スカーレット|第17週・99話ネタバレと感想。八郎、武志を連れて家を出る 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』99話が2020年1月29日(水)に放送されましたね。

ドラまる
また不穏な空気になってきた気がしない?
ラマちゃん
でも、信作と百合子に進展がありそうな予感!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」99話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」99話のネタバレあらすじ

喜美子(戸田恵梨香)が母屋に戻ると、マツ(富田靖子)がどこかへ電話していました。

ミシンを借りて、子ども服の内職を始めるというのです。

「穴窯、お金かかるもんなぁ。お金に羽が生えて飛んでくぅ聞いたから。」

「どんだけ、飛んでったかいおか?40万や。」

「今度はうまいこといったらええなぁ。」

マツの言葉に、喜美子は驚きます。

「40万やで?うちが、一気に使うたお金やで?」

「ふふ。お父ちゃんで慣れてるさかい♪」

「そんなこと、慣れんといてや…。」

そこへ、食器を片しに来た八郎(松下洸平)です。

先ほどの喜美子と八郎のやり取りを知らないマツは、八郎のおかげで喜美子がやりたいことをできていると、深々と頭を下げてお礼を言います。

八郎は、言葉を詰まらせるのでした。

翌日、穴窯の前では、武志と照子の娘の芽ぐみが楽し気に話しています。

「こうやって、薪投げるんやで?」

「次はいつやるん?お母ちゃんも見たい言うてたわ!」

「ほな~次やる時、教えたる!熱いで~!」

屈託なく笑って話す武志と芽ぐみをみて、喜美子は『次』という言葉に、少し表情を凍り付かせました。

子ども達が母屋へ戻っていくのと入れ違いに八郎がやってきました。

「話…しよか。」

そう声をかけ、作業場に入ります。

「信作から、穴窯手伝う言うて、電話あったで。」

「骨折したん。すっかり治ったんやな。」

「穴窯やめたん、知らんかったで?」

「いうてないもん。」

「お義母さんにも言うてないやろ?百合ちゃんにも、武志にも。何で言わへん?」

「辞める言うたんは、ハチさんや。ハチさんから言うたら?」

「あんな?一生辞めろ言うてるわけちゃうで?お金が無いから、やりとうてもやられへんやろ?何で、納得でけへんねん?」

「お金が無いことに気持ちが負けたらあかん。昔、フカ先生が言うてた。やりたい気持ちに変わりはないねん。ハチさんの言う事やから納得はしてないけど。受け入れました。」

そう言って、喜美子は作業場をあとにしました。

八郎は、喜美子との間に見えない壁を感じ、うなだれます。

喜美子は、穴窯の扉を封印するのでした。

そんなある日のことです。

信作(林遣都)百合子(福田麻由子)が連れ立って、川原家へとやってきました。

「なぁ…やっぱりやめよ?」

「え?言うたやろ?」

「ほやけど…穴窯失敗して、落ち込んでるんよ…。」

「ほやから、いくんや。人にはな役割がある!喜美子にとって、俺の役割は?」

「笑われること?」

「そや!」

「呆れられること?」

「そや。」

「アホやな~思われること?(笑)」

「お~い!ようわかってるやんけ!行くで!」

「あ!ほなな、予定通り、うちが先にいく。」

百合子が母屋の扉を開けると、喜美子がお勝手に立っていました。

「ただいまぁ~お客さんやで~!」

「あ…。」

喜美子は慌てて火を止めます。

どうやら、鍋の中身は少し焦げてしまったようです。

「大根炊いてたん?」

「あ…うん。」

「珍しいやん。失敗なんて。」

「お義兄さんは?」

「工房や…。」

ガタガタガタガタ…。

その時、扉の外で信作が躓きました。

「って…何してん?」

「もう早いわ!まだや!『この人と結婚したいんですぅ。』が合図や言うたやろ?」

「結婚…?」

「そうや。びっくりやろ!?」

「ちょっとまだ言うたら、あかん!」

「そうや!出直してくるから、今のは見んかったことにしてくれ!」

「もうめちゃくちゃや~ん!お義兄さん呼んでくる!」

何が何だかわからぬまま、焦る信作と百合子を茫然と見つめる喜美子です。

百合子は八郎を呼びに行きます。

「百合子と…。」

「そういうことや…。何となくわかってたやろ?きちんとご挨拶せなあかんな思うとってん。ご挨拶をさせてくれ。その前に言わせてくれ…。」

信作はそういうと、手近にあったお櫃に向かって叫びました。

「長かったわ~!!!!!!」

「信作と…百合子が…?」

何やらぼーっとしている喜美子に気づかず信作は話し続けます。

「そういや…お前、お弟子さんのみっちゃん辞めたんやて?それから、穴窯も。どないした?なんや…色々聞いてるで?お前が穴窯作る~言うてた話とか、一生懸命やってるいう話とか。せっかく穴窯作ったのに…」

すると…突然、喜美子がすすり泣き始めました。

驚いた信作ですが、あえて変わらぬ調子で話しかけ続けます。

「おわ!…どないしてん?あ!お前、俺と百合子の結婚が嬉しいんか?」

「わからへん…。」

そこへ、八郎を呼んできた百合子と八郎も戻ってきます。

そして、すすり泣く喜美子を見て驚き、百合子は信作に何事かと視線を送ります。

「わからへん…。」

「…わからへんそうです。」

「わからん。」

「全然わからないそうです!」

「うるさい!黙れ!」

「うるさい!黙れだそうです!」

そんな信作を追い出そうとする喜美子。

間に入った八郎が喜美子を落ち着かせます。

ひとしきり叫んで落ち着いたのか、数分後には涙も引っ込んだ喜美子。

信作は穴窯に向かって叫びました。

「頑張れよ~!」

「誰もおらんで(笑)」

「ほな…今日は帰しません(笑)」

「何いうてん!ご飯食べたら、帰るわ!」

「…結婚の挨拶は、また改めて。」

「ええよ。…ええよな?」

「うん。」

「ええよな(笑)ほなな!」

そう言って、信作と百合子は出かけていきます。

少し進んだところで、信作が戻ってきました。

「ケンカ…。してへんよな?」

「…うん。してへんよ?」

「うん。」

「ほうか。」

それだけ言って、百合子の元へと戻ろうとして、また2人の元へ戻ります。

「今年の紅白、どっち勝つ?」

「白!」

「白!」

「赤!」

信作と百合子は白、八郎は赤と答えました。

「もうええから。」

信作は、八郎の腕をはたき、本当に出かけていきました。

その背中を見つめた八郎は、喜美子を見ました。

そして、いつもの作業場ではなく、縁側に並んで座りました。

「何で、泣いたん?」

「わからへん。みかんは?」

「うん。何でかわからん?」

「わからへん。」

「…ん?みかん、そっちからむくん?」

「ん?うん。」

「喜美子、そっちから剥いてた?ずっとそう?」

「そうやで。」

「知らんかった。喜美子のみかんの剥き方…結婚して、初めて知ったわ。僕は、普通やで?」

「そっちが、普通かわからへんやん!」

「大多数は、こっちやで?」

「『ハチさんは、』そうやねんな!」

「結婚して10年経っても、わからへんことあるもんやな…。」

「ほんまやな。『今やから言うけど。』やる?」

「『今やから言うけど』?」

「信作と照子とやってん。『今やから言うけど大会』」

「大会なんや(笑)」

「今やから言うけど。」

「待って、待って。これ、真面目な話?」

「何でもええねん。」

「オチが無いとしょうもないやん。」

「ノリでええねん!ノリで!ぱっと思いついたこと言うたらええねん!」

「今やから言うけど…ニンジン嫌いや。」

「え?」

「しょうもないな。」

「しょうもないことないわ!びっくりや!へぇ~あ~そうなん?」

「喜美子は?」

「うちは…今やから言うけど。穴窯やりたい。辞めたくない。次は成功させる。次こそは。」

「わかってくれたんちゃうか…。」

「次は、どうやったらええかも考えてんねん!」

「また、何回も同じこと繰り返すで!」

「もう1回だけ!」

「もう、ええ加減にせいよ?」

「お金は何とかするから!」

「借金はあかん!」

「薪は、山行って拾ってくる!薪の代金無いんやったら、拾ってきたらええ!」

「拾うてくる量ちゃうやろ?」

「何回でも行って拾ってくる!」

「何で、わかってくれへんねん!」

「わかってくれへんのはハチさんやん!何で、うちの気持ちわかってくれへんの?ハチさんも陶芸家やん!何でわからへんの?穴窯のたき口に火ぃつけて燃えてる火!あの向こうで燃えてる火!止められへん!もう1回みたいねん!次こそは、上手く行く!うまくいくから!お願いします!やらせてください!お願いします!」

「感情で突っ走ったら、うまいこといかへん。冷静になれ!もう何べんも言いたないけどな!お金がないんや!」

「お金やないよ!ハチさん!ハチさんに足りんのは、信じる力や。信じてください。うちのこと信じてください。お願いします。やらせてください。お願いします。」

そう言って、離れに走り、積み立ての通帳を持ってきた喜美子は言います。

「積み立てもな全部は使わん。薪は拾ってくる。ほやからな、ほんの少し一部だけ使わせてもろて…。ほらみて!こんだけあるんやから!」

八郎は、喜美子の手から通帳を取り上げ、言いました。

「武志連れて、出ていくわ。」

八郎は、本当に出ていきました。

そして、次の日から、喜美子は山へ薪を拾いに行くのでした。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」99話の感想は?

黒猫葵
どうしよう。

今週に入ってからの喜美子の心情が全く理解できない。

喜美子が2回の窯焚きに失敗して、40万というお金を一気に使った。

当時、トヨタカローラの車が50万くらいと考えると…今なら200万くらいでしょうか…。

それを聞いて、「お父ちゃんで慣れてる」といったマツさんに、喜美子は「そんなん慣れないで」と泣きそうな顔で言いました。

そう言った喜美子なのに、突っ走ろうとする。

武志の学費のためにと積立たお金に手を付けようとする。

この喜美子の心情が、全然理解できない。

「お金が無いから、稼ぐために賞を取れ」という八郎の言葉を遮って、「お金じゃない」という喜美子。

「借金はダメだ」っていう八郎の言葉が、何故か届かない。

自分の『学校に通いたい』という夢を手放すという…借金での痛い目を見てるのに、なぜ借金までしようとするのか。

今の喜美子の願いは、名声は要らぬとも、大量注文を受けるなり、何なりして貯めなおせば、諦めなくていいわけですよ。

何で『今』やることに、あんなに固執してるのか…。

誰か、わかる人がいたら教えてほしいと思ってしまいました。

「お金が無いことに気持ちが負けない」なら、「信じる力」があるなら、待てるんじゃ…と思うのは、私が凡人だからでしょうか。

いや、もちろん簡単に貯まるお金ではないってのはわかってますけど。

八郎は『今は諦めろ』とは言ったけど、『穴窯を諦めろ』とは一度も言ってないわけですから。

ドラマを見ている限り、喜美子が固執してるのは『今』やることしかないんですよね…。

「お金やない」っていうけど、結局はお金だよ喜美子って思います。

お金がなければやりたいことはできないです。

「お金が無いことに気持ちが負けたらいけない」というのは、やりたいことには借金OKという意味ではない。

少なくともフカ先生は、そんな思いで言ったわけじゃないと思うんですよね。

そして、八郎は順序を考えて、どうしたらできるかを整理して考えようと言ってるわけですよね。

どうしよう…ここまですごく面白く見てたのに、この状況下で古信楽の色が出せたとして、喜美子を祝福できるだろうか…って不安になってきました。

それとも、夢は何か大切なものを犠牲にしないと得られないという教えになるんでしょうか…。

何か…泥沼不倫劇は回避されたものの、2人の間をつなぐものがぷっつり切れてしまったように思いました。

こりゃ…戻ってこない気がするな…もう。

武志を置いて出ていっちゃうのは、不自然って思ったけど、武志を連れて出て行ったのだとしたら、すごく納得してしまいました。

いや、あれは出ていくよ八郎。

「信じる力」が足りないっていう言葉が、決定的に八郎を刺した気がします。

とはいえ、少なくとも武志は何らかの形で戻ってくるんでしょうけども。

何せ、これから伊藤健太郎くんになるわけですからね。

あ~…早くちや子さんとか大久保さんとか雄太郎さんとか…出てこないでしょうか。

気持ちが落ち込んでしまいました。

今の喜美子を応援しにくい…そんな視聴者がぐっと増えてしまいそう…そんな朝でした。

いや、まぁ、ヒロインは聖人君子でなくてはならないなんて言い方はしませんけどね。

今日の言い合いも、夫婦として話す八郎と陶芸家同士として話す喜美子ということで、もうそもそもかみ合ってないのがよくわかりました。

やっと、百合子と結婚するって、信作が言えたのになぁ…。

はぁ…。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」99話のネット上の反応や評価は?

◇喜美子と八郎

ドラまる
もう息苦しくて…息苦しくて…

そうだよ…フカ先生、近道はいけないって言ってたじゃん。

ラマちゃん
早く、その言葉思い出して~…。

◇信作…

ドラまる
信作…いてくれてよかった…ってずっと思い続けるお話かもしれない(汗)

確かに、喜美子は八郎の前では促されなくては泣けなかった。

ラマちゃん
信作の前では、自ら泣いたのね…

この流れも中々のものね…。

◇余談

ドラまる
何で急に紅白?って思ったけど(笑)

この正解不正解が何かのフラグだったりもするのかなぁ。

ラマちゃん
何か、いろんなことに不安になるわね…。

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」100話の予告あらすじ

八郎(松下洸平)の反対を押し切って、喜美子(戸田恵梨香)は三回目の窯焚(た)きの準備を始める。

あきれた八郎は武志を連れて家を出る。

照子(大島優子)が押しかけ、喜美子を叱りつけるも、炎にひかれた喜美子の意志は変わらない。

見守るマツ(富田靖子)や百合子(福田麻由子)の気持ちも複雑。

喜美子は二回の失敗を踏まえ修正点を見いだしどうにか窯焚きにこぎ着ける。

だが二週間後、三度失敗。

ショックを隠せない喜美子は…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」99話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
ところで、失敗してる中にも、成功してる部分はあるのかな?

その辺の、次はうまくいくっていう根拠が今の所何も描かれてないんだよね…

そらハチさんも出ていくわって…なっちゃうよね。

ラマちゃん
本当ね…。

このまま…離れてしまうのかしら…

えぇ…本当に…?

黒猫葵
過去にも夢を同じくした同業の夫婦…別れる話ありましたね…(ふたりっこ)…。

あ~…モヤモヤします。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA