スカーレット|第8週・48話ネタバレと感想。八郎の怒りとフカ先生への涙 に共感!【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』48話が2019年11月23日(土)に放送されましたね。

ドラまる
喜美ちゃんのマスコットガールな記事に、不本意そうな喜美ちゃん。
ラマちゃん
周囲の反応が気になるわね…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」48話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」48話のネタバレあらすじ

喜美子(戸田恵梨香)が丸熊陶業のマスコットガールとして祭り上げられた新聞記事が掲載されました。

食堂には、その記事が掲示されています。

その記事には、師である深野(イッセー尾形)の『ふ』の字も入っていませんでした。

しかし、当の深野や1【池ノ内】(夙川アトム)2番【磯貝】(三谷昌登)は、きれいに着飾って写真を撮られた喜美子を見て…。

「きれいな写真や!いや~タヌキが化けてるんか思うたわ(笑)」

「誰や~?」

「ミッコーや~!」

笑ってくれました。

丸熊陶業には、お祝いの花がたくさん届いていました。

さて、そんなことになっているとは露知らず、東京から常治(北村一輝)が戻ってきました。

まだ日が高いうちからお酒を飲みだし、直子のことには一切触れず、同じことばかり言いました。

「ほんでな、蒲田いうのがな、これ、名前も、何やけったいいうかなこれ!蒲田な、蒲田。これ、お前、だ~けったいいうかな…。」

蒲田さんという人の話なのかと思いきや、それは直子の住む寮がある町の名前だと知りました。

そして、3回同じことを話して、酔いつぶれて眠る常治は…。

「直子…。」

翌日、約束通り、八郎(松下洸平)が訪ねてきましたが…。

先日とは打って変わって、無言です。

「あの…できました。」

「すいません。ありがとうございました。」

「あの~…なんで怒ってはるんですか?前に会うた時と感じが違います。」

喜美子は、思い切って尋ねました。

「怒ってるつもりはありません。」

「もともとそういう感じですか?違いますよね?いや…ええですけど…。元々そういう感じなら、そういう感じで行きます?」

「そちらも…前に会うた時と違います。マスコットガールやとは知りませんでした。ホットケーキが食べとうて、絵付け師になりはったんですか?お名前も確か…川原さん…川原喜美子さん。そしたら、カワちゃんか、カーちゃんか、せいぜいきいちゃんじゃないですか」

「確かに。」

「ミッコーってなんですのん?」

喜美子は、八郎の不機嫌な理由が新聞記事だとわかり、心がざわつきます。

「あの、新聞記事で怒ってはるんですね。」

「丸熊陶業の絵付け火鉢言うたら、ミッコーやそうですね。」

「違います。」

「そう書かれてます。」

「フカ先生です!」

「フカ先生言うんですか。」

「深野先生です。」

「知ってます。深野心仙先生です。日本画の。芸術賞受賞もされたこともある有名な。それを…記事には、先生のことも触れてなくて失礼やないですか。ミッコーは、ホットケーキのほうが大事ですか?」

八郎の言葉に、喜美子は自分の力でどうにかできることではなかったことを訴えます。

「そんなことあるわけないですぅ!」

「一番好きな食べ物やかいてありました。」

「適当に書かれたんです。」

「適当?」

「もうミッコーでもアッコーでもしゃあないです。うちが悪いんです。適当でもええ思うてしもうたから。こんな騒がれる思わんかったし。こんな怒る人が出てくる思わんかったし。」

「怒ってるつもりはないんです。あの新聞記事、腹が立ってしもて…。」

「それを怒ってるいうんちゃいます?」

「川原さん。これ、せっかく直してもろうたのに、なんやかんや言うてしもうて、すいませんでした。ありがたく着させてもらいます。」

数日が経って、いまだに貼られている自分の記事に、喜美子は嫌気がさしていました。

「やっぱり、これはがしてもらいます。適当なこと書いてあるし。」

「信楽初の女性絵付け師いうのはホンマのことや。細かいことはええ。堂々としてたらええ。」

「喜美ちゃん!お花やお酒もよ、偉い届いてたな!」

「うちの近所の人もよ、えらい大騒ぎやったで!」

食堂の八重子(宮川サキ)緑(西村亜矢子)も、すごい反響だと笑っています。

そこへ…。

「川原さん!すごいですよ!」

番頭の加山(田中章)も飛び込んできました。

「今、川原さんが作った絵付けの火鉢ができたら欲しいいう注文が続々と来ています!時代は、深野心仙からミッコーの時代ですな!ほな!」

加山は、のんきに浮かれて食堂を飛び出して行きます。

全員の表情が凍り付いたのにも気が付かず…。

そんな昼食の後、1番と2番は、深野に自分たちのデザインを見てもらっていました。

そこへ、八郎がやってきます。

「あの…最初にここにご挨拶に来た時、ほんまは言おう思うてたことがあります。緊張してしまって、ちっとも言えませんでした。今日、改めて、言わせてもらいます。実は、深野先生のお描きになった日本画が僕の家にずっと飾ってありました。すみません。いきなりこんな話。いや…あの…よろしいでしょうか。お話して。」

「ええよ!どんな絵?」

「鳥が飛んでます。山があって、水辺があって…こっちのほうから、日の光が…。鳥は2羽飛んでました。祖父が、日本画が好きで、何やようやっと買えた言う思い出の一枚で。床の間に、ず~っとその絵が飾ってありました。祖父が亡くなった後は、形見や言うて、大事に大事に。」

「そうか…ありがたい話や。」

「いえ。それを白いご飯に換えました。僕が11の時です。僕が売りました。闇市いって…先生の…大事に飾ってあった先生の絵を…一番高う買うてくれる人を探して、探して売って…ほんで…これぐらいの白いお米とたまご3個に換えて、『美味しいなぁ。美味しいなぁ』いうて…うちのもんみんなで食べました。今回、こちらに来ることになって、絵付けの絵をお描きになってるのが、深野心仙いう、昔日本画描いてた先生やわかって…ああ…これは、もう偶然ちゃう。必然かもわからん。お会いしたら、頭下げよう思うてました。先生の大事な絵をすみませんでした。先生の絵のおかげで、白いご飯、卵…ほんまにありがとうございました。」

八郎は、涙をこぼして頭を下げました。

「まぁまぁ。」

深野は、そんな八郎の背中をさすります。

「若い頃の、名もない絵や。忘れんとってくれて、ありがとう。」

「すいませんでした。」

その夜、喜美子は、そんな八郎を思い出しながら、修行に励みます。

そして…

『鳥が飛んでます。』

『山があって。』

『水辺があって』

『こっちのほうから、日の光が』

『鳥は2羽飛んでます。』

八郎の話を想像して、鉛筆を走らせるのでした。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」48話の感想は?

黒猫葵
これは嫌な予感しかしません。

フカ先生とのお別れが近づいてる予感です…。

BK名物…穏やかな日々はスキップされて、事件がやってくる…

まんぷくで学習していたはずなのに…(汗)

恐らく、これで喜美子の思いとは裏腹に、ミッコーだけが独り歩きして…

敏春によって、フカ先生は丸熊陶業を追われる以外の展開が思い浮かびません。

少なくとも、喜美ちゃんが、信楽を離れることはできないと考えているはずですから、遠からずまた師と別れがやってくる気がします。

そうして、また一つ成長するのでしょうか…。

喜美ちゃんを作るのは、出会いとさよならですからね…。

そして、フカ先生を前に、ソワソワする八郎さんの理由がわかりました。

戦後の闇市でフカ先生の絵を売るしかなかった後悔を懺悔したかったんですね…。

でも、フカ先生は多分、自分の絵が八郎さんの一家の腹の足しになったのなら、喜んでいるような顔でした。

ところで、一番高う買うてくれたのは…まさか…世良なのではと思ってしまいました(笑)

新聞記事が出て、喜美ちゃんがずっとつらそうな顔してるのが不憫でなりません。

というか、本当に常治は気づいてないんでしょうか…

だとしたら、相当うつけですが…

常治なら、そんな気づかんわけ…あるかも…ってなりますね(汗)

でも、多分、「見たで~!喜美ちゃん、すごいな~!」とか言われて、文句を言えなくなったに1票としておきます…。

まぁ、今は、直子がいなくて、なんだかんだ寂しくてそれどころじゃないのかもしれませんけどね(笑)

さて、来週は、また波乱の予感です。

何がどうなるやら…。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」48話のネット上の反応や評価は?

◇八郎の怒りと涙に共感

ドラまる
フカ先生への謝罪のシーンも…。

喜美ちゃんへ怒りを淡々と語るシーンも…

いいね。

ラマちゃん
でも、怒りについては、喜美ちゃんがどうにかできることじゃなかったし…。

この誤解だけは、早くとけるといいんだけど。

信作と仲良くとか、喜美ちゃんとムフフとかそんなどころじゃない感じよ…。

◇フカ先生と兄弟子さんたちが愛おしすぎる…

ドラまる
嫌だなぁ…

さよならのフラグがにょきにょきはえてるかんじがして…。

ラマちゃん
本当…でも、まんぷくの時もそうだったけど…。

穏やかなシーンはスキップ&回想がBKさんのお得意…。

スキップした先には、事件が待ってるのよ…。

これは、来週、覚悟を決めておかなくちゃいけないかもしれないわね。

◇喜美ちゃんもかわいそう。

ドラまる
喜美ちゃんが…自分の本意じゃないところで騒がれて、本当辛そう…。
ラマちゃん
本当ね…。

でも、照子を思えば…こんなの嘘ばっかりだと落ち込むこともしにくいしね…。

きついわ…。

◇八郎さんから絵を買ったのは…

ドラまる
いや、これは思ったよね(笑)
ラマちゃん
間違いないわよ。

しかも、高額転売してるところまでセットだわ(笑)

◇本日の気になったイラストさんたち紹介

◇次週予告まとめ

ドラまる
何か悲しい予感に、進学したい百合子…。

色々ハラハラするのに、最後の喜美ちゃんの八郎さんを壁ドンに全部持ってかれた感が…(笑)

ラマちゃん
もう…何が起こるのかしら…。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」第9週のあらすじは?

2019年11月25日(月)~11月30日(土)8時〜放送のドラマ『スカーレット』第9週のあらすじをご紹介します

喜美子(戸田恵梨香)は、八郎(松下洸平)が持っていたという深野心仙(イッセー尾形)の絵を想像して描いてみる。

距離が少しずつ近づく二人。

一方、丸熊陶業の社長が急死し、照子(大島優子)の夫が若社長となる。

絵付け火鉢の生産は縮小される可能性が高まり、深野は信楽を去る決意を固める。

一方、百合子(福田麻由子)の進学問題が持ち上がり、川原家は相変わらずの貧しさであることを喜美子は思い知る。

ある日喜美子は、深野が信楽を去ったのちに、自らより若い弟子について修業の道に入ろうとしていることを、八郎に聞かされる。

衝撃を受けたものの、深野への尊敬の念はいっそう高まり、自分は残るべきかついていくべきか、喜美子の気持ちは揺れる。

常治(北村一輝)とマツ(富田靖子)はそんな喜美子を心配している。

そんな中、火まつりの夜を迎え、大きなたいまつを担いで歩く喜美子。

女性での参加者は珍しかったが、八郎と一緒にしっかりと神社にお参りをすませる。

深野がいなくなった後、一人前の絵付け師として仕事を続けよう、と喜美子の決意は固まる。

深野とは、感謝の思いですがすがしく別れる。

そしてある日、八郎の商品開発室を訪ねた喜美子は意外な姿を目にする。

公式サイトより引用

「スカーレット」49話の予告あらすじ

新入社員の八郎(松下洸平)から、絵付け師・深野(イッセー尾形)への告白を聞いた喜美子(戸田恵梨香)は、八郎がかつて持っていたという深野が描いた絵を、想像を膨らませて自分なりに描いてみる。

翌日、描き上げた絵を手に、八郎の働く新商品開発室を訪ねる喜美子。

八郎に絵を渡し、喜美子自身も不本意だった新聞記事に対するわだかまりも解けたところで、社長が急病で倒れたという知らせが。

喜美子の人生に一大転機が訪れる。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」48話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さ~…もう色んな事が起こりそう…

来週もハラハラしちゃうね!

ラマちゃん
照子のお腹には…でも、社長にも何かがありそう…

そこから絵付け係にも何やら起こりそう…

はぁ。

黒猫葵
ずっと言ってますが、来週も目が離せそうにありません。

来週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA