スカーレット|第12週・69話ネタバレと感想。喜美子と八郎の初キスは成功するのか⁉ 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』69話が2019年12月18日(水)に放送されましたね。

ドラまる
コーヒー茶碗、無事本焼きできるかなぁ…。
ラマちゃん
どうなっちゃうのか…気になってしょうがない。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」69話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」69話のネタバレあらすじ

「今日は、コーヒー茶碗を素焼きするで!」

「はい!」

喜美子(戸田恵梨香)八郎(松下洸平)大野(マギー)陽子(財前直見)から頼まれたコーヒー茶碗の次のステップに進んでいました。

「すごい寝ぐせやな!」

「最近な…。」

作業場での仮眠も増えているせいか、不思議な寝ぐせがついてしまうこともしばしば。

「どんな寝方してんねん!はよ一緒に寝たいな♪」

そんな屈託のない喜美子の一言にうろたえる八郎です。

「…そう言えば、妹さん結局会えなかったな。」

「1日しかおらんかったからな。でも、結婚したら、いつでも会える。ほやけど、あんまりうるさいから似顔絵描いたった。持ってきたで。見る?」

「おう!見せて!」

そう言って、出したのは、直子(桜庭ななみ)が買ってきてくれたノートです。

「これな、直子が土産で買うてきてくれてん。こんなん買ってきてくれるようになるとはな…立派な職業婦人や!で、これや!」

「うわ!雑!」

八郎は、見せられた似顔絵の雑さに思わず吹き出してしまうのでした。

素焼き終えたコーヒー茶碗20個は、その後釉薬をかけます。

釉薬をかけたら、最後の仕上げ、本焼きをします。

「何回やろうと。何年やろうと。この本焼きの瞬間だけは慣れん。もう二度と会われへんからな。さっきまで自分の手の中にあったもんが…」

「あぁ!次に会う時は、完全な焼き物になってあらわれるもんな。」

「自分の手から離れたら、最後の最後は、運を天に任せるしかないんや。陶芸の神様がいてはるとしたら、ここかもな。」

「ここかぁ。ほな頭下げとこ!」

「せやな。コーヒー茶碗、うまいことできますように!」

『よろしゅう頼みます!』

2人で頭を下げます。

そして、釉薬をかける前の、最終チェックを行っていきます。

八郎は、しみじみと喜美子の作ったコーヒー茶碗を見つめます。

「何?」

「いや。」

しかし、また1つ手に取っては、じっと見つめます。

「何?」

「いや。」

「気になるやん!何か問題でもあんの?これとこれ。何?」

八郎は言いにくそうに言いました。

「…本焼きしたら、割れる。」

「え?」

「見た感じな。」

「なんでわかるん?」

「せやけど、ホンマの所は、焼いてみなわからんで。」

「割れるんやろ?」

「う~ん。僕はそう見たけど…」

「ほなあかんやん!」

「大丈夫かもしれん。」

「そんなんあかんわ。どうしよう。2個割れる…時間無いなぁ。どうしよう。作る。今から急いで作るわ。」

大パニックの喜美子を落ち着かせるように、八郎は諭します。

「喜美子。気になること言うて、悪かった。」

「気になるに決まってるやん!」

「喜美子。よう聞き。とにかく焼いてみんことにはわからんのや。」

「そんなん困る。」

「それが陶芸や。どんな風に焼きあがってくるか、どんな色になってるか。焼きあがるまで、ゆったり構えて、待つしかないんよ。おおらかな気持ちで。」

「不安や。」

「不安を楽しみに変え。」

「ほやけど、うち、初めて作ったコーヒー茶碗や。それも人様に出すやつや。まだ、そんなおおらかな気持ちで構えてられへん。信作んとこ電話してくるわ。おじさんに今の状況伝えてくる。」

そう言って、作業場を後にする喜美子です。

大野に電話をして、確認を取った喜美子は、15日間に合えば2個減っても構わないと言ってくれたことを報告します。

そんな喜美子を待っていたのは、喜美子のノートに何かを描いている八郎です。

「何、描いてるん?」

「ん?喜美子の顔。似てる?」

「似てへん!カワイイ過ぎるわ!これ、2人のノートにしよか!」

「ん?」

「夫婦ノートや!」

「ほんで?」

「さっき、何か言いかけたやろ。」

「あんな。おじさんが、1個なんぼや聞いてきた。」

「お金はいりま…。」

「いりません。言うたよ。でもな、おじさんも頑なに『そういうわけにはいかへん。』って」

「そらそういうやろ。」

「うん。」

「ほんで?」

「結論から言うと、うちはいただくことにしました。十代田さんが作った10個はもらわへんよ。」

「当り前や。」

「うちが作った分だけ、うまいことできたやつは、材料費に少し色を付けていただくことになりました。」

「何でそんなこと勝手に。」

「おじさんの気が済まへん。おばさんも。信作もや。電話の向こうで、タダや言うわけにはいかへんって叫んでた。勝手に決めてきて、ごめんなさい。」

「わかった。」

「わかった?」

「わかったけど…」

「納得できひん?」

「受け入れます。」

「すみません。」

そして、八郎は決めました。

「お金のことは、結婚したら、お金のことは喜美子に任すわ!」

「そや!そうしたほうがええ!うちに任せたら安泰や!やっと気づいたか!」

そういうと、作業台に戻る喜美子。

「何するん?」

「2個割れてしまったら、申し訳ないから、お花の絵を描いてあげることにしてん。」

「どこに?」

「どこにしよう。おしゃれな感じで1か所。おばさんがな、『そらええわ!』言うて、うちのお茶碗、若い女の子に出すわ言うてくれた。十代田さん、先におむすび食べててええよ。」

「待っとく。」

「待っとく?ええ…ほな、何か楽しいこと言うて!」

「楽しいこと?」

「不安と緊張で気持ちが沈む。何か言うて。」

「賞を取るで!」

「ええな!」

「3月末に、受賞作品の発表や!」

「そこ書いて!」

喜美子は、直子の土産のノートを指します。

「ノート?ほな、3月末に賞とる書いとくか。」

「書いとけ、書いとけ!」

「ほんで、4月に結婚や。」

「うん。」

「結婚式どこであげよ?」

「式やらんでええんやない?うち、派手なこと嫌いや。」

「お父さんに相談やな。…と、その前に、姉貴に報告や。」

「大阪の?商売やってるいう。」

「髪結いから初めてな。美容院経営してんねん。」

「ご挨拶せな。」

「信楽に呼ぶわ。」

「わ~緊張する。」

「あ~緊張する話はあかんな(笑)5年後の話しよか。」

「お~飛ぶな!」

「5年後、2人の作業場ができる。」

「お!それええなぁ!それ、ええ話や!」

「2人の作業場に、2人の窯。夫婦窯や!」

「夫婦窯!」

「5年後は、2人で仲良く、そこで陶芸やってるわ。」

「それ、書いとけ書いとけ!」

「書いとく、書いとく!」

「2人の将来設計やな~。子どもは?8人?」

「5年で8人は計算あわん!」

「ほな~2人。」

「女の子2人かな?」

「男の子がええ!」

「ほな、男の子と1人と女の子1人。5年後は、僕の作品も売れてる。それで生活できてる。」

「ほんまにそうなるとええな。」

「ほんまにそうなるよう頑張るよ。予定通りやったら。」

「予定通りにしよな!」

「2人で新しい景色見ような。」

「うん。」

喜美子は嬉しそうに頷きます。

「もう少し、詳しく書いとくわ。3月、賞とる。4月、結婚。どこで暮らすかやな。」

「十代田さんとこでええやん。」

「ええ~あんな狭いとこ?」

「十分やん!そこで1年くらいお金貯めて、丸熊さん独立や!」

すると、突然、八郎がこんなことを言いました。

「キスはいつするんやろ?」

喜美子は驚いて振り向きます。

「え?…そ…そうやなぁ。キスとか、そういうのは…予定で言うたら…結婚式のあたりとか…ちゃう?」

そんな狼狽えた様子の喜美子に、そっと近づく八郎。

「全部予定通りはつまらん。僕も男やで。」

そう言って、八郎は喜美子に顔を近づけていくのでした。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」69話の感想は?

黒猫葵
えぇ。

まず、率直に申し上げます。

テレビの前の反応は、あさイチスタジオと全く同じでございました。

あのスタジオのようなテレビ前が、日本全国どの程度あったのか…。

想像を絶しますね(笑)

あさイチなった瞬間の近江ちゃんがプリティすぎました(笑)

これが、この間のプレミアムトークで話していた喜美ちゃんと八郎さんの15分だったんですかね?

すごいですよ。

今日は作業場に2人だけ…名前では、大野一家の名前は上がりましたけどね…あと直子か(笑)

個人的なツボは、喜美ちゃんの描いた雑な八郎さんの似顔絵に対しての、八郎さんの「うわ!雑!」ですね(笑)

今日のイラストだけで言ったら、八郎さんが描いた喜美ちゃんの似顔絵のほうが好きです(笑)

直子は、結局会えなかったんですね~

でも、結婚式には、また帰ってくるのかなぁ!

その時には、パーマあててるんでしょうか?

そこも見どころですが…

ひとまず初キスが成功したか、明日を楽しみにしましょう!

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」69話のネット上の反応や評価は?

◇初キス直前に、全視聴者が「はわわわわわわ」

ドラまる
いや~…これは、中々…

もう心臓がバクバクしてしょうがないよ(笑)

ラマちゃん
そうね~。

しかも、成功したか、明日に持ち越しなのよ…誰かが入ってくるような気がしてしょうがないわよ。

◇出演していないのに姿が見える

ドラまる
今日ね、本気で誰も映ってないんだよ(笑)

なのに、すごい…電話の向こうとか、八郎に会いたいとだだをこねた直子とか…ありありと…

ラマちゃん
本当ね~…

直子もきっと八郎とおんなじ反応だったような気がするわ(笑)

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
確かに、明日の高瀬さんの朝ドラ送りが楽しみすぎる~!

突発的なニュースがありませんように。

ラマちゃん
あさイチは、もう大盛り上がりだったね(笑)

近江ちゃんが、思わず台本で顔を隠しちゃったのが、可愛かったわ♪

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」70話の予告あらすじ

初キスした喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)は結婚に向かってまい進。

それぞれ10個ずつ作った珈琲茶碗を納品し、喜美子は自分の陶芸作品が売れたことに喜びを爆発させる。

陶芸展に出品する八郎の作品も完成。

喜美子は二人の結婚条件の入賞は間違いないと確信し、結婚後の生活に思いを巡らせる。

その様子を眺める常治(北村一輝)にはある秘密の計画が。

一方、信作(林遣都)と照子(大島優子)が喜美子を訪ねてきて…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」69話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
誰にも踏み込まれず、無事初キスを終えられるかなぁ。
ラマちゃん
ってか、作品!

作品は大丈夫?

黒猫葵
もう、色々気になります。

何はともあれ、本当に茶碗より先にこっちが爆発しそうでしたね。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA