スカーレット|第16週・96話ネタバレと感想。燃え上がる三津の恋心と穴窯【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』96話が2020年1月25日(土)に放送されましたね。

ドラまる
穴窯造りが始まって…約四カ月ってところかな?

完成するんだね!

ラマちゃん
最初の火入れは、成功するのかしら…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」96話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」96話のネタバレあらすじ

喜美子(戸田恵梨香)が思い立って半年、ついに穴窯が完成します。

職人さんたちに、お礼を告げ、喜美子と八郎(松下洸平)は穴窯の中に入ってみます。

そこへ、照子(大島優子)たち、お母さん合唱団がこっそりスタンバイ。

マツ(富田靖子)百合子(福田麻由子)がOKサインを出します。

三津(黒島結菜)も、それに気が付いて笑顔です。

「すごいなぁ。」

「ほんまにできたんやな…。」

そうとは知らず、喜美子と八郎は、完成した穴窯に感無量です。

「ありがとう!」

「ありがとう。」

2人は、互いにお礼を言うと、穴窯から出てきます。

すると、スタンバイしていたお母さん合唱団がお祝いの歌を贈ってくれたのでした。

そして、その夜は、窯業研究所の柴田(中村育二)や古美術商の佐久間(飯田基祐)大野(マギー)敏春(本田大輔)たちがやってきてお祝いをしていました。

八郎は、最初の火入れも喜美子に任せてあると告げます。

大野は、カフェ・サニーで使うライスカレーのお皿を注文しました。

そんな宴の中、喜美子は完成した穴窯の前で、愛おしそうに見つめるのでした。

さて、早速最初の火入れに向けて、準備を進めます。

「目標温度は1200℃!窯焚きの日数は3日!」

「3日で行ける?」

「計算した。」

「3日で行けんかった場合は?」

「何度も計算した。慶野川さんのノートや昔の文献も色々調べて。でも、3日で行けんかった場合の薪の用意はしてある。」

「うん。松永さんにも、薪入れの仕方、教えとき?」

「うちがやるから、大丈夫やで?」

「3日間やで?」

「そや。昼夜3日間、火種を消したら絶対にあかん。責任もって、うちがやる。」

「1人で?」

「1人でやる。」

「やれるわけないやろ!」

「やれるわ!」

「無茶や。そんな無茶したら、失敗するで?交代でやろう。」

喜美子は、納得はしていない顔をしていましたが、それ以上無理を通すことはしませんでした。

さぁ、遂に火入れです。

中に焼く作品を詰め、入り口を閉めます。

『よろしゅうお願いします!』

3人の声がハモリます。

そして、喜美子は薪に火をつけました。

まずは、窯全体をゆっくりと温めていきます。

3人交代で、温度の上昇を記録していきます。

600℃になったくらいで、たき口に薪をくべていきます。

ここから一気に目標温度の1200℃まで上げていきます。

800℃…。

1050℃…。

どうしたことか…予定の3日を過ぎても、目標の1200℃に届きません。

「どうする?」

「…続ける。ここで諦めるわけにはいかん。」

しかし、4日目になっても、温度は上がりません。

「喜美子。交代する。」

「大丈夫や。」

「そういうて、もう半日以上やってる。倒れるで。」

「…わかった。ほな、1時間だけ寝てくる。」

「喜美子。」

「わかった…。2時間。」

「怒るで?最低でも5時間や。」

「5時間!?寝すぎやわ。」

「5時間は交代せんからな。寝てこい!工房に毛布もってきたから。な?」

意地になる喜美子は、八郎に窘められ、喜美子は眠ります。

5時間後を起きた喜美子が顔を洗っていると、窯の前で楽し気に笑う三津と八郎の声が聞こえてきました。

「温度上がった?」

「まだや。」

「ほな…交代するわ。」

「また5時間で交代しよう。ちょっと寝てくるわ。」

そう言って、交代する喜美子と八郎です。

「大丈夫か?ちゃんと寝たか?」

心配する八郎に、喜美子はうなずきます。

何がいけなかったのか…温度が思うように上がらないまま、5日目の朝を迎えました。

用意していた薪は、残りわずかとなりました。

『どないしよう…。』…『もう一旦火を止めてしまおうか。』…『ハチさん…どないしよう』喜美子の頭の中で、そんな思いがグルグルと駆け巡ります。

そんな思いを抱え、工房の扉を開けると、そこには八郎に寄り添い眠る三津の姿が。

喜美子は、何も言わず、また窯の前にもどり、薪をくべました。

そんなこととは露知らず、三津が先に目を覚ましました。

たき口の前の喜美子が薪をくべると、炎が燃え上がりました。

それは、三津の八郎への想いを表しているかのようでした。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」96話の感想は?

黒猫葵
また、不穏な空気を…週末に…。

できれば、不穏な空気は月曜に持ってきて、土曜にはある程度、収束させてくれると…日曜を穏やかに過ごせるのに(汗)

これ…次の朝ドラから土曜の放送がなくなるでしょ?

この悶々を土日抱えるのキッツいなぁって思ってきちゃっいました(笑)

三津の燃え上がっちゃった恋の炎と穴窯の中の炎のリンクが見事でしたね…

あれは、思いとどまったのか、しちゃったのか…

場所は、ほっぺなのか、何なのか…気になるところですが…。

さて、今日はあらすじもボリューム少なめです。

というのも、すごい表情での演技が多くて…ものすごい静かだったので、文章で表現が難しい…。

今日は、もう戸田恵梨香さんの表情を見て!って思いました…。

色んな思いが、喜美子の表情からあふれてきて、喜美子に寄り添うと、不安が募る…。

これは、もう見ないとわからないと思ってしまいました。

次週予告は嬉しいと不安が半々…

嬉しいは、どうやら喜美子は大阪に行くっぽいです。

そこでの再会…といえば、ねぇ♪

不安は、もうとにかく穴窯のことですよ…。

そして、その周囲で起こる軋轢。

大分、不安を煽られました…。

という事は…最後は落ち着くかなぁ…。

ていうか、落ち着いてくれないと…。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」96話のネット上の反応や評価は?

◇気づいてしまった喜美子

ドラまる
…はぁ…

ちょっとしんどいよ~…

ラマちゃん
じゃ~見なきゃいいじゃんってわけに行かないのよね…

もう…本当、喜美子の一人芝居のようだったわね…

殆どセリフないのに…表情だけで、気持ちが…伝わりすぎてキツイ…。

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇次週予告まとめ

ドラまる
もう…とにかく大阪の人たちに癒されたい!

信作に癒されたい!

ラマちゃん
それ以外のハラハラも取り越し苦労だったと言わせてほしいですね…。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」第17週のあらすじは?

2020年1月27日(月)~2月1日(土)8時〜放送のドラマ『スカーレット』第17週のあらすじをご紹介します

喜美子(戸田恵梨香)は、寄り添って眠っている八郎(松下洸平)と三津(黒島結菜)を見て動揺する。

が、穴窯の炎はそれ以上に心をとらえていた。

直子(桜庭ななみ)と鮫島(正門良規)が結婚を決める。

一方、八郎への募る思いに耐えられず、三津は去っていく。

結局穴窯への最初の挑戦は失敗に終わる。

八郎は、喜美子自身のためにと、穴窯をいったん諦めて女性陶芸家としての名声を手にするようにと勧める。

だがどうしてもカケラの色を出したい喜美子には、納得できない。

二度目も失敗に終わり、多額のまき代がかかる三度目に、八郎は強く反対する。

今度こそは、と、聞き入れない喜美子。

八郎は家を出て行ってしまう。

喜美子は、照子(大島優子)の説得にもかかわらず、ただ一人作品作りを続けるが、三度目の失敗にさすがに絶望する。

そんな喜美子に、百合子(福田麻由子)が大阪行きを提案する。

喜美子は、久しぶりの大阪でちや子(水野美紀)を訪ね、住民運動に熱中している女性たちと知り合う。

ちや子との仕事を持つ女どうしの会話に、気持ちがほぐれていく。

そして意外な形で雄太郎(木本武宏)と再会。

大久保(三林京子)や喫茶「さえずり」のマスター(オール阪神)までもが…。

公式サイトより引用

「スカーレット」97話の予告あらすじ

喜美子(戸田恵梨香)は、寄り添って眠る八郎(松下洸平)と三津(黒島結菜)を見て動揺する。

しかし穴窯の炎に立ち戻り懸命に窯焚(た)きを続け、どうにか窯の温度が目標に到達。

後は冷えるのを待つことに。

一段落した喜美子の元に直子(桜庭ななみ)の恋人・鮫島(正門良規)が訪ねてくる。

鮫島は直子にプロポーズを断られたと明かし、直子が突きつけた結婚条件に喜美子は驚く。

一方、八郎への思いがつのる三津が耐えきれずに…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」96話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
知ってるよ…予告で振り回して、製作陣の掌の上でご~ろごろに転がされて、丸く納まるって…

というか…今日の予告見たら、そう思ってないと不安だよ~

ラマちゃん
信作と大久保さんと雄太郎さんとちや子さんと…楽しみに見ましょう…うん。
黒猫葵
来週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA