スカーレット|第17週・100話ネタバレと感想。先週末予告のポパイ・信作の謎が解けた⁉ 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』100話が2020年1月30日(木)に放送されましたね。

ドラまる
八郎が出ていっちゃったよ…。

武志も連れていくあたりの本気度が…。

ラマちゃん
今の喜美子の頭を冷やすには、そのくらいが必要ってことよね。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」100話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」100話のネタバレあらすじ

川原家に照子(大島優子)がやってきました。

「何してんねん!」

照子は、1人拾ってきた薪を切る喜美子(戸田恵梨香)に声をかけました。

しかし、何も答えません。

「何してんねん!きったない恰好して!無様な顔して!顔拭け!顔!」

「寒なったなぁ…。一段と。」

「何してんねん!」

「見たら、わかるやろ!」

「ハチさんと武志追い出して、1人で何してんねん!」

「追い出したわけとちゃうわ。」

「出っていったんも、追い出したんも一緒やわ!なぁ、知ってんのやろ?武志は、今、うちにいるで?迎えに来ぃ?うちで預かってる!」

「行きます。」

照子の顔を見ることもなく言う喜美子に、照子は吐き捨てるように言いました。

「来んでええわ!お前みたいな母親の元に返すんは、かわいそうや!…お前や!お前!」

照子は、何とか喜美子をこちらへ向かそうと肩を掴みます。

「迎えに行きます。」

顔に何の表情も浮かばぬままの喜美子。

「来んでええ言うたやろ!…武志は、うちが預かる!うちが育てる!うちが育てた方が幸せや!」

そんな言葉にも無言の喜美子。

水分補給をと縁側に座る喜美子に照子は言います。

「なぁ。どないするつもりなんや。ハチさんも、喜美子も!別れるの?離婚するんか?そんな選択肢ないで!?離婚なんて選択肢ないんやで?わかってんのか?」

喜美子は、水筒のお茶を、今にも泣きだしそうな照子に差し出しますが、照子はその手を押しのけます。

本気で心配してくれる照子の頭を喜美子は撫でました。

「今すぐ、ハチさんに頭下げて、悪いことしました!いうて謝ってきぃ!」

「穴窯やることが悪いことか…。」

「旦那があかん言う事をやることは悪いことや!しゃあないやん!今はな?喜美子が下がって、ハチさん、立てたりぃ?」

喜美子は、ため息を一つ挟んで言いました。

「これをな。…お金ないから、これを拾いにいってん。朝から、薪を拾いにいきます!いうて、誰かに言う必要もなかってん。誰に断りいれんでもよかった。うち…子どものころは、お父ちゃんに断り入れてた。やりたいことあったら、きちんと話して、お願いします言うてきた。結婚してからは、ハチさんや。やりたいことあったら、お願いします言うてきた。そうやって、ずっと生きてきた。子どもの頃から。それが、必要なかってん。薪を拾いながらな。立ち上がったら、冬の風がな…ひゅーって吹いて…。そん時思うてん…。あぁ…気持ちええな。1人もええなぁ…。そんなこと思うてしもうてん。穴窯やるのも、断りいれんでええしな。」

遠い目をして、そういうと、また作業に戻っていきました。

「喜美子!あかん!」

「うちな…。」

「ハチさんがおらん方が、やりたいことがやれる。」

「あかん!目ぇ覚ませ!目ぇ、覚ませ!」

照子は、喜美子の肩を掴み、激しく揺さぶります。

「あかんよ!喜美子!目ぇ覚ませ!目ぇ覚ましてくれ!なぁ、目ぇ、覚ませ!覚ましてくれ!喜美子!」

しかし、照子の必死の願いは、喜美子の心には届きませんでした。

百合子(福田麻由子)は、心配していました。

「なぁ、何でお母ちゃんは、お姉ちゃんを止めへんの?」

「止めたら、元に戻る?止めて、元に戻るんやったら止めてるわ。」

その時です。

「ただいまぁ!」

武志が帰ってきました。

喜美子は、照子の家に預けられていた武志を迎えに行きました。

「あんなぁ?ぞうさん見に行くねん!」

「芽ぐみちゃん、動物園に行ったんやて。」

「冬休みに行くねんな!」

「冬休み、連れて行ってあげるの?」

「次の穴窯がうまくいったらな。」

「うまくいかんかっても連れてってあげな?」

「次、上手くいったら、ハチさん、迎えにいく…。任しとき!」

3回目の窯焚きです。

火の流れを考え、作品の置き方を変えました。

そして、今度はゆっくり時間をかけて、温度を上げます。

マツが武志を寝かしつけ、百合子がお夜食を拵え、喜美子をサポートします。

喜美子は、祈るような思いで炎を見つめていました。

しかし、望んでいた色は出ませんでした。

3回目も失敗です。

“夢を叶え”

穴窯を作る前に言われた八郎(松下洸平)の言葉を思い出しました。

そして、あの古信楽の欠片を手に取り、振りかぶった時でした。

「お母ちゃん?ただいま!」

そこへ、武志が通信簿をもらって、学校から帰ってきました。

4と5ばかりの通信簿を見て、喜美子は武志を褒めます。

「お母ちゃんは?」

無言の喜美子を見て武志は言います。

「失敗したん?」

「失敗した。」

「あかんやん!」

「あかんなぁ!」

「お母ちゃんの通信簿は1やなぁ!」

「1やなぁ!」

「あ~あ!」

「あ~あ!」

動物園行きも、八郎を迎えに行くのも白紙になってしまったなぁと思いながら、眠る武志を見つめていると、離れの扉をノックする音が聞こえました。

百合子でした。

「お義兄さん、役場の近くに住まいを借りてはる。武志が知ってんで?武志、ちゃんとお義兄さんと会うてるで?知ってるやろ?会うてんの。お姉ちゃんも、穴窯終わったんやし、ちゃんと会うてな。お義兄さんに会いに行ってな?」

「穴窯…。失敗したんやで?」

「ええやん!そんなん!」

「ええことない。ハチさんには、会えへん。会えへんよ。」

「じゃ~ん!」

百合子は、突然2枚の紙を差し出しました。

「大阪の動物園の入場券。用意してくれた。武志と行っておいで!」

更に、もう1通の封筒を差し出す百合子。

「じゃじゃーん!うちからは、武志にお小遣い♪ボーナスが出たんよ♪」

喜美子は、お小遣いはともかく、入場券を『用意してくれた』という言葉が気になりました。

「ポパイが用意してくれたんよ?」

「ポパイ?」

「信にいや!」

「信作…?ポパイ…?」

「うちはな、オリーブ言われてる♪」

ついていけていない喜美子は、もごもごとポパイとオリーブを繰り返しています。

「どう呼び合おうかな~言うてるうちに、そうなったんよ!」

「…へ…へぇ…。」

「ポパイが言うてたで♪信楽以外の空気を吸って、これからのこと考えてこいって!」

こうして喜美子と武志は、信作(林遣都)と百合子の厚意をありがたく受け取り、大阪へとやってきました。

動物園はすこぶる楽しかったようです。

そして、泊る所は…とあるビルの一角。

住所を頼りに、何とか到着すると、中から出てきたのは…。

ちや子(水野美紀)です。

「遅いから、見に行こうおもうてたんよ!よく来たなぁ!」

久しぶりの再会でした。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」100話の感想は?

黒猫葵
照子~…。

照子の涙ながらの訴えも、通じてないけど…武志は渡してくれたんですね。

八郎は、役場のそばに住まいを借りてるらしいですが、何で武志は照子に預けたんですかね?

何の仕事してるかわかんないですけど、その関係で一人にすることが多いからでしょうか?

学区が変わっちゃうなんて言うほど、学校の数がおるとも思えないし…

単純に、喜美子が迎えに来やすいようにでしょうか…。

ただ、涙ながらに訴えてはいたものの…

「旦那がアカンいうてることをやるのはアカンこと」は、今の喜美子には火に油~て思ってしまいました(汗)

誰か、「穴窯をやることが悪い」のではなく、「お金がないのにやることが悪い」のだと、教えてあげて…って。

やっぱり、昨日に引き続き、『今やる』ことにこだわってる気持ちが、いまいちピンとこなくて…。

喜美子のセリフからも「穴窯をやることが悪い」って言われてると思ってるという風に受け取りました。

う~ん。

う~ん。

何か、だんだん、喜美子が『風と共に去りぬ』に見えてきた…と思ってたら…そう言えばあのヒロイン…『スカーレット・オハラ』であることを思い出し…

ひたすら不安になっています。

こうなってくるとマツさんのセリフも思い。

「止めて、元に戻るんだったら、止めるわ。」

止めて、心にしこりを残したまま、生活するくらいなら、思い切りやらせるってことでしょうかね。

割れた陶器は戻りません。

それでも、やればよかったの後悔よりも、やってしまった後悔の方が、いいってことでしょうか…。

そんな重たい空気の中、ポパイ信作の謎が解けましたね…。

まさかの…呼び方(笑)

信作と百合子にとっての、「ダーリン・ハニー」のかわりに「ポパイとオリーブ」なんですね(笑)

信作はともかく、今更、「信にい」から「信作さん」とか「信さん」とか呼びにくいからでしょうか(笑)

とはいえ、「ポパイとオリーブ」のチョイスは、中々ですよね(笑)

大阪で武志が言っていたセリフに、激しく頷いてしまいました。

「ポパイとオリーブって、何やんな~?」

うんうん。

さて、大阪にやってきましたよ!

お久しぶりのちや子さんです!

明日は、大阪メンバーが勢ぞろいでしょうか?

ちなみに、先週末の予告では、雄太郎さんに大久保さんが登場することが分かっています。

HPのあらすじにはさえずりのマスターがでてくることも書かれています。

いや、ちょっと待って?

さださんは?

明日に期待しましょう。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」100話のネット上の反応や評価は?

◇ポパイ・信作の謎は解けた!

ドラまる
僕、てっきり信作がね、忘年会の余興か何かの賞品が動物園入場券とか金一封だったから、ポパイの仮装をして、ゲットしたのかと思ったんだよね(笑)
ラマちゃん
まさかの想像の信作だったわね(笑)

そして…信作百合子の「ポパイとオリーブ」呼び…もう~リア充爆発しろ♪(褒めてます)

◇喜美子…

ドラまる
ある意味、喜美子と穴窯の不倫純愛物語なのかもしれないと思ってしまったね…(汗)
ラマちゃん
すごい…100話でムービングサーズデーだったわね…。

何となく、100話ってこういうスゴイ展開を期待しちゃうのよね…。

今、あんまり100話って朝ドラ以外で言わないものね。

◇どんな状況でも、ここに照子と信作がいて…よかった。

ドラまる
どんな時でも…照子と信作が、喜美子のそばにいるんだなぁってしみじみ。

やっぱり、あのOPのクレイ人形は信作と照子は確定か…あともう一人は?

ラマちゃん
なにはなくとも、この2人だけは、ずっと近くで支えてくれるっていう信頼感があるわね。

◇大阪のターン!

ドラまる
今週の最大の癒しきた~!
ラマちゃん
今週は、ここを楽しみに見てたといっても過言ではないわ!

大久保さん、ちや子さん、雄太郎さん…喜美子をよろしく!

…さださんは?

◇その他の反応

ドラまる
今にして思うと…あのマッドサイエンティスト萬平を支えていた福ちゃんが…すごいって思っちゃうよ…。
ラマちゃん
まぁ…萬平さんは男性だから、「女のくせに」っていうマウントをどうにかするっていう作業はなかったわけだけど…それでもね~(汗)

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
嬉しそうな高瀬アナと、怪訝そうな和久田アナのコントラストが見事だったね~…。
ラマちゃん
みんな信作に期待しすぎよね(汗)

私もだけど…

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」101話の予告あらすじ

三度目の窯焚き失敗でショックを受ける喜美子(戸田恵梨香)は百合子(福田麻由子)の気遣いで、武志を連れて大阪へ気分転換に出かける。

一通り観光した後、訪ねたのはちや子(水野美紀)の事務所。

ちや子は働く女性の待遇改善を訴える地域活動を手伝っているという。

喜美子はちや子に勧められるままラジオをつけてみると、意外な声が。

一方、信楽では八郎(松下洸平)が荷物を取りに、川原家に戻る。

マツ(富田靖子)が八郎に…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」100話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さ~明日は、大阪のターン!

荒木荘の面々が、固まった喜美子の心をほぐしてくれるかしら♪

ラマちゃん
そうだね!

何とか頑張ってほしいわ♪

黒猫葵
どうもさださんの名前がないのが気になって、気になって…

どこか海外にでも買い付けに行ってしまってるんでしょうか…。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA