スカーレット|第9週・49話ネタバレと感想。 丸熊陶業の社長がまさかの急逝…喜美子はどうなる…【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』49話が2019年11月25日(月)に放送されましたね。

ドラまる
さ~何だか…きな臭い風が…。
ラマちゃん
また波乱の幕開けになるのかしら…。

さ~今週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」49話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」49話のネタバレあらすじ

丸熊陶業に新しい社員がやってきました。

その中の1人、八郎(松下洸平)は、深野(イッセー尾形)に、かつて自宅に家宝のように飾ってあった深野の絵を、戦後の苦しさから、闇市で売り、白いお米とたまごに換えたことを謝りに来ました。

その時、聞かされた絵の雰囲気を想像しながら、喜美子(戸田恵梨香)は描きました。

八郎に渡すつもりは、ありません。

渡すつもりは。

丸熊陶業では、あたらしい若い人たちが来たのを機に、簡単な朝ごはんも出すようになりました。

八郎が朝食をとっていると、社長に飲まされたという深野がお茶をもらいに来ました。

というのは、口実で、八郎が朝食を食べていると思い、あるものを届けに来たのです。

それは、深野が八郎から聞いた絵を思い出して、描いたものでした。

「こんなん描いていただいて…ええんですか?ありがとうございます!肌身離さず、…家に大事に飾らせていただきます!」

八郎は大喜びでした。

さて、喜美子はというと、昨晩描いた絵を何となく職場まで持ってきてしまいました。

その時、突然、思いがけず八郎が作業場へ。

「これ、ここでいいですか?」

食堂で朝食をとっていた八郎は、八重子(宮川サキ)の代わりにお茶を持ってきてくれたのです。

「あ!あの!」

作業場を後にする八郎を、喜美子は慌てて追いかけます。

そこへ、1番・池ノ内(夙川アトム)2番・磯貝(三谷昌登)が出勤してきたので、喜美子は、部屋の掃除は終わっているからと、少し時間をもらい、八郎を追いました。

商品開発室の前で、鍵を探す八郎。

「え?ないんですか?」

ところが…。

「あ!まだ、ここ鍵かかってなかった。」

「なんや(笑)」

「あ…ちょっと中、見てみます?」

八郎は喜美子を誘いました。

喜美子は、興味津々で中に入りました。

「ここで何してはるんですか?」

「名前の通り、新しい陶器の開発です。僕の役割はその試作品を作ることなんですが、今は、その準備段階です。あ!ところで、何か。」

「あ!やかんありがとうございました!」

「いや、そんな!」

「ありがとうございました。ほやけど、もうしんといてください。」

八郎は、驚きました。

「うちの仕事です。ついでや言われたら、つい甘えてしまいます。また、明日ももってきてくれへんやろか?ほな、あさっても…。どんどん、甘えが入ってきます。仕事いうのは、甘えが入ってはあきません。うちは、まだ下っ端なんで、自分の仕事は自分で。すみません。ご厚意でしてくださったのに。」

「いえ、そのとおりやと思います。余計なことをしてしまいました。」

「いえ…あ!でも、十代田さん、一番下なんやったら、ここのお茶、用意せなあかんのとちゃいます?あ!今日はうちが。」

「あ!ほんまや。いや、自分の仕事は自分で。」

喜美子の言葉を借りて、そういった八郎と笑い、もう一つの用件を切り出しました。

「あの…深野先生の絵の話…描いてみました。どうです?」

「…嬉しいです。」

「何か…うち、よう考えたら差し出がましいことを…。」

「ほんまに嬉しいです。もろうてもいいんですか?」

「もらってくれるん?」

「もちろん!ありがとうございます。」

八郎は、喜美子からのまさかのプレゼントに、本当に嬉しそうな顔をしています。

「絵、上手なんですね。」

「はい!」

「『はい』って(笑)」

あまりに素直に肯定する喜美子に、八郎は思わずツッコミを入れます。

「好きなんです。描くのが。」

「わかります。」

「ほやけど、こんな風に描いたん初めてかもしれん。十代田さんの話を聞いて、描かずにはいられませんでした。」

「大事にします。ありがとう!」

「もろうてくれて、うちも嬉しいです。ありがとう。」

八郎は、先日のマスコットガール・ミッコーの件で突っかかった物言いをしてしまったと深く頭を下げました。

「何や…色々突っかかるような言い方して、ほんますみませんでした。」

「ほんまやで~(笑)」

「すいません。」

「ほな、うち戻りますね!」

「あ!僕もやかん!食堂へ!」

そういって、2人が部屋を出てきたときです。

青ざめた顔で番頭の加山(田中章)がやってきました。

「あ!川原さんも!ちょうどええ。絵付け係にも連絡してください。今日は休みにします。社長が急病で倒れました。」

「え?」

そして、そこへ、陶工の西牟田(八田浩司)が加山を探してやってきて言いました。

「亡くなられました。」

喜美子は、大慌てで絵付け係に戻ります。

「社長さんが…。社長さんが亡くならはりました。」

その連絡は、信楽の街中に回りました。

大野雑貨店の電話口では大野(マギー)も、陽子(財前直見)も、ちょうど帰宅した信作(林遣都)も驚きを隠せません。

丸熊陶業の社長の突然の死に、皆大騒ぎとなりましたが…。

秀男(阪田マサノブ)は、先代が亡くなった時に、自分の時は静かに見送るように、金の無駄だと口を酸っぱくするほど言っていたようで、家族葬でというのです。

そのことを、信作が川原家にも連絡に来ました。

「みんなどないするて?」

「尊重しよういうことになってるんですが、何もせんわけにはいかんやろう言うて、今あかまつに集まってます。親父も行きました。」

「ほな。俺、行ってくるわ。なんぼ包むかとかいうてはったか?」

「それも含めて相談しよう言うてました。」

常治(北村一輝)も慌ててあかまつへと向かいます。

「うちもいく!」

「なんでや!」

「うちかて、丸熊陶業の社員やで!照子も心配や。」

「子どもはすっこんどれ!」

そんなやり取りを聞いて、信作も言います。

「俺も、店番してろ言われた。照子は、心配すんなって。」

「信作は、まだええわ。うちのはマスコットガールやで。」

「何でしってんの?お母ちゃん、新聞みせたん?」

素知らぬ顔をするマツ(富田靖子)です。

「飲みすぎないでよ!」

「こんな時に、飲まんとやってられるか!」

「こんなときやから、底なしになるやんか!」

「ほんまよ。丸熊陶業の社長さん言うたら、お父ちゃんと同じ年くらいやない!他人事やないよ?飲まんといて!」

喜美子や百合子(福田麻由子)にもやいやい言われ、常治は面倒くさそうにあしらいます。

「大丈夫やって!」

すると、突然、信作が叫びました。

「伊賀のばあちゃんも5分前まで大丈夫やった。いきなり倒れて、そのままです。俺が見つけました。出かけようとしてたんやろうな…ちょうどこんな辺で倒れてました。人って、こんな簡単に亡くなるんやって思いました。」

「気ぃ付けてな。」

「気ぃ付けてな。」

「気ぃ付けてな。」

「気ぃ付けてな。」

川原家の女性陣となぜか信作にまで心配されて見送られる常治なのでした。

照子に会えたのは、それからしばらくしてからのことです。

丸熊陶業の社長が亡くなったことは、喜美子にも大きな変化をもたらすのでした。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」49話の感想は?

黒猫葵
いやはや、月曜の朝からヘビーでしたね。

喜美子と八郎の誤解が何となく溶けて、良い雰囲気になってからの…。

照子パパの急逝のしらせ…。

代替わりは、色んな問題が起こる時ですよね。

まして、代替わりするということは、照子の旦那様の敏春さんが社長になるということ。

敏春さんは、古いものを一掃しようとやっきになってる節があるので、フカ先生のピンチです。

ミッコーがいるからとかいう意味わからん理由で、フカ先生を切りかねない。

ミッコー一人になったら、手が回りませんけどね?その辺はわかってます?っていう気持ちはあります。

多分、喜美子を切ることはしないと思います。

喜美子が出ていくなら話は別ですが、そっちは引き留めるような気がしてますからね。

とはいえ、常治の仕事にも影響がでる可能性がありますから、それも心配です。

いやはや、心配しか出てきません。

せっかく、月曜の朝から、喜美子と八郎の甘酸っぱい雰囲気にほっこりしていたのに…

まさかでしたよ。

でも、そんな重たい雰囲気の中、信作がまた少し緩めてくれましたね…。

常治が、丸熊陶業へのお香典などの相談に親父衆が集まってると聞いて、悲しいけど飲めるみたいな感じで出ていくのを女性陣が心配を口々にいうところで、信作の伊賀のおばあちゃんが亡くなっているのを発見したのが、信作だという事が語られました。

多分、『長なる話』の序章だったのでしょうが…。

そして、それを聞いた、マツ、喜美子、百合子に「気ぃ付けてな。」って言われて、最後になぜか信作まで「気ぃ付けてな。」っていうシーンは…。

思わず吹き出してしまいました。

「何でお前まで。」

そんなことを思っているであろうことが、完全に顔に出ていた北村一輝さん、すごいって思いました(笑)

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」49話のネット上の反応や評価は?

◇粋な師弟

ドラまる
素敵ですね…。

フカ先生が、こそってあんまり人のいないときに渡すのも素敵だし…。

ラマちゃん
フカ先生の絵を受け取ってるのに、喜美ちゃんの絵を嬉しそうに受け取ってくれる八郎さんも素敵だし。

誰かのために絵を描きたいった思った喜美ちゃんも素敵だし…。

いいね!って連打したいわ(笑)

『へぇボタン』みたく、『イイねボタン』があったら、テレビの前で押しまくるのに(笑)

◇何となく甘酸っぱい雰囲気を感じました

ドラまる
八郎さんの何とも言えない嬉しそうな表情が、何かぐっと来ちゃったよ。
ラマちゃん
喜美ちゃんが家族以外の誰かのために絵を描いたのって、初めてじゃないかしら・…。

あ~これからの展開が気になる!

◇信作ありがとう

ドラまる
今日のラスト5分…

この重たい空気を少しだけ、ふわっとさせてくれた信作…ありがとう。

ラマちゃん
うんうん。

信作の役割って、かなり重要よね!

◇目の付け所が素敵

ドラまる
そっくり!
ラマちゃん
本当ね!

何か親しみを持ってみてたけど…そういうことだったのね…(笑)

◇本日の気になったイラストさんたち紹介

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
重たい雰囲気からの、華丸さんのメイク顔に、ふきだしちゃったよ(笑)
ラマちゃん
重たい空気になりすぎず、ちょうどよかったんじゃないかしらね♪

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」50話の予告あらすじ

丸熊陶業の社長が急逝。葬儀が終わり、落ち着いた頃、喜美子(戸田恵梨香)は父を亡くした照子(大島優子)を慰める。

すると照子から妊娠を打ち明けられ、さらに代替わりした新社長・敏春(本田大輔)の方針で、会社の改革が予定されていると聞く。

その影響は絵付け係にも及ぶと聞き、喜美子は気が気でない。

家に帰ると、妹・百合子(福田麻由子)から進学の相談を持ちかけられ、幼なじみ・信作(林遣都)のお見合い話も浮上して…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」49話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
何だか、明日も情報量の多い回になりそうだね~。
ラマちゃん
毎日、ハラハラドキドキさせられっぱなしだわ?
黒猫葵
代替わりということで、喜美ちゃんにも間違いなく影響はあるでしょうし、そんな中、信楽の子ども達にもいろんなことが起こりそう…。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA