スカーレット|第22週・129話ネタバレと感想。白衣嫌いの医師・大崎(稲垣吾郎)見参!【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』129話が2020年3月4日(水)に放送されましたね。

ドラまる
本日は、稲垣吾郎さん、お目見えかな??
ラマちゃん
昨日は、チラ垣じろうさんだったからね(笑)

敏春さん、たいしたことありませんように!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」129話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」129話のネタバレあらすじ

喜美子(戸田恵梨香)は、敏春(本田大輔)の健康診断の結果を聞きに行くのに不安げな照子(大島優子)に付き添い、県立病院へとやってきました。

看護師が呼びに来て、自分の顔を見て息をのみました。

「川原喜美子先生?」

看護師は、喜美子の大ファンらしく、大興奮。

昔、個展で写真も撮ってもらったと言います。

喜美子は、ありがたいものの、病院の待合室という場所柄、少々気まずい顔をするのでした。

さて、先生はすぐに来るという雰囲気だったのに、中々来ません。

「こういうもんやで病院は。」

「そうか…。」

「思い出すわ…おじさん。偶然会うたやん。」

「うん。」

「おじさん。強い人やったな。うちはあかん。敏春さん、大丈夫やろか。」

「たいしたことないよう祈ろう。」

「祈ろう。…あ…おじさんの顔、浮かぶわ…。」

「やめやめ。思い浮かばんでええねん。」

そこへ、すっとシャツにスラックスの男性が声を掛けます。

「熊谷さん?」

突然話しかけてきた中年男性。

「何ですか?」

「どっちが熊谷さん?」

「せやから、どちらさんですか。」

警戒心MAXのところへ、先ほどの看護師が慌ててやってきました。

「大崎先生!これ、着てください!」

「え~…。」

「え~やないです!しっかりしてください!すんまんせん。も~きちんとしてくださいよ!どっかのおっさんみだいじゃないですか!」

「おっさんだもん!」

「あ~はいはい。ほな、おっさん、はよしてください!」

それは、白衣を好まず着たがらない大崎(稲垣吾郎)という医者でした。

「担当の者が夏風邪をひいてしまいまして。医者の不養生ですよね…。それで、代わりに。どうぞ。」

医者だとわかり、あっけにとられながらも、照子は診察室へと向かうのでした。

そして、結果を聞いた2人は、敏春とカフェ・サニーで落ち合っていました。

「血糖値が高い!?」

敏春の健診結果は、命にかかわるものではありませんでした。

しかし、将来のため、これまで以上に食事に気を付けなくてはいけないということで、照子が呼ばれたのでした。

「ほっとしたなぁ♪はい!」

そういって、敏春注文のプリンを運んでくる陽子(財前直見)。

しかし、今後はそのスイーツも、節制しなくてはいけません。

即、照子と喜美子に取られてしまうのでした。

「将来のためにな!」

「ん?」

ふと、喜美子と照子は顔に『?』マークを浮かべます。

「何か…今の『将来』って、しっくりこんな。」

「しっくりこん。何や…『将来』やのうて…」

「『老後』や。」

「『老後』!?」

そんな2人に敏春は思わず吹き出します。

「あんたらが老後の話をするようになるやなんてなぁ」

陽子や大野(マギー)も笑っています。

「まぁ、照ちゃんも、もうおばあちゃんやもんな!」

「2人目できましたぁ♪」

「わっかいおばあちゃんや~♪」

「もう、孫は、孫でかわいいてしゃあないやろ!」

「たまりません~♡」

敏春が、とろけそうな顔で振り返ります。

喜美子は、そんな幸せそうな家族の風景を嬉しそうに見つめていました。

そんな喜美子も…。

武志(伊藤健太郎)は次世代展を応募することを八郎(松下洸平)に話し、喜美子は作品作りに勤しみ、にぎやかなかわはら工房の熱い夏が過ぎていきました。

秋には、今年4回目の穴窯を焚き上げて…。

本年度の作品作りは、早々に終えました。

「お礼の手紙ですか?」

喜美子の手の中には、以前、信作(林遣都)から頼まれて行った陶芸教室で湯飲みを作った女性からお礼の手紙がありました。

水曜日の朝が一番嫌いだと言っていた、あのOLさんです。

『あの湯飲みでお茶を飲んでいます。水曜日の朝、少しだけ足取りが軽くなりました。』

嬉しそうにほほ笑む喜美子は住田(田中美央)に言います。

「陶芸教室をやろう思います。」

「え?採算とれるんでっか?」

「もうけはあらへん。まぁ、地域貢献いうやつや。」

「続くんですかぁ?」

「そういう時間が欲しい。ゆっくり考えたんですよ?材料費はもらいます。」

「持ち出しはあかんでっせ?」

そんなことを言いながらも、決めれば即実行の喜美子。

サニーにチラシを置かせてもらえるようにお願いに行くと、陽子が一番のりで参加を表明。

本当はお母さん合唱団もやってみたかった陽子ですが、サニーを開店したばかりで諦めていました。

そして、陶芸も以前からやってみたいと思っていたのです。

「喜美ちゃんに教えてもらえるんやろ?」

百合子(福田麻由子)も大野も、そんな陽子の背中を後押しします。

「よかったら、来てください!お待ちしてます♪」

陶芸教室の準備を進めるうちに、11月も半ばになり…。

武志の作品が、ようやく完成しました。

「お!雪、降らせられたやないか!」

掛井(尾上寛之)は武志に声を掛けました。

「最高のできやないか?」

「最高とは…正直言えませんが…。最善はつくしました。」

「最高の答えやないか!限られた時間の中で、最善を尽くす。ようやった!」

「はい!」

「ようできてる。お疲れさん!」

「ありがとうございます。」

「次世代展。応募するんやろ?」

武志は、少し迷って言いました。

「はい!」

さて、その夜、武志の部屋には、竜也(福崎那由他)大輔(七瀬公)学(大江晋平)が集まってタコパです。

「ところで、真奈さんと話したんけ?」

「え?何が?」

「いや、武志は気づいてないとちゃんうか?鈍いところあるで?」

「いや、僕でもわかりますよ!」

「ほら、竜也くんでもわかるんやで!なぁ?」

大輔の声掛けに、背中を向けてうずくまる武志。

「あ!こら、面白い事考えてる格好やで。」

「あそこから白いハトでも出すんちゃうか?」

そんなことを言って、武志をからかいますが…。

竜也は、武志の異変に気が付きます。

はやし立てる学と大輔を止め、声を掛けます。

「大丈夫ですか?」

「…あ…大丈夫。大丈夫や。」

振り返った武志を見て、学と大輔は慌てます。

「あ!垂れてる!」

「垂れてる!垂れてる!」

武志は鼻血を出していました。

その夜、学と大輔は帰っていき、部屋には竜也と2人に。

「それ、ごめんな。せっかく持ってきてくれたのに。」

竜也は、みんなでやろうとファミコンを持ってきたのですが、残念ながら武志の部屋には、つなぐテレビがありませんでした。

テレビがなくても大丈夫なくらい、武志は亜鉛結晶に夢中になり、部屋には寝に帰るだけの生活でした。

「野球やってる頃は、自分もそうでした。」

「夢は野球少年やったもんな。」

「肘…痛めたんで。」

「諦めたん?」

「まぁ、そんなんは無理やと思ってましたから…。」

「夢は、無理やから、見るんやで?手が届かへんから、人は夢見るんとちゃう?」

「…タケタケは、どんな夢を見てるんですか?」

「亜鉛結晶のデザイン化や。器に雪、降らせるんが、ここんとこの夢やった。」

「終わったやないですか!」

「終わってん。」

「どないするんですか?」

「なぁ!どないしよ(笑)」

「夢、見てくださいよ!」

「お前もな!」

話のキリがいいところで、武志は言いました。

「悪ぃ。寝るわ!」

「大丈夫ですか?どっか痛むとか…。」

「大丈夫。少し、寝たら治るわ。」

そういって、窓をむいて、横になる武志。

そんな武志を竜也は心配そうに見つめるのでした。

その翌日の事です。

「鼻血?」

「まぁ、鼻血がでたから、なんやいうわけでもないんやけど、竜也が心配しててな。疲れがたまってんのとちゃうかって。ひと月ほど前にも、ひっどい風邪ひいたんやて。きいてる?」

「知らん。」

「聞いてないか。まぁ、言わんよなぁ。そんなこといちいちなぁ。」

照子は、竜也から聞いた武志の話を心配して、喜美子に伝えに来たのでした。

喜美子は、さすがに心配になり、武志のバイト先に顔を出しました。

「来てない?」

「何や、だるい言うてな。急に。」

「すみません。」

喜美子が頭を下げているところに、武志がやってきました。

「うわ!何してんの!?」

「それは、こっちのセリフや!」

「すみません。もう大丈夫です。すぐ入ります。」

そういって、バイトに行こうとする武志を引き留め、喜美子は体調を尋ねます。

薬を飲んだら治ったという武志ですが、喜美子は心配そうです。

「ちょっと寝たら、治んねん!お母ちゃんこそ、気ぃつけや?また、痩せたんとちゃうけ?」

そういって、笑って支度に向かう武志を、喜美子は心配そうに見つめるのでした。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」129話の感想は?

黒猫葵
まずは、武志の鼻血が心配ですが…。

原因がわからないので、ここでは触れずにいこうと思います。

本日の見どころは、まず稲垣吾郎さん演じる大崎先生の登場ですよね!

白衣嫌いで、ちょっとシニカル。

キャラが濃い(笑)

白衣なしで、急に話しかけられたら、ちょっと引くかもしれませんね(笑)

ベテラン看護師さんに、白衣を着るように言われて拗ねる感じも爆笑でした。

これからの言動に注目ですね(笑)

そして、敏春さんは、ひとまず命にかかわることではなさそうです!

血糖値が高いんじゃ、プリンは控えめにですね。

老後の話になって、それを感慨深そうにする大野夫妻の『孫は可愛い』発言に、とろけそうな笑顔で応対する敏春さん…。

もう、バナナあたりから、急激なお茶目要素に、こちらの腹筋がついていけませんよ(笑)

そして、竜也ですよね。

お家でタケタケの話しかしてないんじゃないか疑惑まで…

てか、何なら、ちょっと恋の領域にさえ入ってる気がしてます(笑)

照子が喜美子に話した雰囲気から察するにですよ…。

「今日、タケタケな〇〇教えてくれてん。」

「今日、タケタケな皿に雪降らせたんやで!」

「今日、タケタケがひっどい風邪ひいて休んでん。(寂しげに)」

「今日、タケタケがタコパ中に鼻血だしてん。その直前に具合悪そうでな…。(大丈夫かな。)」

「今日、タケタケがな…。」

照子の頭にタケタケがリフレインするほど話してそうですよね。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」129話のネット上の反応や評価は?

◇大崎先生@稲垣吾郎さん登場!

ドラまる
吾郎ちゃんの「おっさんだもん♪」は確かに、面白かったね!
ラマちゃん
これkら、川原家とどんな関係になるのかが気になるわね。

◇掛井先生の言葉も染みる

ドラまる
すてきな先生に恵まれたよね。
ラマちゃん
恩師って大事よね。

◇武志が心配

ドラまる
急な鼻血は怖いね。

なんだか、だるそうだし…。

ラマちゃん
ここまでがいい子だから、バイトを休もうと思うほどだるいのが心配だわ。

◇竜也可愛いぞ!!

ドラまる
竜也がいいこでよかったよ。

竜也が同じ場所にいてくれたからこそ、武志を心配してくれたわけだしね!

ラマちゃん
本当、いい子だわ~♪

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
昨日はひよっこ三男・米子だったのが、今日は三男のお母ちゃんって言うね。
ラマちゃん
武志の鼻血をお三方も気にしていたわね。

みんなで心配しちゃうわ。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」130話の予告あらすじ

ついに武志(伊藤健太郎)が亜鉛結晶の作品を完成させる。

喜びもつかの間、武志の体調が芳しくなく喜美子(戸田恵梨香)は気遣う。

しかし武志は心配無用とばかりに取り合わない。

不安が晴れない喜美子は八郎(松下洸平)に相談する。

実は武志自身も異変を感じて、ひそかに病院で検査を受けていた。

一方、陶芸教室は陽子(財前直見)らを迎えて順調にスタート。

ある日、信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)が娘たちを連れてくる。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」129話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さ~武志の夢が一つかなうんだね!

竜也と話していた、夢を見ようっていう会話が青臭くって、すっごく素敵だなぁ♪

ラマちゃん
そうね。

喜美子も新しい夢を見つけた感じだし。

こうして穏やかに…とはいかないのよね。

黒猫葵
ドキドキハラハラが止まりません。

そろそろ穏やかに見せてくれてもいいんですけどね…。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA