲家だよね?」

「いや…あの…まだ採用には至らずで…。」

裕一は、自分がまだ1曲も採用されていないことを痛感し、一心不乱に五線譜と向き合うのでした。

小山田の顔に泥は塗れない。

その思いだけで、寝る間も惜しんで曲を書き続けました。

しかし、そんな焦りとは裏腹に、全くうまく書くことができないのでした。

さて、『椿姫』のヴィオレッタ役選考会に、応募した音は、千鶴子(小南満佑子)に声をかけます。

「千鶴子さん、椿姫、私も挑戦することにしました。今の私は、千鶴子さんの足元にも及ばないかもしれない。でも、やらずに後悔するより、やって後悔した方がいいから。よろしくお願いします。」

久志の相手役狙いでもなく、自分に対等に接してくる音に、千鶴子はほんの少し笑みをこぼすのでした。

さて、喫茶店・バンブーで必死に作曲をする裕一。

保(野間口徹)が、気を利かせてお冷を注ぎに行くと、コーヒーのおかわりが注文されます。

「ねぇ、今、何杯目?」

恵(仲里依紗)は、心配そうに尋ねます。

「7杯目。」

「え~…体に悪いよ…。」

「大丈夫。5杯目から、これにしてるから。」

「え?麦茶!?」

その味の違いに気づかぬほど、裕一は没頭していました。

そして、音の選考会当日。

緊張する音の耳に大きな物音が。

駆けつけると、裕一がお腹を抱えてうずくまっていました。

すぐにお医者さんも来てくれて、電話のない古山家に代わり医者を呼んでくれた保と恵も来てくれました。

何か悪いものや、刺激物をとっていないかと尋ねられると、保と恵は、バンブーでコーヒーを大量に飲んだことを思い出します。

「心労が重なると、胃が痛くなることがあります。心当たりは?」

もちろんあります。

「まぁ、今日は静養してください。」

医者を見送ると保と恵は謝ります。

「ごめんな。3杯目から麦茶にすればよかったよ。」

首を振る裕一は、音を気遣います。

「僕はいいから、早く学校行って。」

「でも…。」

「今日、選考会でしょ?」

裕一の促しに、音は必死に学校へと向かいました。

音が試験会場に飛び込むと、1歩遅く試験が始まるところでした。

「定刻に遅れたので、受験資格は失効となります。試験が始まるので、退室してください。」

挑戦することすらできない…そんな絶望が音を駆け巡った瞬間の事でした。

「先生。私の時計は、8:59を指していますが。」

「僕の時計もです。」

助け船を出してくれたのは、千鶴子と久志でした。

そんなはずはという教師を、スマートにとりなす久志に導かれ、何とか試験を受けることができました。

こうして、1次審査を突破することのできた音に、喜びの声をかける久志は、せっかく受かったのに元気のない音が気にかかりました。

音は、現在の裕一の状況を話しました。

全く曲が書けないこと。

小山田に会ったことで、強い重圧に負けそうになっていること。

それらが原因で、胃を痛めてしまったこと。

話を聞いた久志は言いました。

「わかった。僕に任せて。」

それから、数日後…。

学校帰りの音の背後から、行進する足音が聞こえてきました。

思わずのけぞる音。

それは、行進する学ラン姿の男たちでした。

しかも、向かった先は…自宅です!

「古山裕一先生は、おりんしゃあとでしょうか!」

何も考えず返事をした裕一をめがけて、その男たちは突進していきます。

これは大変だと慌てる音。

裕一も、まさかの大人数と屈強そうな男たちの集団に恐れおののき、部屋中を後ずさりしてしまいます。

広い仕事部屋といっても、たかがしれています。

あっという間に追い詰められた裕一…。

これは、絶体絶命の大ピンチ?

その学ラン集団の先頭にいた男は言いました。

「私は、早稲田大学応援部五代目団長・田中隆ち言います!」

この田中隆(三浦貴大)とその仲間たち…一体、何をしにきたのでしょうか…。

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」35話の感想は?

黒猫葵
「せっかちな時計だね」とか、育三郎さんしか言えないよね(笑)

そんな今日の感想です。

さて、久志の「任せて」が、あの早稲田大学応援団の襲撃にかかわってるんでしょうか…。

三郎の「任せとけ」に比べて頼りになりそう!というのが、正直な感想です。

三郎と言えば、家を飛び出して1年…

この1週間で1年が経ったわけですが、福島について何も語られていないのが、気になります。

あの三郎の「任せとけ」から、一体福島と川俣はどうなっちゃったんでしょうか…

銀行の皆さんのその後も気になって…気になって…

っていうか、東京に行けって言ってくれた鉄男は、その後…大丈夫だったんでしょうか…

それこそ、茂兵衛あたりが「裕一を誑かしたのは誰だ=!」って、海原雄山のように新聞社に乗り込んでいくことだって、十分考えられるかと…

そっちばかりが気になって、主役の2人に目が行かないという困った状況でございます。

東京で気になるのは…

千鶴子さんやっぱ、歌うまいな。

志村けんさん…惜しい才能を亡くした…。

育三郎さんの動きに、ミュージックティを思い出してしまい…東京に来ないかな…。

喫茶店夫婦が癒し。

です(笑)

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」35話のネット上の反応や評価は?

◇志村けんさん

ドラまる
小山田先生の意図とは…。

やっぱり、作曲家で食べていくには、好きな曲だけ作れるわけじゃない。

それを教えてくれてるんだよね!

ラマちゃん
そうそう、好きな曲は、売れてからいくらでもかける…って…

何か、前作スカーレットでも、そんな出来事があったわね…。

◇ナイスな喫茶店夫婦

ドラまる
朝ドラに出てくる喫茶店を見て、いつも思うことがあるよ。

近所にほしいなぁ。

ラマちゃん
すご~くわかるわ…。

わかりみが深いわ…。

◇千鶴子さんのデレ

ドラまる
物語の見せ方として、久志目当てじゃなく挑戦することに決めた音に好感を持っていると見せたいんだね!

だからこそ、ちょっと嬉しそうだったわけだ!

ラマちゃん
そうね!

選考会を受けるって言われたときの、ちょっと嬉しそうな顔が素敵だったわ!

ほんと、AKさんは、魅力的な周囲の人を作るのに定評があるわね♪

◇育三郎さんの『任せて』

ドラまる
これは、すご~く思ったね(笑)
ラマちゃん
不安がなかったわよ!

でも、あの応援団が、その差し金なのかしら…。

◇1週間(1年)が過ぎました…福島どうなった?

ドラまる
この1週間のどこかで何か語られるかと思ったんだけど、完全スルーだったからね…。
ラマちゃん
裕一が、全く思い出す素振りも見せないからね…

「家族を捨てた」って、辛そうにしてたわりには、東京来てから、すっぱり忘れ過ぎなのが気になるのかも(汗)

◇モヤモヤ

ドラまる
そうか…なんか…ちょっと音っていうキャラクターに心寄せられないのがわかったよ…。
ラマちゃん
全く言わないこともなかったのかもしれないけど…(記憶があやふやで確信がない)…

ごめんなさいとありがとうが、ちゃんと言えない子って印象になっちゃってるのね…

◇本日の歌広場淳さん

ドラまる
志村けんさん…今日は、すっごい喋ってたね!

何か…ジーンとする気持ちはわかるよ!

ラマちゃん
ここまでは、佇まいでぐっと貫録を見せてたからね…。

私も同じ気持ちになったわ!

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
華丸さん、面白かったところをすぐピックアップしてくれて嬉しいなぁ!
ラマちゃん
本当ね!

九州弁にもすぐ食いついてて!

さすが大吉さんってなったわ♪

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「エール」はNHKプラスで視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHKプラスはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~15:00

※本作より、土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

また週末には、こんな放送も!

  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」第8週のあらすじは?

2020年5月18日(月)~5月22日(金)8時〜放送のドラマ『エール』第8週のあらすじをご紹介します

久志(山崎育三郎)の入れ知恵で、古山家に早稲田大学の応援部の団員たちが押しかけてくる。

野球で慶応大学に勝つための新しい応援歌の作曲をしてほしいという依頼だった。

引き受けたもののなかなか曲が書けずに煮詰まり、周りの人間にあれこれ言われていらだつ裕一(窪田正孝)。

音(二階堂ふみ)は書き置きを残して豊橋に帰ってしまう。

早慶戦の試合が迫る中、音は裕一が作曲するためのヒントを求めて団長・田中隆(三浦貴大)を訪ねる。

公式サイトより引用

「エール」36話の予告あらすじ

古山家に、早稲田大学応援部の団長(三浦貴大)たちが押しかけてくる。

早慶戦で慶応に連敗を喫した早稲田の応援団員たちは、慶応義塾の新しい応援歌「若き血」が歌われだしたことから連敗が始まったと考えて、自分たちにも心沸き立たせるような新しい応援歌が必要だと考えたのだ。

早慶戦まで2週間。

公募ですでに決定している「紺碧の空」の詩に、曲をつけてほしいとお願いされた裕一(窪田正孝)だが、曲は出来ず…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」35話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
やっぱり、早稲田の応援団は久志の差し金みたいだね…。

この作曲が何かのきっかけになるのかなぁ…?

ラマちゃん
裕一が殻を破るにはこのくらいのインパクトは必要かもしれないわね…。
黒猫葵
何はともあれ、裕一が今までを打破するきっかけになるのでしょうか…。

来週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA