スカーレット|最終週・149話ネタバレと感想。『いつもと変わらない1日は特別な1日』 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』149話が2020年3月27日(金)に放送されましたね。

ドラまる
さ~今日はついにみんなの陶芸展が開催されるんだよね!
ラマちゃん
あの人も、あの人も…懐かしい顔ぶれが楽しみすぎるわ!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」149話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」149話のネタバレあらすじ

『みんなの陶芸展』の初日です。

朝も早くから張り切って、八郎(松下洸平)も名古屋から駆けつけました。

「それ、何持ってきてくれたん?」

「ん?名古屋のお土産や!来てくれた人に渡そう思て。」

「何人くる思うてるん?」

「足りひん?」

「足りひんやろ。」

「あちゃ~(笑)お!どうや?」さん

八郎は、武志(伊藤健太郎)に声をかけました。

「昨日が10のうち4やったら、今日は7…いや8やな!」

「お!ええな!」

「なぁ!川原武志のコーナーな、こんな広いんやで!」

「そんなに作品ないやろ(笑)」

「100個くらい、並べたった!」

「うそつけ!」

そんな穏やかな朝でした。

そして、始まった陶芸展!

たくさんのお客さんが来てくれています。

その中に懐かしい顔が…草間(佐藤隆太)ちや子(水野美紀)です。

同じ棚を見ている2人が、言葉を交わすことはありません。

そうでした…。

そういえば、まだこの2人、ドラマの中では出会っていないはず…。

喜美子の作品をしみじみと見つめ…。

武志の作品をしみじみと見つめ…。

そこへ、学(大江晋平)芽ぐみ(村崎真彩)が、何やらお店の方針を小声で揉めながら入ってきます。

しかし、武志の作品を見つけると、そんな小言もどこへやら、見入っていました。

そんな若い2人に場所を譲った草間とちや子。

2人は、何となく、どこかであったことがあるような気がしました。

しょっちゅう名前を聞いている気がする…そんな感覚といえばいいでしょうか。

いえ、そうではありません。

「あの…堀中ヤスエ先生の!」

「やっぱりそうですよね!市議会議員の!」

「庵堂です!…暮れでしたっけ?」

「暮れの…出版記念パーティー!」

「堀中先生の作品の台湾版担当されて!」

なんと、ちや子と草間は仕事で知り合っていました。

そのパーティーで社長の挨拶が長く、あくびをしてしまったちや子と目が合ったと笑い合うちや子と草間は、思いがけないところでの再会に驚いていました。

「驚きましたね~。こんなところで…。」

「本当ですね!」

そこへ、もっと驚くことがおきるスイッチがやってきました。

「あ~!!!!草間さ~ん!」

照子(大島優子)です。

会場の中で草間を見つけた照子が駆け寄りました。

敏春(本田大輔)竜也(福崎那由他)も一緒です。

「ほら!敏春さん!草間流柔道の!」

「以前、あかまつで一度。ご無沙汰してます。」

そんな挨拶が聴こえてきて、ちや子は気づきました。

ある単語が入っていることに。

それは、もちろん。

『草間流柔道』

ちや子は、喜美子(戸田恵梨香)がよく話す、草間だと気づき、わたわたと慌て始めるのでした。

さて、その頃、川原家では、心配そうに台所に立つ真奈(松田るか)の姿が…。

八郎も申し訳なさそうに声をかけます。

「堪忍な。もう大丈夫やから。」

武志は、出かけに少し具合が悪くなってしまい、待ち合わせに遅れてしまっていたのでした。

武志の部屋では、布団を整える武志と喜美子の姿が。

武志は夢を見たといいます。

みんなの陶芸展で、誰も自分の作品を見てくれない。

『川原武志』の作品は、みんなが素通りしていく。

そんな夢でした。

「なぁ…お母ちゃんも思ったりせぇへんの?誰一人として、認めてくれへん…。」

「1人もおらんいうことはないからなぁ!」

「おらんいうこともあるやろ!」

「1人は絶対いるで!自分や。迷うた時は、その1人に聞いたらええ。その1人だけは、絶対に味方や。着替えや。」

武志は、喜美子の強さに、改めて驚くのでした。

さて、その頃の陶芸展会場では、喜美子という共通点を得た草間とちや子が楽し気に話していました。

しかし、市議会議員のちや子のスケジュールはぎっちぎち。

もう、帰らなくてはいけないところでした。

現在の草間は、時々頼まれた通訳や翻訳の仕事を、ゆっくりこなす日々だと言います。

「お住まいはどちらです?」

「神戸です。」

「いや~ええとこやん♪草間さん、神戸みたいにしゅってしてはりますもんね~。」

「ええ~(笑)」

「(笑)すんまんせん!何や、えらい昔から知ってるような気がして(笑)」

「僕もそんな気がしてきました。」

「悪い…。もうちょっとお話していきたいけど…失礼しますわ!喜美ちゃんには、また連絡するし。失礼します!お会いできてよかったです!」

「はい。では、また。」

「また!」

そういって、きびきびと帰ろうとするちや子は、ふと戻ってきました。

そして、草間の手を取りました。

「そや…。これ、ちや子さんからや言うて、武志くんに力あげといてもらえます?ほなまた。」

草間は、武志が来るまで待っていました。

そして、再会するとすぐに武志の手を取りました。

「ありがとうございます。」

「これは、庵堂さんから。今度は、僕から。」

ギュッと込めた力は、中々強いものでした。

「しかし、草間さんとちや子さん(笑)」

「こんな偶然あるんだね(笑)」

そこへ、大野(マギー)陽子(財前直見)、桜と桃を連れた百合子(福田麻由子)もやってきて、久しぶりの再会を喜び合っていました。

「こんなん作ってや!」

「え?自分で作りや(笑)」

武志と真奈は、桜と桃の作品を見て、そんな話をしていました。

「武にい!」

「武にい!」

桜と桃が武志を見つけて、駆け寄ります!」

「お!2人ともようできてるやん!」

「武にいのも見たで!ようできてました!」

「ははは。ありがとう!」

「なぁなぁ、ピアノの発表会見に来て!」

「ええよ!」

「彼女も来てぇ!」

「…ふふ。彼女やて♪うん!」

「いつや?」

「春や!4月!」

「わかった!じゃ~楽しみにしてるな!」

「約束!」

「約束!」

桜と桃の言葉に小指を出そうとする武志ですが、なぜか、桜と桃は武志と真奈の両脇からおしくらまんじゅうのような動きで歌いだします。

「約束♪約束♪や~くそく♪」

「約束♪約束♪や~くそく♪」

「え?え?何これ、今、こんなんなん?」

「わからへん(笑)」

武志が、そんな約束をしている頃、信作(林遣都)が大慌てで喜美子を呼びに来ました。

会場が騒然とするほどの来客。

それは、もちろんあの人が来たのです。

ジョージ富士川(西川貴教)です。

「ご無沙汰しております。」

「お招きありがとうございます!」

ジョージ富士川は、喜美子の作品を見つめ、いい色が出ていると笑います。

そこへ、武志も駆けつけます。

大学で講演会をきいたことを話すと、ジョージ富士川は懐かしそうにいいます。

「実演会もやったんやで~こ~んな小さかったなぁ!」

武志は、その頃、だいぶ小さかったので、さすがに覚えていませんでしたが。

「あの!よかったら、この本にサインをいただけませんか。」

武志は、『TODAY is』の絵本を差し出しました。

「うわ~うれしいなぁ!買うてくれたんかぁ!」

「はい。」

嬉しそうに笑うジョージ富士川は、ひらめきました。

「そや!」

急遽、ジョージ富士川の実演会です!

中庭に大きな模造紙を広げたジョージ富士川。

「『今日が私の1日』なら、『私』は、どんな1日にしましょう?さ~好きに描いてや!何でも描いてや!」

その掛け声とともに、子ども達が、ペンを受け取って走り出します。

大人たちも、次々に描いていきました。

その様子を見て、武志もペンをとりました。

その背中を喜美子は見つめていました。

実演会も終わり、飾られたみんなの言葉たち。

喜美子は、武志の言葉を見に行きました。

そこには、こう書かれていました。

“いつもと変わらない1日は 特別な1日 武志”

そして、幾度目かの診察日。

大崎(稲垣吾郎)の診断としては、まだ通院治療で大丈夫なようです。

そんなある日、武志たち御一行様は、琵琶湖に来ました。

メンバーは…

直子(桜庭ななみ)、信作、照子、百合子、芽ぐみ、学、大輔(七瀬公)、真奈、喜美子、武志です。

「海や~!」

一番最初に駆け出したのは、直子です。

「ほんまや!百合子、海や!」

2番目に駆け出したのは、信作です。

それにつられて、みんな走り出しました。

そこには、いつもと変わらない琵琶湖があるのでした。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」149話の感想は?

黒猫葵
何か…最終回前日って感じでしたね!

ちや子さんと草間さんが…まさか知り合っているとは…。

まさか最終回前日に初お目見えとは思いませんでしたよ…。

お互い、自由気ままな独り暮らし。

ちょっとよい雰囲気だったと思いません?

ちや子さんには、草間さんみたいな人いいと思うんだけどなぁ…

結婚とかそういうんじゃなくても、今後連絡を取り合って、たまにはご飯にいくみたいなお友達でいいから…なってくれたらいいのになぁ。

武志、あれは出かけにちょっと具合が悪くなっちゃったんですかね。

その結果、会場到着が遅れて、ちや子さんとは会えませんでした。

でも、それがあの草間さんとちや子さんの手を取り合うシーンにつながったわけで…あれがきっかけによい老後のお友達になってくださいませ。

そして、桃と桜のお尻でお約束がかわいすぎですか!

ピアノの発表会にきてほしい桜と桃が武志にお願いして…「彼女も来てぇ!」って言い方が、おませさんって感じでいいですねぇ!

おしくらまんじゅうの要領でお約束…2人じゃないときはいいかもしれませんね(笑)

可愛い…眼福でした(笑)

そして、登場するジョージ富士川!

年齢不詳がすぎる(笑)

草間さんも年齢不詳でしたけど、ジョージ富士川は年取ってない(笑)

いや、雰囲気とかはちゃんと年取ってるんですけど…やっぱり若い!

不老長寿ですね(笑)

しかし、今日の武志が残した言葉。

『いつもと変わらない1日は特別な1日』

この言葉を撮影した時、水橋先生がこのセリフを書いたとき、日本がこんなことになってるなんて思ってなかったでしょうに…。

必要以上に沁みる言葉になっちゃいましたよね…。

あ~…ついに明日は最終回ですか…。

琵琶湖にやってきました。

あれ?やっぱり八郎いないの?

しかし、誰よりも先に、「海や~!」って走り出す直子と、「百合子!海や!」てはしゃぐ信作。

若いですね(笑)

若すぎますね(笑)

結局、鮫島とはどうなったの~…直子~。

いや、まだ明日八郎と鮫島と揃い踏みでくるかも。

来る方面が違うから、琵琶湖で合流!

2人とも地図苦手そうだから、遅れてやってきて…信作も交えて兄弟揃い踏み…楽しみにしてます!

あるといいなぁ…。

さ~本当にラスト1回…。

最後まで見届けましょう!

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」149話のネット上の反応や評価は?

◇ついに対面…ちや子さんと草間さん

ドラまる
見たい!

スピンオフ!

色々落ち着いてからでいいから!

ラマちゃん
うんうん。

そんな八喜美みたいにイチャイチャしなくていいから、こう一緒にお食事とかするようになってて…ほら、ちや子さん、身の回りのこと無頓着だし…

草間さん、家事とかそつなくこなしそうだし…。

「べっぴんさん」の、明美さんと栄輔さんみたいにね!ね!

◇ジョージ富士川

ドラまる
すごいよね。

なんなら、片手で数えるくらいしか出演してないんだよ。

それなのにこのインパクト…。

ラマちゃん
スナフキンみたいね!

◇最終回にドキドキ

ドラまる
矢部さんのイラストも明日で最後か…さみしいなぁ。

確かに琵琶湖登場が早い。

しかも、まだ大崎先生が陶芸してないんだよ!

先週末予告で、陶芸してるんだよなぁ…。

ラマちゃん
ということは、琵琶湖のシーンがあって、自宅のシーンに戻ってくるってことよね…。

は~色々…ドキドキするわね…。

明日は、フレアも最後にスタッフロール流しながら進むだろうから…。

はぁ…緊張するわ。

◇スカーレットが伝えたいこと

ドラまる
あえて、この最終回前日にこの物語が伝えたかった言葉をぶつけてきた。
ラマちゃん
明日は、そんないつもと変わらない特別な1日を描くのかしらね…。

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
スカーレット送りは、しょうがないよね(汗)

今日は、和久田さんラストだったからね(涙)

あの熱い朝ドラ愛と、それをクールにいなすコンビ…結構好きだったよ。

ラマちゃん
あさイチも、ちょっとしんみりしてたわね。

華丸さん、明日は、受けをつぶやいてくれて…いいんですよ!

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」150話の予告あらすじ

喜美子(戸田恵梨香)は武志(伊藤健太郎)と信楽の仲間とびわ湖に出かけ、すがすがしい思いに満たされる。

武志は闘病しつつ作陶を続け、側で喜美子も陶芸に励む日々。

喜美子は武志との時間を大切に過ごしながら、ふと武志に問いかける。喜美子に強く抱きしめられる武志。

2人は幸せを胸に刻む。

二年後、喜美子は武志の作品を大崎(稲垣吾郎)と共に見つめていた。

作品作りに挑戦する大崎。

そして八郎(松下洸平)が訪ねてきて…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」149話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
あ…ついにあと1回。

泣かそうとしてはこない…そんな気はするけど…

でも、細かいあれこれで、きっと泣いてしまう気がする。

ラマちゃん
明日は、手元にハンカチ必須ですよ!
黒猫葵
最終回も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA