スカーレット|第12週・71話ネタバレと感想。常治の『息子が欲しかった』にウルっ! 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』71話が2019年12月20日(金)に放送されましたね。

ドラまる
さ~出来上がった作品の結果は如何に…。
ラマちゃん
早く気になる…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」71話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」71話のネタバレあらすじ

仕事を変えた常治(北村一輝)

長距離のトラック運転手の仕事は、骨身に応えているようです。

喜美子(戸田恵梨香)は、この転職の理由を知って、感謝していました。

姿勢を正し、常治にお礼を言いました。

「増築してくれたところ、完成しました。2部屋。畳も入ってます。うちと十代田さんの部屋…作ってくれてありがとうございました。」

「誰がおまえらの部屋やいうてん。」

「十代田さんもな、ホンマに申し訳ないって言うてました。」

「せやから、まだ、お前ら結婚するかどうか決まってへんやろ!」

「今日が発表です。今日が陶芸展の入選の発表やねん。」

その頃、丸熊陶業では…。

「全部出してや!」

加山(田中章)が、絵付け係の部屋の荷物の片づけを指示していました。

丸熊陶業では、絵付け火鉢の生産を更に縮小し、建築資材用のタイルに力を入れ始めました。

忙しい八郎(松下洸平)とは、打って変わって、更に寂しくなった絵付け係をしょんぼりと見つめます。

そこへ、八郎がやってきました。

「わかったん?発表の知らせやろ?」

神妙な面持ちの八郎に、喜美子は不安そうにしています。

その時、八郎が出したのは…。

「作った。ご飯茶碗や。湯飲みは喜美子が作ったんがあるやろ?これで毎日ご飯一緒に食べような。」

「え?」

「これからずっと!」

八郎が差し出したのは、夫婦茶碗でした。

つまり…。

「おめでとう♪♪入選おめでとう!」

そこへ、照子(大島優子)も飛び込んできました。

八郎は、肝心なところは照子に言われてしまい苦笑いを浮かべます。

その知らせは、すぐに川原家にも届きました。

しかし、その電話は、喜美子からではなく、いち早く話を聞きつけた陽子(財前直見)からでした。

みんな肝心なことを本人には言わせてくれないのも…ご愛敬でしょうか…。

その夜、八郎の受賞祝いにかこつけて、たくさんの人たちが川原家に集まりました。

めで鯛の差し入れに、あかまつから『結婚祝い』と『受賞祝い』の一升瓶2本の差し入れまで。

信作(林遣都)が担いできた一升瓶を見て、常治は苦虫をかみつぶしたような顔をしています。

「んなもん。受賞祝いだけでええ!」

「だめ!今日は『結婚祝い』も『受賞祝い』も両方やる約束やで!」

百合子(福田麻由子)は、常治をぴしゃりとはねのけます。

「信にい頼むで!」

「おう!って何がや!」

「ここで1回まとめんねん!」

突然の百合子のむちゃぶりにうろたえる信作でしたが、それを聞いて酔っ払い親父たちは、悪ノリ!

「お!やれ!信作!」

腹を決めた信作は、喜美子を八郎の隣に座らせます。

「ほな、ハチ!おめでとう!喜美子もおめでとう!それでは、みなさん!受賞とご結婚をあわせまして~!」

『おめでとう!』

みんなの声が重なり、拍手に包まれました。

そんな宴も終わり、常治は縁側で一人、アンニュイな表情を浮かべています。

そんな常治に、八郎はコップにそそいだ酒をもって隣に座りました。

「まだ、一緒に呑んだことなかったんで。」

「娘がな。娘が3人おって、男は俺一人で…。息子が欲しかったんや。喜美子を頼むな。頼みます。」

「はい!」

「ほら!」

そういって、常治と八郎はグラスを合わせました。

常治が、本当に2人の結婚を認めた瞬間でした。

あくる日、大阪から、亡くなった両親の代わりに八郎を育てたお姉さんがやってきました。

カフェ・サニーで初めての対面を果たした、喜美子といつ子(しゅはまはるみ)です。

「そうかぁ。川原八郎になるんやね。あ!式は、どないすんの?」

「特別なことは、せんことになってる。」

「披露宴も?」

「写真は、記念に撮ろういうことになってる。」

「え!?ええの?」

「いや、きちんとした格好で写真は撮るよ?」

「あんたに聞いてない!ほんまにそれでええの?」

いつ子は、喜美子が我慢をしているのではと心配してくれていました。

「はい!」

「こんなんでええの?優しいようで、頑固なとこあるで?陶芸の道、進みたい言うて、止めてもきかんかった!どうなるかわからんような道に進んだら、嫁さんも家庭も持てんかもしれん思うて、1人で生きていけるように、飯炊きから洗濯まで教えたった!あ!卵焼きは上手やってん(笑)」

「もうええわ(笑)」

「こんなんやけど、うちにとっては、自慢の弟や。大事な弟や。」

その後、川原家にも訪れ、喜美子の家族にもあいさつに来てくれました。

「よろしゅう頼みます。」

「こちらこそ。わざわざ足運んでいただきまして。」

「こちらこそ、よろしくお願いします。」

「よろしくお願いします!」

喜美子は、家族の前で誓いのように言いました。

「あの…大事にします。このご縁…一生大事にします。お姉さん、今までありがとうございました。」

そして迎えた写真撮影の日…

常治が作った離れを見て、東京から帰省してきた直子(桜庭ななみ)も大興奮です。

パーマは…少々失敗のようですが…。

「新しい畳や~」

そういって、ごろごろし始め、そんな直子とはしゃぐ百合子に、八郎はどうしていいかオロオロ。

その頃、母屋では、美容師をしているいつ子が喜美子の髪を結ってあげていました。

「へ~!着付けもできるの!」

「はい!大阪いたころに、教えてもらいました。」

「へ~!さすがに、着付けは八郎に教えんかったわ~!今度教えたって~♪」

「はい!」

「これ、どないすんのや!」

そこへ、着付けない紋付き袴に苦戦する常治があられもない姿で登場し、笑いを誘います。

「ほな、喜美子姉ちゃんのことよろしくお願いします!」

直子が、そんな殊勝なことを言っていました。

「百合子も言いや!」

「うちは、もう言うたもん♪」

「こちらこそ、よろしくお願いします。」

「何て呼ぶ?」

「そら、兄貴ぃや!」

「何で、そこで首ふるん?お兄さまや!

「気持ち悪いでそれ!兄貴ぃでええやん!」

喜美子の着付け中、そんな義妹たちに翻弄される八郎です。

そして、着付けも終わるころ、電話が鳴りました。

喜美子が受話器をとると…、相手は陽子でした。

実は、カフェ・サニーに、先日も八郎の件で来ていた、陶業研究所の橘(紺野まひる)が来ているというのです。

「ええ話なのよ!」

その話とは…明日に続く!

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」71話の感想は?

黒猫葵
肝心なことが、全部本人たちが言えないという…(笑)

八郎ももったいぶらずに言えば…照子にとられなかったのに(笑)

喜美ちゃんよりも先に、陽子さん電話してきちゃうし!

でも、ああやって、まわりがめでた~いモードになった方が、常治がいちゃもんつけられず、外堀埋まってよかった感じもしますね!

まぁ、増築した以上、最終的になんだかんだ理由つけて受け入れるつもりもあったのかもしれないですけどね(笑)

いやはや、しかし、お祝いにやってきった町の人たち…。

仲良しですよね~…。

そして、ちらりと映った信作と百合子の掛け合い…やっぱりお似合いだと思うんだけどな~…

百合子の尻に敷かれる信作…ちょうどええ…って思っちゃうのですが…。

そんなこんなな平和な物語の中、一番の見どころは、やっぱり祝いの宴の後の縁側で常治と八郎の酒を酌み交わす感じですかねぇ。

本当は息子が欲しかったっていう常治にウルっとしちゃいました。

姉妹のお父さんって、ちょっとそんなこと思うところもあるでしょうかね?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」71話のネット上の反応や評価は?

◇『息子が欲しかった』常治

ドラまる
常治…今日は何か、素敵だったよ(笑)

でも、本当増築しといて、入選しなかったら、認めないつもりだったのかな?

ラマちゃん
なんだかなんだ、いい人なのわかってたから、息子もほしいし…なんやかんや理由つけて、許してたような気は…するわね。

◇直子のパーマ

ドラまる
この時代のトレンドだからね!

でも、何というか…大阪らしいパーマっていう、今の目線で見るとそんな感じかな(笑)

ラマちゃん
そうかも(笑)

でも、直子を見て、「不細工にすんないうたやろ!」って怒った常治を思い浮かべてしまったわ(笑)

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
今日の高瀬さんは、時間が足りず…。

もっと高瀬さんに時間を頂戴!

ラマちゃん
あさイチの頭に乱入とかしたらいいんじゃないかしらね~(笑)

ほら、ラジオだとよくあるでしょ?前後の番組の頭かお尻に乱入(笑)

15分くらいなら、待てないかしら(笑)

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」72話の予告あらすじ

喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)の結婚を記念して家族写真を撮ることに。

ところが撮影直前、晴着姿の喜美子が電話で呼び出される。

あぜんとする家族を残して、家を飛び出していく喜美子。

向かったのは信作(林遣都)の実家のカフェ。客のひろ恵(紺野まひる)が喜美子の作った珈琲茶碗を気に入り大量の注文をしたいと頼まれる。

喜美子は未熟な陶芸技術に自信を持てず、ちゅうちょする。

すると同行した八郎がある宣言をする

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」71話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
無事、八郎さんの入選が決まってよかったよ。

ここで落ちるなんていうサプライズの可能性もあったからね。

ラマちゃん
喜美ちゃんのお着物、きれいだったわね~♪

すご~くしゅっとしてたわ!

でも、陽子さんの電話…大丈夫かしら…

ってか、陽子さん、今日が写真撮る日って知らなかったのかな?

黒猫葵
知ってたら、「今、大丈夫?」はないかなぁって思うので、さすがに知らなかったと踏んでます(笑)

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA