スカーレット|第15週・88話ネタバレと感想。進まぬ物語…八郎に甘える信作に癒される 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』88話が2020年1月16日(木)に放送されましたね。

ドラまる
川原夫妻のピリピリした微妙なモヤモヤが続いているね…。
ラマちゃん
本当ね…今日はムービングサーズデー…何が起こるのかしら…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」88話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」88話のネタバレあらすじ

マツ(富田靖子)の声は、いまだに出ません。

喜美子(戸田恵梨香)百合子(福田麻由子)は、合唱団に張り切りすぎたマツののどの弱さを嘆きます。

そんな今日は、百合子は親友・知ちゃんに出産祝いを届けに行くと言います。

「どっちやったん?」

「女の子やて!」

「女の子ええなぁ。」

「そんなん武志が聞いたら、傷つくで~!でも、私も最初は女の子がいいかなぁ。」

「百合子、子どもの前に結婚やで?順番違えたら、許さへんからな?」

「わかってるよ~!」

「お見合いでもするか?」

「せぇへんよ~!」

「そんな気ないの?」

「ないない!」

そんなガールズトークの横で、無言でマツは、ほうきを振り上げています。

「お母ちゃん!?何してんの?」

マツは、声は出さず、ジェスチャーを送ります。

どうやら、ねずみが出たようです。

人が変わったように、ほうきを振り下ろすマツを見て、慌てて喜美子と百合子は加勢するのでした。

さて、喜美子が作業場に向かうと、中には三津(黒島結菜)が一人掃除をしていました。

「ハチさんは?」

「出かけました!」

「どこに?」

「多分、サニーかと。」

「珍しいなぁ…。」

「これ、先生が用意していかはりました!喜美子さんが、すぐに取り掛かれるようにって!」

ろくろ周りが準備万端に整えられていました。

「喜美子さん、絵付け小皿の注文受けたんですよね?」

「200。」

「200!?」

「そうか…用意してくれたんか…。やるわ!やるで!三津も手伝ってくれる?今日中にやるで!」

「今日中!?」

「小皿やで?できるやろ。」

「私は、まず何をしましょうか!形ができたものを運ぶ…ひとまず、これ持ってましょうか!?」

手伝いを任された三津は、大興奮のあまり口も身体もソワソワソワソワ。

「とりあえずな…。」

「はい!!」

「黙っててくれる?」

「あ…はい。」

一気に作陶モードに入った喜美子を、三津は吸い寄せられるように見ていました。

さて、サニーにやっていた八郎(松下洸平)は、色々と思いを巡らせているようでした。

そんな八郎に、大野(マギー)が声をかけます。

「ええ茶碗や。昔、ハチさんが作ってくれた。」

「大事に使うてもろてありがとうございます。」

「実はな…去年、2個割れてしもてん。」

「え!?」

「そこで、陽子がぼてーん転んでな…。」

「ケガせんかったですか。」

「2人で、欠片を何とかあつめたんやけど、どうにもならんかった…。」

「言うてくれたら、すぐ作ったのに…。」

「言えるかいなぁ…。川原八郎言うたら、立派な信楽の陶芸家やで?」

「そんなん関係ありません!いうて下さい!」

「この湯飲みもな。昔、ハチさんが作ってくれた奴や。ジョーさんが言うてたで~。有名になったら、1個5万の茶碗になるて。2個で10万…とてもとても。」

「そんな…お金やなんて…。昔、おじさんとおばさんに、この茶碗…『ええ茶碗や~』言うてもろて、救われたことがあったんです。割れた分、作ってきます。2個でええですか?」

「2個言うか…う~ん。」

そういって、ピースサインを両手で出す大野。

「4個?」

「それやったら…」

今度は両手の親指以外が立ちます。

「8個?…え?10個?」

「思い切って…」

靴下を脱ぎ始める大野。

「足の指も出そう思うてます!?目ぇ回りますよ!?」

靴下を脱ごうとして、くるくる回ってしまった大野を見て、八郎は思わず吹き出してしまいます。

「よかった。」

「え?」

「声出して、笑えるやん!入ってきたときから、ず~っと、考え顔してたから。おかわりいれよか?」

そこへ、陽子(財前直見)となぜか柔道着姿の信作(林遣都)照子(大島優子)が…。

「気にせんでな。」

そう陽子に言われても、八郎は気にせざるを得ません。

あんなぁ。うち、子ども4人産んでるんやで?4人やで?そうは見えへんかもしれへんけど。若い頃の筋肉は、ぜ~んぶ脂肪に変わって、美しかった体はボロボロや。あんたもなぁ!4人子ども産んでみ?もう、妊娠線がとれなくて、スイカみたいや!」

「スイカ…?」

「そんなとこ反応せんでええわ。そのうえ、柔道なんて、何十年ぶりやで?そんなうちに投げ飛ばされるって、どういうこっちゃ!」

「え?信作…照ちゃんに投げ飛ばされたん?」

八郎の姿に、ようやく気が付いたのか、信作は八郎の懐に吸い込まれていきます。

「何?何や?」

「甘えんな!どうすんの?結婚、許してもらわれへんで!」

それを聞いて、八郎は驚きます。

「結婚するんか!?」

「そうなん!うちも、今、聞いたとこやねんけど。相手は、ナイショや言うねん!」

「あ!おいおいな。」

「おいおい教えます。」

大野と陽子が、すかさず援護射撃します。

「それは、ええけど…。何で、結婚と柔道?」

「あぁ…何でも、相手のお姉さんがな。自分を柔道で投げ飛ばすくらいの勇ましくて、たくまくしくて、強い男やないと、許さへん言うたらしいわ。」

「嫌なこと言うなぁ。」

「よほどの女や。いかついでぇ。」

「そんな厳しいお姉さんに、頭下げないかんのか…。そら、大変や。僕ん時、思い出すなぁ。」

そのいかついお姉さんの正体を知らず、言いたい放題の八郎と照子。

信作は、またも八郎の懐に潜り込もうとします。

『甘えんな!』

陽子と照子の怒声が響くのでした。

さて、作業場では、喜美子が数十枚のお皿を一気に形にしていました。

「よし!一休みしよか。」

「すごいです!イカしてますね!何十枚も一気に!」

「まだまだやん!」

「でも、先生の言うてたことがわかりました!喜美子さんには、才能があります!私もそう思います!見ててそう思いました!すっごい集中力で…無心で作り続けて…」

「そんな…才能なんてわかんの?」

「いや~…よくわかりませんけど…わからないですけど。敵わないなぁって、言ったのはわかります!横にいられるとしんどいなぁ…いうのも、わかります。」

何の屈託もなく、ポロっと言ってしまった三津。

「しんどい…?ハチさん、そんなこと言ってたん?何でやろ…。何で?」

「あ…才能のある人が横にいると、息苦しさを感じることだってありますよ。」

喜美子には、全くピンと来ていません。

「あ…一般的な話ですけど。」

「うちは、そんな風に感じたことないけどなぁ…。」

「喜美子さんは、そっち側の人だからです!」

「そっち側?」

「できる人間です。」

「何やそれ。」

「努力しても、努力しても、ダメだなぁって人間もいるんです。」

「ハチさんは違うで?」

「はい。」

「優しいけどな…そんな弱っちぃ人間やないで。」

「繊細な人なんです。繊細な人だなぁって思います。」

「そうか…。ほやけど、うちにどんな才能がある言うの?うちは、ハチさんにずっと教えてもらってるんやで?」

「僕を超えていったって言ってましたよ?先生は、誰よりも喜美子さんの才能をわかってるんです!」

「超えてった…。そんなことも言うてたんか。」

喜美子は、ずっと一緒に前に進んでいるつもりでした。

しかし、八郎は、喜美子が先を歩いていると思っていた。

そして、それを三津には話していたことが、胸に小さな棘として刺さったような気持ちになっていました。

それでも、仕事は待ってくれません。

振り切るように笑顔を浮かべた喜美子は言います。

「さ!続きやるで!やらんと間に合わん!」

「はい!」

喜美子は、この日のうちに、絵付け小皿200枚の形作りを終えました。

このあと、7日間の乾燥を経て、素焼き、絵付け、本焼きと進みます。

納品まで、あまり間がありません。

その夜、武志は元気に野球をしてきて、また靴下に穴を開けて帰ってきました。

「新しいの買ってや!」

「あかん!繕う!」

「そんな繕って履いてる子おらへんで!」

「よそはよそ!」

『うちはうち!』

武志には、耳にタコができるほど聞かされた言葉です。

「そやったら、グローブ買うて~。テレビより安いやろ?」

「そんなに欲しいんやったらな、自分で買い!」

「お金ない!」

「そしたらな、稼ぎ!あ!お年玉あるやん!」

「どうやって稼ぐん?」

「稼ぎたいか?」

大きく頷く武志に喜美子は言います。

「そしたらな、これ繕うたら1足12円やる。」

「12円!?何足縫うたら、グローブ買える?」

「お!計算の練習にもなるなぁ!ほな教えたる!」

喜美子は武志に裁縫を教え始めました。

その頃、作業場では、喜美子の乾燥させている小鉢に囲まれて、八郎はろくろを回していました。

その様子を、三津はじっと見つめています。

喜美子は、夜食のおにぎりを無言で握るのでした。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」88話の感想は?

黒猫葵
あさイチの朝ドラ受けでも言っていたのですが、今週は物語が進まない…。

ずっと、喜美子や八郎のモヤモヤに付き合っているような気がします…。

そして、今週は、ずっとサニーのターンって感じです(笑)

サニーが映ると、癒しタイムって感じです(笑)

信作は、百合子との結婚を喜美子に許してもらうべく、まずは照子で柔道をってわけですが…

投げ飛ばされたんですね…照子に(笑)

いかつい姉ちゃんの正体、八郎も照子も気づいてないんですかね?

何となくわかってる半笑いかなぁって思ってるのですが…

しかし、それに付き合ってくれる照子…いい子ですね~(笑)

そして、八郎の胸に飛び込む信作…

悩む八郎を笑かす大野さん…

はぁ…癒された…。

今日の見どころは、そこです!

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」88話のネット上の反応や評価は?

◇喜美子と八郎と三津

ドラまる
三津は…余計なことを…って思わないでもなかったんだけど…

このスゴイ濃霧を晴らすには、このくらいの無神経さが必要なのかもって…

ちょっと思ってるくらい…脚本を信頼してる自分がいる。

ラマちゃん
そうね…

はやく…丸く納まらないかなぁ。

◇サニーは視聴者にも癒しを…

ドラまる
今日も、癒しのサニーだったねぇ。
ラマちゃん
本当ね…

今週は、ここのシーンが無いと、しんどすぎるわ…。

◇信作は…八郎が好きすぎる

ドラまる
信作の八郎への甘え方、ダイナミックだね(笑)
ラマちゃん
八郎が、久しぶりに心から笑ってる感じがして、何かちょっと嬉しかったわ…

でも、ここに喜美子がいてっていう流れになってくれるといいんだけど…。

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
本当、早く収束しないかなぁ…

この感じ…。

ラマちゃん
そうね、でも、武志の最終形態・伊藤健太郎くん…登場は2月上旬って言ってたから、月内この雰囲気の可能性も十分に考えられるわね…。

このモヤモヤたちが収束したのち、また時間がスキップして、大人武志になるのかなぁって。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」89話の予告あらすじ

喜美子(戸田恵梨香)は三津(黒島結菜)に作陶を教えながら、親密さを深める。

しかし三津から何気なく八郎(松下洸平)のような人を好きになりたいと告げられて動揺。

平静を装うが、八郎に対する気持ちも揺れる。

一方、百合子(福田麻由子)と信作(林遣都)が川原家への結婚挨拶を計画したところ、直子(桜庭ななみ)が突然、帰郷して妊娠を報告。

驚きつつも笑顔で迎える喜美子だが、マツ(富田靖子)が怒りに震えて立ち上がり…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」88話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さて、明日は、直子が帰ってくる?

しかも、妊娠して??

何事?

ラマちゃん
百合子と信作どころじゃないかもしれないわね…。
黒猫葵
予告であった、ほうきでたたかれる鮫島君がみられそうですね。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA