スカーレット|第11週・65話ネタバレと感想。常治、マツの一言に心がほどける。 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』65話が2019年12月13日(金)に放送されましたね。

ドラまる
常治から、夢を諦めてほしいといわれた八郎さん。
ラマちゃん
さて、何て答えるのかしら…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」65話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」65話のネタバレあらすじ

「陶芸家になりたい言うのがあかんのですか?」

常治(北村一輝)の『夢』を追わず、『安定』を選んでほしいという喜美子(戸田恵梨香)に苦労をかけたくないという願いの言葉に、八郎(松下洸平)は、それを承諾しようとしました。

ところが…喜美子は納得がいきません。

「もう遅いわ。うち、もう見てるで。十代田さんと夢。お父ちゃんの許しをもろたら、映画見に行こな言うてんねん。美術展行ったり、絵画展いったり。」

「行ったらええがな。」

「陶芸家になるための勉強やで。感性を磨くんや。」

喜美子の言葉に常治は、苦笑いでお茶を濁そうとします。

「夫婦貯金いうんも始めたで。電気窯買おういう話した。2人でお金貯めて…専用の。陶芸家になって、独り立ちして食べていけるようになる。そういう十代田さんの夢を、うちはもう見てるんやで。」

「食べていけるようになるんは。大変や。苦労かけさせたないいう。お父さんの言うてはることもよくわかる。趣味でええ。趣味でやっていくんでもええよ。」

「ええことないよ!自分だけの色、出したい言うてたやん!陶芸展出品して賞とりたい言うてたやん!」

「ま!待てって!」

ケンカが始まりそうな2人を、常治は制します。

「ちょっとまてって!なんぼでも空いてる時間にやってもかめへん、言うてるやないか!」

「ものづくりは、そんな甘いもんちゃう!そんな片手間でできるんやったら、みんな陶芸家になってるわ!絵付け師になってるわ!お父ちゃんが仕事帰りに酒飲むのと違うんや!一緒にすなや!」

その喜美子の言葉に常治はちゃぶ台を返そうとしますが、それを八郎と喜美子が押さえます。

怒りをちゃぶ台で発散できなかった常治は座りなおします。

喜美子は涙をこぼして言いました。

「優しいで。お父ちゃんの思うてる以上に、優しいんやこの人。お父ちゃんがそんなこと言うたら、『わかりました』言うに決まってるやん。陶芸なんていうて、ほんまに…ホンマに…」

「辞めへんよ。辞めへんて。信楽の土、好きやし。ものづくり好きやし。自分だけの色、出したいいう気持ちも変わらへん。」

そういって、八郎はハンカチを喜美子に差し出しました。

しかし、そのハンカチを喜美子は八郎に投げ返します。

「投げるかな…ここで。受け取りぃや。」

そんな2人のやり取りを見て、常治は言います。

「ほな、辞めぇや。片手間ででけへん言うなら、辞めたらええねん。丸熊陶業辞めて、陶芸科なったらええねん!仕事帰りに酒飲むしかわからへん俺にはわからんわ!わからん世界に口出しして悪かった!な!もう、なんぼでも勝手に夢見たらええねん!おわりや!」

「ほな、そうします!」

そう答えたのは、喜美子でした。

「あほ!お前が答えてどないすんねん!」

「うちが支えます!」

「支える?」

「陶芸家になるまで、うちが支えます!」

「お前は、支えるの意味わかってんのか!お前、さっきから、自分中心でしゃべりっぱなしや!そんなんで、お前、1歩も2歩も下がってついていけんのか!

「1歩も2歩も下がらんでええんです!並んで歩いて行けたら…。」

「並ぶってお前!こっちは、さっきからしゃしゃり出て来とるがな!」

「しゃしゃり出てくるときがあってもええし、のうてもええし。」

「何言うてんねん!お前は!」

その時でした、マツ(富田靖子)が声をあげました。

「駆け落ち同然で飛び出したときな。…ええ?昔の話しても…。駆け落ち同然で飛び出して、泊まるとこのうて…橋の下で2人で雨…凌いだな。あれ、わくわくしたで。この先、どんなことが待ってるんやろう思うて…。わくわくしたで。うちは、いっぺんもあんたとの人生、失敗やて思うたことはないよ?」

そんなマツの言葉を聞いて、百合子(福田麻由子)も立ち上がりました。

「あの…気色悪い言うて…ごめんなさい。ごめんなさい。」

「あの…」

「もうええ!」

「座りませんか?話、終わってません。」

「もう、終わった!」

八郎は、食い下がります。

「僕は、まだ終わってません!聞いてください。例えば、4年前に陶芸展で入選した山田さん言う人は、僕の大学の8年先輩です。山田龍之介という名前で、今、陶芸家として活躍されています。」

「ほう。」

「信楽の人?」

「加賀の人や。こういう小さな湯飲みを作って、出すと1個5万で売れます。大学での初任給の2倍…3倍…。いや…それ以上の値段で売れます。」

その金額を聞いて、常治は驚きます。

「この湯飲みが!?」

「その湯飲みとは違うで。」

「わかってるわ!」

「なぜ、その湯飲みが5万で売れるか、わかりますか?それだけ、心が動いたからです。お金に換算して説明しました。僕は、人の心を動かすような作品を作りたい。僕の部屋に絵が飾ってあります。深野先生の絵と…もう1枚。」

喜美子には、その絵が自分の描いた絵だと、すぐにわかりました。

「秋口に、風邪ひいて、ご飯食べられなかったとき、その絵を見て、元気を出しました。誰かの描いた絵が、誰かの心を支えるように。僕も、だれかの心を癒したり、励ましたり…そういう…そういう…。すみません。ほんまにすみません。先ほどの約束見合わせてください。僕は、陶芸展に出品して、賞を取ります!陶芸家になります!一緒に夢を見させてください。お願いします。」

八郎は、言葉の途中から、こぼれてくる涙にも構わず、常治に喜美子と2人、夢を見させてほしいとお願いしました。

喜美子も合わせて頭を下げます。

「…十代田の姓は、どないすんねん。」

常治は、八郎に尋ねました。

「十代田の名は、兄弟が継いでくれています。川原八郎にならせてください。喜美子さんと一緒にならせてください!喜美子さんと結婚させてください!お願いします。お願いします。」

「お願いします。」

頭を下げる2人に常治は言いました。

「陶芸展で賞とったら、受賞祝いと結婚祝い…一緒にしたる。取れるもんやったら、取ってみ!」

「はい!」

「八郎さん…よろしゅうお願いいたします。」

「はい!」

「ありがとう…。」

こうして、ひとまずは交際OK(?)をもらえた2人は、陶芸展に向けて精を出すことにしました。

『今日から…。』

挨拶を交わした喜美子と八郎は、同時に何かを言いかけました。

「今日から…集中して、出品作品に取り組まんといかん。教えてあげる時間があんまり取られへんかもしれん。」

「うちのことは、気にしんといてください。そう言おう思うててん。うちは、まだ土と友達になること目指してるとこやし、こっちで邪魔にならんようやらせてもらいます。」

「ほな、そこの削りカス、好きに使うてええからな!」

「はい!」

八郎は、それでも喜美子を気遣っていました。

「聞きたいことがあったら、何でも聞いてええからな?十代田さんもいってな!納得いく作品が作れるように、うちにも何か手伝えることがあったら、手伝う!」

「いてるだけでええよ!横に…いてくれるだけでええ。」

そう言って、笑うのでした。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」65話の感想は?

黒猫葵
何と言うか…

すごい八郎沼っていうタグができてますけど…キュンキュンさせられます。

横にいてくれるだけでええとか…たまらんですね(笑)

しかし、今日の喜美ちゃんは、めずらしく子どもっぽい雰囲気だったのですが、それだけ気を許しているという描写なのかなぁ…なんて思ったり。

何はともあれ、ひとまずOKをもらった…感じですかね~

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」65話のネット上の反応や評価は?

◇常治を動かしたのはマツ

ドラまる
お母ちゃんに、後ろめたさがあったんだね…常治は。

そのお母ちゃんが幸せなんだから、いいんだよね♪

ラマちゃん
とはいえ、素直には認めないのが常治よね!

◇どうやら、ノワールの北村一輝さん

ドラまる
ノワールの北村一輝ぽいなぁって思ってたら、華丸さんが言っちゃうのがいいよね(笑)
ラマちゃん
そうなのよ。

ノワールが終わったからいいけど、結構濃く違うのが面白いわよね!

◇八郎さん…

ドラまる
ハチのまっすぐな言葉がいいね~!
ラマちゃん
この頃で考えたら、珍しいタイプだったんじゃないかしら?

◇本日の気になるイラストさんたちまとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
この日は、八郎さんがあさイチのゲストだったんだよ
ラマちゃん
いいお話がたくさん聞けたわね!

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」66話の予告あらすじ

常治(北村一輝)から課された結婚への条件、八郎(松下洸平)の陶芸展での受賞を叶えるため、喜美子(戸田恵梨香)は八郎を支えながら陶芸練習に勤しむ。

だが作品作りは思うようにいかず、出品期限が近づく。

喜美子は八郎を気分転換に信作(林遣都)の実家で、開店間近のカフェに誘う。

すると信作が見知らぬ女性と一緒にいるところを目撃。

さらに珈琲茶碗作りを頼まれる。

八郎に負担をかけることになり、悩んだ喜美子は断ろうと…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」65話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
八郎さんと喜美ちゃんやり取りも素敵だよね♪
ラマちゃん
マツさんと常治の感じもいいね!

常治の心を整えるのは、やっぱりマツさんなのよね!

黒猫葵
明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA