エール|第2週・8話ネタバレと感想。もしかしてだけど、担任の熊谷先生はどぶろっくじゃないの?違います。 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説『エール』8話が2020年4月8日(水)に放送されましたね。

ドラまる
音がこれからの人生の光になるような心の師と出会ったね! 
ラマちゃん
この出会いに音は何を感じるのかしらね。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」8話のネタバレあらすじと感想は?

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」8話のネタバレあらすじ

音(清水香帆)は、世界的なオペラ歌手・双浦環(柴咲コウ)と出会いました。

「すごかったなぁ…あの歌。」

「うん。」

安隆(光石研)も音も環の歌声に圧倒されていました。

「話してみたいか?」

「え?あぁ…」

環から目を離せない音に安隆は尋ねました。

「いや…。」

「忘れたのか?やらずに後悔するより…」

「やって後悔した方がいい!」

「よし!」

安隆と音は、思い切って環に声をかけました。

安隆は自分と音の名前を環に伝えます。

「音ちゃん…いい名前ね。」

「あ…あの…歌…感動しました!ここ…ここに届きました!」

「ありがとう!」

「実は…1番にこの子が琴を弾くはずだったんですが…遅れてしまって…。」

「どうして?」

「その…学芸会で、かぐや姫の役をやると思いきや、おじいさんの役になって不貞腐れて…。痛っ!」

余計なことをいう安隆の尻を思い切り抓る音です。

環は、そんな音に、こう言いました。

「人間なだけいいじゃない。私なんて、初舞台は…『枯れ木』の役だったわ。」

「枯れ木?」

「そう。木。…将来、私みたいになりたい?」

「はい!」

「だったら、どんなことがあっても、今日みたいに出番に穴をあけちゃダメ!周りの人に迷惑もかかる。」

「ごめんなさい!」

「目の前の人に、全力を尽くしなさい。わかった?」

「はい!」

「ちょっと待ってて。」

環はそういうと1枚のレコードを渡しました。

「よかったら聞いて?」

「はい!」

その帰り道、音は、すっかり夢見心地。

安隆の言葉なんて耳に入ってきませんでした。

「お父さん…私、歌習いたい!」

「歌?」

「うん。歌、歌いたい!」

それは、音がやりたいことを見つけた瞬間でした。

その夜のことです。

「きれいだったなぁ…双浦環…。」

安隆もなんだかフワフワ夢見心地です。

「鼻の下伸び切ってますよ。みっともない。」

そんな安隆に光子(薬師丸ひろ子)は、呆れ顔です。

「あれ?嫉妬かね?」

「まさか!」

「音、すごい興奮してて、ずっと話しっぱなしだったよ。で、琴を辞めて、歌を習いたいって。」

「ふ~ん。いいんじゃないですか?琴は辞めても。その時、やりたいことをやればいい。同じことを続けていれば偉いって風潮…嫌い。」

「でたね~光の黒い部分。くろみつだ(笑)」

さて、環の言葉を受け止めた音はというと…。

たった一言しかないおじいさんその2のセリフを懸命に練習します。

吟(本間叶愛)梅(新津ちせ)は、不思議そうに見つめるのでした。

学校の友達も、すっかり明るくなっている音を不思議そうに見つめていました。

そうして始まった練習です。

しかし、かぐや姫役の良子(田中里念)は、お腹を抱えて座り込んでしまいました。

そして、お昼の時間になっても、教室に戻ってこられませんでした。

「良子ちゃん、まだ寝てるみたいやね…。」

「何か悪いもんでも食べたかね?」

「違うよ!緊張だよ!主役だに。」

「え?何で?嬉しいんじゃなくて?」

「だって、出ずっぱりだに?たんと人も見に来るだもね…。」

「嬉しいよね?」

人前に出ることを何とも思わない音には、たえ(太田梨香子)の言っていることがよくわかりませんでした。

「音ちゃんみたいな人ばっかじゃないよ。それに…良子ちゃんのお母さん、めちゃくちゃおっかないから。」

「そうなんだ。」

その頃、保健室で横になっていた良子は、母(篠原ゆき子)の言葉を思い出していました。

『先生に言って、必ずあんたを主役にするでね。完璧にやりんよ?神崎家の恥になるようなことだけは絶対に許さないわよ。』

その頃、安隆は商談のために、陸軍の施設を訪れていました。

陸軍との商売を仲立ちしてくれた打越(平田満)と遭遇。

立ち話をしていると、突然、光子の事を聞かれます。

「いい職人に、けっこい嫁さん、あんた、幸せもんだね~。」

けっこいとは、『キレイ』という意味の方言です。

安隆は、そんな打越の言葉に、首をかしげるのでした。

さて、その日の夕方、吟が家に帰ってきました。

薄暗い自宅に首をかしげながら居間に向かうと、突然明かりがつきました。

「吟!14歳のお誕生日おめでとう!」

「おめでとう!」

そう、今日は長女・吟の14歳の誕生日だったのです。

誕生日プレゼントは口紅でした。

大喜びの吟に音が塗ってあげます。

もちろん、上手く塗れていませんでした。

大笑いしながら、音が自分にも貸してほしいとおねだりをしますが、もちろん吟が承諾するはずもありません。

またも、姉妹で可愛いケンカになってしまうのでした。

楽しい食事を終え、娘たちは、安隆と光子に、以前見せてもらったダンスを見たいとせがみます。

恥ずかしがる光子でしたが、安隆はノリノリで手を差し伸べます!

娘たちの歌う『花のワルツ』に乗せて、くるくると踊ります。

安隆と光子は、娘たちも巻き込み、くるくると踊ります。

それは、それは、とても幸せな1日で…。

こんな日が、ずっと続くと思っていました。

「え?また出張?」

学芸会も目前のある日、安隆は出張へと出かけていきました。

「お父さん、学芸会までには戻ってくるかなぁ?」

「『必ず戻る』って!」

音は、その光子の言葉に、前にも増して、熱心にかぐや姫の練習に勤しみました。

ところが…肝心のかぐや姫役の良子は、セリフも覚えきれず、棒読みの状態が続いていました。

咄嗟に音は、おじいさんがかぐや姫の言葉を伝言しているようなアドリブを見せますが、それが良子の癇に障ってしまいました。

「勝手なことしないで!……先生、ちょっと具合が悪いので医務室に行ってきていいですか。」

「え?…あ…あぁ。」

教室をスタスタと出て行ってしまう良子に、取り巻き達もついて行ってしまいました。

主役のかぐや姫がいなくなってしまい、練習が滞ってしまいました。

「先生…ごめんなさい。」

「しょうがない。ほいじゃ、かぐや姫がおらん部分やろう。」

そういって、練習を再開しようとした、その時でした。

担任の熊谷(宇野祥平)を呼びに、同僚の先生(真魚)が飛び込んできました。

そっと熊谷を廊下に呼び出し…

「今、警察から連絡が…。」

一体、何が起きたというのでしょうか…。

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」8話の感想は?

黒猫葵
朝ドラあるある…

どんなに華やかで明るい音楽が流れていても…スローモーションは不穏の予感…。

大体、死亡フラグだったり、失踪フラグだったり…

災害や倒産とか…

そういう不穏な空気を呼ぶのが朝ドラのスローモーションです…。

しかも、ラストは警察から連絡が…

さて、これは何の連絡が入ったのか…

音のアップで終わるところを見ると、出張中の安隆に何かあったとみるのが本筋…

ですが、その直前に医務室に行くといって教室をでた良子たちが学校を抜け出したということも考えられます。

う~ん…。

気になる…

気になる~!

と、本編は今後の展開が気になったわけですが、正直、今日は朝ドラ受けの華丸さん(笑)

「もしかしてだけど、もしかしてだけど、学校の先生、どぶろっくですか?」

この言葉に、全部笑いを持っていかれました(笑)

違いますよ、宇野祥平さんです(笑)

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」8話のネット上の反応や評価は?

◇音、大切な言葉と出会い、やりたいことを見つける

ドラまる
環さまとは、再会する日が来るのかな?
ラマちゃん
さすがにこれきりだったら、贅沢使いよね…

ただ、萩原聖人さんの例もあるからなぁ…。

さすがに、登場人物紹介で紹介されてるし…いや、まんぷくのイッセー尾形さんの例もあるか…。

どうなのかしらね。

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
確かに、本当なら、オリンピックにエールだったんだろうけど…

この時世にもあってしまったよね…。

ラマちゃん
あさイチも、今日から華丸さんと大吉さんがリモート出演ということに…。

2人仲良く朝ドラ見たって言うのが、ちょっとほっこりしちゃった(笑)

そして、先生はどぶろっくじゃありません(笑)

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「エール」はNHKプラスで視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHKプラスはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00

※本作より、土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

また週末には、こんな放送も!

  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「エール」9話の予告あらすじ

音(清水香帆)が竹取物語に出演する学芸会までには戻ってくると約束した父・安隆(光石研)だった。

安隆が不在となり、途方に暮れる母・光子(薬師丸ひろ子)と三姉妹。

関内家にいても仕事がないと言って、馬具職人の岩城(吉原光夫)も去って行こうとする。

光子の窮状を見て、仕事の口利きをしている打越(平田満)は、光子に近づこうとする。

一方、竹取物語の稽古では、かぐや姫を演じる良子(田中里念)が問題を起こし…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」8話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
う~ん。

これは、「事件だわ!」って感じだね~…。

ラマちゃん
本当ね…安隆もだけど、良子ちゃんも心配よ…
黒猫葵
ひとまずは、警察からの連絡が誰宛てなのか…そこが問題ですね!

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA