スカーレット|第18週・103話ネタバレと感想。別居の噂で仕事激減…そこへ登場するは草間さん! 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』103話が2020年2月3日(月)に放送されましたね。

ドラまる
先週の雄太郎さん改め信楽太郎さんの「さいなら」に泣かされ、大阪同窓会的な感じに泣かされて…

はぁ…今週はどうなっちゃうんだろう…。

ラマちゃん
今週のどこかで武志は伊藤健太郎くんになるのよ…ちび武志とのお別れがちょっと寂しいわ…。

草間さんもやってくるし…

さ~今週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」103話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」103話のネタバレあらすじ

「穴窯やりたい。辞めたくない」

喜美子(戸田恵梨香)八郎(松下洸平)は、離れて暮らすことになりました。

穴窯を続けるために、借金することを決意しました。

喜美子は武志と向き合い、話しをします。

「武志、お母ちゃんが武志のことどう思うてるか知ってるやんな?」

「大好きや!」

「そうや!大好きや。お父ちゃんのことも大好きやで。」

「そうなん?」

驚く武志に、喜美子は驚きます。

「そうやで!大好きや!お父ちゃんのこと大好きやで!どないしてん?」

「よかったぁ!よかったぁ!」

そう言って、嬉しそうにごろごろし始める武志です。

「ほら、わかった、わかった!起きて!ほやけどな、お母ちゃん、やりたいことができてしまった。」

「わかってる!穴窯や!」

「お父ちゃんな、お母ちゃんのこと心配して、穴窯やるかどうかで言い合いしてしまった。ほやから、しばらく離れて暮らす。武志には、お父ちゃんのいるところと、お母ちゃんのいるところと2個ある。どっちも武志の家やからな。ほんでな?」

「ん?」

「ぎゅ~してええ?」

「ええにきまってるやん!」

そう言って、武志と喜美子は笑顔でハグをするのでした。

4回目の穴窯は、火の流れを再度考え直し、置き方を工夫しました。

思うような色は出ませんでした。

喜美子は、窯業研究所の柴田(中村育二)が、以前、古信楽のかけらを見ていた時の言葉を思い出します。

“これは、灰がうまくかかったんやな。”

喜美子は、穴窯の中を見てみます。

そんな喜美子に、マツ(富田靖子)は心配そうに声をかけました。

「大丈夫?」

「うん。煙突からな、灰がでていってしまってんちゃうかって思うてな…穴が大きすぎて。

喜美子は、煙突に続く道の大きさを考え、土の配合も変えてみました。

そうして迎えた5回目の挑戦。

試し焼きをした中で、色が少し出ていました。

色の出た土を使い、試し焼きを続けました。

今度は、場所の確認です。

どこに置けば、灰がうまくかかるのか…。

6回目の挑戦…たき口に近い位置で、より多くの灰がかかることがわかりました。

更にしっかりと灰をかぶせるために、もっと薪を焚かなくてはいけない。

それを実行するには、お金が足りなくなりました。

マツは、どこかへ手紙を書きました。

八郎と離れて暮らしていることが、やがて信楽中に知れわたり、喜美子に仕事が回ってこなくなりました。

落胆した顔で、作業場に戻ると、そこには、以前大量注文を発注してくれた橘(紺野まひる)の姿が。

「注文を持ってきました。」

そう言って、依頼主の連絡先を渡してくれました。

橘の夫の会社でイベントがあり、その時に喜美子の名前が出たのだと言います。

そこで、引き出物の絵付け小皿の話になり、ある人が姪の結婚式にと申し出てくれたのだと言います。

「さりげなく前金でって…言うておきました。」

「ありがとうございます!助かります。」

「ただ…一つだけ、こらえてほしいことがあるんです。」

喜美子は、首を傾げました。

「その…ご主人が…女のお弟子さんと…あれして出ていったと思われています。そういう噂が立ってるんです。」

「それは違います!」

「それでも、部長の奥さん、真に受けて、かわいそうやなぁ言うて、注文を…。あ!もし、そないなこと言われるの嫌やったら、断ってくださいね?」

「いえ!絵付け小皿は久しぶりですし、嬉しいです!喜んで、引き受けます!」

「ほな…よろしくお願いします。」

さて、その頃、サニーでは、陽子(財前直見)のエプロンを付けた百合子(福田麻由子)大野(マギー)の姿がありました。

そこへ、野球をしてきたという八郎と武志がやってきました。

大笑いで、八郎の野球が下手だったと楽し気な武志の姿です。

「ごはん食べていってええの?」

「うん。晩ご飯食べさせて送る言うてある。」

「カレーとプリンとアイスクリーム!」

「そないに食べられへん!」

「プリンは、カレーのあとな!」

「うん!」

八郎は、店に姿のない陽子を心配していました。

「おばさん、どないですか?」

「あ~もうおかげさんでな!来週には退院や!」

「あ~そらよかったです。」

「悪いとこスパっと切って、後は問題なしや!今日は信作が病院に行ってる。」

実は、陽子は手術が必要な病気になり、入院をしていました。

その経過は順調なようで、一安心です。

その結果、更に信作(林遣都)と百合子の結婚式は延期していたのでした。

ですが、百合子は、式をしないことを考えていました。

陽子もマツも、好きにすればいい、その分新婚旅行に予算を回せばいいと言ってくれていました。

「お義母さんもそう言うてくれてるしな♪」

「お義母さん!?」

「ここのお義母さんや~♪」

すっかり新妻な百合子は、更に続けます。

「せやからな、お姉ちゃんとお義兄さんの時みたいに、正装して、みんなで写真撮ればええかなぁって♪」

「それはええな!そん時、ハチさんはどうする?うつるか?(笑)」

「いや、僕はあかんでしょ(笑)」

「え~。武志のお父さんで、うちのお義兄さんにはかわらんや~ん♪」

周りの噂はどこ吹く風な、良好な別居家族関係です。

そこへ、神妙な面持ちの柴田がやってきました。

何となく、話して的に、サニーの奥へと漫画を持って入っていく武志です。

柴田の話は、先ほどの橘と同じような話でした。

「そのな…前に女のお弟子さんがおったやろ。その子が出て行った時期と、ハチさんの出て行った時期がどうも…その…なぁ。」

「今更、そんなこと。噂ですよ。」

「せやけど、あんたらが意地張って、中々元の鞘に収まらんからな。」

「意地はってるのとはちゃいますよ…。」

「実はな…京都の陶磁器研究所に空きができた。」

「え?」

「このまま、ここにおっても息苦しいだけちゃうか?京都やったら、電車ですぐや。信楽…離れ?」

突然の話に、八郎の表情は凍り付くのでした。

さて、サニーでお腹いっぱいご飯を食べた武志はすっかり眠ってしまいました。

そんな武志を負ぶい、川原家にやってきた八郎を喜美子は出迎えます。

とても、別居している夫婦には見えないほどに、穏やかにやり取りする2人。

「寝てしもうたん?」

「ぐっすりや(笑)」

そこへ、1つの人影が。

「喜美ちゃん!」

「草間さん!」

武志を負ぶったままの八郎は、突然現れた男性にびっくりして、喜美子とその男性を見比べます。

そう、そこには喜美子の心の師匠とも言える草間(佐藤隆太)の姿があったのでした。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」103話の感想は?

黒猫葵
何と言うか…何と言うか…これ、別居夫婦ですか?

そんな喜美子と八郎でした。

物理的に離れたことで、今…なのかもしれませんが。

そんな中、三津の出て行ったタイミングと八郎の出て行ったタイミングが悪すぎる~…。

その結果、どうやら喜美子だけでなく八郎の仕事先も決まらない感じですね。

そこへ、柴田が持ってきたのは、京都での仕事。

京都なら、電車ですぐ…すぐ…かなぁ…

まぁ、今で1時間半…あの頃なら、もう少し…それでも東京や大阪よりは近いのかもしれないけど(笑)

どんどん別離フラグが立っていきますね…。

運動会見に行くには、ちょい遠めの距離ですよね。

今日、あっという間に6回目まで失敗しましたね、

でも、着実に前進しています。

周囲…いや、喜美子と八郎の手の届く範囲の外という意味での周囲は完全に三津と八郎の不倫で、追い出されたという話になってますよね(汗)

その結果、2人に仕事がないわけで…。

この頃の日本と思えば、「川原八郎の奥さん」じゃない喜美子に用はないし、男女が平等とか言われ始めた日本において、「不倫して追い出された」らしい八郎に用はないってことですよね(汗)

シビアだ…。

そこへ、草間さんが登場ですよ…。

喜美子のピンチに草間ありですよね。

八郎は、初めまして何でしょうか?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」103話のネット上の反応や評価は?

◇困ったら草間さん

ドラまる
やっぱり、困った時は草間さん、多分、誰よりも喜美子の耳に声を届けることができるって思うよね~…。
ラマちゃん
そうなのよね~。

あのマツさんの手紙は、多分草間さんよね~。

でも、八郎が逆に居場所のなさを感じたりしないか…心配かも?

◇八郎と喜美子が心配

ドラまる
個人的には、八郎にも仕事が回ってきてない感じがするんだけど…

名を出さぬ形で、窯業研究所のお手伝いを細々としてるのかなぁ。

ラマちゃん
「こんばんは」…かぁ。

あぁ…。

◇武志は癒し

ドラまる
武志がいなかったらって思うと…。

ぞっとする~。

ラマちゃん
本当、ずっとお父ちゃんとお母ちゃんを心配してたんだね…。

◇サニーは癒し

ドラまる
おーちゃんの愛がたまらない。
ラマちゃん
ジョーさんの代わりに、見守ってくれてるのね…。

百合子はいいところに嫁ぐわね♪

◇脚本がすごい

ドラまる
いやはや、見ていてずーっと飽きないってすごいよね。
ラマちゃん
今日の話いるの?ってところが無いから、目が離せないわね!

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
高瀬アナは、我々と同じような気持ちで見てくれてるのがすごいわかるよね!
ラマちゃん
あさイチは、信楽太郎さんの「さいなら」激推し!

また、聞きたいわ~。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」104話の予告あらすじ

喜美子(戸田恵梨香)を心配するマツ(富田靖子)の依頼で草間(佐藤隆太)がやって来る。

居合わせた八郎(松下洸平)は挨拶をして早々に帰っていく。

その後、喜美子は草間に穴窯の説明をして望む焼き色を出すための仮説も伝える。

それは2週間、窯焚(た)きを続けること。

草間は喜美子に助言をして挑戦を後押しする。

だが話を聞いた八郎は心配して駆けつける。

一方、信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)はようやく結婚写真を…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」103話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さて、八郎はちゃんと信作と百合子の結婚写真に写ってくれるかな。
ラマちゃん
さすがに、写らないのは信作が許すわけがない。

絶対に。

黒猫葵
そう思って、2人の結婚写真を待ちましょう♪

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA