スカーレット|第15週・85話ネタバレと感想。 酔っぱらい百合子と華丸さんレミさんに癒される…【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』85話が2020年1月13日(月)に放送されましたね。

ドラまる
あ~今週が見たいような見たくないような…
ラマちゃん
こんな日に限って、祝日。

朝ドラ送りも朝ドラ受けもないのよ~(涙)

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」85話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」85話のネタバレあらすじ

かわはら工房に新しい弟子が住み込みで入ることになりました。

そんな中、八郎(松下洸平)は、過去の自分を超えることができず、道に迷っていました。

喜美子(戸田恵梨香)は、そんな八郎を支えるべく奔走していましたが、八郎はキラキラと作品を作る喜美子が横にいることに、しんどさを感じていました。

おむすびを作って作業場に戻った喜美子は、机の上を片付けるよう三津(黒島結菜)に、指示します。

「おむすび食べたら、三津はしまいやな。こっからは夫婦の時間や!な!」

「うん。」

「お姉ちゃ~ん!」

そこへ、酔っぱらった百合子(福田麻由子)が飛び込んできました。

「危ない!危ない!」

「酔っぱらってるやん!どこで飲んでたん?誰と飲んでたん?」

割れ物の多いかわはら工房。

八郎は、酔っ払いの百合子から、作品たちを遠ざけます。

「う~ん…チ・ミ・ツ♡」

「信作ちゃうの?」

「チミツ!チミツ!あ!お義兄さ~ん!」

「こんな酔っぱらってんの初めてや。」

「あ~三津~♡ただいま~!」

「おかえりなさい!」

「あかん。アホや。」

「大丈夫か?1回座ろ!」

「お義兄さん!銀座の個展に向けて」

「百合子!」

「言わせてぇな。銀座の個展に向けて、素晴らしい作品作れ~言われてんのやろ?どうか頑張ってください。」

そう言って、頭を撫でようとする百合子。

「こら!酔っぱらって手で撫でたら、禿げる!」

「いや、はげへん!はいはい!ありがとうな!今日は、もう休みぃな!」

「ほら行くで!」

喜美子に引きずられるように百合子は母屋に連れていかれました。

また、2人になった八郎と三津。

「あの…さっき。」

「忘れて。」

「喜美子さんに横におられるとしんどいって。」

「もう…。忘れて言うたやん。」

「ヒロシがさぁ。」

「誰?」

「だからぁ、さそり座の!」

「あ~。付き合うてた。」

「はい。前にも話しましたけど、私がお皿1枚作るのに、あ~でもない、こ~でもないってやってる横で、ヒロシの野郎は、自由奔放にお椀やら花瓶を作っていくので、私も先生と似たような気持ちになりました。それで、付き合っていくのがしんどくなって、別れました。」

「あのな!そういうことちゃうねん!」

「まずですね!そのしんどいって気持ちを払拭させるためには、喜美子さんに追い越されてしぼんでしまった才能を開花させればよいのでは?」

「朝顔ちゃうで!才能やで?ほんで、しぼんでしまった才能って…人のこと…。」

「個展を成功させましょう!銀座での個展!素晴らしい作品を作れと言われているなら、作ればいいんですよ!」

「はいはい。」

「先生!絶対、成功させましょう!」

「ほな聞くけどな。松永さんは、素晴らしい作品て、どんなや思う?」

「売れる作品です!」

「売れる作品?」

「佐賀を回った時、名もない陶芸家を紹介されました。70位のおじいさんが、小さな工房でぐい飲みを作っていたんです。前歯が2本、虫歯なんです(笑)」

「それ、関係ある?」

「いや、印象的だったんで!陶芸とは関係ありません!それで、そのおじいさんが、ニコニコしながら、何十年も焼き物をつくってきたって言ってました。似たようなぐい飲みばかりを。黙々と作り続け、黙々と売り続けて。家族を養うために。」

「家族を養うために。」

「芸術を極めた作品もかっこいいですけど。前歯が2本虫歯のおじいさんも、かっこよかったですよ♪」

「…うん。そやけど、歯医者は行った方がええな。」

「ははは(笑)そうですよね!」

八郎は、そんな三津との会話に、ほんの少し、やすらぎを感じたような表情を浮かべます。

すると、ふと作品棚に戻っていくのでした。

さて、百合子を寝かしつけるのに苦戦する喜美子。

「そういえば、サニーで橘さんって人に会うたよ!」

「橘さんって、誰やねん!」

「う~ん。何か、お願いしたいことがある言うてたよ~!」

「あ~も~はいはい。わかった。わかった。お休み~!」

酔っぱらい百合子の要領を得ない話では、進まないと思った喜美子は、話をぶった切ると寝室をあとにします。

「橘さん…橘さんって、誰やねん。橘さん?」

喜美子は、かつてコーヒーカップを80個注文してくれた橘(紺野まひる)の顔を思い出しました。

「百合子!百合子!ごめん!橘さん、何を頼みたい言うてた?」

せっかく寝かしつけた百合子を、喜美子は必死に起こすのでした。

喜美子が戻ってくる前におむすびを食べ終え、片づけを始めた三津の視線の先には、過去の作品を見つめる八郎の姿がありました。

片づけを終えると、声をかけず作業場を後にしました。

そこへ、喜美子が戻ってきました。

「ごちそうさまでした。お先に…。」

「百合子、酒臭いで!堪忍な。」

「大丈夫です。おやすみなさい。」

「おやすみ!」

喜美子は、昔の作品を見つめる八郎に声をかけます。

「え?なに?昔のやん!」

「うん。また、色々考えよう思うてな。」

「やってたこれは?」

「うん。」

そう短く告げると、おむすびの方へ、戻り食べ始めます。

「ハチさん?」

「いただきます。」

それ以上、何も聞けなかった喜美子は、ひとまず自分の話を始めました。

「なぁ、橘さんって覚えてる?橘ひろ恵さん。うちに、初めてコーヒー茶碗を80個注文してくれて、うちにはまだできませんって断った人。ほんで、ハチさん、橘さんに言うてくれたやん。また、いつかよろしく頼みますいうて。」

「言うたな。」

「話、持ってきてくれたで!百合子が会うたんやて!頼みたいことがある言うて!」

「何を?どれだけ?」

「まだわからへんけど。連絡してみる!うちが稼ぐよ!また大量生産の注文受けて、働くわ!」

「何で、そんなことを?」

「ここ3年、ハチさんが作品作ってくれてな。それが、よう売れて。川原家始まって以来、ほんまに豊かな暮らしをさせてもうたわ。」

「そんなことないで!」

「お金の心配せんでええの。うち、初めてやったわ。」

「何を言うてんねん!」

「ほんまやで?子どものころから、お金の算段せなあかんかった。ここにどんだけ残ってるか、いつまでもつか…。それが、どうや!今は、夜食に真っ白いご飯のおむすびや!こんな贅沢なこと無いわ!」

「いつの話、してんねん!今は、真っ白いご飯なんて、当たり前や。」

「当り前のことちゃうよ!ご飯、食べられる言うことは当たり前のことやない。ほんま、もう…十分楽させてもらいました!」

「喜美子!」

「今年は、休んで。橘さんから話が来たんは、ええ機会や思うわ。陶芸の神様も、きっとそうせぇ言うてくれてる。銀座の個展はやらんでええ!やめよ。」

八郎は、その喜美子の言葉に、何も言う事ができません。

その表情は、複雑なものでした。

「何か言うて?」

「喜美子は…優しいな。ありがとう。」

さて、その頃、床へ入ろうと三津が布団をめくると百合子が声をかけました。

「起きてたん?」

「うちな…ちかいうちにここ出ていくことになる思う。」

「えぇ!?」

「そしたら、この部屋、みっちゃんが1人で使うてええよ!」

「どうして!?」

「し~!…結婚すんねん。」

「えぇぇぇぇ!!!???」

「し~!ナイショやで!まだ、みんなには言えん…。うちからは、よう言わん(笑)」

「え??お相手…誰ですか?」

離れでは、武志がぐっすり眠っていました。

八郎は、武志の布団を直すと、自分の枕の下に紙があることに気が付きました。

その紙には…。

『お父ちゃんへ!お父ちゃんの本当の気持ちを教えてください!次の3つから選んで〇をつけてください!』

『1.武志にテレビを買ってやりたい』

『2.武志にテレビを買ってやりたい』

『3.武志にテレビを買ってやりたいなぁ。』

『よろしくお願いします!』

『銀座の個展、がんばり!』

今の八郎には、突き刺さる一言でした。

その頃、喜美子は作品の方向性に更に悩み始めた八郎の作業スペースを見つめ、どうしたらいいのかまったく掴めぬまま、電気を消すのでした。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」85話の感想は?

黒猫葵
八郎は、視聴者の女性陣を八郎沼に沈めましたが、八郎さん自身も沼にはまり込んでいますね…。

もう、今はやれって言われても重荷だし、やるな言われても重荷だし…何だか…八方塞がりですよね~…。

三津というキャラクターが確かに波乱を呼んでいる気がします。

良くも悪くも空気を読まないと言うか…無頓着というか…

あのハートの目のおむすびは八郎に食べてほしかった。

真っ先にそれを取るなよ~とか思ってしまいました(汗)

不穏な1週間…始まりましたね…。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」85話のネット上の反応や評価は?

◇早速、優しさが交差しています

ドラまる
早速、優しさが交差して、別の方向に…。

タイミングが、色々絶妙に悪すぎる(汗)

ラマちゃん
本当ね…。

何だか…モヤモヤが晴れないわ…

今週末には、少し丸く納まってるといいんだけど。

◇酔っ払い百合子がカワイイ

ドラまる
何か、もっとクールかと思ったら、結構喜んでる辺りがいいよね(笑)
ラマちゃん
何となく、百合子の初恋は普通に信作だったのかなぁって…

でも、良く悪くも近すぎて、ここまでの女性遍歴全部知ってるしね(笑)

で、布団での今日の百合子のセリフよ。

「自分からはよう言わん(笑)」

これ、多分、子どもの時から、虎視眈々と一番近い女の子のポジションをキープし続け、恋に迷走する信作に寄り添い続け、ん十年かけて無自覚に振り向かせた百合子の一代記ともいえるかもしれないわよ(笑)

◇三津について思う事

ドラまる
三津というキャラクターのポジションが、今だ不明確で…ハラハラさせるよね~。
ラマちゃん
ハートのおにぎり真っ先に食べたことに、気づいてくれる人がたくさんいて、ちょっと嬉しかった(笑)

そうよ…主題歌を歌ってくださる方をオマージュしておいて、汚れ役では…ないはず…きっと。

◇タチバナさんに反応してしまう…

ドラまる
僕もそうだよ…。
ラマちゃん
器の注文くらいありそうよね…

時系列的には、どの辺のタイミングだったかしらね…チキンラーメンのタイミングなら、どんぶりだけど…。

カップヌードルの段階じゃ、もうどんぶりいらないものね(汗)

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
今日は祝日…華丸さんじゃないんだよな…からの

「3番の武志にテレビを買ってあげたいなぁと答えていただきたかった!」

華丸さ~ん!

ラマちゃん
レミさんのキャラも、今日の重苦しい雰囲気を、一気に吹っ飛ばしたわね(笑)

それを、NHKの配慮とつぶやいていた人の、何と秀逸なことか(笑)

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」86話の予告あらすじ

喜美子(戸田恵梨香)から銀座の個展を止めるよう助言された八郎(松下洸平)。

答えを出せぬまま悩んでいると、三津(黒島結菜)から作品作りに対して、思わぬ提案を受ける。

一方、喜美子は八郎の状況をマツ(富田靖子)に相談。

マツはノドを痛めて声が出せないでいるが…

その頃、信作(林遣都)が結婚する意向を両親に報告したところ、複雑な思いを明かされ言い合いに。

そこに喜美子が待ち合わせできて、覚悟を決めた信作が叫ぶ。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」85話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
ん~。

明日も重そうだけど、信作が何やら動きを見せるみたいね!

ところで…「百合ちゃんなら、大歓迎」と言っていた大野夫妻の複雑な思いって何だろう…。

ラマちゃん
そこへ、喜美ちゃんが来るとなると…

何だか、こっちも一波乱ありそうね…。

黒猫葵
色々、気をもむことが多いですが、まだ週頭ですからね(汗)

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA