エール|第1週・4話ネタバレと感想。裕一、運命の出会いと初作曲!【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説『エール』4話が2020年4月2日(木)に放送されましたね。

ドラまる
昨日は終生の友と恩師に出会ったわけで…

少しは裕一の学校生活が楽しくなるといいなぁ…。

ラマちゃん
本当ね。

久志くんは、ガキ大将とか全然気にしなさそうだから行けると思うわ!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」4話のネタバレあらすじと感想は?

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」4話のネタバレあらすじ

春になりました。

福島の山も雪が解け、草花が芽吹きます。

学校も新学期が始まりました。

学校では、ほぼ憂鬱な顔の裕一(石田星空)も、今日は笑顔。

なぜなら…クラス替えで藤堂(森山直太朗)が担任の先生になりました。

グッドニュースです。

お金持ちの久志(山口太幹)もクラスメイト。

それは、どうでもいいみたい。

あれ?あれあれ?

バッドニュースです。

太郎(田村継)史郎(細井鼓太)もクラスメイト…。

こんな感じで、裕一の5年生は始まりました。

大正7年、児童文学雑誌「赤い鳥」が鈴木三重吉によって発刊されました。

創刊号に芥川龍之介、泉鏡花、北原白秋、高浜虚子らの名が連なり、その後、菊池寛、西條八十、谷崎潤一郎、三木露風ら、錚々たる面々が作品を寄稿します。

『赤い鳥』に掲載された歌は『童謡』と呼ばれ、一大ムーブを巻き起こしました。

そんなある日の事です。

「北原白秋の詩だ。みな、この詩に曲をつけてみよう!」

藤堂は、ことに音楽教育に情熱を傾けていました。

そんな藤堂の出した課題に、子ども達はきょとんとしています。

「どうした?」

「曲つけるなんて、無理だべ!」

「太郎くんだって、鼻歌歌ったことあるだろ?」

「うん。♪~♪~♪」

「浮かばなければ、ハーモニカでも、ここのオルガンでも使ってもいい。とにかく音を出して、曲をつけてみよう!楽しいぞ!」

帰り道、裕一は、藤堂から渡された課題の紙に書かれている詩を見つめていました。

「その宿題どうする?」

突然、声をかけてきたのは、久志です。

「うわ!き…き…曲をつけるなんて…無理だよね…。」

「簡単だよ!うち、ピアノあるから。君の家だって、蓄音機があるじゃない。何を聞いてるの?」

「…民謡とか浪曲が多いよ。たまに西洋音楽…。」

「へ~お父さん、かっこいいね!」

商売の才がなく、運動もからきし、長男・次男を亡くしてしょうがなく継がせた三男坊という扱いで、人から誉め言葉をほとんど聞かない父・三郎(唐沢寿明)を褒めてもらったことで、裕一は思わず笑みをこぼしました。

「そうかな?」

「君も聞いてるんだろ?特に西洋音楽を聴いてるなら、作曲は簡単だ。やってみたらいいよ!」

「でも…。」

「できるよ!」

「ありがとう!いや…あの…父ちゃんのこと褒めてくれて…。」

さて、家に帰ると、三郎が新しいレコードを買ってきてくれていました。

大喜びの裕一は、早速かけてもらいます。

そこへ、まさ(菊池桃子)がやってきて声をかけます。

「裕一、明日、川俣に行かない?」

「え?やった~!…お父さんは?」

「俺は、浩二と留守番だ。2人で行ってこい!」

川俣は、福島市から電車で約1時間。

まさの実家があるところです。

当時、川俣の絹織物は、その品質の高さから、京都や横浜は、もとよりヨーロッパやアメリカからも買い付けに来るほどでした。

大好きなおじいちゃん、おばあちゃんに会えて、嬉しい裕一でしたが…。

この人…まさの兄・茂兵衛(風間杜夫)だけは苦手です。

「裕一、映画行こうか。」

「うん!」

珍しく洋装を身にまとったまさと映画を楽しむ裕一、べっこう飴まで買ってもらって、ご満悦です。

そこへ、まさの地元の友人とばったり遭遇し立ち話が始まってしまいました。

裕一が飴を舐めながら、辺りを見回していると、どこからともなく讃美歌を歌う声が聞こえてきました。

その声の聞こえるところを探し当てて入ると、それは教会でした。

そして、それは、運命の出会いでした。

讃美歌隊の真ん中で歌う少女に、すっかり心を奪われてしまった裕一。

これが、後に妻となる音(清水香帆)です。

でも、その話は、もう少し後のこと…。

さて、まさと裕一が川俣にやってきたのは、とある理由がありました。

「息子が2人だ、どちらかを養子に出せ。三郎くんには言ってあるんだろ?」

病に伏している茂兵衛の妻は、子宝に恵まれませんでした。

そのため、跡取りが必要だからと、息子が2人いるまさにどちらかを養子に出せと迫ったのです。

当然、まさは息子をどちらも養子になどやりたくありませんでした。

1泊した裕一とまさは帰っていきます。

2人が帰るのを見届けると、源三(森山周一郎)は茂兵衛に言います。

「進んだか?無理なら、絹子を捨てて再婚しろ。いいな。」

先ほどまでの好々爺の顔が嘘のように冷たい表情なのでした。

自宅に戻ると、裕一はすぐに浩二にお土産を渡しました。

大喜びで受け取る浩二の横で、裕一に声をかける三郎。

「いいもの買ってきたぞ!」

三郎は裕一にあるものを渡しました。

それは、五線譜と小山田耕三という人が書いた『作曲入門』という本でした。

それを見て、浩二はどこかさみし気な表情を浮かべます。

早速、その本を開いた裕一です。

窓の外からは夕陽が燦々と降り注いでいました。

まさが、三郎をそっと子ども部屋の廊下に呼び出します。

窓の外は真っ暗です。

子ども部屋の中では、裕一が全く同じ格好で本を読み続けていました。

「もうかれこれ4~5時間ですよ…。」

「でも、まだなんも書いてないなぁ…。」

「…よし。」

そうつぶやいた裕一は、本を閉じるとあっという間に寝てしまいました。

三郎とまさには、そんな裕一の行動がわかりませんでした。

翌朝早く、裕一は学校へと向かいました。

オルガンを使わせてもらいに来たのです。

オルガンを鳴らし、黒板の五線譜を見つめ、教室の中をぐるぐる。

そして、叫びました。

「できた!」

さて、藤堂が学校へとやってくると驚きました。

誰もいないと思っていた教室の机で裕一が眠っていたからです。

黒板を見ると、裕一が書いた曲が…。

「これは…。」

藤堂は、ただただ、驚くのでした。

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」4話の感想は?

黒猫葵
まさか、こんなに早々に音ちゃんと出会うとは…。

もちろん、ちゃんとした出会いは、これからの話で、もう少し後になるんでしょうが…

これが本当なら、初恋の人と結婚するんですね…裕一…。

すごい!

そして、初の作曲までしちゃうとは…。

この読んでた『作曲入門』を書いた人である小山田耕三さんが…志村けんさんなんですね…。

出演の日を心待ちにしています。

さて、そんな本と五線譜まで買ってもらった裕一をみて、浩二が不満そうなのが気にかかります。

裕一は浩二がまさに甘えてるのがうらやましいけど、浩二は三郎が構うのが何かと裕一なのがうらやましい感じですね…。

まさに隣の芝生はなんとやらです。

そして、更に頭を抱える事案が…。

茂兵衛さんが息子のどっちか寄越せってんですから…。

ひどい!茂兵衛って思いましたが、好々爺の顔から一転、冷たい顔で跡継ぎ産めないなら嫁を捨てて再婚しろって…おじいちゃん酷い。

でも、この時代は、そんなの当たり前だったんでしょうね…。

茂兵衛さんは奥さんと別れたくないから、しょうがなくってことなんですね…。

これは、また波乱の予感です…。

そして、今日も津田健次郎さんのナレーションは、私得が過ぎます。

説明ナレが多すぎるとも言われているようですが、個人的にはこの時代についての説明もしてくれているので、大正時代という自分が知らない時代の再勉強と思って助かっています♪

今日は、昔ばなしでも読み聞かせのような口調で、心地よくて…眠くなってきましたよZZZ…。

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」4話のネット上の反応や評価は?

◇4話にして、運命の出会い!

ドラまる
もう出会ったね~!

ここから、どうやって2人の運命は繋がるんだろうね!

気になるなぁ!

ラマちゃん
本当ね!

しかも、あの讃美歌隊の真ん中で歌うって…どんな状況とも思ったけど(汗)

川俣に住んでは…いないしね…。

◇NHKの子役チョイスには脱帽!

ドラまる
子役ちゃんたちの表情の後ろに、大人キャスト達の顔が見えるもんね!
ラマちゃん
本当、いつも思うけど、すごいわね…。

たまに、「どした?」っていうくらい変わっちゃう人もいるけど(苦笑)

◇養子問題勃発

ドラまる
茂兵衛さん、そんな一方的にって思ったけど…。

奥さんを捨てろって言われてると分かって、好感度マシマシになったよね。

ラマちゃん
病気の奥さんを捨てたくない。

そりゃ、必死にもなるわよね。 

◇浩二も心配…

ドラまる
浩二の何とも言えないさみし気な表情が気になっちゃうね…。
ラマちゃん
何を思っているのか…まだ、ほとんど意思表示が描かれていないから…心配ね。

◇ナレーションに日々癒される

ドラまる
いい声!

今日の「おじいちゃんとおばあちゃん」の言い方が、昔ばなしの読み聞かせを聞いてるようだったよ~!

ラマちゃん
個人的には、たくさん聞かせてくれて、嬉しいと感じているわ♪

◇過去作品と勝手にコラボ

ドラまる
そのツッコミは、みんなしたよね(笑)
ラマちゃん
とはいえ、裕一が乗るなんていうわけもないし、乗ったところでとれなさそうね(汗)

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
今日は、結構ゆっくりめに受けてくれて嬉しかったなぁ!
ラマちゃん
本当ね♪

そして、土曜日のナビゲーターを日村さんにとられちゃって悔しい華丸さんがいいわね!

2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「エール」はNHKプラスで視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHKプラスはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00

※本作より、土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

また週末には、こんな放送も!

  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「エール」5話の予告あらすじ

日本は急激な不況に見舞われ喜多一の経営が行き詰ってしまう。

三郎(唐沢寿明)は、経営を立て直すために必要な金を借りようと奔走するが、ことごとく断られてしまい、頼むべきところはまさ(菊池桃子)の兄の茂兵衛(風間杜夫)しか残されていなかった。

一方、裕一は作曲を楽しむようになり三郎から楽譜を買ってもらう。

しかし、そんな裕一を妬むいじめっ子の太郎(田村継)と史郎(細井鼓太)が楽譜を奪ってしまい…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2020年度前期NHK朝の連続テレビ小説「エール」4話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さて、最初の試練は…三郎が茂兵衛にお金を借りなくちゃいけない展開になりそうだね。
ラマちゃん
そうなってくると、養子問題がもっときついことになりそうね…
黒猫葵
早速一波乱ですね…。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA