スカーレット|第10週・60話ネタバレと感想。心の通じ合った喜美子と八郎。しかし、タイミング悪く常治… 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』60話が2019年12月7日(土)に放送されましたね。

ドラまる
草間さんの素敵な格言を聞いて、完全に好きを自覚したような喜美ちゃん。

もうじれったくて見てられないよ!

ラマちゃん
お見合い大作戦の件もあるし…このあとどうなっちゃうのかしら。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」60話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」60話のネタバレあらすじ

喜美子(戸田恵梨香)は、八郎(松下洸平)から、熱心に陶芸を習っていました。

そして、初めての湯飲み茶わんが…思ったよりも簡単に形になり、喜美子はウキウキで素焼きして絵を描いてみようかと言います。

しかし…

グシャり…。

八郎は、喜美子の手から、湯飲み茶わんの形になった土をつぶし、ただの土の塊に戻すと、もう一度、自分一人でやってみるように、新しい土を渡します。

「何度でもやるんよ!練習!練習!」

「はい…。」

2人で、それぞれにろくろを回しながら、お互いを見つめます。

さて、夜になり作業場を片付けていると、話は喜美子のお守り…大阪に行くときに出会った昔の信楽焼の欠片の話になりました。

「古いっていつぐらいなんですか?」

「なんや、室町時代やって!」

「え!見せてください!」

八郎は、興味津々といった目で喜美子にお願いします。

「はい!うちも、見てもらいたいです!ほやけど…もう今日は遅いから…」

「そうですね…。」

『明日!』

2人の声がハモりました。

「ぜひ、明日日曜やし、見に来てください!」

こうして、八郎は川原家を訪れることに。

翌日、喜美子は近くまで八郎を迎えに行き、家に連れて行きました。

大野雑貨店の店じまいの在庫処分セールを見に行った常治(北村一輝)百合子(福田麻由子)も不在の中、東京にいる直子(桜庭ななみ)への手紙を書いていたマツ(富田靖子)は、喜美子が突然、男性を連れて帰ってきたことに驚きます。

「陶芸を習ってる十代田八郎さん!」

「え!こんなに若い…。娘がいつもお世話になっております!」

マツは、驚きながらも、八郎に挨拶をします。

うやうやしく、手まで洗って、その欠片を見せてもらった八郎は、一気にその欠片に魅入っていきます。

「室町時代やいうんですけど、ほんまかな…。」

「どうでしょう…。でも、ホンマにきれいや。見たことのない色や。どうやって、こんな色出したんやろ…。」

「室町時代の釉薬やったら、こんな色になったいうことやろか…。」

「いや、これは、一切そういうもんは使ってないみたいや…。」

「使うてないの!?」

八郎は、太陽光にあててみます。

「これは、ただ焼いただけやな…。」

「焼いただけでこんな色出るの!?」

「その時代の土と空気と水と…焼き加減か…。」

「炎の力?」

「せやな。二度と出せへん自然の色や…。」

そんな二人の夢中具合をマツは、ほほえましく見ていました。

「やっぱり、せっかくやから、こっちでお茶でも。」

マツが誘うと、八郎は言いました。

「いえ、本当にもう戻ります。今日は…夕方からお見合い大作戦なんで。」

「あ…せやった。忘れてた。」

「あら、参加するんですか?」

「信作に頼まれてな。」

すると、八郎は言います。

「はい。でも、ええ人に出会えたらええなって思ってます。」

その瞬間、喜美子の表情が曇りました。

「それでは、失礼します。突然お邪魔しました。」

そういって、帰ろうとする八郎に、無言でいる喜美子を心配してマツは声をかけました。

「喜美子?」

我に返った喜美子は八郎に挨拶をして見送りました。

そんな喜美子の表情を見て、マツは言いました。

「喜美子はどないすんの?お見合い大作戦。顔だけ出す言うてたから…。お父ちゃんも今日やいうこと忘れてるんかいな…。それにしても八郎さん、ええ感じの人やった。あんな人やったら、お見合い大作戦で、ええ人すぐにみつかるやろな。」

それを聞いて、喜美子は思わず八郎を追いかけました。

それは、喜美子の背中を押す、マツの作戦だったのかもしれません。

「十代田さん!これ…」

忘れ物を届けたような顔で八郎を引き留めると、思いの丈をぶつけました。

「あんな。あんな…?一回しか言わへん。お見合い大作戦行かんといてください。行かんといて!好きや!好きやねん!うち、あんたのこと!どう考えても、よく考えても好きやった。」

「あの!…あ…いや…。どうぞ。」

「あんな。ほやけど…うち…草間さんいう人がいてな。柔道教えてくれた。」

「え!?ちょっと待って。」

突然、話が不思議な方向に行きかけて、思わず八郎はストップをかけます。

「そういう人がいてはるなら…。」

「ちゃう!ちゃうねん!草間さん、奥さん探しててん。ずっと信じて探してたんやけど…。奥さん、他の人と暮らしててん。わかる?」

「わかる。」

「そん時、思てん。結婚してても、こういうことがあるんやなって。手をつなぐことより難しいことがあるんやなぁって。」

「手をつなぐことより難しいこと?」

「ほやから、うち、結婚とか…。」

喜美子は、草間の1件で結婚というものに、ほんの少し懐疑的になっているところがあったようです。

それを感じ取った八郎は、喜美子の手を取りました。

「離さへん。僕はずっと離さへん。離しません。抱き…。」

「抱き?」

「抱き寄せてもええですか?」

「あかん!」

「え?」

「泣くわ!」

「何で!?」

「好きやから!」

そんな喜美子の言葉を聞いて、ふきだした八郎は、優しく喜美子を抱きしめました。

「あかん。」

ところが…その時、喜美子の視線の向こうには…タイミング悪く…。

「な!」

唇を震わせる常治と、一緒に出掛けていた百合子、そして、荷物持ちをさせられる信作(林遣都)の姿があるのでした。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」60話の感想は?

黒猫葵
あかん!

泣くわ!

こっちもね!

甘酸っぱい~!!

しかし、草間さんの1件が結構喜美ちゃんの結婚観に侵食してたんですね~…。

だからこそ、結婚とか考えられないっていう喜美ちゃんの不安を理解した八郎さん…男でしたね~…。

抱き寄せるどころか、抱きしめてましたね~!

そして、わかりやすくいいタイミングで帰ってくる常治。

百合子はきゃってなって信作は「ハチ…」ってそっちにショックを受けてそうです。

今日は、今の所、その表情は出ていませんが、そんな顔をしていたはずと、来週に期待です。

お母ちゃん策士でしたね~。

恋には強いんですね(笑)

あの煽り方は、的確!って思っちゃいました(笑)

来週は1週間かけて、常治説得大作戦ってところでしょうか。

ところで、全然関係ないですが、スカーレットのあと、フジテレビへチャンネルを変えたら、何とちや子さんこと水野美紀さんが(笑)

ちや子さん!

喜美ちゃんが大変ですよ!

信楽まで来てください!

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」60話のネット上の反応や評価は?

◇喜美ちゃんと八郎さんが甘酸っぱ~い!

ドラまる
きゃ~ってなっちゃうね!

何で、今日土曜日なの~!!!

あさイチで朝ドラ受けしてほしかったよ~!

ラマちゃん
本当ね…何だかキュンキュンしたわ…。

名前を呼ぶ呼ばないの時の、結婚は…ってなってる喜美ちゃんの不安を今日の草間さんの話で、理解したからこそ男を見せたって感じだったわね!

◇常治の心境やいかに

ドラまる
本当、いいタイミングで帰ってきたよね…。
ラマちゃん
お父ちゃんの顔が…絶妙だったわ…。

百合子と信作の顔も見たかったけど…それは来週のお楽しみね。

◇ナイスアシスト!お母ちゃん!

ドラまる
お母ちゃん、ナイスアシスト!
ラマちゃん
いい煽り方だったわね~!

◇スカーレットは音楽も役者!

ドラまる
今日の常治のバックでかかってた、タッチっぽい曲が(笑)

いい味だったよ…。

ラマちゃん
音楽って結構印象に残るから、使い方って大事よね…。

◇喜美子が結婚に乗り気になれなかった意外な理由

ドラまる
喜美ちゃんにとって、草間さんの存在が大きいすぎるよね…。

てっきり、両親を見ててかと思ってたよ。

喜美ちゃんが結婚に乗り気じゃないの。

ラマちゃん
喜美ちゃんにとって、両親が指針じゃないということがよくわかる出来事でもあったわね…。

ところで、すでに出演が発表されている伊藤健太郎さんが喜美ちゃんの息子役で出演するんだけど、苗字が川原なのよね…。

やっぱりお婿さんに来るのかしらね…。

◇本日の気になるイラストさんたち紹介

◇次週予告まとめ

ドラまる
来週もてんこもりそうだね…。
ラマちゃん
そうね。

えっと…

  • 荒れる常治
  • 喜美ちゃん駆け落ち?
  • 信作に恋の予感?
  • 百合子、常治に嫌悪
  • 八郎、結婚挨拶
  • 直子の仕事姿
  • 照子産気づく

単純に気になることが7個

1個ずつ描いていたら、1日足りないわね…。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」第11週のあらすじは?

2019年12月9日(月)~12月14日(土)8時〜放送のドラマ『スカーレット』第11週のあらすじをご紹介します

帰っていく八郎(松下洸平)に精いっぱいの思いを伝えた喜美子(戸田恵梨香)。

しかし抱きよせられたところを常治(北村一輝)に目撃されてしまう。

引き離されて、懸命に八郎のことや陶芸のことを説明しようとする喜美子だが、怒った常治には通じない。

喜美子は、信作(林遣都)の手引きで、八郎の住まいを訪ねる。

真面目な八郎は、喜美子のことを真剣に考えており、二人の気持ちはいっそう寄り添って一緒になろうと決める。

丸熊陶業では、照子(大島優子)も喜び、喜美子は安心して、変わらず八郎に陶芸を学ぶことにする。

が、常治は八郎の挨拶をかたくなに拒み続け、マツ(富田靖子)や百合子(福田麻由子)は心配する。

そんな折、ついに照子に子どもが生まれる。

夜まで立ち会った喜美子を送ってきた八郎は、ついに常治への挨拶を許される。

将来は独立して陶芸家になりたいという八郎の夢に、喜美子の安定した暮らしを願う常治は反対する。

喜美子の猛反発とマツのとりなしの末、常治が出した条件は、八郎が陶芸作品で賞を取ること。

必死で取り組む八郎を、案じる喜美子。

そこに喫茶店の開店をひかえた大野(マギー)と陽子(財前直見)から、急ぎのコーヒー茶わんづくりの相談が…。

公式サイトより引用

「スカーレット」61話の予告あらすじ

八郎(松下洸平)に精一杯の思いを伝えた喜美子(戸田恵梨香)。

しかし抱きよせられたところを常治(北村一輝)に目撃され、怒った常治が八郎を殴り飛ばしてしまう。

喜美子は懸命に八郎への思いや陶芸のことを説明しようとするが、常治はまともに話を聞いてくれない。

すると信作(林遣都)の手引きで、喜美子は八郎の住まいを訪ねることに。

真面目な八郎は、喜美子のことを真剣に考えているが故、喜美子を帰そうとして言い合いに…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」60話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
甘酸っぱいからの、修羅場の予感!

常治は間違いなく八郎を殴り飛ばすね!

ラマちゃん
挨拶に来たら、ちゃぶ台もひっくり返るわよ。

間違いなく。

黒猫葵
それ以外にも、気になる事がてんこ盛りで、ずっと言ってますが、これも見逃せません。

来週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA