スカーレット|第9週・51話ネタバレと感想。喜美子、八郎への逆壁ドンさく裂! 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』51話が2019年11月27日(水)に放送されましたね。

ドラまる
フカ先生が去ることが決まってしまいました。

喜美ちゃんに言えない、1番さんと2番さんが切ない…。

ラマちゃん
百合子の進学問題、信作のお見合い…何だか盛沢山な予感…。

全部はできないわよね…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」51話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」51話のネタバレあらすじ

百合子(福田麻由子)の担任・寺岡(湯浅崇)は、常治(北村一輝)に、通知表を見せました。

とてもいい成績の百合子の通知表。

しかし、常治は見向きもしません。

それでも、寺岡は切り出します。

「県短に家政科が新設されます。百合子さんは、そこへの進学を希望しています。そのためには…」

喜美子(戸田恵梨香)は、思わず寺岡を止めます。

「あの!けんたん…ってなんですか?」

「県立短期大学の…。」

「大学!?」

百合子は中学生。

高校進学の話かと思いきや、またその先のことまで、百合子は考えていました。

「ごめんな…。初めて聞いたから…大学行きたいの?」

百合子は黙って、でも力強く頷きました。

「って!何が大学やお前!」

「短期大学です!」

「短期もくそもあるか!」

「もうええし!話聞こうや!」

喜美子は、常治の茶々に一向に話が進まないため、強引に制止し、話を促します。

「その、県短っていう大学に行きたいねんな?」

「家政科いうのがあんねん。新しくそういう科ができてんて。それでな、家庭科の先生になりたいねん!」

「教員免許が取れます!」

寺岡も援護射撃をします。

教員になるという事は、安定した収入を得ることができます。

「せやからな!県短行きたいねん!」

「そうか…そんなこと考えてたんやな。」

すると、進学について何も知らない常治が素っ頓狂なことを言いだします。

「100歩…200歩譲って、大学は行ってええ。でもな、高校はあかん。そもそも高校は行く必要がない。」

「何言うてんの?」

「『女に学問は必要ない!』」

「家庭科の先生になりたい言うてるやん!」

「先のことはええ、かまへんねん、別にな。今は、高校の話をしておんねん。な?高校はあかん言うてる。」

「何であかんの?うちも頑張るし!」

喜美子は、何とか百合子の願いをかなえるべく、常治に応戦します。

「また、先生の前で同じこと言わなあかんのか?うちのどこに高校やる金があんねん。何かい言わすねん。」

「昔とはちゃうやろ!今は、喜美子姉ちゃん働いてるし!」

しかし、常治は言います。

「喜美子かて一緒や。火鉢の生産、大幅に縮小されんねんぞ?」

丸熊陶業の社長が急逝し、照子(大島優子)の婿である敏春(本田大輔)が社長に就任したあとのことがどうなるか…みんな戦々恐々としていました。

「でも、絵付け係はなくならん言われてる!うちの仕事はなくならへん!」

「そうや!お姉ちゃんは、信楽初の女性絵付け師や!」

「僕も、新聞見ましたよ!」

「何が仕事や、ばかばかしい。あのね先生、こいつは、ミッコーやのうて、キュウちゃんなんですわ。9番目の弟子なんです。1人前みたいな顔してますけど、給金かて、1人前には程遠い。」

「それは…弟子だからですか?」

「そうです。」

喜美子は、そういう常治に割って入るように言いました。

「ちがう。中学しか出てない女やからや。」

「弟子やからや!」

「女やし、学もないからや!」

「弟子やからや!9番目の!」

「女やし、学もないからちゃうの!」

「弟子やからや言うてるやろ!」

常治は、強引に話を切って言います。

「この先、どうなるかわからへん。こいつの仕事も、お父ちゃんの仕事もや。…そういう事ですわ。すんまへん。」

その夜、蚊帳の中で姉妹2人は、話をしました。

「寺岡先生懐かしかったわ…。ちょっと痩せたんちゃうかな?」

「1回太った言うてたよ!一度、別の学校赴任してた時に、教頭になるならへんで、すっごい飲まされたんやて。」

「ほんで、教頭にならんと戻ってきたんやな(笑)」

「喜美子姉ちゃんのことは、よう覚えてるいうて、高校行かせてあげたかった…いうてたよ。勉強できたし、しっかりしてるし、絵ぇも上手でな。どうしてるんやろう思うてたんやて!せやからな、新聞にお姉ちゃんが載った時、新聞、学校に持ってきてな!『僕の教え子や!中学しか出とらんでも、こんなに立派になりました!信楽初の女性絵付け師ですぅ!』言うて…でっかい声でな。」

そこまで話すと、百合子は不意に表情を暗くしました。

「ごめんなさい。」

「何でよ。」

「今日…恥かかすようなことになってしまって…一杯稼いでる思うてた。アホやな…うち。テレビジョンそろそろ買えるんちゃうかって、思うてたわ。」

「稼ぐで~!これから。県短もいかしたる!家庭科の先生になったらええ!」

しかし、力なく首を振った百合子は言いました。

「…もうええ。うちも中学でたら、働く。働くわ。任しときぃ!」

喜美子は、その全てを諦めたような表情を浮かべる百合子に何も言ってあげられませんでした。

その翌日のことです、出勤した喜美子を八郎(松下洸平)が待っていました。

「深野先生は、何時ごろお見えですか?」

「あ~どうやろ…9時ごろやろか…。」

「ここで待たせてもろてええですか?」

「あ~はい。中、入ります?」

「いえ、ここで。」

喜美子は、不思議に思いつつ、声をかけます。

「やっぱり、そこに突っ立ってられると…どうぞ。」

そう言って、中へ招くと、八郎に座ってもらい、掃除を始めました。

「深野先生は…お独りですか?その…ご結婚とかご家族とか。」

「あ~以前はどうかはしりませんけど、今は独りや思います。丸熊さんが用意した部屋に1人で住んではりますし。ご家族は…ご親戚の方とかは、遠方にいらっしゃるみたいですけど。」

「そうですか。」

八郎の質問の意図が分からず困っていると…。

「寂しいですよね…。」

「え?」

「肝心なことを聞き忘れてしまって。…深野先生、いつまでおられるんかお聞きしとうて…。」

「えぇ??」

「あ…ご本人に直接お聞きしますから。」

「いやいやそこまで聞いといて…今、何て言いました?」

喜美子には、八郎の話が、全く理解できません。

「えぇ?寂しいですよね?」

「まどろこっしぃなぁ!何、言いたいねん?フカ先生に、何か聞きたいことあるんやったら、代わりに聞きます!」

「え?なんで?」

「うちのほうが、先生と付き合いが長いですから!」

「そうですね。」

「そうです。」

八郎は、喜美子に尋ねたいことを伝えました。

「ほな…早々に旅立ついうてはったから、火まつりの時には、もういてはらへんのですか?」

「へ?」

「おいでやったら、松明担いで歩くのも、ご一緒させてもらえないか…思いまして。先生は、そういうのやらはりませんか?」

「そういうの?」

「丸熊陶業は、喪中やからやりませんか?」

「松明担いで火まつりを一緒に歩かせてもらいたいなって…その、思い出作りに…。」

「思い出作り?」

「深野先生と僕と…川原さんも一緒でも構いませんよ?その代わり、先生→僕→川原さんの順番で。」

ここまで来ても、喜美子には話の全貌がわかりません。

「待ってぇや!話が、どんどん見えんようになってってる!うち、ちょっと迷子になってるわ!」

「何いうてますの?」

「ちょっともっかいいうて下さい。」

「せやから、一緒に歩きたいんです。最後やし!!」

「え?最後って何?」

「せやから、先生が!」

「せやから、何で先生が!?」

「信楽を去るいう話!」

「え?」

「え?」

「先生が?し…信楽を去る?」

八郎は、ここまで話して、ようやくわかりました。

喜美子が、まだその話を知らないことに…。

「ご存知じゃなかったんですか?」

「教えてください!どういうこと?」

「ご…ご存知なかったんやったら…。」

八郎は、余計なことを言ってしまったと思い、後ずさり、逃げるように絵付け係の部屋をあとにしようとします。

しかし、喜美子は負けません、前に立ちはだかると。

「待ちなさい!十代田さんは、何を知ってんの?」

「いや、こんな大事なこと、僕の口から言うてもうたら…。」

「言うてください!」

「ずるいわ!いうてや!おしえてや!ずるいわ!」

喜美子は、八郎に逆壁ドンをかまし、話させようとするのでした。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」51話の感想は?

黒猫葵
当時の県立短期大学は、高校出てなくても行けるんですか?

そんなわけないですよね…。

知識がないって怖いです。

短大はいいけど高校はダメって…

寺岡先生、まずはそこをちゃんとツッコんであげてください。

知らないことで、もっと恥かくんですから、常治…。

教員免許取って、「こ・う・む・い・ん」になった方が、絶対安定するのに…。

見合い話の過程で、今時、中卒の女なんてアカンやろ(笑)って、いけ好かない野郎にコテンパンにやり込められたらいいのに。常治。

喜美ちゃんが可哀そうな話ではありますが、常治のこっちこちの固定観念を崩すには、それくらいの荒療治が必要かもしれません。

そして、ここにきて、八郎から聞かされてしまったフカ先生の旅立ち…。

あの壁ドンは、重要な情報を知っている八郎へのものだったんですね~。

あのボタンの掛け違いみたいな会話…

「まどろこっしぃなぁ!」

視聴者も、みんな思いましたよね(笑)

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」51話のネット上の反応や評価は?

◇百合子の進学問題

ドラまる
このまま流れたりしないよ!

恐らく、火鉢は減るけど、植木鉢に絵をつけるって展開はありそうな気がする。

ラマちゃん
フカ先生の旅立ちは確定だけど、1番さんと2番さんはどうするかな…。

もし、喜美ちゃんが一人残ったら…喜美ちゃんはその時昇給くらいの交渉はするような気がする…。

で、何とか高校進ませてあげられないかな…。

とはいえ…そうすると…

信作と百合子が、もし結婚するとしたら…。

信作の結婚は、あと5年は先かな(笑)

いや、わかんないけど。

◇喜美子、八郎のショートコント!

ドラまる
あ~じれったい!

って叫んだよね(笑)

ラマちゃん
アンジャッシュのコントみたいだったわね…。

壁ドン…男前だったわ~

◇本日の気になったイラストさんたち紹介

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
壁ドンの元祖って(笑)

でも、大吉先生の言う通り、腕、決まってたね(笑)

ラマちゃん
確かに、思ってたより、話が動かなかったわ…

明日は、超ムービングサーズデーかもしれないわね!

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」52話の予告あらすじ

喜美子(戸田恵梨香)は八郎(松下洸平)から絵付けの師匠・深野(イッセー尾形)が会社を辞めて、長崎で若い絵付け師の弟子になると聞く。

まさかの事態に喜美子は動揺し、自分も会社を辞めて、深野の後を追うかと悩む。

その後、深野本人から事の成り行きを聞かされ、二人の兄弟子からもそれぞれの今後を教えられると、喜美子は複雑な気持ちに。

恒例の信楽・火まつり本番が近づく頃、喜美子の決断に残された時間は無くなって…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」51話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さ~。

喜美ちゃんは、今後につながる大きな決断の時が近づいてきたよね!

ラマちゃん
喜美ちゃんに信楽を離れるっていう選択はないような気がするんだけど…

それでも、どんでん返しがある?って疑っちゃうわ!

黒猫葵
ムービングサーズデーの動きに期待しましょう!

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA