スカーレット|第17週・102話ネタバレと感想。信楽太郎の歌に泣かされた…たっぷり流してくれてありがとう×3【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』102話が2020年2月1日(土)に放送されましたね。

ドラまる
ラジオから聞こえてきたのは信楽太郎!

話題の曲『さいなら』カミングスーン!

ラマちゃん
ちゃんと聞けるかなぁ…ちょっと心配。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」102話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」102話のネタバレあらすじ

大阪にやってきた喜美子(戸田恵梨香)

ちや子(水野美紀)の部屋で聞くように言われたラジオから聞こえてきたのは、かつての荒木荘の住人・雄太郎(木本武宏)の声でした。

大阪を去る日、雄太郎から心機一転芸名をつけてくれと頼まれた喜美子は、その場の勢いで『信楽太郎』と命名して帰っていきました。

その名前を本当に雄太郎が使っていることに、戸惑う喜美子です。

しかし、流れてきた雄太郎の歌声が、喜美子の心にしみていきました。

そして、どうしても、もう一人が描き足せなかった武志との絵に、もう一人を描き始めました。

“~♪もう戻られへんから、笑った顔だけ、忘れんように記憶のノートに描いとくわ。♪~”

喜美子の心に、八郎(松下洸平)との思い出が、溢れてくるのでした。

その翌日のことです、武志は働く母の会のメンバーとお母さんたちと遊園地に行くことになりました。

そして、取材を終えて帰ってきたちや子にお茶漬けを作りました。

今は、どこの会社にも所属せずフリーランスで仕事をしているというちや子。

ここまで、結婚せず、1人で過ごしてきました。

「1人なんですか?あの…その…好きになったりとかは…。」

「あるよ!あるで?でもな…まぁ…仕事やってると、中々そういうのはあれへんな。それに…なんやろ…。うち、いっつもズボンやろ?スカートだと、いざという時に、取材相手に立ち向かっていかれへん。…うちにとって、色恋はスカートみたいなもんや。」

「わかります。うちもいっつもズボンなんで(笑)…ゆうべ、ラジオ聴きました。」

「びっくりしたやろ?」

「びっくりしましたぁ~(笑)」

「知らんかった?」

「知りませんでした~(笑)映画俳優から歌い手に変わったっていうのは、聞いてましたけど。」

その背後に、そ~っと忍び寄る影がありました。

「1年くらい前やったかなぁ~。荒木荘の取り壊しが決まったころにな。これまでとは、打って変わった曲を書いてん!」

「ええ曲でした。」

「誰でも一生に一度はあんねん!素晴らしい曲を書くいうな!奇跡の曲や!荒木荘にな…猫おったん覚えてる?」

「あ~はい!」

「あの猫な…亡くなってん。」

「え?」

「雄太郎さんが、一番かわいがってた。それでできた曲や。」

「心にしみました。」

「ほんま?」

「はい。」

「ほんま?」

急に聞こえてきた男性の声に、喜美子は振り返りました。

喜美子の顔には、みるみる驚きが広がりました。

「喜美ちゃ~ん!!」

「雄太郎さん!!あ!信楽太郎さん!!」

雄太郎は、ギターをかき鳴らし、歌い始めます。

「~♪喜美ちゃん~、喜美ちゃ~ん!♪~」

それをちや子に制止され、雄太郎の大きな動きがなくなると、その更に後ろに懐かしい顔がありました。

「久しぶりやな!」

「大久保さん!!…ご無沙汰してます!」

それは、荒木荘で喜美子に女中の仕事を仕込んでくれた大久保(三林京子)でした。

「驚かしたろう思うて!ちや子さんから、来てるいうの聞いてな♪」

そう言いながら、持ってきた包みを開けます。

中には、懐かしい大久保の漬物やお惣菜が入っていました。

それをつまみながら、久しぶりにみんなでお茶を飲みました。

「みなさん、あんまり変わってませんね(笑)」

「大久保さん、いくつになったん?」

「知らん!」

「荒木荘にいた時が…60…。」

「あんな、60過ぎたら、70も80も90も…120も一緒や!」

「120歳(笑)」

「よっしゃ!大久保120歳や(笑)」

すると、雄太郎も言います。

「僕もええ年になったわ~…。やっと約束叶えられるわ!」

「え?」

「ほら、売れたら、喜美ちゃんのお父さんにオート三輪、山ほど買うたるいうてな!」

「そや!妹にテレビジョンも!ほなお願いします~♪」

喜美子は、冗談のつもりで手を差し出しました。

すると、雄太郎は、ボンと封筒をわたしました。

「え?」

「オート三輪山ほどには、ちっと足りんけど、テレビジョンの足しくらいには。」

「え!?」

それは、お金の入った封筒でした。

「お金やん!こんなんもらえませんよ!!!おかしいやん!」

「いや、おかしないわ!半年、家賃貯めた時、あったやん?」

「え…?」

「追い出されてもしゃーないのに、内職のお金で助けてくれて…美味しいご飯も作ってくれて…。」

「ほんでもあれは…。」

そう、雄太郎は全額耳をそろえてきっちり返してくれていました。

「利息!払うてへん!」

「もろときなはれ!雄太郎の恩返しや!」

「名付け親や!」

「信楽太郎になって、恩返しや!」

「ほやけど…こんな…もらえません…。」

「ええから、ええから、ちゃっちゃっとしまっときなはれ!」

「おう!もろとき、もろとき!」

ちや子が、喜美子の懐に強引にお金をしまわせました。

「あ~気持ちええわ~!やっと、人様にお金渡せるようになった!」

「うちも、お金貸してたよな?100万ほど!」

「いや、借りてへん!借りて変へん!」

「ええんですか?ほんまに?」

「話のネタにすんのやろ?」

「あ~!下積み時代のお涙頂戴話や!受け取ってくれんと、ネタにでけへんやん!頼むわ!」

「…ありがとうございます。」

深々と頭を下げる喜美子に、雄太郎は1つお願いをしました。

「そや!喜美ちゃん!久々に、あれ頼むわ!」

「あれ?」

「あ~!あれや!大久保さんは、初参加や(笑)」

そう、それは、雄太郎のゲン担ぎ、草間流柔道でした!

「雄太郎さんが!…あ!信楽太郎さんが、もっと売れますように!!」

『売れますように!!』

「草間流柔道!」

『とやぁ!』

みんなで、大きな声で笑いました。

「女性が立ち上がるかぁ…」

「なんや署名活動とかされてるそうですよ。」

「ようわからんけど…がんばってるいうのはわかる。…あんたもな!陶芸?…いうのやってんのやろ。」

「女性陶芸家・川原喜美子やな!」

「いえ、私は、まだそんなんや…。」

「そんなんやないんやったら、そんなんになるまで気張りなはれ!言うたら、何やけどな、家の中のことができる女は、なんでもできる!家の仕事言うんは、生きるための基本やさかいな!」

「はい!」

その時、扉があきました。

「あ…きはった!」

それは、喫茶さえずりのマスター(オール阪神)でした。

荒木荘のあたりは、大きなビルに変わり、喫茶さえずりも、今はありません。

売れない時代の雄太郎をアルバイトとして雇い、支えてくれたマスター。

「やっと売れたな!おめでとう!」

そう言って、雄太郎に花を渡しました。

「あ~喜美ちゃん!老けたなぁ(笑)」

「もう三十路も過ぎましたから(笑)」

懐かしい人たちとの再会に、喜美子は少しだけ、涙をこぼしすのでした。

さて、信楽では、内職に精を出すマツ(富田靖子)の姿がありました。

そこへ、笑顔になった喜美子が武志を連れて帰ってきました。

「おかえり!」

「ただいま。」

そして、喜美子は、穴窯の方に向き直り、呟くのでした。

「ただいま。」

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」102話の感想は?

黒猫葵
色々ありますが、まずはここから。

三毛猫ちゃん…。

いや、あの時、喜美子は18歳。

今は30…3?4?単純に15年くらい過ぎてるわけで…。

あの時、すでに成猫だった三毛猫ちゃんですから、1年前の荒木荘の取り壊しの少し前に亡くなって、雄太郎がさいならを作ったというなら、すんごい長生きにゃんこですよね…

一歩間違えれば、猫又レベルの。

長生きしてくれたんだね…ありがとう、ありがとう、ありがとうですよ…。

あの三毛猫ちゃんのその後を心配する視聴者の気持ちまでお見通しですね!

そして、無事にどころか、2番までたっぷり流れた「さいなら」。

不覚にも涙こぼしておりました。

そして、あの絵は、ハチさんが抜けてたのか…外れだった…。

昨日のあらすじ直しておこうかな…

でも、雄太郎さんのあの歌を聞いて、描けたというのを良しとするか…。

微妙な歌詞の所でしたよね(汗)

『もう戻られへんから、笑った顔だけ、忘れんように記憶のノートに描いとくわ。』

…それに、走馬灯のように思い出すハチさんとの思い出…

えぇ…やっぱり、もうあかんのでしょうか…

とどめは、大阪から帰ってきた喜美子がスッキリした表情で、穴窯に『ただいま』ですからね…

予告も中々…中々…。

それに、伊藤健太郎くんがついに登場しましたから、来週のどこかで時間がスキップするんですね!

そこに、ハチさんはいるんでしょうか。

…まぁ、その辺は来週にとっておいて…。

大久保さ~ん!

マスタ~!

雄太郎さ~ん!

ですよ!

同窓会ですか!!!

大久保さんがご健勝で…90…いえ、120歳とのことですから(笑)

それに、マスターが雄太郎さんにおめでとうって花束渡すし…

今日は涙の大洪水です。

雄太郎さんも義理堅いし…。

さださんは、やっぱり急で京都から出てこれなかったんですね…。

荒木荘の跡地、何建ててるんですかね…。

あんなに近くにあったさえずりは、もう大きなビルだって言いますしね…。

でも更地になったの、思ったより最近でしたね!

は~さださんにも会いたかったですね…。

でも、みんなで草間流柔道、嬉しかったです!

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」102話のネット上の反応や評価は?

◇やはり大阪は喜美子にとって青春の地

ドラまる
あぁ…

喜美子に大阪での出会いがあって、良かったなぁって本当に思えるくらい、久しぶりに屈託のない喜美子の笑顔を見たよ…。

ラマちゃん
後押しされたことで、穴窯への挑戦を辞めない場合…八郎との仲は気になるところではあるけど…。

ずっと苦しそうだった喜美子が笑ってくれたのは、本当によかったって思えるわ。

ありがとう、ありがとう、ありがとう。

◇大久保さん…(涙)

ドラまる
大久保さんがお元気で嬉しすぎるよ~(涙)

本当に120歳くらいまで長生きしてほしいよ…

ラマちゃん
今日の名言が素晴らしかったわ…。

「家の中の仕事ができるいうんは、何でもできる。家の仕事いうのは、生きるための基本やさかいな。」

そうなんだよ!

家事ができるということは『女子力』が高いわけではなく『生きる能力』が高いのよ!

うん!家事、頑張るぞ!

◇信楽太郎!!

ドラまる
確かに、フルコーラス歌ったの、雄太郎さんだけじゃん!

ミュージシャンにシンガーソングライターがいるのに(笑)

ラマちゃん
何はともあれ、本当いい歌だったわ…

喜美子とハチさんの思い出にもオーバーラップできる内容で…

ん?

じゃ~…雄太郎さん、あの三毛猫ちゃんとラブラブだったのね…。

あの三毛猫ちゃんへの鎮魂歌ってことだから。

◇大阪の癒し、三毛猫ちゃん…

ドラまる
すごく長生きしたんだね…。

いや、あれから15年以上になるから、猫の寿命を考えたら、さすがに…とは思ってたけど…。

ラマちゃん
そんな心配する視聴者の気持ちを見抜いてるところが憎いわ…。

でも、大阪時代の癒しをありがとう、ありがとう、ありがとう!

◇マスター(涙)

ドラまる
マスターが雄太郎さんの出世を喜んでるの、本当に嬉しいね♪
ラマちゃん
本当ね~。

また、あのお花が、絶対買ってきたやつじゃなくて、隠居して育ててるのかなぁって感じが…また…(涙)

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇次週予告まとめ

ドラまる
小学生武志とお別れか…

来週どのタイミングでスキップするんだろう…

ラマちゃん
水曜か木曜くらいかしらね。

「出したい色が出せました」

「陶芸家になります」

燃える穴窯…

多分、穴窯に再度チャレンジするでしょ、あと数回くらいは失敗するでしょ…多分。

そこへ、草間さんが登場して、止めるかと思いきや、火をつけて帰っていきそうじゃない。

だって、「草」間さんだし…。

草は、良く燃えるからね…。

1回失敗→数回失敗(早送り再生)→成功するであろう方法を考えて、喜美子を止める八郎に『陶芸家になります』→成功→「出したい色が出せた」

…やっぱり、来週末くらいスキップね…多分。

これまでの傾向で行くと、水曜にきた草間さんが木曜に帰っていくイメージなんだけど(笑)

八郎が穴窯の前で泣いてるのが…不安だわ…。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」第18週のあらすじは?

2020年2月3日(月)~2月8日(土)8時〜放送のドラマ『スカーレット』第18週のあらすじをご紹介します

大阪から戻ってきた喜美子(戸田恵梨香)は、穴窯のまき代をまかなうために借金をする。

八郎(松下洸平)とは別居が続いている。

一方百合子(福田麻由子)と信作(林遣都)は、ようやく結婚写真を撮影する。

喜美子の穴窯の失敗は6回にも及ぶが、諦めることはできない。

マツ(富田靖子)の手紙を受けて、草間(佐藤隆太)が信楽に。

草間に話をしたことで喜美子の決意は一層強くなる。

今度こそと、それまでにない長期間窯をたくという喜美子に、八郎は心配して猛反対する。

が、喜美子は押し切って7回目の窯たきを始める。

ついに窯の上部が破れて炎が上がるが、喜美子は信念のもとにまきを投げ入れ続ける。

そしてついに理想の色の焼き物を手にする。

陶芸家・川原喜美子をちや子(水野美紀)が取材に訪れる。

7年後、喜美子は陶芸の実績を上げ、個展も開いている。

息子の武志(伊藤健太郎)は高校2年生で進路に悩んでいる。

陶芸への興味はあるが、家族を顧みず突き進んだ喜美子の厳しい生き方を目の当たりにし、迷っているのだ。

喜美子と八郎が5年前に離婚したのち、信作は八郎からの手紙を武志のもとに運んでいた。

武志は、八郎に再会して相談し、陶芸を学ぼうと大学受験を決める。

公式サイトより引用

「スカーレット」103話の予告あらすじ

大阪から戻ってきた喜美子(戸田恵梨香)は、薪代をまかなうために借金をして穴窯での窯焚きを再開。

試し焼きで、望んでいた色の片りんが出る。

窯焚きの失敗は6回にも及ぶが、喜美子は諦めず試行錯誤を続け、ある仮説にたどり着く。

だが実行するにはお金が足りなくなる。

その頃、八郎(松下洸平)と喜美子の別居の噂が街に広まり、かわはら工房への発注が激減。

そこに以前、大量注文してくれたひろ恵(紺野まひる)がやって来て…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」102話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
あぁ~~~~。

次週あらすじ読んじゃった!!!

ラマちゃん
見たくない人は、盛大に飛ばして…って、もう遅いわね。
黒猫葵
覚悟を決めて、来週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA