エール|第4週・19話ネタバレと感想。ミュージックティー…の破壊力半端ないって!【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説『エール』19話が2020年4月23日(木)に放送されましたね。

ドラまる
さて、裕一の養子問題に何か動きはあるのかなぁ。

それに、浩二がほんと心配だよ…。

ラマちゃん
そうね…。

そんなこととは露知らず、音は手紙の返事を待ってるし…というか、ファンレターって返事あるのが普通だったのかしら…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」19話のネタバレあらすじと感想は?

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」19話のネタバレあらすじ

今日は、御手洗(古川雄大)の個人レッスンの日。

全くやる気のない音(二階堂ふみ)の歌声に、思わずピアノの手を止めてしまいます。

音は、裕一(窪田正孝)からファンレターの返事がないことに落ち込んでいました。

「あれはファンレター。あなたにとっては大切な1通でも、彼にとっては、ありんこの中の1匹。宇宙の瞬く無数の星の中の星屑。いや…数の子の中の1粒くらいかも。」

「もういいです…。また…書こうかな。」

「いいけど。期待しちゃ、ダメよ。彼は、未来のインターナショナルコンポーザーよ。あなたとはクラスが違うわ。」

「先生って…はっきり言うから…好き(笑)」

「ありがとう。私は、ミュージックティー…。」

さて、昔は作業場に入ると叱っていた岩城(吉原光夫)も、最近は人手が足りず、音に手伝ってもらうようになっていました。

ふと、音は尋ねました。

「ねぇ、岩城さん。岩城さんは、何で結婚せんかったの?」

「ん?女には興味無いでな。」

「そう?そうかな?お母さんの事、どう思っとんの?」

「別に何も。」

「ふ~ん。まぁ、ええけど。」

「お嬢は、結婚せぇへんのんか?」

「うん。歌手になるから。」

「残念やのう。」

「え?」

「お嬢は筋がいい。安隆さんの腕を継いどる。」

「昔は、作業場入っただけでも怒っとったのに。」

「まぁ…今はそんな時代じゃないら~。腕がありゃ、女子どもはないけぇ。」

「ちょっと見直したわ。」

そんな話をしているところに、吟(松井玲奈)が飛び込んでました。

「音!!来たわよ!」

それは、裕一からの返事でした。

関内 音 さま

お手紙ありがとうございました。

たくさんの手紙の中で、音さんの言葉が特別に私の心に響きました。

竹取物語といふ共通點、音といふ名前、そして何よりあなたが歌手を目指しているゐるといふことに興味を惹かれました。

あなたの好きな詩と音域を教へていただけたら、あなたのために曲を作りたいと望んでゐます。

明日は早い時間に銀行の検査官もくるので、今日はこの邊で。

古山裕一

「やった~!やったやった!すごい!」

手紙を読み終えた音は、部屋でひっくり返るほどに喜びました。

そして、梅(森七菜)に、詩の選択を相談しました。

梅は、自分の本立てから、1つの詩を選びました。

“君はるか”

裕一の元には、細かい字で、思いが詰まりに詰まった手紙が届きました。

“君を思へばはるかなり 浪のかなたをはるかなり たよりをよめとかすかにて 涙のうちにはるかなり”

「素敵な詩だなぁ…。」

その詩を見ているだけで、裕一の頭には、曲が下りてくるようでした。

思わず立ち上がりその曲を指揮しだしてしまう裕一を見て、川俣銀行の面々も微笑ましくみていたのもつかの間、突然慌てだします。

はっと我に返った裕一の真横には茂兵衛(風間杜夫)の姿が。

「留学なんぞ、絶対に許さないからな!もう待てん!すぐにでも養子縁組の手はずを整える!以後、父親は私だ!三郎ではない!」

裕一が目を泳がせた先には、うなだれる三郎(唐沢寿明)の姿もありました。

「すまん。」

「いいよ。期待してなかったから。茂兵衛伯父さんが反対すんのは、当然だよ。」

「おめぇ、やけに冷静じゃねぇか?何か変だ。もっと怒っとか、茂兵衛の悪口いうとか、俺に当たっとかあってもいいんじぇねぇか?これは、おめぇにとって、人生最大の好機なんだぞ?」

「わかってっけど。実は…いい。」

「何だ!言えよ!」

裕一は、部屋に戻り三郎に音のファンレターの事を話しました。

詩の書かれた紙の裏面にびっしり書かれたファンレター…。

三郎には、その感性は伝わりにくいものがありましたが、裕一はそんなところが常識にとらわれていないいい感性をしているといいます。

「たくさんのファンレターの中で、この娘だけが、僕の音楽に興味を持ってくれたんだ…。」

「おめぇ、恋してんのか?会ったこともねぇ手紙だけの女に。」

裕一は、思わずはっとするのでした。

その頃、喜多一では…。

「何で勝手にコンクールになんか応募しちゃうの?」

「でも…世界で2番よ。すごいじゃない。」

「留学したら、喜多一は潰れんだよ?家族もぐちゃぐちゃだ。わかってる?」

浩二(佐久本宝)は、まさ(菊池桃子)に勝手なことをした裕一へとも、そんな裕一の見方をして店の事を考えない三郎へともとれるイライラする気持ちをぶつけていました。

「兄の事を悪く言うもんではないわ。」

「母さんの意見、聞かせてよ。」

「私にも何がいいのか、何が家族にとっての最善策かわかんないの。」

「そんなの決まってるよ。留学辞めたらいいんだ!」

「そうかしら?」

「母さんも賛成なの?」

浩二は、ショックを受けました。

その夜、三郎が帰ってきました。

三郎は店を見渡し、これまでのことを思い出します。

そんな三郎に、まさはそっとお茶を出しました。

「一度…一度、金のために魂を売っちまったら、もう取り戻せねぇんだな。あいづに…茂兵衛義兄さんに何もいえねがった。」

「裕一は?」

「冷静だった。それにあいつ…。こんなときに、文通相手に恋してる。」

「とぼけてるっていうか、大物っていうか…。」

「あ~行かせてやりてぇ…。」

さて、届いた裕一からの手紙を読んだ音は激昂します。

「信じらんない!何、この親!」

「複雑な事情って何だろうね…。」

「どんな事情あっても、こんな機会逃すなんて考えられん!!」

手紙には、裕一の写真が入っていました。

「まぁまぁ、男前じゃん!」

「私は、美醜なんて気にせん!」

「音の写真もほしいって書いてあるじゃん!」

「そこがちょっと不安。」

「美醜気にしてんじゃん。」

「裕一さんは、気にするかもしれんじゃん!」

「そうなら、それまでの男よ。」

「そっか…。そうだよね。」

それから2人は、数えきれないほどの手紙を交わしました。

好きな音楽の事、家族や友人、将来の夢、不安。

何でも手紙に綴りました。

音楽の夢をひたむきに追う音に感化され、裕一の音楽留学への思いが、再び膨らんできました。

「あ~何てロマンティック♡」

御手洗は裕一からの返事を読ませてもらいうっとりしています。

「やっぱり、ファンタスティックな音楽を創造できる人は、文章もハートもビューティフォー♪あなた、いい人と出会ったわ♡」

「ただ、留学を反対されてるらしくて…。」

「ワッツ!?あり得ない!」

「でも、留学したらしたで、最低5年は学ばんといかんらしくて…。」

「はぁ…いいわね…私もドイツに帰っちゃおうかしら。もう、日本は堅苦しいわ。」

「5年…。」

「だったら、あなたも行ったらいいじゃない!」

思い立ったら、即行動の音。

光子(薬師丸ひろ子)にアタックです。

「いくらかかるかわかってるの!?」

「船賃が450円。」

今のお金で…130万円くらいです。

「裕一さんは、ちゃんと賞を取って、学校への入学許可ももらって、しかも、お金までもらっていくの!あんた…今、行っても、何も学べんわよ!」

光子の正論過ぎる言葉に、ぐうの音もでない音へ、梅が更なる追い打ちをかけます。

「運命信じとるの?幸せな人だわ。私は、自分の力しか信じない。」

一方、喜多一には…。

「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!???」

想像だにしない知らせが届いたのです!!!

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」19話の感想は?

黒猫葵
音だけが自分の音楽に興味を持ってくれた…って、他のファンレターに何が書いてあったのか気になってしまいました(笑)

新聞読んで、どんな人か調べて、「何~銀行の次期頭取だと~!」みたいな見合いの申し出みたいな手紙だったんですかね~?(汗)

そして、養子の手はず整える!!!って啖呵切った茂兵衛さんのシーンから、「数え切れないほどの手紙」をやり取りしている期間は一体どのくらい??

結果、意外と茂兵衛がのんきな気がしてならない(汗)

本音は、裕一を養子にするの嫌なんじゃって気さえしてきましたよ(笑)

ちなみに、普通この展開では、裕一かわいそう!茂兵衛、まじ嫌な奴!ってなってもおかしくないのですが…困ったことに、茂兵衛さんがかわいそうになってきましたよ…。

茂兵衛さんの言ってること間違ってないからなぁ…。

やり口はどうあれ、三郎も裕一も納得してきたはずで…、だからお金を貸してあげたわけで…。

そりゃ怒りますよね…。

主人公に感情移入しにくい演出は…今の流行りなんですかね…。

いや、裕一は冷静でやりたいことやりたいけども…茂兵衛さんが怒るのもしょうがないという気持ちを持ってるので、よしとしましょう…。

そして、そして…浩二がかわいそう…ちょっと…本気で家出されてもおかしくないですよ…。

きっと、まさの本音は自分の味方だと思ってたんでしょうね…。

ところがどっこい、裕一が留学すれば店がつぶれ、自分たちが路頭に迷うというのに、裕一の味方ばかりする…って、あれは思っちゃいますよね…。

最善の策かぁ…。

まぁ、正直に言うと…従業員の働き口を、ちゃんと探した上で、喜多一を潰して、浩二を養子に出す。

浩二は、多分、商いで生計を立てたいっていう希望でしょうから、それで浩二の夢は叶うでしょう。

茂兵衛的には、裕一よりも商いに向いている浩二が養子にくれば、万々歳。

従業員の皆さん、特に番頭の大河原さんは、お店に愛着や情もあるかもしれませんけども…、生計を立てられれば、割り切ることもできるかなと。

まさと三郎は、茂兵衛のうちでひとまず雨露をしのいで、三郎は何とか働けって話で、それは自業自得かと…。

まさは、多少肩身は狭いかもしれませんが…まぁ、実家ですし、実母がまだご健在で、浩二が養子に入ったとすれば…うまく流れるようにそこに収まるのではと。

そしたら、裕一が音楽留学もできるし。

何と思ってるわけですが…。

今日のラストで、突然、驚くような知らせが来たとあるわけで…これが起死回生の何かになるんですかね…。

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」19話のネット上の反応や評価は?

◇浩二が心配

ドラまる
何か…浩二が気の毒に思えてしょうがないよね…。
ラマちゃん
うん。

何なら、そのうち、「どうして僕を養子にやらなかったんだ!?」くらいの事は言いそうよね。

何となく次男なのに跡を継ぐっていうことができたら、どっちでもいいって思ってそうな気がしちゃうのよね(汗)

◇段々、茂兵衛さんが気の毒に…

ドラまる
お金持ちの傲慢なやり方と言えなくもないけれど…

それを受け入れたのは、三郎だからね~。

ラマちゃん
受け入れた以上は、約束を反故にするなら、貸した金返せって話よね(汗)

◇ミュージックティー…(強制終了)のキャラに救われる。

ドラまる
そんなモヤモヤの中、ミュージックティー…(強制終了)のキャラは、見ているこっちの気持ちが救われるなぁ(笑)
ラマちゃん
確かに、出てこなくなっちゃったら、だいぶさみしい気がしてならないわ。

◇文通は盛り上がっていました。

ドラまる
数え切れないほどの手紙って…どのくらいの期間が経ってるんだろうね…。
ラマちゃん
養子の手続きの手配って、そんなにかかってるのかしら…。

数え切れないって感覚でいくと単純に手の指の数で考えると10往復はしてそうなんだけど…

まぁ、10往復と考えて…手紙を受け取って読んで返事を書くで1日…ポストにinから集荷されて1日…仕分けされて相手方の郵便局に届いて1日…仕分けされて届くのに1日…まぁ、片道5日くらいは見て…今より郵便事情がそんなに早かったとも思えないので、5日でも早いとは思うけど…同じだけ返信でかかると1往復10日…×10往復は…100日…3ヵ月以上かかる計算なんだけど…

今って、どのくらいなのかしら…。

◇感情移入しにくい…

ドラまる
二階堂さん…アンニュイな役とかは似合ってると思うんだけども…勝気な役はどうも「翔んで埼玉」のイメージが強くなりすぎちゃって…ただただ、傲慢に見えちゃうのかもしれないなぁ…。

これは、二階堂さんの問題ではなくて、キャスティングの問題だけど…すごく気になっちゃうかもね。

ラマちゃん
三郎さんの株がどんどん落ちていくね…

でも、前作の常治がそうだったように、もう少し株を回復する展開もあるかもしれないから…もう少し見守りましょ。

◇本日の絶妙な津田健次郎ナレ!

ドラまる
お金のレートとかは、ほんと助かるよね。

船賃450円って言われたら、感覚的にどうしても「安!」って思っちゃうけど、「今のお金でいうと130万です」ってナレが入ると「高!」ってなるもんね(笑)

ラマちゃん
やっぱり、時代背景とか、今とは違う感覚な部分とかは、説明してくれるとありがたいわよね!

それが、つんちょ…津田さんのイケボってところが、たまらないわ!

◇本日の歌広場淳さん

ドラまる
歌広場さんのイケメン好きな感じいいよね(笑)
ラマちゃん
これだけ見ても、話が全然入ってこない感じ好きよ(笑)

でも、イケメン好きなら、ぜひ語りとの対談とか見たいなぁ♪

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
高瀬アナは、今のところ誰推しなのかなぁ。
ラマちゃん
あさイチでもミュージックティー…(強制終了)が話題だったわね!

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「エール」はNHKプラスで視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHKプラスはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~15:00

※本作より、土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

また週末には、こんな放送も!

  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「エール」20話の予告あらすじ

祖父の源蔵(森山周一郎)が亡くなり、裕一(窪田正孝)を銀行の跡取りにするために、もしもの事を考えて養子縁組を急いでいる茂兵衛(風間杜夫)だったが、母・八重(三田和代)からの入れ知恵で、一転して裕一の挑戦を認めるという申し出をする。

裕一は音(二階堂ふみ)にせっせと手紙を書いて送るが、妹の梅(森七菜)や御手洗先生(古川雄大)に、自分と世界に旅立つ裕一は大きな差があるという現実を指摘された音は…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」19話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
今週も締めに入るね~…。

裕一は、音楽留学に進むのかなぁ…。

ラマちゃん
う~ん…どうなのかしらね…。

でも、茂兵衛さんの動きも…

それに、今日のラストの驚愕の知らせが気になってるわ!

黒猫葵
今週の落としどころは…いづこへ…

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA