スカーレット|最終週・148話ネタバレと感想。鮫島を想う直子…応援してます! 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』148話が2020年3月26日(木)に放送されましたね。

ドラまる
昨日の『特別』といった真奈ちゃんと、そんな真奈ちゃんを描いた武志の時間が…尊かったね。
ラマちゃん
今日は、少し、時間がスキップするみたいよ!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」148話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」148話のネタバレあらすじ

大阪で暮らす直子(桜庭ななみ)が、お節介叔母さまとなり、武志(伊藤健太郎)真奈(松田るか)をドライブに連れ出した翌日です。

すっかり『おはよう』の時間ではない頃に起きてきた直子に、洗濯物を干しながら喜美子(戸田恵梨香)は声をかけます。

「もうおそようやで(笑)昨日はごちそうさん。ゆっくりしていけるん?」

「いや、大津で布袋さんと待ち合わせや。」

「ほな…大津まで一緒に行こか。」

「何で?」

「いや、1回挨拶しとこう思て。」

「あ~…そんなんええよ。必要ない。」

きっぱりと突っぱねる直子を見て、お姉ちゃんはすぐに気が付きます。

「何かあったな。何かあったんやな。きいたろか?しゃ~ないな~。ここ座り。」

直子を縁側に座らせる喜美子。

直子は、少しずつ話し始めました。

布袋は、大学を出ているだけでなく、商才もあり、要領もよく賢い人です。

「賢い人やからな。最初は反対されてん。」

「何を?」

「骨髄移植。武志のドナーになること。ドナーになれるかどうかの検査しに行こう言うてた朝や。布袋さんが言うてん。『直子。もし一致したら、ドナーになる覚悟はあるんか?』それがどういうことかわかってんのか。」

「危険性については、説明したよな。」

「ほやけど。布袋さんは、もっと詳しく調べたんちゃう?骨髄移植するのが、どんだけ大ごとなことか。一致するかどうかわからへん。一致してから考えたらいいって言い返したらな。『一致したら、やっぱ辞めますいうわけにいかんやろ!それこそ偽善や!』って叱られてしもた。」

直子と布袋にそんな言い合いをさせてしまったことを申し訳なくおもう喜美子に、直子は言いました。

「ちゃうねん。うちも布袋さんも結果的に検査受けたやん。うちな。うち…そうやって、布袋さんが、正しい事言うてくれてる時。鮫島の顔が浮かんでん。あいつやったら、こういう時。『ドナー?なりましょ!なりましょ!』言うて、喜び勇んで検査を受けに行くわ。きっと鮫島やったらな…。古い話するけど堪忍な。」

喜美子は首を振ります。

「空襲の時や。防空壕逃げる途中で、お姉ちゃん、うちの手ぇ離した。どんだけ心細かったか、鮫島に言うたことあんねん。鮫島…なんていうたと思う?」

“手ぇ離してしもたお姉さんも辛かったやろな”

「って…。そんなんうちかてわかってるわ。ほんでな?」

“手ぇは強く繋げば繋ぐほど、手汗かいて、ねちょねちょなるし、たまに離さんとあかん!それが、仲良う手を繋ぐコツや!”

「言うねん。何やそれ!汗でねちょねちょって、何言うてんの?こっちは空襲の話やで言うたら、『あ~せやった!ハハハ!』って…もう呆れるわほんま…。ほんまに…あいつなぁ?」

涙をこぼして、鮫島(正門良規)の話をする直子。

仏壇の常治(北村一輝)とマツ(富田靖子)に手をあわせた直子は、帰り支度を始めました。

「鮫島さん、今、どこおるの?」

「…。」

「知らんの?」

「別れた時、1人で東京行く言うてた。」

「東京のどこ?」

「一緒に商売してた時の知り合いが、蒲田や言うてた。」

「直子が働いてた街か…。会いに行け。布袋さんに頭下げて、一生懸命話してな。何回も何回も頭下げて…そんで…鮫島さん探しに行け。」

喜美子は直子に言いました。

「大事なもん。大事にせぇ。」

喜美子に背中を押された直子は、工房にいる武志を覗きました。

そして、しばらくは来られないかもといいます。

「何で?」

「探し物があんねん。真奈ちゃんと仲良うな。よし。ほなまた!」

工房を出て、歩き始めた直子は、仕返しとばかりに喜美子に言いました。

「お姉ちゃんも!大事なもんは、大事にしぃや!」

「…うん。」

「ほな!」

「ほなな。」

さて、『みんなの陶芸展』に向けて、それぞれが作品作りを進めているうちに、12月を迎えました。

そんなある日、照子(大島優子)信作(林遣都)が、『頼み事』があると言い、連れ立ってやってきました。

母屋に入ると、そこには八郎(松下洸平)の姿も。

八郎は、いそいそと武志の看病をしていました。

手に持った水枕を見て、信作も照子も心配そうです。

「…顔…見てええ?」

「うん。寝てるで!」

眠る武志の傍らに座る信作と照子。

2人は、武志の枕に落ちる抜け毛や衰弱した姿に、ショックを受けていました。

いそいそと水枕を変える八郎と喜美子。

腰のあたりが全体的にだるいようで、さすってあげたら眠ってしまったと言います。

「昨日は、学くんたち来てたからな。」

「はしゃぎすぎたんやろか…。」

「新婚旅行の話やしな。そらはしゃぐやろ!」

氷枕を変えに入った喜美子は、ショックを受けている2人…特に信作を感じました。

「向こう行ってるな」

一足先に、居間に戻った照子。

氷枕を変える拍子に少し目を覚ました武志の前では、面白おじさんを忘れない信作が、武志の腰をさする喜美子の腰をさすって笑いを誘いましたが…少し笑って居間へと戻っていきました。

お茶を淹れる八郎は、信作のショックを受けた顔を見つめていました。

照子も落ち込んだ顔をしています。

武志が眠ったのを見て、喜美子も居間に戻りました。

「寝た?」

「うん。」

「まぁ…たまにはこんな日もな。でも元気やで?」

「元気やでぇ。」

「元気やて!」

「…おう!」

やっといつもの顔に戻った信作。

本題に入ります。

それは『みんなの陶芸展』のことでした。

「演歌歌手呼べんかった…。」

「てか、何で陶芸展に演歌歌手?」

「ほやろ!せやから、ジョージ富士川先生がええんやないか思て!川原喜美子の名前で呼べへんか?」

「うちの名前で?」

「今の川原喜美子なら、呼べるやろ!」

「頼むわ!」

「いくら、信作の頼みでも…。この前、功労賞とってはったで?ますます偉い先生や…」

「わかってる。わかってる…。でも企画書を見たら、これは焼き物の街として信楽を盛り上げていこういう企画や。これは、信楽からの頼みや思うてくれ。」

「ええなぁ…信楽への恩返しや…。」

「…うん。また会えるかなぁ…ジョージ富士川先生…。会えたらええなぁ。」

「今、いくつになってんやろな?」

「ますます派手になってんちゃう?」

4人は、そういって笑い合うのでした。

そして、またとある日、今日は調子のいい武志は作陶に励みます。

その傍らでは、真奈がスケッチブックに向かっていました。

それに気が付いて武志が覗き込むと…中々シュールな武志の似顔絵が登場しました。

大笑いする武志と真奈。

その頃、母屋では喜美子が丁寧に手紙をしたためていました。

あて先は3つ。

『草間宗一郎 様』

『庵堂ちや子 様』

そして…。

『ジョージ富士川 先生』

喜美子の思いが…どうか届きますように。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」148話の感想は?

黒猫葵
行け!

直子!

鮫島を捜しに行け!

そんな気持ちでした。

もちろん、布袋さんが悪いわけでは決してないです。

でも、こんな非常時に決定的な価値観の違いだったり、こんなところが好きだったと思い出してしまうのですよね…

どっちが間違ってるとか正しいとかではなくて、合うか合わないかなんだなぁ…と。

布袋さんが言ってることは一個も間違ってませんからね。

でも、直子が想像した鮫島の対応が、間違ってるとも思わない。

「ドナー?なりましょ!なりましょ!」のノリに聞こえても、鮫島なら一致すれば、「やっぱ辞めた!」がないっていう、キャラ設定への信頼感もそう思わせるんでしょうけど…。

大津で別れ話のち、蒲田へ向かったであろう直子の顛末も、忘れずにおしえてくださいね!頼みます!

さて、ここで少し時がスキップしました。

12月になったということなので、3か月くらいですかね?

武志がさらに弱っていました。

信作のショックの受け方が…(涙)

でも、少しだけ目を覚ました武志の前では、絶対に面白おじさんの顔を崩さない信作に、更に涙です…。

そのあと、本題に入ってジョージ富士川を呼んでほしいというお願いだったわけですが…

そのちゃぶ台を囲む姿は…あのOPのラストの器になる前の粘土の人形のようでしたね。

直子の言葉を借りれば…喜美子の大事なもんですよね。

いや、ほかが大事じゃないというわけではないんですけどね。

直子のあの言葉は…自分も頑張って鮫島とより戻すから、お姉ちゃんもお義兄さんとっていう意味だと思ってます。

はぁ…ラスト2回ですか…。

あと30分で終わるの?本当に?

そんな気分です。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」148話のネット上の反応や評価は?

◇鮫島ぁ~(涙)

ドラまる
さめじま~!

戻っておいで!

すごいなぁ…そんなにたくさん出てるわけじゃないのに、スカーレットの物語が言いたいことを示す役割だったとは…。

ラマちゃん
直子が大人になって理解はしていたけど、素直になれなかったであろう部分をほぐしたのよね…きっと。

◇信作と照子のショック具合が(涙)

ドラまる
信作が、武志の前では面白おじさんであり続けようとする姿が…涙だよね…。
ラマちゃん
照子も赤ちゃんの頃から、見てるだろう武志の姿に…あまり部屋にいられなかったんだよね。

自分より若いもんがのそんな姿…きついわよね…。

◇直子の気持ち

ドラまる
直子も鮫島と離れる時間が必要だったってことだよね。

布袋さんは、多分、その辺の微妙な直子の気持ちにも気づいてそうだよね…。

ラマちゃん
結局、刑事コロンボのうちのカミさん状態で、多分姿は現さないんでしょうけど…

もし、登場するとしたら、誰が演じたのかしらね…。

◇真奈ちゃんとの大事な時間

ドラまる
武志が大声で笑ってるだけで、うれしくなっちゃうね!
ラマちゃん
本当ね…。

真奈ちゃんの絵は、中々の画伯ぶりだったけど(笑)

でも、こんな穏やかな時間が、もっともっと見たいわね…。

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
高瀬アナと和久田アナの熱々の焼き芋の上にアイスクリームみたいなやり取りも…明日で終わりか~…。

なんだか、寂しいね。

後任の方は、朝ドラ見てるのかなぁ…。

ラマちゃん
あさイチは、明日は華丸さん復活みたいね!

近江ちゃんもお休みなのに…インスタグラムを投稿されてるわ!

今日も、武志への平癒祈願のたこ焼きなのね!

美味しそう!

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」149話の予告あらすじ

信作(林遣都)が企画した信楽のみんなの陶芸展が開催。

喜美子(戸田恵梨香)と武志(伊藤健太郎)はそれぞれ作品を出品。

八郎(松下洸平)も来て、家族で見に行くことに。

会場には知らせを受けた草間(佐藤隆太)やちや子(水野美紀)の姿。

ジョージ富士川(西川貴教)もやってくる。

武志はジョージのワークショップに参加。

喜美子は見守りながら、武志と過ごす日常をかみしめる。

そして喜美子は武志や仲間を連れてびわ湖へ。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」148話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
あ~…あとついに2回。

アニメ1回分って時間だよ!

ラマちゃん
本当ね…明日はきっと陶芸展よね。

みんな来てくれるかしら!

来てくれるわよね!

黒猫葵
あ~…なんだか色々胸がいっぱいです。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA