スカーレット|第13週・76話ネタバレと感想。直子の心には暑苦しくて鬱陶しい元気なお父ちゃんが… 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』76話が2019年12月26日(木)に放送されましたね。

ドラまる
旅立ってしまった常治…

直子はついに間に合わなかったね。

ラマちゃん
喜美ちゃんは、ちゃんと泣けるのかしら…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」76話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」76話のネタバレあらすじ

直子(桜庭ななみ)は、お葬式にも間に合いませんでした。

喜美子(戸田恵梨香)八郎(松下洸平)の作業場の棚には新たなスペースができました。

『かぞくの作品』

そこへ、喜美子がやってきました。

喜美子は八郎に、喪主を引き受けてくれたお礼を言います。

そして、その喪主のあいさつで、常治(北村一輝)を『かっこええ男』と言ってくれたことにもお礼を言いました。

「ほんで、今の僕があるのはお義父さんのおかげやいうてくれて…」

「それな。」

「うん。」

「前にお義父さんに言わされた。」

「そうなん?」

「そこ…座りぃ。」

八郎は、喜美子にそう促します。

「仲ようせぇ言われたな。お義父さんに。2人仲ようせぇ…仲ようないように見えたんやろか。最近、ゆっくり話してへんもんな。」

「最近やないよ。」

「そうか?」

「武志が産まれてからやん。」

「そんなことないやろ?」

「ほらな。ずれがあるんよ。うちはそう思うてたよ。しょうもない。お父ちゃんいたら、『しょうもないこと言うな!』って叱られるわ。」

「あぁ。世の中の男は大概アホやって、お義父さん言うてはった。いや、具体的に言うてくれへんと、俺もアホやから、わからへんねん!何に腹立てたりしてんのか。」

「…例えばな。武志が寝てしもうて、寝床運ぼうとするやん?うちがやる言うのに、そしたら、八郎さん。僕がやる言うやん。」

「うん。…ん?ん?それの何があかんの?」

「いっつもそうやん。大概そうやん。うちがやろうとしたり、やるつもりでいるのに、『ええよ。ええよ僕がやる。』言う。」

「え?それの何があかん?」

「もうええか!ほんましょうもない。自分で言うててもびっくりするくらいしょうもなかった。もうやめ!」

「せやけど、そういうことが、積もり積もってんやろ?ほら座りや。まだ終わってへんで?」

「終わりはないで!こういう話に終わりはないで?もう1回言い出したら、どんどん出てくるわ!うちな、仕事で忙しいさけ、武志の洗うた服なんかは、ババっと適当に畳んで…しまうねん!それを八郎さん、わざわざ取り出して、きちんと丁寧に畳みなおす。嫌味か!優しいで。優しければ、優しいほど、うちが責められてるような気持ちになんねん!」

喜美子は、坂道で勢いの付いた自転車のように、一気に話しました。

「ほな、どないすればええねん!」

「わからへん!」

「わからへん!?」

「わからへんから、黙ってた。…ちゃう。今は、何となくわかってんねん。仕事や。うちが少し仕事辞めたらええねん。茶碗50個のところ、30個にしたらええねん。」

「それは、僕もそう思うで。お金かて、少しは僕も…」

「お金だけのことやないねん。仕事…仕事はうち辞めたないねん。うち、仕事が好きや。働くん好きや。」

「喜美子…。これから、もっと忙しいで。百合ちゃんのことも、お義母さんのことも気にかけて。東京から中々帰ってけぇへん直ちゃんのことも心配やしな。武志かて、これからまだまだ手がかかる。なんやかんや忙しいのは変わらんで?こうして、いちいち向き合うてたら、ええけど。そんな暇ないで。きっと、また積もり積もってくるやろ。」

「ほな、どうしたらええの?」

「仕事が好きなんはわかってるからな。もう一つのほうもいつもわかってたらええんちゃうか?」

「もう一つの方って?」

「喜美子のこと、好きやで。好きや。」

「ありがとう。」

「言えや。喜美子も~。」

「うちは…。あんたしかおらん。ほんまやで。あんたおらんと生きていけん。嫌われたくない。」

思い切り言いたいことを言いあった喜美子と八郎。

八郎は…そんな喜美子の頬に触れ、顔を近づけます。

仲直りのキス…。

ところが。

“ガラ!”

武志が入ってきました。

離れるのもおかしい。

キスするのもおかしい。

しかし、武志は、みんなで作ったお皿の前に花を添えると、そっと目を手で覆い、何も言わずに作業場をあとにしました。

思わず吹き出した喜美子と八郎。

「…ええ子に育ったなぁ…。」

「ははは!」

2人は笑わずにはおれないでした。

それから、しばらくして、信楽に雪が降ってくる頃になりました。

作品の構想が、中々思いつかぬ八郎の横で、喜美子は自分で作った武志のオリジナルキャラクターまるまる太郎の絵本を読みきかせていました。

そこへ、百合子(福田麻由子)が飛び込んできます。

「お姉ちゃん!直姉ちゃんが帰ってきた。」

喜美子が母屋に向かうと、常治の位牌の前で手を合わせる直子の姿がありました。

それも、見知らぬ男・鮫島(正門良規)を連れて。

「あ…直姉ちゃんが、連れて来はったんよ。熨斗谷電機で一緒に働いてたんやって。」

そんな鮫島は…一言で言えばお調子者。

最初から、ズカズカと話しかけてきます。

喜美子は、冷静に言います。

「鮫島さんいわはりましたね。少し、外で待っててもらってもええですか?内々で話がしたいので。」

家族だけになった川原家の居間では、直子が帰ってこなかった理由を話しました。

何と常治は2回も直子に電話をかけて、『帰ってくるな』と念を押したのだと言います。

「何で…そんな。」

「うちに、強いお父ちゃんの姿だけを心に残したかったんとちゃう?」

「それでも、帰ってくるのが子どもちゃうの?なんで会いに来なかった!?会いたい思わんかったん?そら、お父ちゃんとあんたはうまが合わんと、ケンカばっかりしてたけど。けど最期くらい!」

「会いたい思うたに決まってるやろ!会いたかった。会いたかったで。ほやけど、うちはお父ちゃんの言うこと、いっつも逆らって…逆らって…いつも言うこと聞かんかった。最期くらい、言うこと聞いてやろ思うたんや。わざわざ電話してきてまで言うた、お父ちゃんの言うこと。そう思うたんや。」

涙をこぼして、そう話す直子に、喜美子はそれ以上何も言えません。

「堪忍な。堪忍や。…ほな、おかげで心の中には、元気なお父ちゃんしかおらんのやな。ちゃぶ台ひっくり返したり、ふざけたことばっかりいう。」

「そや。うっとしい、暑苦しい、元気なお父ちゃんしか記憶にない。」

「ええなぁ。元気なお父ちゃん。」

その時、雪が降る中、外で待つ鮫島のくしゃみが響くのでした。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」76話の感想は?

黒猫葵
矢部さんのレコメンドを見て…今日は、本来直子の涙のシーンが一番の見どころといいたいところなのですが…。

やっぱり、一番印象に残ったのは、喜美ちゃんと八郎のチュー寸前に入ってきて、お花を添えて、目を覆って出ていくシーンですよね(笑)

八郎さんの感想は、視聴者の代弁ともいえるのではないでしょうか。

「ええ子に育ったなぁ~…。」

そういえば、初めてのキスの時、まさかの日跨ぎで、誰かが乗り込んでくるんじゃ、邪魔されるんじゃとやきもきしていたわけですが…

まさかの本編的には2回目の方に伏兵が(笑)

いや、武志…かわいいよ。

ありがとう。

すごく心が癒されたよ…。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」76話のネット上の反応や評価は?

◇喜美子と八郎の仲直り…武志ええ子やね!

ドラまる
武志がいい子すぎて(笑)

言いたいことを言いあって、好きってことを時々確認する…

必要なんだね…だんだん照れるんだろうけど。

ラマちゃん
指の間から、ちゃんと見てる武志が、可愛くてかわいくて…。

あれは、笑うしかないわよね。

◇直子の思い

ドラまる
直子の帰ってこなかった理由が意外過ぎて…涙だね。
ラマちゃん
元気なお父ちゃんええなぁっていう喜美ちゃんがまた切なかったわ…。

◇新キャラ・鮫島くん

ドラまる
スマートなジャイアン…色みだけね(笑)

でも、彼は直子にとって、福の神なのか、疫病神なのか…

ちょっと心配だよね。

ラマちゃん
きっといい人よ…外で待てと言われて、文句も言わず、勝手に工房にも入らず、くしゃみして待ってるんだから…

寒いから、早く中に入れてあげて!!!

◇朝ドラ名物・夢枕はないんですね。

ドラまる
お父ちゃん、撮影終了ってことは、もう回想シーンだけってことだよね…。

朝ドラ名物、夢枕の撮影が残ってるってことはないんですね…。

ラマちゃん
何か…寂しいわ…。

あんなに琵琶湖に沈めたるって思ってたのに…。

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
高瀬アナも、今日は言葉少なめ…

だよね…。

こらえられないよ。あれは…。

ラマちゃん
あさイチは、厳密に受けではなかったけど…

でも、常治はAIで作りやすそうよね(笑)

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」77話の予告あらすじ

東京から帰ってきた直子(桜庭ななみ)は勤めていた会社を辞め、連れてきた同僚・鮫島(正門良規)と大阪で商売を始めると宣言。

喜美子(戸田恵梨香)たち家族を閉口させる。

そして八郎(松下洸平)からジョージ富士川(西川貴教)が信楽で実演会を行うことを聞く喜美子。

だが当日、武志が熱を出し、喜美子が残って看病することに。

一方、信作(林遣都)に呼び出された百合子(福田麻由子)は待ち合わせ場所で肩を抱き寄せられて…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」76話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
直子が商売…嫌な予感しかしないよ…

なんだかんだお父ちゃんそっくりすぎる直子だからな…

ラマちゃん
信作と百合子の話も、ここで!?

ううう見逃せない!

黒猫葵
波乱のフラグをドスドスと打ち立てて、年内は終わりそうですね…。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA